京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/06/01
本日:count up395
昨日:324
総数:632021
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
今 心正しく 我ら 共に歩もう 人思う やさしき心 いだきつつ 加茂の流れに 夢のせて 比叡の山に 抱かれて ああ下京 下京中学校

教育委員会からのお知らせ

時代祭(6)

徳川幕府は、朝廷の大礼などの大切な儀式や年始などの際には必ず城使を上洛させ、皇室に対し礼を厚くしていました。城使には親藩・譜代の諸侯が選ばれ、ことにご即位の大礼には将軍家名代が多数の従者をしたがえ、その服装器具などは非常に華美なものでした。
 本列は普通の場合を模したもので、城使は乗物(本列では騎馬になっています)、目附頭以上の者は騎馬。乗物の駕籠は幕末当時の形式をとったものです。先頭の槍持、傘持、挾箱持の「ヒーサー」の掛け声や動作は当時の面影を偲ばせてくれます。
                      〜平安神宮HPより〜
画像1
画像2
画像3

時代祭(6)

時代祭の巡行は12時に京都御所を出発します。
画像1
画像2
画像3

時代祭(5)

学区内巡行を終えると,バスで京都御所に向かいます。
画像1
画像2
画像3

時代祭(4)

総勢200名以上の行列が,尚徳学区内を巡行します。
画像1
画像2
画像3

時代祭(3)

時代祭は,体育館での出立式の後,学区内巡行に出発しました。
画像1
画像2
画像3

時代祭 (2)

行列に参加する馬も4頭そろい,いつもは自転車で埋まる駐輪場に待機していました。
明治維新から遡る歴史絵巻,ご都合のつく方は是非,ご覧ください。巡行は12時,御所を出発です。
画像1
画像2
画像3

時代祭

今日は時代祭の巡行です。学校には早朝5時前から地域の方々が集まってこられ,衣装の着付けや準備が行われています。8時にお迎え巡行に出発し,この後,学区内巡行を経て,本行列へと向かわれます。
画像1
画像2
画像3

明日は時代祭 (2)

画像1
画像2
画像3
 時代祭は、平安神宮の創建と平安遷都1100年紀念祭を奉祝する行事として、明治28年に始まりました。明治維新によって著しい衰退を見せた京都の町おこし事業の集大成として平安神宮が創建され、そこに寄せられた人々の熱意の象徴として、まったく同じ意志のもとに創始されたのが時代祭です。
 その意志は、京都の誕生日10月22日に「一目で京の都の歴史と文化が理解できるものを」「京都をおいて他にはまねのできないものを」というもので、京都人の心意気と誇りがふんだんに織り込まれています。
 時代祭行列は、京都全市域からなる市民組織「平安講社」(全11社)によって運営されています。当初は6列、人員500名の規模でしたが、現在では明治維新時代、江戸時代、安土桃山時代、室町時代、吉野時代、鎌倉時代、藤原時代、延暦時代の8の時代を20の行列に分けて1列ずつ担当しているほか、江戸時代婦人列、中世婦人列、平安時代婦人列は京都の5花街が輪番で奉仕するなど、総勢で約2000名もの人々が参加する一大行列となっています。           〜 平安神宮HPより〜
 行列は12時に京都御所を出発し,堺町御門から,丸太町通、烏丸通,御池通,河原町通,三条通,神宮道を通り,平安神宮に向かいます。ご都合のつく方はどうぞ,ご観覧ください。

明日は時代祭

 明日の時代祭の巡行に向けて,昨日から準備が行われています。今日は行列の道具や装束が運び込まれ,1階のフロアや体育館に並べてあります。今日この後,着付けの練習が行われ,明日は朝5時半から参加する皆さんなどが集合されます。9時から出立式で学区内を巡行し,その後御所に向かい,祭りは12時に巡行が始まります。尚徳学区が今年担当するのは「徳川城使上洛列」で全体の3番目の行列で、人数は200名以上と時代祭の行列の中でも最大規模です。行列は明治維新の「維新勤皇隊列」から始まり,時代を遡っていきます。
画像1
画像2
画像3

チャレンジ体験1日目

本日より,生き方探究・チャレンジ体験が始まりました。
今日まで生徒たちは「なぜ働くのか」「働くために必要な力は何か」について考えてきました。
生徒たちは仕事を体験させていただきながら,答えを探してきます。
5日間の体験を終え,一回り大きくなってきてくれることに期待しています。

今後,随時活動中の写真をアップする予定です。
体験について,ご理解,ご協力の程よろしくお願いいたします。
画像1画像2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
京都市立下京中学校
〒600-8302
京都市下京区楊梅通新町東入蛭子町120-1
TEL:075-371-2100
FAX:075-371-2167
E-mail: shimogyo-c@edu.city.kyoto.jp