京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/07/18
本日:count up59
昨日:190
総数:839385
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
「自立・共生・感謝」を大切に お互いを高めあい「笑顔」あふれる学校に

『春体の結果 卓球部男子 団体戦』

画像1
画像2
画像3
 先の4月30日(火)、本校卓球部男子は、島津アリーナにおいて団体戦に臨みました。
 1回戦では東山中、2回戦では西京極中と対戦しましたが順調に勝ち上がり、見事ベスト8入りを果たしました。
 ベスト4をかけて秋の優勝校である加茂川中途の対戦では、あと少しが及ばす敗退しました。本当によく粘ったと思います。お疲れ様でした。(よ)

『春体の結果 男子サッカー部2』

画像1
画像2
画像3
 先の4月29日(月)、桂中学校において、本校男子サッカー部は旭丘中学校と対戦しました。善戦むなしく前半2−0、後半3−1で敗れはしましたが、最後まであきらめることなく立ち向かっていく姿は,衣笠生として立派でした。よく頑張りましたね!(よ)

『春体の結果 男子バスケットボール部』

画像1
画像2
画像3
 先の4月28日(日)、下鴨中学校において、本校男子バスケットボール部は1回戦烏丸中学校と対戦し快勝しましたが、2回戦では西ノ京中学校に後一歩及ばす、48−57で惜敗しました。夏に向けて今一度頑張ってください。応援しています。(よ)

『春体の結果 女子ソフトテニス部 個人戦』

画像1
画像2
画像3
 先の4月28日(日)、西院公園テニスコートにおいて、本校女子ソフトテニス部は個人戦に臨みました。残念ながら上位進出はなりませんでしたが善戦し、夏に繋がる戦いであったと思います。よく頑張りましたね。(よ)

『春体の結果 女子ソフトボール部』

画像1
画像2
画像3
 先の4月28日(日)、西京極中学校にて本校女子ソフトボール部は下京中学校と対戦しました。善戦むなしく時間切れ4−7で敗れました。夏に向けて頑張ってくださいね。お疲れ様でした。(よ)

『春体の結果 サッカー部1』

画像1
画像2
画像3
 本校サッカー部は、先の4月27日(土)に大枝中学校にて小栗栖中学校と対戦し、後半フリーキックを#6のK.Y.くんが見事にきめ、1−0で勝利しました。おめでとうございます。(よ)

『第61回 京都市中学校 春季総合体育大会 開会式』

画像1
画像2
画像3
 先にもお知らせしましたが、平成最後の標記開会式が盛大におこなわれ、本校代表選手諸君が堂々の行進を見せてくれました。練習の成果を遺憾なく発揮し、ご観覧の方々からも高い評価をいただくことができました。お疲れ様でした。
 応援にきていただきました保護者の皆様、本当にありがとうございました。生徒諸君の活躍をどうか見守ってやってください。(よ)

『明日は春季総合体育大会開会式です』

画像1
 明日は平成最後の京都市中学校春季総合体育大会開会式が西京極総合運動公園において、午前10時より開催されます。

 本校生徒も参加し、堂々の行進を見せてくれることと思います。この1週間、連日行進練習に取り組んでおります。近隣の皆様にはお騒がせいたしまして、大変申し訳ありません。天候が少々心配されますが、昨年のように気温が上がることはなさそうです。開会式を皮切りに、午後からは剣道やサッカーの試合も予定されています。保護者の皆様、応援のほどよろしくお願いいたします。

 もちろん勝負事ですから、勝つに越したことはありません。しかしながら、試合までの課程の中で子どもたちは本当に多くのことを学びます。また、試合後もしかりです。我が衣笠生たちの成長を心から楽しみにしております。最後まであきらめずに頑張ってください!(よ)

 本HP右下に学校だより 5月号を掲載しております。ご覧ください。

『家庭訪問週間 お世話になっております』

画像1
 今週4月22日(月)より週末まで、家庭訪問で大変お世話になっております。保護者の皆様におかれましては、お忙しい中お時間をいただき感謝いたします。

 午前中で下校となる生徒諸君は、午後からの時間をどのように過ごしているのか、少し気になります。部活動や習い事、おうちの用事など、充実した時間の使い方ができていれば良いのですが…。

 もちろん、学年や教科である程度の課題は提供していますが、やはり「自ら取り組む力」がないと今後が心配です。「生涯学習の定着」が国としての方針となって久しいですが、現状はどうかというと,まだ課題があるように感じます。

 人生100年時代、その間の義務教育は9年間、ほぼ全入と言われる高校や、約半数が進学する大学を含めても、たかだか学生の時期は16年間です。残りの人生を、そこでの知識や経験だけで乗り切ろうとするのは無理があります。

 したがって、義務教育最後の3年間、中学時代には「基礎となる知識」とともに、生涯を通じて「学び続けていこう」とする姿勢を培うことが何より大切です。今年度、全校生徒に「自己をマネジメントするための手帳」をもってもらいました。ご家庭でも是非話題としていただきたいと願っています。

 何時間勉強した(させられた?)よりも、何に取り組もうと「自分で決められた」かに支援のベクトルを向けていきたいと考えています。もちろん「丸投げ」にはしません。まずは「1日3回手帳を開いてみる」ことを、全校として取り組んでいきます。ご家庭でのご協力をよろしくお願いします。

 天候により、ご自宅に伺わせていただく時間が多少前後するかもしれません。その際には何卒お許しいただければありがたく存じます。明日、明後日と本当にお世話になります。(よ)

『全国学力・学習状況調査 終了です』

画像1
 本日、3年生諸君は標記調査にチャレンジしました。昨年度と内容も変更になり、私たち教職員も準備に追われましたが、生徒たちは最後まで真剣に取り組んでくれました。
 とくに、英語においては初めて「スピーキング」のテストが実施され、私も同席しましたが、みんな緊張した面持ちで課題にチャレンジしていました。

 昨今よく耳にする言葉に「不確実性の高い未来」があります。これまでとは大きく変わるであろう社会を生きる子どもたちに、必要な力を身につけさせようとの事だと考えます。

 しかし、翻ってみてこれまでの社会は「確実性の高い」世の中だったのでしょうか?
 実はどの時代も、先のことはそれほど「分からない」のではなかったかと考えます。
 それがいつしか、ああなればこうなる、こうすればそうなる、と決めつけてしまっている私たちの「感覚」こそが問題ではないかとも感じます。

 子どもたちは、これからどんどん「変わって」いきます。これまでもそうでしたし、これからもそうであろうと経験則として実感します。
 ある意味、私たちの「想定外」の人生を歩むことも往々にしてあることです。そのときに必要な力は何だろうか、それを考えていくことが大切なのであり、いつの時代も求められているように思えます。

 極論すれば、今このとき英語が話せなくても、生徒本人が今後「英語を話したい」と考えたときに、自ら一歩を踏み出せるための力を、この時期につけておく必要があるのではないかと考えます。それが「生きていく力」ではないでしょうか。

 基礎学力の充実、豊かな体験や経験、何よりも失敗にめげずにやり直せる心(レジリエンス)は初等教育時代に育成することが、最も効果的であり、その後の人生を豊かにしていくはずです。その点を肝に銘じて、今後とも衣笠生諸君のサポートにあたっていきたいと思います。

 3年生諸君、お疲れ様でした!今日はゆっくり休んでくださいね。(よ)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
京都市立衣笠中学校
〒603-8485
京都市北区衣笠衣笠山町2
TEL:075-461-2222
FAX:075-461-2223
E-mail: kinugasa-c@edu.city.kyoto.jp