京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2022/11/25
本日:count up12
昨日:33
総数:234620
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
令和5年度入園募集、令和4年度途中入園は随時受け付けています。また、未就園クラスは月・水・金の9時30分から行っています。見学なども随時OKです。お電話ください(461−3642)翔鸞幼稚園紹介ビデオは右にあります「おすすめビデオ」よりご覧ください。  

もうすぐクリスマス!

画像1
画像2
画像3
 翔鸞幼稚園にも、クリスマスがやってきました!みんなでクリスマスツリーを立て、たくさんの飾りをつけました。ツリーを見て「大きいね!」「きらきら…!」と、心を動かしている子どもたちでした。
 大事な大事な一番上の星は、そら組のみんながつけてくれました。「星があれば、サンタさんが見つけて幼稚園に来てくれるかも!?」「プレゼント持ってきてくれるかな?」と、ワクワクした気持ちでいっぱいになっていました。
 サンタさん、来てくれるといいね!

にじの赤ちゃんがうまれた!!

画像1
画像2
画像3
 保育室にお日様の光が差し込んできました。すると・・・,床に小さな虹色の光の塊を発見!!「うわぁ!虹の赤ちゃんがうまれた!!」と,子ども達はみんな大喜び。(だって,にじ組の子ども達ですから!!)Aちゃんが,白い画用紙を虹の赤ちゃんの上に置くと,またくっきり虹の赤ちゃんが映りました。「そうや!」と言って,ペンを持ってきて「ここは赤,ここは黄色,ここは緑かな?」と言いながら虹の赤ちゃんの上をペンでなぞって遊ぶ姿が見られました。しばらくすると,虹の赤ちゃんは,スッと消えてしまいました。不思議だね〜。また,遊びに来てくれるといいね!

鉄道博物館に行きました!

画像1
画像2
画像3
にじ組、そら組のこどもたちは、鉄道博物館に行きました。何日も前から機関車の写真や動画を見て、楽しみにしていた子どもたち。色々な種類の電車を見たり、運転席に座って操縦したり、大きな汽車の下を通ったり…。そして、みんなでSLスチーム号に乗りました!車掌さんと子どもたちの、「しゅっぱつしんこう!」の合図で、大きな汽笛が鳴り、スチームは出発!色々な電車が通るところや、公園の綺麗な紅葉が見えました。大きな汽車を間近で見て、「タイヤ大きいなあ!」「この汽車、僕のお気に入りや!」とたくさん心を動かしていた子どもたちです。楽しかったこと、おうちの人にぜひお話してくださいね!

船岡山に行ってきたよ!

画像1
画像2
画像3
 今日、ひかり組は船岡山に出かけました。「もうすぐ?」「まだまだ」と話しながら、少し長い道のりを頑張って歩きました。昨日、「どんぐりを拾いたい」という思いをもっていた子どもたちに、「宝物バッグ」をプレゼントしました。さっそくどんぐりを拾う子どもたち。「黒い!」「丸い!」と、色々などんぐりを嬉しそうに集めていました。
 おいしいおにぎりを食べたあとは、頂上で景色を楽しみました。お昼寝ができそうな、ふかふかの草のベッドも見つけたね!とっても気持ちよさそうな子どもたちでした。
 また、みんなで行こうね!

ヤゴちゃんの羽が・・・!!

画像1
画像2
 先週の火曜日に幼稚園の園庭にで見つかったヤゴ。そら組研究所で大切に育ててもらっていることを知っているにじ組の子ども達が「ヤゴちゃん,どうしてるやろ?」「もうトンボになったかな?」と言って,見に行きました。すると,ヤゴちゃんはとても気持ち良さそうに水槽の中で泳いでいました。「まだ,トンボになってないんだね」と声をかけると,そら組のA君が「うん。まだやで。でもな,この前より,羽が伸びてる。よーく見てみ!」と教えてくれました。確かに!!よく見ると,ヤゴの背中から透けて見える羽が,先週よりも伸びていました!!ビックリです!!もうすぐ,トンボになるかもしれません。楽しみです!

