京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/10/21
本日:count up287
昨日:339
総数:832263
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
― 志 きらめく ― Art Science Toughness      人の心を大切にし,多様な学びを通して 持続可能な社会の担い手を育成する

思考ツールを使って(2年国語)

向田邦子「字のない葉書」の学習中。
ベン図という種類の思考ツールを使って,作品の中から読み取れる父親像を整理しています。

画像1
画像2

2年展示発表(2)

画像1
画像2
学習室には美術で作成した清水焼の小皿とデッサンが展示されています。
色は一色しか使われていないのにもかかわらず,個性がしっかり伝わってきますね。
自由研究(理科)と親守詩(国語)は,フロアを中心に展示しています。

本来なら保護者の方にも見に来ていただくはずだったのですが,緊急事態宣言中のためやむなく来校をお断りすることになりました。
展示期間は〜17(金)となっていますが,この期間を過ぎてもそのまま残すことになっている作品もあります。
冬の懇談の際には見ていただけるでしょうか。

2年展示発表(1)

2年生の英語は「10年後の自分へのメッセージ」。
1年生に比べると一文一文がグッと長くなっています。
過去の自分をふり返り,現在から未来を語るために「過去形」「現在形」「未来形」を駆使。
家庭科の展示は,京野菜を使ったメニュです。
調理風景を撮影した人もいて,臨場感あふれる美味しそうな展示となっています。

画像1
画像2
画像3

パトリックにアドバイスしよう(2年・英語)

来年日本にホームステイする予定のパトリック(架空の人物)の心配に答えるカードを書いているのは2年生。
食事のマナーや日本の生活習慣を知らないことを心配するパトリックに,「日本人は優しいから心配ないよ」「ナイフやフォークを使ってもいいよ」「箸の使い方はたくさん練習すべき」「日本の文化を勉強しなくてはね」などなど,優しい言葉や厳しいアドバイスが書き込まれていました。
辞書や教科書で単語を調べたり,習ったばかりの〜ingを使ってみたりして,作文中の様子です。
画像1
画像2
画像3

週末の道徳(2年生)

画像1
画像2
画像3
雨が上がってまた暑さが戻ってきましたが,もう真夏の暑さとは少し違った感じがします。
2年生の教室も,ちらほら長袖姿が混じっています。

週末さいごの1時間は道徳。
クラスによってテーマがそれぞれ異なりますが,1週間の終わりという解放感からか,なごやかに考えを述べ合う姿が見られました。

文房具のように

タブレットの画面は見るだけのものではありません。
ちょっとした計算を,ちょこちょこっと行うのにも使えます。
計算用紙要らずです。
端末も「文房具」のひとつとして活用していこうというのが,GIGAスクール構想の中には謳われていますが,私たちが思っている以上に便利な使い方がもっとあるのかもしれませんね。

画像1

人権講演会(2年生)

昨日の学習に引き続き,2年生の人権学習が行われています。
今日は,講師に文 真悠(むん ちにゅ)先生をお招きした講演会です。
外国にルーツを持ちながら日本に暮らす文先生。
ワールドカップでどこを応援するのか?といった身近な話題を通じて,分かりやすく伝えていただきました。
画像1
画像2

本日の技術(2年木工)

美術室の斜め向かいのクラフト室からトントンカンカン音がすると思ったら,技術の授業中でした。
お皿に絵をつけたり,棚を作ったり,地下の教室はさながら工房のような雰囲気になっていました。
画像1

陶芸絵付け体験2(2年美術)

骨書き(こつがき…素焼きに描く下書きのこと)を終えたら,呉須(ごす…絵付け用の絵の具のこと)による絵付けの開始です。
あまり力を入れすぎると素焼きの皿はすぐに割れてしまうので,緊張しながら筆を入れている様子。
水で色を薄くする方法などを,講師の先生に質問しながら黙々と作業を進めています。 
画像1
画像2
画像3

陶芸絵付け体験1(2年美術)

清水焼団地から講師の先生をお招きして,2年生が絵付けを行っています。
まずは,一枚ずつ配られた素焼きのお皿に,自分のデザインを鉛筆で描いていくことから始まりました。
「指でこすれば鉛筆は消せます。消しゴムは要りません。」
「焼いたら鉛筆の線は消えます。」
講師の先生の説明のたびに,ほんまや〜,へぇ〜,と小さな声があちこちから聞こえてきます。
画像1
画像2
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

学校だより

学校評価

下中PTAだより

学校沿革史

中学校ブロック小中一貫教育構想図

学校いじめ防止基本方針

気象警報に伴う臨時休校の措置

授業研究報告会

京都市立下京中学校部活動運営方針

学校教育目標・経営方針

おしらせ

京都市立下京中学校
〒600-8302
京都市下京区楊梅通新町東入蛭子町120-1
TEL:075-371-2100
FAX:075-371-2167
E-mail: shimogyo-c@edu.city.kyoto.jp