京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/06/27
本日:count up40
昨日:68
総数:124656
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標「いきいき なかよく りそうに向かって考動する子」の育成

“うずら野文庫”書籍寄贈式

画像1
 6月26日(水)に京都うずら野ライオンズクラブ様より書籍の寄贈です。
 寄贈式では,ライオンズクラブの方から6年生の図書委員に本を手渡されました。
 大切にします。
 ありがとうございました。


画像2

バウンドテニス スタート!

画像1画像2画像3
 6月22日(土)13:30〜15:00令和元年度バウンドテニスが始まりました。
 参加児童は,稲荷小学校8名と深草小学校3名の合計11名です。
 指導は,稲荷体育振興会の方々に担っていただいています。
 入部理由は,「面白そうだから」「楽しくて続けたいから」「去年入って楽しかったから」などで,目標は,「バウンドテニスが上手になりたい」でした。
 月に一度程度の活動ですが,バウンドテニスの魅力を楽しみながら,続けて上達していってほしいと願っています。

 バウンドテニス教室を実施できるのも,皆様方のご理解とご支援の賜物と深く感謝申し上げます。



囲碁教室開講

画像1画像2画像3
令和元年度囲碁教室が開講しました。
今年の参加者は15人です。
指導者は,地域の囲碁の達人3名です。
15人の参加児童に「どうして囲碁教室に入ったのか。これからどうしていきたいのか」について尋ねました。
「5年間続けてきたので,今年も入ろうと決めていたから。」「もっともっと囲碁がうまくなりたい。」「囲碁が面白く楽しいから入りました。もっと強くなって,もっと囲碁を楽しみたい。」「初めて入りました。とても楽しみです。」「去年負けて悔しかったから,今年はリベンジしたい。」「6年間続けたい。」

囲碁教育は,積極性や先を読む力,忍耐力を培えると聞いています。
生きる力に通じる大切な力を育むことができます。
子どもたちは,囲碁の楽しさを知り,続けたいということ,そして,さらにうまくなりたいという向上心をもって取り組んでいることを確認でき,大変うれしく思いました。
指導者でおられます地域の囲碁の達人の方々とのかかわりそのものにも,次第送りと受け継ぐということ,そして尊敬と感謝の心を育むことなど,大変意義深いことです。

皆様のおかげをもちまして,囲碁教室を開講できますことに深く感謝申し上げます。
さらに,参加児童が増え,発展することを祈念申し上げます。

第1回学校運営協議会

画像1
学校経営方針説明と組織の確認の後,各部会に分かれて活動計画を立てました。
学校安全部会,課外活動部会,国際・伝統文化部会,保小連携部会,放課後まなび教室部会の5つの部会があります。

いつもありがとうございます。
今年度もお世話になります。
どうぞよろしくお願いいたします。


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
学校行事等
6/27 選書会,小中連絡会5校時5・6年授業参観,放課後まなび教室,PTAバレーボール
6/28 選書会,運動部,放課後まなび教室,PTAコーラス
6/29 地生連パレード,自主防災研修会
7/1 委員会
7/2 SC,放課後まなび教室
7/3 フッ化物洗口,ALT,茶道部
京都市立稲荷小学校
〒612-0806
京都市伏見区深草開土町12-1
TEL:075-641-0057
FAX:075-641-7660
E-mail: inari-s@edu.city.kyoto.jp