京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/07/21
本日:count up194
昨日:327
総数:133593
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
23日(月)第一学期 終業式   24日〜 夏休みです  

5年 気象予報士気分

画像1
 理科の学習で,気象衛星やアメダスの情報から,天気の変化について考えました。パソコンを使って衛星画像の雲の動きを自分で操作しながら動きの特徴に気づいたり,アメダスの雨量情報と関連付けながら天気の移り変わりについて考えることができました。
「雲が西から東へ動いてる。」
「雲の動きとアメダスの動きが同じだ。」
「気温の変化もなんだか関係がありそうだな。」
自分たちで調べたい方法を考えて上手に操作することで,さまざまな気づきが生まれました。
「もっと調べたい!」
「自主勉強でやってきていいですか?」
そんなが自然と湧き上がった,理科の授業でした。
この中に,未来の気象予報士が生まれるのでしょうか。
楽しみですね。
画像2

4年 分度器を使いこなそう

画像1画像2画像3
 算数の「角とその大きさ」の学習が終わりました。目盛りの読み方がわからず,逆向きに使っていたこともある最初にくらべ,今では角度をはかるのがあっという間です。問題に取り組むときは,分度器がずれないように,慎重にあてています。子どもたちの様子をみていると,180°以上の角に苦戦しているようで,何度も教科書やプリントで練習しました。180°に足して計算するのか,360°から引くのか…。角の大きさを見極めながら真剣に取り組んでいました。
 角の勉強はここでひと段落ですが,生活のなかで角を見つけて,興味をもってほしいなと思います!

5年 3人の先生と!? Let's study English!

画像1
 前回の外国語活動の学習では,北野中学校の英語の先生と一緒に様々な活動に取り組みながら楽しむことがでいました。今日の外国語活動では,もう一人ALTの先生も加わり,ALTの先生の自己紹介クイズを楽しみながら意欲的に活動することができました。
 「Any more questions?」という問いかけに対して,たくさんの質問も飛び交い,またこれから一緒に外国語を学習してくことができることに喜んでいました。アルファベットに十分慣れ親しみながら,「R for rabbit」「U for umbrella」など,ALTの先生の発音に近づけるようにしっかりと発音しながら声に出すことに親しんでいました。これから外国語活動の学習を通して,よりよいコミュニケーションを目指しながら,また,積極的に自分のことが発信できる姿を目指しながら,がんばっていきましょう。
 
 『凡事徹底』
 当たり前のことが当たり前以上にでき始めています。自分たちだけでなく,学校全体が気持ちよくなるように考えて行動ができています。ふとした声かけから,自分のクラスだけでなく,隣のクラスの下駄箱もピカピカに。さあ,これからもっと素敵なことが学校に広まっていってほしいですね。
画像2

4年 夏が楽しみ

画像1画像2画像3
 理科の学習でツルレイシのたねまきをしました。前もってたねに切れ目を入れて,水につけておいた種は,観察したころの固さとちがってなんだかぶよぶよ…。
「沈んでる!」「やわらかくなってる…」「水を吸い込んでるんかな?」
ポットの下に画用紙をしいて,土,種をいれました。
「どの向きにいれたら芽出やすいんかな?」
教室の日当たりのよいところに置いておきました。水やり,忘れないようにしましょうね。
 そのあとは教室で,ツルレイシの発芽率について学び,100%芽が出るわけではない,ということに子どもたちは驚いていました。たくさん育つといいですね。
 芽が出るのが楽しみです。

5年 体ほぐしの運動

画像1
画像2
 体育で「体ほぐしの運動」に取り組んでいます。体だけでなく心の調子を整えながら,仲間と協力しながら活動しています。今回は,まねっこウォーキングをしました。グループごとにサーキットを工夫した動きを取り入れながら回るという活動です。ただ回るのではなく,先頭の人の動きをまねながら進むということで,子どもたちもワクワクさせながら活動していました。また,そのあとにはラグビーボールを転がしてコースを回るという活動にも取り組みました。思い通りに進まないボールを右往左往しながらコントロールするおもしろさを味わうことができ,体も心もほんのりあたたまった1時間となりました。

