京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/11/14
本日:count up151
昨日:274
総数:393125
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標 『心豊かで しなやかに 生きる力 を育成する』

前進! 卓球部女子団体戦

画像1
画像2
 10日(土)、伏見港体育館で「卓球部団体戦 市決勝大会」が行われました。
 リーグ戦で、西ノ京は附属京都中学に3−1で勝利。大宅中学には0−3で敗れました。その結果グループ2位となり、残念ながらトーナメント進出は なりませんでした。しかし、試合のあちこちに成長のあとが見られる戦いぶりでした。
 次は、個人戦です。ますます腕前を上げて、今回勝てなかった相手にも勝てるように備えてください。

『ゲルニカ』を読み解こう

画像1
画像2
画像3
 3年生の美術が、研究授業になっていたので参観しました。ピカソの『ゲルニカ』を鑑賞する内容です。
 「色・構成・モチーフ・画風」のうち1つを1グループが担当し、それぞれのテーマに沿って話し合いを進めます。次にこのグループをばらし、4つのテーマを話し合ったメンバーが必ずいる新しいグループを作ります。そこで、作者がこの作品に込めた意図や願いを考えました。
 こういった話し合いの手法を“ジグソー法”と呼ぶそうです。最初の話し合いで それぞれのテーマのエキスパートとなったメンバーが集まって、話を深める形です。
 授業の研究も、日々進んでいます。こんな試みのなかで、みんなの力が高まっていくことを期待しています。

マスコットキャラクターは “ ニシやん”

画像1
 西ノ京中学校創立70周年を記念して募集・選考したマスコットキャラクターは、“ニシやん”に決まりました。生徒・保護者・地域の方・先生が、投票したうえでの決定です。
 12日(月)認証式後の発表では、大きな歓声が上がりました。
 見れば見るほど味が出る、憎めないキャラクターですね。今後、いろいろな場面に出没すると思いますので、楽しみにしていてください。

新役員・委員にバトンタッチ

 12日(月)6限、「後期認証式」を行いました。
 1年間活躍した旧生徒会本部役員とこれから頑張る新役員の引き継ぎの式です。旧役員から新役員へ「あとは頼んだよ!」と、生徒会旗が手渡されました。続いて、後期の学級委員の認証も行いました。
 役員・委員は“選ばれた責任”を、そうでない人も“選んだ責任”をきちんと果たしてください。え?自分は、その人に投票していないって?!いいえ、選挙を行ったからには、選ばれた人に協力するのが民主主義です。
 新役員・委員を中心に、西ノ京中学がさらに成長するように取り組みましょう。
画像1
画像2
画像3

奮闘! 女子ソフトテニス部 個人戦

画像1
画像2
 11日(日)に開かれた「府大会 個人戦」に、女子ソフトテニス部から2ペアが出場しました。
 1ペアは、東宇治中学ペアに4−2で勝ちましたが、青葉中学ペアに1−4で敗れました。もう1ペアは、弥栄中学ペアに4−0で勝ちましたが、綾部中学ペアに2−4で敗れています。
 今後 より結果を出すためには、前衛が攻めの姿勢を身につける必要があります。前衛は、後衛ほどボールを触らせてもらえません。だからこそ、「ここ!」という場面で必ずボールに向かうことが大切です。「行って、ミスしたら…。」という不安はあるかもしれませんが、行かなければいつか後衛がこらえきれなくなって1失点です。それなら、取りに出て、もしミスしてしまっても同じ1失点。それぐらいの割切りが欲しいです。
 勇気を持って攻める姿勢なしには、進歩はありません。

成長! 男子ソフトテニス部 府大会

画像1
 11日(日)「府新人大会 個人戦」が行われ、男子ソフトテニス部から1ペアが出場しました。
 第1試合の相手は、木幡中学ペア。1ゲーム目こそ落としたものの、あとの4ゲームは連取。ファーストサーブをきっちり決めてサービスゲームを優位に進めたこと。粘り強く走ってラリーを続けるなかで、チャンスが来たら狙ったコースにピシャリと決める攻撃ができたことが勝因でしょう。ここまでの成長を感じさせる試合ぶりでした。
 第2試合は南桑中学ペアとの対戦でしたが、1ゲームを取ったあと守りに入ってしまいました。ソフトテニスは、攻めないと勝てません。守りは、相手の攻撃を促すことにつながるからです。この試合は、残念ながら1−4で敗れています。

