京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
ようこそ 西京高等学校附属中学校へ!  西京の 青き木陰に 美しき 心むすびて いざ友よ ともに学ばむ

『1年生 М1「メンタルヘルス」4時間目』

 今日のテーマは,「きちんと伝えよう」でした。みなさんは誰かに何かを頼んだり,頼みや誘いを断ったりすることは得意ですか。本当は誰かにお願い事をしたいのに,上手く言えずに自分ひとりで抱えることになったり,本当は断りたい誘いを,上手く断れずに参加したりしたことは,誰しも経験があるのではないでしょうか。相手との関係を大切にするために,自分の本当の気持ちを言わないことは,自分だけに嫌な気持ちが残ってしまい,良いこととは言えません。

 今日は,自分も相手もいい気持ちになる「頼む」「断る」方法のポイントを確認して,ロールプレイを行いました。ロールプレイでできたことを,日常場面にも生かしてくださいね。


画像1
画像2
画像3

『1年道徳 「いま,キミにできること〜差別・偏見をなくすために〜」』

 5月11日(火)道徳の時間に,感染症から生まれる差別・偏見をどうなくしていくかを考える授業をおこないました。新型コロナウイルス感染症の影響は今なお続き,感染症に対する不安や感染者などへの差別・偏見は社会問題となっています。

 学校でも感染予防対策を続けていきますが,新型コロナウイルス感染症には誰もがかかる可能性があることを前提に,身近な誰かが感染してしまったことを考慮した対応も必要です。そこで,日本赤十字社監修の「新型コロナウイルスがもたらす3つの”感染症”」の考え方をもとに,新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見について考える授業を実施しました。京大Moodleの保護者連絡用コースに関連文書を掲載しておりますので,ご確認ください。


画像1
画像2
画像3

【国語科 3学年縦割り読書スピーチ 3日目】

 本日読書スピーチ最終日です。

 どの学年も堂々とスピーチをしていました。縦割りは年に1度ですが,読書スピーチは年に3回行われます。

 次回はより魅力的なスピーチを期待しています。
画像1
画像2
画像3

重要 『学校説明会の実施方法の変更について』

画像1
 京都府の「緊急事態宣言」の期間延長に伴い,5月22日(土)に予定しています「学校説明会」について実施方法を変更させていただきます。

 今年度は申込の時点で,説明会の様子をZOOMで視聴するか,本校に来校し,直接説明を聞くのか選択していただきましたが,すべての説明会参加希望者に「学校説明会の動画」を配信して,各ご家庭で視聴する方法に変更し実施することといたしました。

 動画の視聴方法と説明会資料については,京都市立小学校のみなさんには小学校を通じて,それ以外のみなさんにはメールで指示をさせていただきます。

 緊急事態宣言が発出されている現状で感染機会を減らすための工夫が求められています。急な変更でご不便をおかけしますが,ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

「緊急事態宣言」の期間延長を踏まえた対応について

画像1
保護者の皆様へ

 「緊急事態宣言」の期間延長を踏まえた対応について,本日プリントを配布しました。内容をご確認の上,ご協力いただきますようにお願いいたします。

 尚,配布しましたプリントについては本HP右側の「お知らせ」欄に掲載しました。


 こちらからもご確認いただけます。

【国語科 3学年縦割り読書スピーチ 2日目】

 本日も国語の授業において,3学年1クラスずつ集まり,読書スピーチを行いました。

 聴く態度も3学年とも素晴らしかったです。

 明日が最終日です。
画像1
画像2
画像3

【2年生 EP-A Mission4 その3】

 Mission4のテーマ【「自分たちが活躍する未来の京都」について課題を見つける】に向けて,今日から事前レポートの作成が始まりました。

「背景」→「課題」→「根拠」→「検証」の流れに沿って,グループ毎に

  〇あなたが見据える京都の課題
  〇その背景と根拠
  〇体験先で聞きたいこと・やってみたいこと

 の項目を書き上げます。

 自分たちの視点を大切に,これから徹底的に調べていきます。

画像1
画像2
画像3

『1年生 М1「メンタルヘルス」3時間目』

 大型連休を挟みましたので,久しぶりのメンタルヘルスの授業となりました。

 今日のテーマは,「温かい言葉をかけよう」でした。関係性が近い相手(同級生や家族)に対して,気づかないうちにきつい言葉や相手が嫌だと感じる言葉を発していたりしませんか。そんな「チクチクする言葉」を使う場面において,それらの言葉を「褒める」「励ます」「心配する」「お礼を言う」などの温かい言葉に変えることができれば,言葉をかけられた相手の気持ち,そして言葉をかけた自分自身の気持ちがちょっと前向きになるはずです。自然に温かい言葉をかけあえる人になってくださいね。


画像1
画像2
画像3

【国語科 3学年縦割り読書スピーチ】

 本日国語の授業において,3学年1クラスずつ集まり,読書スピーチを行いました。

 それぞれ各学年の生徒3名ずつが代表してスピーチをしました。1人1人独創性がある内容で,「読んでみたい」と思えるスピーチばかりでした。

 明日明後日も他のクラスで実施されます。

生徒の感想より

〇1年生で初めての読書スピーチなのに,芯のあるスピーチをしていて,すごいと思った。
 3年生は内容をしっかりと踏まえ,実生活に活かせることを自分の言葉で表現していてまねしてみたいと思った。

画像1
画像2
画像3

『情報モラル講演会(全学年)』

 4月28日(水) 情報モラル講演会(全学年)

 1人1台タブレットを用いた授業を進めるとともに,1年生も5月から本格的に持ち帰りが始まります。各家庭のWifiと接続することで,授業と家庭学習のつながりが生じ,学びがよりスムースに繋がっていくと考えています。

 同時に,情報機器の取り扱いについて,便利さとともに危うさを内包していることを意識する必要があります。今回情報モラルについて,NTT ラーニングシステムズ株式会社 教育 ICT 推進部 熊谷理恵様 川邉貴英様に講演いただきました。題目「スマホ時代のキミたちへ 」 〜情報モラルについて〜ということで,具体的な事例とともに,参加型の講演をしていただき,上手な活用の方法とともに,危険性など新たな気づきがあったことと思います。今後,タブレットを活用するとともに,各々が情報機器と触れ合っていく中で,情報モラルと情報リテラシーを学び,活用していったほしいものです。

<生徒の感想より>

〇自分もスマホを使っていて,「もう5時間もやってる?!」なんてことがあったので,とても実感できる話ばかりでした。インターネットは便利だし楽だし面白いしといいことづくめのように思える一方,どれも一つ間違えれば自分や誰かを傷つける武器にもなり得るということを真に心得て使っていきたいと思います。その危険が他人事ではなく身近にあると分かり,それでも手放すことのできないスマホですがほどよく使っていきます。

〇ネットは不特定多数の人が見るため,そういう自覚を持つことが大切だということが分かりました。また,トラブルを起こす自覚はなくとも自分では意識しないままトラブルを起こしてしまうこともあることが分かりました。そういうことも念頭に置いたうえで,インターネットを使っていきたいです。

〇インターネットは便利だけれどしらないうちに個人情報が流出してしまう可能性があるので、写真だけでなく文を投稿するのにも気を付けたいです。また、自分で善悪の判断を付けて、ちょっと迷ったら親に相談してみようと思いました。



画像1
画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
京都市立西京高等学校附属中学校
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:075-841-0010
FAX:075-822-5702
E-mail: saikyofuzoku-c@edu.city.kyoto.jp