京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

【トビタテ!留学JAPAN・高校生コース】校長への帰国報告を行いました!

 9月23日(金)13時から,3階校長室にて,官民協働海外留学支援制度(通称「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」)【高校生コース】第2期留学生の選考に合格し,夏季休業中に10日間から19日間の日程で短期留学していました本校1年生3名(中高一貫教育校の特例として,1年生での派遣が認められています)が,竹田校長に帰国報告を行いました。

 3名それぞれの留学先や目的等は,次の通りです。(日本や京都の文化の発信・交流は全員共通の目的ですので,割愛しています。)


 山下美咲さん
 分 野:アカデミック(テイクオフ)
 留学先:イギリス・ケンブリッジ
 目 的:さまざまな国の方や地元の方と触れ合ったり,留学先の機関で
     英語を学んだりすることを通して,コミュニケーション力を
     向上させ,友人をたくさんつくって交流したい。イギリスの
     博物館・美術館や遺跡等を訪ねてイギリスの美術に触れたい。
     現地での見聞や触れ合いを通してそこに行かないとわからな
     いことを学んだり経験したりして,視野を広げたい。
 留学を終えて:正しい英語を話そうとすることではなく,自分の意思を
     伝えてコミュニケーションを取ろうとする前向きな姿勢が必要
     である,ということに気づいた。海外に足を運んで,日本の
     良さを実感することができた。また,ただ美術をしたいとだけ
     考えていた以前とは違って,自分が本当に研究したいことが
     何なのか,より明確な目標を見つけることができた。海外が
     ぐっと身近なものに感じるようになり,前よりも視野がずい
     ぶん広がった。


 筒井隼介さん
 分 野:国際ボランティア 
 留学先:インドネシア・バリ島 ウブド・デンパサール
 目 的:世界を知りたい。できるだけ多くの現地の方と触れ合いたい
     ので,語学研修や海外の学校への留学ではなく,国際ボラン
     ティアに応募した。日本語も英語も通じない場でコミュニケー
     ションをとることを目標とし,様々な方法を試していきたい。
     現地の子供たちと話す中で,自分に何ができるかを常に考えて
     積極的に行動し,文化を吸収したい。感謝の気持ちを持つ清ら
     かな人たちが多いといわれる「神々の島」バリの人々から,
     仕事に追われる現代人が失いかけている人間性を学びたい。
     バリ・ヒンドゥーについても学びたい。
 留学を終えて:幼稚園・孤児院・小学校等でボランティア活動を行っ
     た。思っていた以上に言語の壁にぶつかり(特に高学年の子供
     との交流の場面で),大変なことが多かった。「言語以外のコ
     ミュニケーション」を探りに留学したのだが,かえって「言語
     の大切さ」を実感することとなった。ある意味で大きな成長だ
     と思っている。また,「海外の人も同じ人間なんだ」という
     当たり前のことを痛感した。そして,日本以外の国を見たこと
     で,日本について良い面も悪い面も考えることができた。


 藤井美月さん
 分野:スポーツ・芸術
 留学先:オーストリア・ウイーン
 目 的:数々の音楽家が愛したウイーンの空気を肌で感じ,オペラ鑑賞
     もしたい。ウイーンの建物や教会を見て,その感動を自分の
     音楽に生かせるようにしたい。日本との文化やマナーの違いを
     実際に体験し,知りたい。気候や湿度の違いによって,楽器の
     音の聞こえ方がどのように変化するのかを体験したい。
 留学を終えて:現地では,音楽の基本である「音の楽しみ方」を学ん
     だ。1曲1曲,細かいところを教えてもらえたので,より豊か
     な演奏になる方法を学ぶことができた。本当に楽しい毎日で,
     ウィーンで出会った人々はとても優しく,日本とは違ってゆっ
     たりとしていた。(日本はとても忙しい国だということがよく
     分かった。)また,日本人は繊細で丁寧だということも改めて
     感じることができた。(ピアノの調律,ホテルの部屋の清掃,
     等々。)現地でドイツ語を話せなくて困ったこともあったの
     で,たくさんの言語を話せるようになりたい。
 備 考:藤井さんは,ウィーン国立音楽大学内の「ウイーン国際音楽
     ゼミナール」ピアノ科のコースに参加し,現地で開催された
     「ディヒラー教授コンクール」で特別賞を受賞しました。
     また,過日行われた西京祭文化の部(中高合同文化祭)の有志
     企画では,2日間にわたって,生徒・保護者に演奏を披露しま
     した。