5月の朝会

画像1画像2
 今日から5月です。学校にきまりがあるように,国にもきまりがあり,一人一人が大切にされるための「憲法」というものであることを,校長先生から話してもらいました。そして,井上ひさしさんの「けんぽうのおはなし」という絵本の読み聞かせを聞き,そのあと各クラスでも話し合いました。

1年・2年 生活科「なかよしの会」

画像1画像2画像3
 4月25日(水)1・2校時,1年生と2年生が体育館に集合して,「なかよしの会」を行いました。
 1年生と2年生が一緒になって,自己紹介をし合ったり,歌を歌ったり,ゲームをしたりしました。また,1年生は2年生から,お手紙やアサガオの種のプレゼントをもらいました。1年生の子どもたちは,2年生のお兄さん・お姉さんが大好きになりました。
 今後も1年生と2年生は「学校探検」や「春の遠足」などの活動に一緒に取り組みます。学年を超えて,子どもたちの交流が深まることを願っています。

和(なごみ)献立

画像1
4月27日(金)
 今日の献立は,胚芽米ごはん・とりの天ぷら・小松菜とゆばの煮びたし・若竹汁・かしわもちでした。今年度初めての和献立で,とりの天ぷらは新メニューでした。しっかり味がついて,カラッと揚がっており,とてもおいしくいただきました。かしわもちも季節を感じる献立でした。

今年度初めての授業参観

画像1画像2画像3
4月26日(木) 
 新年度が始まり約三週間,初めての授業参観を行いました。新しい学級にも慣れて,張り切って学習している様子を,おうちの方に参観していただきました。参観後,学級懇談会で学級目標や子どもたちの様子について懇談しました。この1年,どうぞよろしくお願いします。

読書のすすめ

画像1
◆昨年,図書委員会の児童が,私のところへアンケート調査にきました。
「先生が子どもの頃の好きな本を教えてください。」
少し考えて,『太平記』と答えました。小学校高学年の頃,歴史の本をよく読んでいたのを思い出しました。六十歳に近づいた今でも,当時得た知識がしっかりと残っています。

◆本を読むこと,それは脳の活動をフル回転させる複雑な行為だといえます。小さい頃からの読み聞かせ,それは集中力や学ぶことへの好奇心を育み,親子の絆を深めてくれます。
「読み聞かせ」の主な効能として,
○親子の絆を深める   ○読解力がつく
○言葉が増える     ○知識が増える
○集中力がつく     ○文字を覚える
○想像力がつく     ○親も育つ
など驚くほどの学びの力を育んでくれます。

◆本校では,この読書について,地域の方々に支えていただいています。毎週火曜日には,読書ボランティアの方々に「朝の読み聞かせ」を開いていただいています。

◆しかし一方で,「読書ばなれ」の子どもが増えているのも事実です。いったいどうすれば,子どもは読書に向かうのでしょうか?お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古さんは,著書『ことばの教養』の中で示唆に富む次のようなことを述べています。
「読書を…おもしろそうだと思わせる必要がある。…それには,大人が自身,本に夢中になってみせなくてはならない。…子どもの読書ばなれは大人の読書ばなれを反映している。子どもは親の鏡である。」
さあ,今日から読書をはじめてみませんか。大人もご一緒に

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月間行事予定
7/21 4年みさきの家
7/23 終業式 大掃除 授業・給食終了
7/24 夏季休業(8/26まで) 夏季プール学習(7/27まで)
7/25 全市水泳記録会
京都市立大将軍小学校
〒603-8337
京都市北区大将軍南一条町48-2
TEL:075-461-4310
FAX:075-461-4342
E-mail: daishogun-s@edu.city.kyoto.jp