京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2023/02/03
本日:count up2
昨日:109
総数:484434
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
2月8日(水) 半日入学・入学説明会

2月3日(金)4年生 たてわり活動「3・4年生玉入れ大会」

画像1
画像2
画像3
中間休みに計画委員会主催の玉入れ大会がありました。久しぶりの玉入れ。

みんなとても楽しみにしていて、盛り上がっていました。

2月3日(金) 4年生 体育科「サッカー」

画像1
画像2
4年生最後のサッカーの学習でした。

サッカーに取り組始めたころは,目の前のボールを前にけりあうことが多かったですが,チームの仲間と作戦を考えたり,声を掛け合ったりする姿が見られるようになりました。

得点をしたとき,チームで喜び合う姿が素敵でした。

2月3日(金)4年生 道徳 「交換メール」

画像1画像2画像3
道徳で、学級の良さや学校の良さを話し合いました。

自分の学級の良さや学校の良さを見つけることは楽しい活動だったようです。

自分の考えを友達と交流している時の子どもたちの表情が素敵でした。

全体交流でも活発に手が挙がり、幸せな空気に包まれました。

2月2日(木)4年生 外国語活動 This is my favorite place.

画像1画像2画像3
外国語活動では今、お気に入りの場所を紹介する学習をしています。

学校にある場所の言い方にも慣れてきました。

今日は、友達がどの場所が好きかを聞く活動を楽しみました。

2月22日(木)4年 総合的な学習の時間 「松陽のぬくもり」

画像1画像2画像3
準備が早くできたグループから発表していきます。

今日は耳の不自由な人の会話で使う「手話」について調べたグループが発表しました。

「あいさつ」のいくつかを絵にかいて紹介したり、「動物」の手話を日本の表現の仕方と海外の表現の仕方を比較しながら紹介したり、「食べ物」の手話を動画を編集して紹介した後、クイズを出したりと工夫した発表ができました。

発表を聞いている子どもたちも楽しく学んでいました。

2月2日(木)総合的な学習 「松陽のぬくもり」

画像1画像2画像3
車いすバスケットの体験を通して、障害についてもっと調べたいと思った子どもたち。

目が不自由ってどういうこと?

体の不自由な人には車いすがあったけど、目の不自由な人のためにはどんな道具があるの?

耳の不自由な人には?

耳の不自由な人はどうやって会話しているの?

・・・いろいろな疑問を自分たちで調べてきました。

今はグループに分かれて、発表に向けて準備しています。

2月2日(木) コスモス学級 理科「磁石のふしぎ」

4・5年生は、理科の学習で「磁石のふしぎ」の学習に入りました。

磁石の性質を利用したマジックに、興味深々な子供たち。

実際に磁石を触ってみると、引き付ける・退けるという性質があるということがわかりました。
画像1
画像2
画像3

2月2日(木)1年生 図画工作科「すきまちゃんのすきなすきま」

画像1
画像2
画像3
図工科で「すきまちゃんのすきなすきま」の学習をしました。

先週作った「すきまちゃん」をいろんなすきまに座らせたり立たせたりして、タブレットで写真をとりました。

「こんなところにすきまあるよ。」「見てみて。」と嬉しそうに隙間を見つけて撮影していました。

かわいい写真がたくさん撮れました。

2月2日(木)1年生 中間休み「みんなあそび」

画像1画像2
中間休み。

遊び係がみんなに声をかけて、運動場でおにごっこをしました。

遊び係がアナウンスした集合場所にクラス全員が集まり、ルールを聞いたらおにごっこの始まりです。

寒い中でしたが、一生懸命追いかけたり、逃げたりして中間休みが終わるころには、身体がポカポカ温まっていました。

2月2日(木)4年生 図画工作科 「ギコギコ トントン クリエイター」

画像1画像2画像3
のこぎりも上手に使えた子どもたち。

今は「トントン」と釘を打つ音が教室に響きます。

作品の出来上がりが楽しみです。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

松陽だより

学校教育目標・経営方針

学校いじめ防止基本方針

学校評価

台風等に対する非常措置について

小中一貫教育構想図

京都市小学校部活動等ガイドライン

京都市立松陽小学校
〒615-8252
京都市西京区御陵北山下町15
TEL:075-391-3583
FAX:075-391-8883
E-mail: syoyou-s@edu.city.kyoto.jp