 竹田校長からは,「この留学の成果をしっかりと振り返り,海外体験の魅力を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として,校内や他校の皆さんにもどんどん発信していって下さい。」と激励の言葉がありました。
 今後の活躍に期待しています!

[写真]
 1枚目 報告の様子
 2枚目 全員での集合写真
 3枚目 藤井さんの受賞の様子

画像1
画像2
画像3

京都市立学校体育表彰をいただきました!

 9月20日(火)16時45分から,京都市役所本庁舎4階の教育委員室において,「京都市立学校体育表彰」授与式が行われました。
 在田正秀教育長,清水稔之教育企画監,大黒喜裕指導部担当部長,宮本昌昭体育健康教育室長をはじめとする京都市教育委員会幹部の皆様御臨席のもと,この夏に行われました全国高等学校総合体育大会において優秀な成績を収めました京都市立高校の生徒16名(うち,本校生7名[いずれも陸上競技部])に対し,表彰状及びトロフィー(個人表彰)・メダル(団体表彰)が手渡されました。
 在田教育長からの温かい祝福と激励の言葉の後,代表生徒は,学校長や監督の前で,感謝と今後への決意を力強く述べていました。
 ますますの活躍を期待しています!

[体育表彰をいただいた生徒]

【個人表彰】
  男子400m      第3位 鵜 池 優 至(3年)
  女子5000m競歩   第4位 川 上 真祐子(3年)

【団体表彰】
  男子4×400mリレー 第5位 鵜 池 優 至(3年)
                  井 田   悠(3年)
                  高 橋 和 也(3年)
                  蓮 葉 晴 基(2年)
                  浅 田 啓 太(2年)
                  濱 崎 佳 真(2年)

画像1
画像2
画像3

【陸上部】近畿高校ユース・女子2年の部で第2位! (その5)

 写真の続き(最後)です。

 13枚目 女子走高跳
 14枚目 女子走高跳・表彰
 15枚目 女子集合写真



画像1
画像2
画像3

【陸上部】近畿高校ユース・女子2年の部で第2位! (その4)

 写真の続きです。(その5まで続きます。)

 10枚目 女子4×100mリレー
 11枚目 女子4×100mリレー・表彰
 12枚目 女子4×400mリレー・表彰


画像1
画像2
画像3

【陸上部】近畿高校ユース・女子2年の部で第2位! (その3)

 写真の続きです。(その5まで続きます。)

 7枚目 女子400mハードル・表彰
 8枚目 女子やり投
 9枚目 女子やり投・表彰


画像1
画像2
画像3

【陸上部】近畿高校ユース・女子2年の部で第2位! (その2)

 写真の続きです。(その5まで続きます。)
  
 4枚目 女子棒高跳・表彰
 5枚目 女子100mハードル
 6枚目 女子100mハードル・表彰

画像1
画像2
画像3

【陸上部】近畿高校ユース・女子2年の部で第2位! (その1)

 9月16日(金)〜18日(日)の3日間の日程で西京極総合運動公園陸上競技場にて行われました第49回近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会に,京都府予選を通過した選手32名が参加しました。

 女子は,本校陸上競技部の歴史上過去最高となる総合2位という素晴らしい結果を収めましたが,女子2年の部では第2位(第1位の夙川高[兵庫]と,わずか1点差)という結果に終わってしまい,悔し涙を流す姿も見受けられました。
 男子は,2年生の総合の部で第6位という結果に終わりましたが,出場選手も少ない中で,どの選手も高いレベルで戦っていました。
 男女とも来年のインターハイに向けて引き続き頑張りますので,今後とも応援をよろしくお願いいたします。


