京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/05/22
本日:count up68
昨日:185
総数:461437
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
今 心正しく 我ら 共に歩もう 人思う やさしき心 いだきつつ 加茂の流れに 夢のせて 比叡の山に 抱かれて ああ下京 下京中学校

修学旅行2日目

ホテル内での,買い物風景と,夕食の様子です。明日の国際通りで土産物を買う時間はあるのですが,此処でも気になっているようです。夕食はバイキングをおいしく頂いています。HPの更新は今日はここまでです。また明日,ご紹介します。
画像1
画像2

修学旅行2日目

画像1
画像2
画像3
予定通り,2日目の宿泊地「ホテルみゆきビーチ」に到着し,ただいま入浴中です。この後,夕食とレクリエーションと続く予定です。全員元気との報告が入っています。
3枚目の写真は東村の海岸の砂浜です。書いたのは○○先生のようです。

修学旅行2日目

 午後からの農業体験,東村営体育館での離村式,そして東村からの出発風景です。
各民泊から生徒達が体育館に、続々と帰ってきましたが,口々に『もう一泊したい』と言っていたそうです。本当に暖かく迎え入れて下さったようです。他では得難い貴重な1泊2日の体験だったことでしょう。
 予定通り,ホテル みゆきビーチに無事、到着したようです。
画像1
画像2
画像3

修学旅行2日目

画像1
画像2
写真はシーカヤックとシュノーケリング,マングローブカヌーの体験の様子です。

修学旅行2日目

修学旅行2日目の午前中は自分たちが選んだ体験活動中です。
写真はミーバイ釣りに向けての出航風景,バナナボート,マングローブカヌー,紅型染めと髪梳き体験の様子です。とても楽しそうです。
画像1
画像2
画像3

修学旅行2日目

画像1
午前中の体験の一つ,マングローブカヌー体験に出発するところの様子です。一番楽しそうな人物は誰でしょう?
画像2

修学旅行2日目

画像1
画像2
沖縄から,今朝の第一報が届いています。
「今のところ、薄曇りですが、予報では晴れ、降水確率は0%です。午前にマリン体験やカヌーとマングローブ体験,ミーバイ釣りと調理、紅型染めなどの体験、午後からは、各農家さんと畑で農業体験です。東村はゴルフの宮里藍さんの出身地です。実家が直ぐ側にあります。」
とっても楽しい,思い出に残る1日になれば良いですね。
全員元気な様子です。


修学旅行1日目

画像1
画像2
画像3
沖縄県の沖縄本島北部に位置する,東村に到着,入村式を行い,民泊でお世話になる農家の方と対面しました。その後,農家の方々と,それぞれの宿舎となる家に向かいました。これからは宿舎ごとで農家の方々と交流し,さまざまなお手伝いや活動をします。
本日のHPの更新はこれで最終です。
この後の様子は明朝,掲載致します。

修学旅行1日目

画像1
画像2
平和学習の一環として,陸軍病院壕,アンティラ ガマを訪れ,現地のガイドさんから話を聞きました。ここは元々、近くの住人が避難されていたが、その後、砲兵部隊が来て住人は全員出されたそうです。部隊が全滅した後、また住人も敗残兵が入ったそうです。
生徒会のメンバーが進行してくれました。一分間の黙祷の後、下中の平和宣言、千羽鶴の奉納をしました。
ガマ
沖縄本島には約2000の石灰岩で形成された鍾乳洞があり、それらは沖縄方言で「ガマ」と呼ばれる。太平洋戦争の末期に起こった沖縄戦では、住民や日本兵の避難場所として、また野戦病院として利用された。現在、ひめゆりの塔が建っている沖縄陸軍病院第三外科壕跡も、そうしたガマの1つである。
 町内を見渡す小高い丘にある黄金森(こがねもり)。ここには、かつて第二次世界大戦時、日本軍が沖縄戦に備え構築した沖縄陸軍病院壕群があります。院長以下、軍医、看護婦、衛生兵、ひめゆり学徒らがここで傷病兵らの治療にあたりました。南風原町は1990年、戦争の悲惨さを伝える証として、第一外科壕群・第二外科壕群を町の文化財に指定しました。第二次世界大戦を戦争遺跡を文化財に指定したのは、日本全国で初めてのことでした。また、2007年6月からは、黄金森の陸軍病院壕群の中でも保存状態の良かった沖縄陸軍病院 南風原壕群20号の一般公開を開始しています。ー南風原町観光協会HPよりー

修学旅行1日目

画像1
ANA765便は那覇空港に到着,バスに移動,体操服に着替え,目的地ガマに向かいます。
那覇の天候は晴れ,最高気温24度,湿度60%,快適な気候です。
画像2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
京都市立下京中学校
〒600-8302
京都市下京区楊梅通新町東入蛭子町120-1
TEL:075-371-2100
FAX:075-371-2167
E-mail: shimogyo-c@edu.city.kyoto.jp