京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
    

第106回日本陸上競技選手権大会・室内競技(大阪室内陸上)が行われました!

2月5日、大阪城ホールにて第106回日本陸上競技選手権大会・室内競技大会が開催されました。この大会は、標準記録を突破した全国の選手が出場できる室内の全国大会です。室内に特設の陸上競技場が設置され各種目が行われます。本校陸上競技部から児島柚月さん(3年)がU20女子60mに出場しました。
予選を全体4位のタイムで通過し、迎えた決勝レース。スタートでわずかに出遅れましたが、得意の後半で追い上げ上位5人がほぼ同時にフィニッシュしました。大型スクリーンに表示された結果は4位。優勝者とわずか0.04秒差という非常に混戦したレースとなりました。
これで児島さんの高校生最後の全国大会が終わりです。今年度はたくさんの感動をありがとうございました!大学でも陸上競技を継続していくそうです。卒業後も益々のご活躍を期待しています!
画像1

【19期生】2年生 大学別説明会

2月2日(木)・3日(金)、2年生を対象に大学別説明会を実施しました。この説明会は大学入試まで1年前となったこの時期に、入試を取り巻く全国の動向や受験に向けての心構え、各大学の出題傾向等を知り、今後の学習に主体的に取り組んでいけるよう毎年行っているものです。

2日のLHRでは駿台予備学校京都校の服部様より「夢の実現に向けて」と題したご講演をいただいた後、卒業生3名へのインタビューを聞きました。

また2日・3日の放課後には、京都大学・大阪大学・神戸大学及び国公立大学全般の3ブースに分かれ、現3年生教科担当の先生方から各大学の問題分析や学習方法についての解説をしてもらいました。

2年生としての1年間が間もなく終わり、4月から新しい学年がスタートします。この説明会で学んだことを今後の学習に活かし、高い目標を持って頑張って欲しいと思います。

写真上 講演会
写真中 卒業生へのインタビュー
写真下 各教科からの説明
画像1
画像2
画像3

【20期生】1年生 フィールドワーク事前学習

2月2日6・7時限にフィールドワーク(以下、FW)の事前学習を行いました。
生徒たちは、あと3回という限られた時間の中で、「やらなければならないこと」と「やっておくほうがよいこと」の優先順位をつけ、コースごとに必要な課題に取り組んでいました。
一生懸命に構想した授業が時間の関係でできなくなったり、思い通りに授業が進まなかったりと、まだまだ改善できる点があり、授業後の反省会では次につながる話し合いをしていました。
FW直前まで、「今できることをしっかりと学びたい」という意気込みを感じた授業でした。当日まで期間は短いですが、さらに成長してくれることを期待しています!
画像1
画像2
画像3

【20期生】1年生 フィールドワークに向けて

2月1日から学年末考査までの約2週間、20期生ではフィールドワーク(以下、FW)に向けてさまざまな取組を行います。点呼の方法もその取組のひとつです。
この企画は、FW委員の中の「生活部」が進めています。朝礼時に、担任の先生の合図で座席を立ち、コースごとに集合して人数を確認します。そして、すべてのコースの人数が集約されるまでの時間をクラス対抗で競争します。現地では、移動の前後や活動の開始前に点呼を行います。正確に点呼をすることは、コース全員の安全を確保するためにとても大切です。
自主的に一人ひとりが行動できるように、協力し合いましょう。
画像1
画像2
画像3

【19期生】2年生 人権学習を行いました!

1月26日7限、盲導犬ユーザーである森永佳恵様と、関西盲導犬協会の久保ますみ様をお招きして、人権学習を行いました。

はじめに久保様より、盲導犬ついての基本的なお話をしていただき、次に久保様から森永様に質問をする形で、視覚障害のある方の生活に関してお話しいただきました。視覚障害のある方にとって、世界がどのように見えているのかを中心にご説明いただき、視覚障害のある方が盲導犬とともにどのように移動をしているのかを学ぶことができました。
またお話の途中で、白杖を使った歩き方と、盲導犬と共に歩く歩き方の実演もしていただきました。生徒たちは盲導犬と森永様が歩く様子を見て、盲導犬がいかにユーザーにとって不可欠な存在であるのかを学ぶことができました。
普段はなかなか目にする機会のない盲導犬とそのユーザーですが、どのように生活をされているのかを改めて詳しく学ぶことができ、生徒たちにとってはとても良い学びとなりました。

