京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/05/23
本日:count up39
昨日:223
総数:381325
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標「人を大切に、物を大切に、時を大切に」

今週の生け花

5月22日
画像1

小学校紹介

校舎内を回っていると,東階段のところに各小学校紹介ポスターが張られてありました。1年生は,入学して2ヶ月が過ぎ,同じ学年の生徒同士のコミュニケーションも増えてきています。6月の校外学習を前に,もっと互いのことを知って,理解を深められればいいと思います。
画像1
画像2
画像3

3年生 学習確認プログラムテスト

5月23日火曜日 3年生 学習確認プログラムテストを実施しています。6月1日からの修学旅行前ですが,今までの学習をしっかりと振り返り,進路実現のための1つの糧としてもらいたいと思います。
画像1

学校いじめ防止基本方針

平成29年度学校いじめ防止基本方針
学校いじめ防止基本方針

学校教育目標

平成29年度 学校教育目標
学校教育目標

時を守り、場を清め、礼を正す

画像1
 今日から2年生の「チャレンジ体験(職場体験学習」が始まりました。事業所での出会いや体験を自分の成長につなげてください。
 「時を守り、場を清め、礼を正す」という言葉があります。これは森信三という教育学者が提唱した「職場再建の3原則」です。

【時を守り】とは時間を守ること。この意味は、相手を尊重することより、自分の信用を得るということです。例えば、人との待ち合わせの時間、相手を待たせることがないようにすることです。
<大切にしてほしい>・・・開始5分前に姿勢を正し、心を静め、開始を待つこと。

【場を清め】とは掃除をすること。掃除をすることの意味は、5Kで表されます。
 ・気づく人になれる
 ・心を磨く
 ・謙虚になれる
 ・感動の心をはぐくむ
 ・感謝の心がめばえる
<大切にしてほしい>・・・一つでも足元のゴミを拾うこと。一つ拾えば一つだけきれいになる。人のために尽くそうという気持ちをもつ。

【礼を正す】とは、挨拶をすること、返事をすること。挨拶の意味は、心を開いて相手に迫るということ。挨拶をすれば人間関係がよくなり、挨拶をしなければ人間関係が悪くなる。
<大切にしてほしい>・・・朝の挨拶は相手より先に。誰に会っても、相手が聞こえる大きな声で、相手が気持ちよくなる挨拶をする。「おはようございます!」そして、呼ばれたら「ハイ!」

 各事業所の方々も、桂川中学校の生徒のために、一生懸命取り組んでくださっています。「時を守り、場を清め、礼を正す」を大切に、4日間、頑張ってください。

学校巡回公演に向けて

5月18日木曜日 体育館にて 2年生が,6月27日(火)に行われる学校巡回公演に向けて,ダンスの練習をしました。講演当日には講演中に一緒にダンスをする場面が合うようです。生徒達は,出演者から,動きを教えてもらい,音楽に合わせてダンスができるようになっていました。本公演が楽しみです。
画像1
画像2
画像3

京都市中学校春季総合体育大会 サッカー部

第3位となり,表彰を受けました。今日試合が終わったのですが,もうすでに夏に向けての決意をあらたに円陣を組んでいました。
画像1
画像2
画像3

京都市中学校春季総合体育大会 サッカー部

水たまりで,急にボールが止まり,パスやドリブルがうまくいかなかったり,足場が悪いので,転倒したりとゲームの展開が難しい試合だったと思います。そんな中,選手達は懸命にボールを奪い合い,最後まで走りきるプレーを見せてくれました。
画像1
画像2
画像3

京都市中学校春季総合体育大会 サッカー部

5月13日土曜日 桂中学校 グランドて サッカーの部準決勝を,京都朝鮮中と行いました。昨日からの雨で,グランドは水たまりが多く,土も緩んでいる状態であり,まだ雨が残る中でのキックオフとなりました。 
画像1
画像2
画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校行事
5/24 チャレンジ体験(2年)
学習確認プログラム(3年)
5/25 チャレンジ体験(2年)
第2回委員会・協議会(1・3年)
5/26 チャレンジ体験(2年)
PTA総会 19:00〜
5/27 土曜参観
5/29 土曜参観 代日休業日
5/30 第2回委員会・協議会(2年)
京都市立桂川中学校
〒615-8033
京都市西京区下津林東大般若町43
TEL:075-392-9229
FAX:075-392-9296
E-mail: katsuragawa-c@edu.city.kyoto.jp