令和4年度 学校評価 結果

10月に行いました学校評価アンケートの結果を配布文書にアップしました。以下のリンクよりご覧ください。
R4前期 学校評価 アンケート
R4前期 学校評価 アンケート結果
R4前期 学校評価 分析

幼稚園ウィーク

画像1
11月14日(月)からプールのフェンスに幼稚園ウィークイン京都の旗を掲げています。1876年11月16日に東京,神田に官立の東京女子師範学校附属幼稚園(現お茶の水女子大学附属幼稚園)が開園しました。その日を記念して幼稚園記念日をとしています。

全国幼稚園・こども園ウィークは,この前後 3日ずつを合わせた一週間の毎年11月 13日〜19日に設定し,学校教育としての幼稚園教育をより理解していただく期間としています。

 京都市立幼稚園では,11月13日(日)から19日(土)までの一週間,「幼稚園・こども園ウィーク in 京都」の横断幕を張ってアピールしています。

ららくろちゃん,ありがとう・・・。

画像1
画像2
画像3
 一昨日の夕方に,皆で大切に育てていた黒うさぎのららくろちゃんが天国に旅立ちました。翔鸞幼稚園では約10年間,子ども達と一緒に過ごしてきたららくろちゃん。
 朝,お母さんと離れるのが寂しくて,泣いていた子ども達も,先生と一緒にららくろちゃんの所で餌をあげたり,抱っこしたりしていくうちに,だんだん気持ちがほぐれて笑顔になっていきました。皆の癒しのららくろちゃん。
 今日は,みんなでお別れ会をしました。「ららちゃん,10年間,ありがとう・・・」と涙ぐみながら,そっとお花を供えている子ども達,そっと優しく頭をなぜてくれる子ども達,「バイバイ・・・。また,あそびにきてね・・・。」と声をかけてくれる子ども達。ららくろちゃんから,私たちも色々なことを教えてもらいました。ららくろちゃん,本当ありがとう。天国でゆっくり休んでくださいね。

わくわく!音の科学館!

画像1
画像2
画像3
 昨年度に引き続き、つくるまなぶ京都町屋科学館の方に幼稚園に来ていただき、”わくわく科学館”を開催していただきました。今年のテーマは音。普段なかなか立ち止まることのない”音”について、話を聞いた後、いくつかの動画を見ました。しかしその動画には音はついていません。そこで、イメージに合う音を、身近な材料を使ってつくることになりました。フライドポテトを揚げる音、馬が走る音、雷の音など、好きなテーマを選びました。ポテトのジュージューという音を、アルミホイルを使ったり、缶を使ったり、ビーズの入ったマラカスを使ったりと、一人一人違う方法で鳴らしてみんなで合わせるなど、たくさんの工夫がありました。まだまだたくさんの音をつくりたい気持ちをもちながら科学館はおわりました。
 今日は朝からそら組の保育室に”おとやさん”がオープン。にじぐみさん、ひかりぐみさんがお客さんとして来てくれ、一緒におとづくりをしたり、注文された音を一生懸命つくったりする姿がありました。すてきな音が、どんどん増えてきています。
 

カブトムシの幼虫さん,おはよう!!

画像1
画像2
 今日は,子ども達と一緒にカブトムシの幼虫が住んでいる土を新しいものにかえました。(数日前に幼虫を出した時に,土がかなり少なくなっていたのと,たくさんのウンチをしていたので)幼虫をタライに出すと,しばらくジッとしていたのですが,だんだん元気いっぱい動き始めました。いつも,幼虫を土の上に出すと,どんどん土の中にもぐっていく様子が見られたので,今日は,その潜っていく様子が見られたら面白いなぁと思い,観察用の薄い飼育ケースに,切ったストローを入れて幼虫が潜っていく様子を見ることにしました。子ども達も興味深々!!ゆっくり,ゆっくり回転しながら潜っていく様子がよく見えました。もうすぐ冬眠が始まります。それまで,美味しい土をいっぱい食べて,来年カブトムシに変身してね!!
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
京都市立翔鸞幼稚園
〒602-8393
京都市上京区御前通今出川上ル鳥居前町671
TEL:075-461-3642
FAX:075-462-5321
E-mail: syoran-e@edu.city.kyoto.jp