[結果]

 2年男子の部
 400m      第5位 蓮 葉 晴 基
 400mハードル  第4位 蓮 葉 晴 基
 5000m競歩   第6位 古 賀 尚 斗
 棒高跳       第4位 和 田 寛 大
           第8位 俣 野 優 介
 三段跳       第6位 明 石 宗一郎
 4×400mリレー 第6位 明石宗一郎−蓮葉晴基−
               濱崎佳真−浅田啓太


 共通女子の部
 棒高跳       優 勝 岡 野 悠 里(2年)
 三段跳       第4位 岡 本 真悠子(2年)
           第7位 柳 川 かれん(2年)

 2年女子の部
 100m      第6位 喜 多 綾 音
 400m      第5位 西 村 寧々花
 800m      第8位 井 村 真 緒
 100mハードル  第2位 喜 多 綾 音
 400mハードル  優 勝 西 村 寧々花
 5000m競歩   第6位 大 植 麻 由
           第7位 武 田 多 恵
 走高跳       第7位 楠 田 菜津美
 円盤投       第8位 矢 野 美 由
 やり投       第3位 岡 野 悠 里
 4×100mリレー 第4位 柳川かれん−岡本真悠子
               −西村寧々花−喜多綾音
 4×400mリレー 第4位 井村真緒−西村寧々花−
               岡本真悠子−喜多綾音

1年女子の部
 400mハードル  第4位 中 塚   萌
 走高跳       優 勝 田 中 佑 果


対校得点
 男子2年 第6位
 女子2年 第2位
 女子総合 第2位


[写真]
 1枚目 男子棒高跳
 2枚目 男子4×400m表彰
 3枚目 女子棒高跳


画像1
画像2
画像3

【高大連携】1年生特別講義を行いました!

 9月17日(土)11時50分から,7階メモリアルホールにおいて,1年生全員(約280名)を対象としたEEP特別講義を,今回は京都大学の「高大連携事業・学びコーディネーター大学院生による出前授業」として実施いたしました。
 講師は,京都大学大学院農学研究科博士後期課程の龍野瑞甫先生で,「ミツバチが見る世界」と題して,約1時間御講演を行って下さいました。

 龍野先生は,「地声でやります」と,マイクを使わずに講演を始められました。滑舌とリズムの良いマシンガントークです。よく通る声で,後ろの席の生徒にもしっかりと聞こえていました。

 先生は「ハチの目の構造」からお話を始められ,「複眼を通してみる世界はどのようなものだと思いますか」と,生徒に挙手を求められました。ハチの複眼は約5000個の個眼が集まって出来ており,一つ一つの個眼が1ピクセルに相当し,視力は約0.01くらいだそうです。(ちなみに,アゲハチョウでは約0.02,トンボでも約0.03とのことです。)

 次に,「ミツバチの色覚」についてお話し下さいました。まず「色って何だろう」ということで,モルフォチョウの羽の色や,ナトリウムランプのもとでの物体の色の見え方を例に挙げ,「色は物質に固有のものではない」「物質の表面構造や周囲の光環境で変わる」ことを説明して下さいました。そして,カール・フォン・フリッシュ(Karl von Frisch/オーストリアの動物行動学者。ミツバチの8の字ダンスを発見・解読した。)が行ったミツバチの色覚実験を紹介して下さり,実験を行うに当たって注意すべき点についても解説して下さいました。(青色と灰色の2つの餌台で行った最初の実験ではミツバチが色を見分けられているとは言い切れず,色の三要素[色相・彩度・明度]を考慮しなければならないことなど)そして,この他にも行われた様々な実験(電気生理学的手法や行動観察等)の結果から,ミツバチの色覚特性として,(1)光受容体がヒトと同じく3種類から成るが,ヒトが「青・緑・赤」であるのに対して,ミツバチは「UV・青・緑」であること,(2)ミツバチは390nm(ナノメーター)と490nmのあたりで色の弁別能力が高い ということが分かったそうです。
 そして,ミツバチの眼から見た花の様子がわかる合成写真も示して下さり,「ピンク色,青色,黄色の花は,ミツバチから見てもよく目立つ」「(全ての植物でこの通りではないが,)赤色の花は,ミツバチの眼から見たらあまり目立たない」ということを実感させて下さいました。(ミツバチはあまり赤い花には訪れない,とも言われているそうです。)

