京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/01/16
本日:count up71
昨日:89
総数:234221
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
みんなの力で「一生懸命がかっこいい」学校を

鳥インフルエンザ対策

報道にありますように、香川県で高病原性鳥インフルエンザによる被害が出ています。鳥は飛びますので他の動物による病原体の広まりよりも速く広がりやすい傾向があります。遠くの出来事だと思って油断しないことです。

人が感染しないためには風邪・インフルエンザと同様、確かなうがい・手洗いが大切ですが(昨日配布の「げんきBOX」もご参考に)、鳥をつかまえようとしないことや、「飼育している動物を鳥やその糞などに触れさせない」ことが対策として付け加わります。

また、【ペットの放し飼い】が心配になりますので、十分ご注意ください。

昨日、避難訓練

画像1
画像2
グラウンドへの速やかな移動が主な内容の避難訓練でしたが、今回は災害についての動画を視聴し、先生方のお話もそれに加えて、防災への意識を高めて行いました。
校舎外に出たら駆け足、という指示が前回よりも実行されていました。お手本として自ら駆け足で誘導する担任の先生の姿も多くありました。

茶道体験

画像1
画像2
画像3
去年のフォトだよりで茶道体験の希望者を募ったところ、3年生4人が参加してくれることになりました。
今日の放課後、地域の女性会のご協力を得て3人、日本の伝統 茶道の先生が来てくださいました。
茶室で畳の上で……が理想ですが、今の時代はテーブル・椅子での作法もあるとのことで、今回は生き生き交流ルームで行いました。

先生方はひとつひとつ手を取って教えてくださいました。お茶を点てる生徒は初めて、あるいは小学校時代の経験を思い出して勤めていました。お客様の役割の生徒は「お相伴にあずかります」と言って、味わっていました。

受験のことなど日常をひととき忘れ、しっとりとした時間が流れていました。

3年生の投稿 掲載される

画像1
3年生は、新聞の社説を読み取ることをきっかけとして社会に目を向けてきました。今回の記事にはその努力がよく表れています。

現在の社会の様子を知ることは、彼らが社会に出たときに直面する様々な問題の予習になっているのではないでしょうか。総合的な学習の時間での学習が終わっても、新聞やテレビなどのニュースに触れて、自分の意見を持って友達やご家族と話題にするといったことを続けられるといいですね。

年賀状作品

画像1
画像2
画像3
他の作品も校内に掲示します。

年賀状作品

画像1
画像2
画像3
ケータイで新年のご挨拶、も一つのお正月のシーンになったかと思いますが、書いているときの1年間と、届いた日の1年間を思いながらこつこつと書き、描く年賀状もやっぱりいいものですね。

年賀状作品

画像1
画像2
画像3
2年生が学習活動の一つとして年賀状を制作しました。

新年の全校集会

画像1画像2画像3
新しい先生をお迎えするのと、表彰もあるため、全校集会をもつことになりました。
(表彰については年末の記事をご覧ください。)

年末の集会で、音楽の先生がお別れの挨拶をいたしましたが、今日は早 新しい音楽の先生が着任の挨拶をしました。元気な歌声を待っています、とのことです。

校長先生からは、冬休み前のお話に応じて「家のお手伝いができたか」という問いかけがありました。また、将来にわたることとして「段取り力」の大切さを語られました。
勉強もそうだが、仕事をするようになればなおさら、すべきことの優先順位を決めてすることが大切だということです。
(最終的には「全てやる」前提のお話ですよ。今日のお話に限ると、どれをするか(どれをしないでおくか)決めよう、ではないんです。)

3年生 新聞の投書が掲載される(11人目)

画像1
27日の京都新聞朝刊に、3年生H.T.さんの投書が掲載されました。
3年生は、クラスでの活動や行事、教科の授業、ポスターセッションなどで級友と交流を繰り返す中で、「伝えること」への注目度が上がり、その技も身に付けてきて、大きな成長を見せてくれているところです。

この生徒さんのように気になったことについて本を読んで はっ と気づかされるという体験も、思春期のみなさんの成長には大切なことです。
大掃除、ご家族での団欒、そしてテレビ? そして……? 本も手にとってみてくださいね。

吹奏楽部 快挙!

画像1
画像2
画像3
23日(土)、吹奏楽部の3年生4人と2年生1人から成る金管五重奏が、京都府吹奏楽連盟主催のアンサンブルコンテストで、金賞を受賞しました。
会場は、合唱コンクールが行われた八幡市文化センターです。あの広いステージに精鋭5人が立ち、大ホールに精妙なジャズ調の曲が響き渡りました。
吹奏楽部にはこのところ、演奏を楽しむ、伸び伸びと表現しようとする新しい空気が流れています。そうした土台があってのこの日の演奏だったことでしょう。また、メンバーは自分たちの力で楽譜を読んで曲想・奏法を読み解き、自主的に練習を進めたようです。夏のコンクール以降の時期も、志をもって音楽・楽器と向き合ってきたんですね。

深草中の歴史の中では過去に金賞をいただけた時代はあるとのことですが、今の教職員にその記憶はないといいますから、久々の快挙と言えましょう。
今後のさらなる発展に期待!
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
京都市立深草中学校
〒612-0876
京都市伏見区深草西伊達町1-4
TEL:075-641-6522
FAX:075-641-6813
E-mail: fukakusa-c@edu.city.kyoto.jp