京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2016/05/27
本日:count up8
昨日:45
総数:65863
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標「いきいき なかよく りそうに向かって考動する子」○心も体も元気な子○命ときまりを守りきる子○目標をもって自ら学び続ける子○学校・地域を愛する子

5年 How many?

画像1画像2
5月27日(金)5校時,5年生外国語活動の授業です。

ALTのHow are you?に対して,子どもたちはI’m sleepy.やI’m happy.など受け答えから始まります。

数字の1から10までの英語の発音の後,11から20の数の英語の発音をALTの英語のシャワーを聞きながら,子どもたちは,一緒に発音しました。

子どもたちは,意欲的に外国語活動を楽しんで学んでいます。

ろ組 「運動会に向けて」

画像1画像2画像3
5月26日(木)5校時,国語の授業です。
めあては,「運動会でがんばりたいことを発表しよう」です。
まず,発表したいことを考え,発表原稿を書きます。
出場種目の騎馬戦,綱引き,リレー,いなりトンネルの中から,騎馬戦と綱引きについて書くことにしました。
「今から」「について発表します。」「○つ目は」「からです。」「したいです。」「とくに」「ほかにも」「どうしてかというと」などのヒントカードを参考にしながら発表原稿を書いていきました。
指導者の「いいですね。」「なるほど」などの言葉かけに,自信に満ちた顔つきで作文に取り組みました。
参観していた教員に向かって「運動会でがんがりたいこと」について自信をもってはっきりと発表しました。
教員の質問に対して適切に応答しました。
振り返りでは,「緊張したこと,がんばれたこと,運動会が楽しみであること」を書いていました。
担任以外の先生方がいたことで緊張があったけど,頑張って発表できたことを実感し,来る運動会が楽しみであることを再確認できたことは,充実した学びであることを物語っています。
毎時間の授業の「わかった」「できた」の学びの充実が,学級目標「元気に 明るく 笑顔いっぱい」につながっています。

「一人一人を徹底的に大切にする」ことの重要性を再認識しました。

2年 よくかんでたべよう

画像1画像2画像3
5月26日(木)4校時,栄養教諭による2年食に関する指導です。
テーマは,「よくかんでたべよう」です。

まず,歯とダイヤモンド,鉄,石,木とどちらが硬いかを予想しました。
なんと歯は,鉄よりも固くダイヤモンドより柔らかいということです。
一人予想が当たりました。

次に,ビスケットとするめの食べ比べをしました。
かむ回数と口やあごの様子,つばの出方について調べました。
かむ数は,ビスケット30回前後の人が多く,するめ100回前後が多かったです。
つまりするめの方が噛む回数が多いという結果です。
また,口やあごの様子については,耳の下がへこむやあごが上下するなどの気付きがありました。
耳をふさぐとザクザクという音がしたという子もいました。
つばの出方は,ちょっとずつ出てだんだん多くなるや知らない間に出ているなどの気付きです。
するめのほうがつばがいっぱい出てきたという子が多かったです。

「なぜ,かむことが歯にいいの?」についてです。
・丈夫な歯やあご
・歯の傷を治す
・胃腸もすっきり
・頭もすっきり
・食べすぎを防ぐ
・菌を退治
・がんの予防

かむ回数を増やすには?
・一口の量を減らす。
・おく歯でしっかりかむ。
・一口30回かむ。

ビスケットとするめの食べ比べ体験を通してよくわかる学びでした。
みんな食べ物をよく噛んで食べるようになることを願っています。

ようこそ 稲荷小学校へ

画像1画像2画像3
児童会主催1年生を迎える会です。
児童司会,児童ピアノ伴奏でスタートです。
呉竹総合支援学校に通うお友達も参加しました。
6年生に手をつながれて笑顔いっぱいの1年生の入場です。

「1年の○○○○です。好きな動物は○○です。」と1年生一人一人が順番に自己紹介していきます。
マイクなしで体育館にいる全校児童に聞こえる元気ではっきりした声で言いました。
一人の1年児童が,言いにくそうにしていると,児童会の6年生が自らマイクを持って近くに寄っていきます。
そのおかげもあって,困っていた1年生は,マイクに向かってうまく言えました。
6年生の自然でさりげない優しい行動に心が温かくなりました。

そしてメインイベント「かもつれっしゃ」を全校児童で取り組みます。
「かもつれっしゃ」のピアノ伴奏に合わせて移動し,ピアノ伴奏が終わった時に近くの人とジャンケンをします。
負けた人は勝った人の後ろにつながっていくゲームです。
約170名もの子どもたちが,児童司会の指示に従い,ルールを守ってだんだん一つの貨物列車になっていきました。
そして「稲荷はひとつ」全校児童仲良しの長い貨物列車になりました。
もちろん呉竹総合支援学校に通うお友達もその輪の中にいます。