 3つ目に,ミツバチには人間と同じような「形の抽象化能力」「色の恒常性」があることについても,例を挙げながら詳しく説明して下さました。
 このうち,「色の恒常性」については,以前話題になった「このワンピースの色は“青と黒”に見えるか“白と金”に見えるか」等の例を挙げながら,分かりやすく説明して下さいました。・・・私たちの視覚は,光そのものを見るためでなく,光によって照明された物を見るようにできており,周囲の状況が変わっても同じものは同じ色で見えるように脳内で補正を掛けています。しかし,環境光がよく分からない写真やイラストの場合,対象物と背景との色の対比補正(←「光の当たり方」の解釈をもとに脳内で行っています)度合いが人によって異なるため,このようなことが起こるわけです。

 4つ目に,ミツバチの「偏光視」(ミツバチは偏光を捉えることができるので,それを利用して,曇りの日でも太陽の位置を把握できる)や「野外での生態」(ミツバチが花を探す時は“色”や“形”を手掛かりとしており,同じ種の花を繰り返し訪れる強い傾向[定花性]がある。また,色の恒常性の能力があることで,花のおかれている光環境に関わらず,対象とする花を見つけることができる。コロニー内で花のありかを共有する際,太陽の位置を基準として花の場所が符号化される)についても紹介して下さり,「8の字ダンス」についても詳しく説明して下さいました。

 最後に,本日の御講演のポイントのまとめを行って下さり,生徒代表からのお礼の言葉で,特別授業が終了しました。


 生徒の感想です。

・私が興味を持っている生物の行動学の話だったので,とても興味深い内容でした。実験を繰り返して結論を導くのは大変そうだけれど,その実験で生物の新たな生態を知るのはとても楽しそうだと感じました。
・聞いている生徒の反応を見ながら,難しい内容を出来るだけ噛み砕いて伝えて下さったので,分かりやすかったです。ミツバチは嫌いで怖いものだと思っていましたが,視点を変えてミツバチから見た世界を考えたのが面白く,色の見え方も違ってびっくりしました。
・内容は少々難しかったけれど,ハチが思っていた以上に高い能力を持っていたことに興味をもったし,色覚や抽象化の話など,自分の全く知らない世界を知ることができて,とても面白かった。
・文理選択を控えている私たちにとって,非常に良い経験となりました。ハチについて少し興味が湧いたので,調べていきたいです。
・先生がすごく楽しそうに講義されているのが良いなと思いました。私も大学で自分の勉強にあれほど熱心になれるようになりたいと思いました。

 文理選択を決定する大切な時期を迎えているということもあり,生徒たちは皆熱心に耳を傾けている様子でした。
 龍野先生,お忙しい中御講演下さり,有り難うございました!


画像1

【SGH】2年EPII「課題研究」情報学ゼミで特別授業を行いました!

 9月16日(金)6・7限目「エンタープライズII」(略称:EPII)の時間に,情報学ゼミでは,大阪大学大学院基礎工学研究科の吉川雄一郎先生にお越しいただき,特別授業を行っていただきました。吉川先生は,「マツコロイド」等のヒューマノイドの研究で世界的に有名な石黒浩教授の研究室で准教授を務めておられます。

 EPII「課題研究」で今年設置しています8つのゼミの中で,この「情報学」ゼミでは,コミュニケーションやメディア等に関心を持っている生徒達が集まり,現在課題研究のテーマを模索,検討している最中です。そこで今回は,実際に大学で最先端の研究をされている吉川先生に特別授業をしていただくことで生徒の興味関心をさらに拡げるとともに,論文のテーマ設定,ひいては生徒の将来の進路を考える貴重な機会を設けることとしました。