お忙しい中お越しいただき貴重なお話をいただいた森永様、久保様、本当にありがとうございました!
画像1
画像2

【20期生】1年生 フィールドワーク事前学習

1月26日6・7時限、フィールドワーク(以下、FW)の事前学習を行いました。
事前学習は、本時を合わせてあと4時間です。どのコースも、十分に時間が余っているわけではなく、当日までにやらなければいけないことはたくさん残っています。その中で、どのような授業を作れば効率よく進められるか、FW部の生徒は一生懸命授業計画を立てていました。授業後の振り返りもコースごとにしっかりとできていました。
また、FW部ではない生徒も積極的に授業に取り組んでおり、素晴らしいフォロアーシップが見られました。
残り3回の事前学習で、現地での学びを最大限に高められる授業をしてくれることを期待しています。
画像1
画像2
画像3

本日の教育活動について

本日、雪の影響で一部の交通機関に乱れが生じていますが、教育活動は通常通り実施しています。交通機関の影響で遅刻・欠席の場合は、欠席連絡システムでご連絡いただくとともに、無理のないよう気を付けて登校してください。

【20期生】1年生 フィールドワーク保護者説明会

1月21日、本校大講義室にて、1年生の保護者対象のフィールドワーク(以下、FW)説明会を行いました。200人を超える保護者の方にお越しいただきました。お忙しい中、本校に足を運んでくださりありがとうございました。
岩佐校長の挨拶のあと、学年主任の和田野からフィールドワークの概要について、旅行社からキャンセル料や保険について説明しました。
後半は、FW活動を中心となって引っ張っている部署長・コース長に出発に向けて意気込みを語ってもらいました。10月に開催した保護者説明会で話した内容よりも、さらに具体的で、頼もしい内容ばかりでした。
事前学習もあと数回です。FW先で、それまでの努力が実を結ぶことを期待しています!

〔写真〕上:岩佐校長挨拶
    中:部署長からの説明の様子
    下:コース長からの説明の様子
画像1
画像2
画像3

【20期生】1年生フィールドワーク事前学習

1月19日6時限,フィールドワーク(以下、FW)の事前学習を行いました。
本時は、全コースでFWのスケジュールをについての説明を行いました。FW部の生徒たちが一生懸命アポイントメントを取って訪問できることが決まった施設や、楽しそうなアクティビティが盛りだくさんの内容となっています。
しっかりと考え学ぶ部分と、その地でしかできない活動に精いっぱい取り組んで体で感じる部分のメリハリをつければ、FWはさらに学びの多い内容となるはずです。
FWの研修内容をよりよくするために、あと少し頑張っていきましょう!
画像1
画像2
画像3

2次試験に向けて

週末の共通テストを終えた18期生が登校し、自己採点に臨んだ後、大講義室にて進路アセンブリを実施しました。
進路アセンブリでは共通テストに臨んできた生徒たちを労うとともに、今後の学習についてのお話がありました。共通テスト後、各大学の2次試験までの約40日間は、これまでの授業などで培ってきた学力が、最も充実する時期です。これまでも、この期間で驚くほどの伸びを見せる受験生をたくさん見てきました。現役生は受験当日まで伸びると言われますが、本当にその通りだと思います。もし不安なことなどがあれば、二者面談・三者面談がありますので、是非相談してください。
明日からは特別編成授業第2期が始まり、志望校別講座での演習を行っています。また面接や小論文の個別指導の申込も募集中です。自分史上最高の力を身に付けて2次試験に臨みましょう。教員一同、これからも18期生を応援し続けます!!

〔写真〕上:進路アッセンブリ
    中:後輩からの応援ポスター
    下:進路部前の掲示
画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

校長室より

説明会案内

在校生・保護者限定

卒業生のみなさんへ

進路結果

学校評価

お知らせ

教育課程表

使用教科書一覧表

学校いじめ防止基本方針

スーパーグローバルハイスクール

その他

京都市立西京高等学校(全日制)
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:075-841-0010
FAX:075-822-5702
E-mail: saikyo@edu.city.kyoto.jp