その後,6年生が修学旅行で作った「吹き戻し」を1年生のみなさんへプレゼントしました。
今年の6年生も修学旅行の時に1年生の時のことを思い出して,心を込めて吹き戻しを作っていました。
毎年恒例の伝統となりつつあります。

最後に,1年生全員で「ありがとうございました。」を元気で大きな声で言い終わり,他学年のみんなの温かい拍手の中を一人一人退場していきました。

全員顔見知りで仲良し,心温まる素晴らしい集会でした。
多くの保護者の皆様のご参観をいただき本当にありがとうございました。


クラブ始動

4年生以上の児童が,本人の希望をもとに入るクラブが始動しました。
アートクラブ,むかし遊びクラブ,国際理解クラブ,運動クラブ,演劇クラブ,卓球クラブ,手芸クラブです。
正・副クラブ長,目標,年間活動計画等話し合って決めました。
これから本格活動開始です。

画像1画像2画像3

3年 理科「こん虫をそだてよう」

画像1画像2画像3
学習問題は,「せい虫のからだは,どのようなつくりになっているのだろう」です。

前時の学習の予想「ヒトとこん虫のちがい」をもとに,各班で「チョウの体のつくりについて」予想しました。
ホワイトボードにまとめて全体で発表し合いました。
そして,「頭・むね・はらの三つに分かれていて,あしがむねから6本あること」がわかりました。

「クモはね,あしが8本なんだよ。」という子どもの発言がありました。
指導者は,その発言をすぐに取り上げ,「ムカデやカタツムリはどうでしょう。」
つまり,昆虫とそれ以外とがあることに触れることができました。
子どもたちの見方や考え方の広がりへとつながったやり取りです。

学習問題・予想・検証・わかったことの一連の学びの流れです。
「問いがあるから考える」「事実をもとに確かめる」問題解決的な学習です。

紙飛行機教室

画像1
画像2
画像3
5月21日(土)の午前中,PTA親子ふれあい行事「紙飛行機教室」がありました。
毎年恒例になっている親子ふれあい行事の一つで,紙飛行機名人を招いての教室です。
まず,運動場で紙飛行機名人の紙飛行機を実際に飛ばしていただきました。
空高く舞い上がり,滞空時間の長い見事な飛行に子どもたちは目をキラキラさせていました。
また,多目的室で様々な紙飛行機や回転しながら飛んでいくものなど,空気をとらえるいろいろな形や飛ぶ様子に子どもたちは興味津々です。
1・2年生と3年生以上の2つのグループに分かれて,自分の飛行機がよく飛ぶようにと丁寧に心を込めて作り上げました。
その後,体育館で学年ごとに最長飛行距離を競い合いました。
またさらに,床の上におかれた名人作の飛行機を目当てに子どもたちが自分の作った紙飛行機を飛ばします。そして,名人作の飛行機の一番近くに着陸した飛行機の持ち主がその名人作の飛行機をもらえるゲームです。
最後に,学年ごとに最長飛行距離を飛んだ紙飛行機の持ち主の表彰式を行いました。
表彰状授与と名人作の紙飛行機が賞品です。
子ども達はもちろん,大人も大喜びの紙飛行機教室でした。
今から「来年こそは!」と意欲に燃える子もいました。

部活動仮入部体験

5月18日(水)放課後に茶道部を,5月20日(金)放課後に運動部の仮入部体験を行いました。
これから正式に入部希望をとって本格的に部活動が始まります。

画像1
画像2

4年社会「火事からくらしを守る」

画像1画像2
 火事や災害からくらしを守るためにどんな人たちがどんな働きをしているのでしょうか?4年生の社会科の学習で消防士・救命士の方にインタビューしました♪
 火事の無いときはトレーニングしたり,夜も起きて119番通報を待っているという「備え」をしていることを知って,子ども達は新しい発見だったようです。

運動会応援団

運動会の応援団の活動です。
団員で言葉や振り付けなどについて話し合って決めました。
これから本格的な活動に入ります。

画像1
画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事等
5/28 稲荷保育園運動会
5/30 クラブ
5/31 放課後まなび教室
6/2 朝会,食の指導3年,まなび教室
6/3 まなび教室
京都市立稲荷小学校
〒612-0806
京都市伏見区深草開土町12-1
TEL:075-641-0057
FAX:075-641-7660
E-mail: inari-s@edu.city.kyoto.jp