 「心を『連れてくる』ロボット」と題し,吉川先生は「ロボットは人間のコミュニケーションを支援できるか」というテーマで,実に多くの具体例を交えながら御自身の研究内容についてお話しされました。人間と複数のロボットに対話させる実験を通じてコミュニケーションそのものの本質に迫る研究について,また,ASD(自閉症スペクトラム)者はアンドロイドに対して対話中の視線行動や自己開示が促されたりする可能性がある(人よりも,ロボットの方が話しやすい場合がある)という最新の研究成果についても,大変分かりやすく詳細に解説して下さいました。また,「研究は既存の論文にケチをつけるところから始まる」といった,今後生徒達が課題研究を進めるにあたって大変参考になるアドバイスもしていただきました。

 最後の質疑応答では,生徒から,「そもそも“人間らしい”とはどういうことなのか」「2045年にAI(人工知能)が人間の能力を超えるという予測の話を聞いたことがあるが,そのような時代の到来に備えて私達は今何を学ぶべきか」といった質問が出ました。吉川先生には一つ一つの質問に実に丁寧にお答えいただき,この特別授業を通じて生徒達は来るAI時代を見据え,本質的な問いについて考えるきっかけを得たようでした。

 吉川先生には大変お忙しい中本校で特別授業をしていただき,本当にありがとうございました。


画像1画像2

1年生有志がコミュニティラジオ番組の収録に参加しました!

 9月18日(日),本校1年生有志3名がラジオ番組の収録に参加しました。

 この放送局は「FM87.0MHz RADIO MIX KYOTO」といい,本年5月に,「地域と大学の連携」をメインテーマに開局したコミュニティFMです。(放送区域は,京都市北区と上京区のそれぞれ一部です。)メインスタジオは烏丸北大路にありますが,今回収録が行われたのは,楽只市営住宅の空き店舗に設けられたサテライトスタジオ「1000KITA STUDIO」で,ラジオ放送を通じた地域交流と地域活性化の事業(1000KITA[センキタ] ラジオプロジェクト)が進行中です。
 そのプロジェクト第一弾として企画されたのが,「KATARROW(かたろう)とどけ,未来へ」という高校生が語り合う番組です。この番組名には「若者が,京都(“Kyoto”)の明日(“Asu”)を語る(“Talk”)。それは未来を志向する矢(“ARROW”)である」という思いが込められています。(放送は毎週土曜日15時から)

 西京生有志は,番組の司会とディスカッションのメンバーとして,他校の高校生とともに出演しました。今回の収録分は,次の日時に放送されます。
 9月24日(土)15時〜15時30分(第17回 キセキ)
10月 1日(土)15時〜15時30分
          (第18回 私もいじめた一人なのに…)
[出演]京都市内の高校生有志
    柴原弘志先生(コメンテーター/京都産業大学教授)
    鵜飼恵美(ファシリテーター/本校教員)


 参加した生徒の皆さん,お疲れ様でした!

[備考]
 このラジオ番組は学生の手によって作られています。
 ラジオに出演してみたい!
 あるいはラジオミキサーとして,出演者の声の音質や音量の調整・録音をやってみたい!
 など,番組制作に携わってみたい西京生は,鵜飼までお知ら下さい!

[写真]
 1枚目 スタジオ収録の様子
 2枚目 語り合う西京生
 3枚目 出演者の皆さん

画像1
画像2
画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
全日制
9/28 大掃除
9/29 前期期末考査
9/30 前期期末考査

卒業生のみなさんへ

進路結果

説明会案内

学校評価

保健室より

お知らせ

教育課程表

使用教科書一覧表

学校いじめ防止基本方針

京都市立西京高等学校
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:(全日制)075-841-0010
   (定時制)075-841-1240
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp