京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/09/19
本日:count up112
昨日:230
総数:379087
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標 『心豊かで しなやかに 生きる力 を育成する』

先生たちも リハーサル

 21日(金)の合唱コンクールで、1組の発表があります。その場で、恒例の“1組のメンバーと先生たちの共演”を行います。
 きょう(19日)の放課後、先生たちが音楽室に集まってきました。マイ楽器を持っている先生もいます。ギター・ベース・トランペット・トロンボーン・フルート・ハーモニカ…。手話に取り組む先生もいます。
 聴いてみると、「おおっ!これはいい…!!」
 当日を楽しみにしていてくださいね。
画像1
画像2
画像3

今こそ、クラスの力を!

画像1
 今週金曜日(21日)の本番に向けて、各学年1時間ずつ「合唱コン リハーサル」を行いました。体育館のステージで、学年のメンバーを前に選択曲を歌います。
 自分たちの合唱はどうでしたか?他クラスの合唱はどうですか?それぞれ振り返って、当日までの練習に活かしてください。
 合唱は、クラスの力が試されます。あと3日、されど3日…。気持ちを一つにして突っ走ることで、歌はまだまだ化けます!
画像2

猛攻! 全対戦3−0

画像1
画像2
画像3
 女子ソフトテニス部団体予選が、17日(祝)向島東中学で行われました。
 さすが昨シーズン、上級生を相手に激戦を繰り広げてきたチームです。栗陵中学・嘉楽中学・向島東中学を相手に、どの対戦も3−0で勝利を収めました。今までの たゆまぬ取り組みの成果が出ましたね。
 予選は、ブロック1位で通過です。市大会では、きっと手ごわい相手が待っています。より上の大会へつなぐためにも、気持ちを緩めず ますます“テニス力”のアップを図ってください。

根気! 2点ぶんのプレー

画像1
画像2
画像3
 「えっ ソフトテニスは、1点ずつしか点数が入らないんじゃないの?」タイトルを見て、そう考えた人も多いと思います。
 相手が、いいプレーをしたとします。または、こちらのプレーがうまくいかず、ピンチに陥ったと考えてください。このままでは、相手に1点取られる状況です。そうなると、こちらからすれば−1点。けれども、その場を何とかしのいで1点とりました。(+1点。)−1点と+1点の差は2点。これが、2点ぶんのプレーです。
 17日(祝)男子ソフトテニス部団体予選。正直言って、神川中学戦はあきらめてしまうプレーが多く、1−2で敗れました。けれども、続く嵯峨中学戦・高野中学戦では、走って走って ボールに食らいついて、逆境をはね返す場面が格段に多くなりました。つまり、2点ぶんのプレーが増えたのです。その結果、2−1・3−0で勝利をゲットすることができています。
 ブロック予選は、2位通過。この試合で手にした粘り強さを忘れず、市大会でも活躍してください。

豪快! 男バス 予選1位通過

画像1
画像2
画像3
 男子バスケットボール部予選最終戦が、15日(土)に行われました。
 4・6・7番と長身選手を抱える蜂ケ岡中学を相手に、こちらはスピードとリズムの切り替えで対応します。リバウンド・パスカットでマイボールを増やして相手ゴールに迫り、前半終了時には40点差をつけました。
 後半も、その勢いは止まりません。3クオーターで82−27、4クオーターで109−37と、相手の追撃を振り切って勝利しました。
 このチームは、“練習の虫”だと聞きます。顧問の先生が立ててくださったきめ細やかなメニューに、普段から真剣に取り組んできた。その成果が、公式戦で出ました。
 予選各ブロック1・2位による順位決定戦が、9月末から始まります。ますます力を高めて、次の試合に臨んでください。

持続! 女バス 予選全勝

画像1
画像2
画像3
 15日(土)、女子バスケットボール部の予選第3戦が、山科中学を相手に行われました。
 西ノ京でプレーできるメンバーは、この試合も4人。1.25人ぶんずつのプレーが求められます。きびしいディフェンスでボールを奪ったら、即攻撃に移る切り替えの速さは さすが。1クオーターから、32点・32点・29点・16点と得点を積み重ね、109−11で勝利を手にしました。
 予選を通して思ったのは、大差で勝ち続けたけれど それは「その結果に見合うプレーができていたからこそ」ということです。“西ノ京”というネームバリュー、ましてや「今までそうだったから…。」という理由で結果が得られるほど勝負は甘くありません。
 体育館の応援席は、コートの間近にあります。その場所からは、選手の息づかいやほとばしる汗が感じられます。精一杯のプレーに胸を熱くしながら、「西ノ京の選手は、ボールへの執着心・運動量で 相手を超えている。」と確信しました。だから、勝ったのです。
 「このあとけがをしている選手が復帰して、5人でプレーできるようになったらどんな試合が作れるのか?」想像するだけでワクワクします。

さようなら!実習生

 教育実習期間も、いよいよきょうで終了。担任クラスでは、恒例のサプライズが用意されました。
 「人を喜ばせる」ことにかけては、爆発的な力を発揮する西中生らしく 各教室で素敵な“お別れ会”が催されたようです。
 3週間、ありがとうございました!
画像1
画像2
画像3

いよいよ仕上げの時

画像1
画像2
 合唱コンクールに向けての練習が、佳境に入りました。
 きょうの体育館練習は2年生。音楽科の先生のアドバイスも受けながら、よりよい歌声を目指します。「う〜ん、きれいだ…!」「オオッ、すごい!」という部分も増えてきました。
 音をきちんととらえて、美しくハモること。聴かせどころを頭に置いて、しっかりクレッシェンドすることが、ポイントでしょうか。
 本番まで あと4日。いよいよ仕上げの時ですね。

1週間後が本番

画像1
画像2
画像3
 合唱コンクール当日が、来週金曜日(21日)に迫りました。 
 日々の取り組みも、パート練習はもちろん、パートごとに円になって合唱したり、伴奏なしで合唱したり…。工夫を凝らしてレベルアップに努めています。その甲斐あって、どのクラスの合唱も 着々と進化してきました。しびれるような合唱が完成するまで、あと少しです。

フレッシュ授業〜2年 英語〜

 13日(木)1限、2年5組で教育実習・英語の研究授業が行われました。
 “must〜・must not〜”の意味を理解したあと、それを使って「理想の学校のルール」をグループで考えて発表する授業でした。活動的な授業を作るときには、「どのような課題を設定するか?」がキモとなります。その意味で、ナイスアイデアでしたね。生徒のみんなも、いきいきと取り組めていました。
画像1
画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
学校行事
9/21 合唱コンクール
9/26 体育祭学年別練習

お知らせ

学校教育目標・方針

学校だより

学校評価

台風・地震に対する非常措置

学校いじめ防止等基本方針

小中一貫教育構想図等

部活動運営方針

京都市立西ノ京中学校
〒604-8421
京都市中京区西ノ京永本町7-1
TEL:075-802-3365
FAX:075-802-3366
E-mail: nishinokyo-c@edu.city.kyoto.jp