接戦! 邪念を払う

画像1
画像2
 10日(土)、丹波自然運動公園で女子ソフトテニス部の「府新人大会 団体戦」が行われました。
 第1試合は、口丹波代表の東輝中学と。この対戦は、3−0で快勝しました。2試合目の相手は、同じ市内から勝ち上がった京都文教中学です。相手の強打に手を焼きながらも、先にマッチポイントを何度も得ました。しかし、ここで決めきれず、ファイナルゲームへ突入。最終的に押し切られてしまいました。「近畿選抜インドア大会」が懸かっていただけに、手痛い敗戦です。
 「この1点で勝てる!」そんな状況で、いろいろな光景が頭に浮かぶことがあります。(君たちがそうでなければいいのですが…。)自分がミスする様子を浮かべるのは論外です。逆にそのプレーを成功して、みんなと喜ぶ様子。ハイタッチしたり、抱き合ったり、涙したり…。そんな邪念が集中力を削いでしまうのです。ボールを打つことに使われるべき力が分散して、ミスにつながる。高校野球(甲子園)では、よく起こる現象だと聞きます。
 「あと1点!」だからこそ、平常心でボールだけに集中する。そんな場面で、私は選手に「さあ、プレーボール!(ここから試合が始まるつもりで!)」よくそう言いました。

びじゅワーク

 11日(日)、京都堀川音楽高校の教室をお借りして、中学校美術部による「びじゅワーク」が開催され、本校美術部の代表2名が参加しました。この会は、日ごろ交流が少ない各校の美術部員どうしが交流し、活動の様子を話し合ったり、1月の美術部展に向けた企画を考えたりする交流会です。
 夏休みにあった「びじゅトーク」で考えた企画を、この「びじゅワーク」で形にしていきます。当日の来場者に向けたメッセージスライドを、他校の代表者や顧問の先生・京都市立芸術大学のボランティアさんと相談しながら作成するなど、短い時間ながらも充実したワークショップとなりました。
画像1
画像2
画像3

特別企画展に出品

 10日(土)・11日(日)の2日間、「京都市総合文化祭」が開かれ、本校美術部は堀川御池ギャラリーにおける“京都・パリ友情盟約60周年”をテーマにした特別企画展に作品を出品しました。この展覧会は、日ごろの授業では取り組むことが少ない共同制作にスポットを当てた展覧会で、学級や学年・部活動で取り組んだ共同作品を展示しています。
 西ノ京の作品は、掛け軸風の絵画の前に立体作品を置いて一緒に鑑賞するという手法の作品で、華やかで丁寧な表現が会場のなかでもひと際目を引いていました。
画像1
画像2

進路を拓くために

 10日(土)、「3年土曜学習会」がスタートしました。3年生の進路を拓くために、学校運営協議会の呼びかけで集まってもらった学生ボランティアのサポートを受けながら、学習に取り組む会です。
 きょうは第1回ということや、高校の学校説明会と重なっていたこともあって、そばにずっとボランティアについてもらえるで学習が進みました。ほぼ2時間半、びっくりするほど集中して勉強できていましたよ。
 参加者の感想を紹介します。
 「講師の方が、ほとんどマンツーマンでついてくださって、何でも聞くことができました。すごくわかりやすかったので、次回も受けたいと思いました。」
画像1
画像2
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お知らせ

学校教育目標・方針

学校だより

学校評価

台風・地震に対する非常措置

学校いじめ防止等基本方針

小中一貫教育構想図等

部活動運営方針

京都市立西ノ京中学校
〒604-8421
京都市中京区西ノ京永本町7-1
TEL:075-802-3365
FAX:075-802-3366
E-mail: nishinokyo-c@edu.city.kyoto.jp