京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/09/19
本日:count up43
昨日:53
総数:128893
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標「いきいき なかよく りそうに向かって考動する子」の育成        休日運動会10月19日(土)【予備日:10月21日(月)】               新1年生就学時健康診断11月26日(火)午後

水泳学習

画像1画像2画像3
 3・4時間目の水泳では,クロールで25mを泳いだり,平泳ぎの練習をしたりしました。高学年の水泳学習では,2,3人のグループで教え合い,お互いの泳ぎのよいところ,改善するところを話しながら練習しています。授業の最後には,平泳ぎの練習もしました。「いただきます」の姿勢から腕をかくことを考えて泳ぎました。次の水泳の学習も楽しみです。

英語で日本の紹介をしよう♪

画像1画像2
英語の学習で日本の文化の紹介をしました。
・コマやけん玉などの伝統的な遊び
・七夕などの年中行事
・刀やかわら,お城など
・紫式部や黒田官兵衛などの歴史上の人物
・おすすめスポットやグルメ
・雪まつりなどの季節行事   などなどです。
We can enjoy〜の言い方を使ってしっかりと発表できました♪

おもいだして はなそう

画像1
国語「おもいだしてはなそう」の学習をしました。この学習では,自分のしたことを思い出して,友達に伝えることがめあてです。そして今回は,聞いてくれる友達がよくわかるように「いつ」「どこで」「だれと」「何を」「どうした」という項目を取り入れて話すようにがんばりました。「おはなしのて」というヒントカードを見ながら,グループで順番に交流しました。まだまだ,この5つを上手に取り入れてお話するのは,むずかしいですが,これからどんどん経験を重ねていくにつれて,慣れていってほしいです。
画像2

3年 説明力

画像1
算数の「たし算とひき算の筆算」の学習では,
問題を解くだけでなく
ホワイトボードを使って説明をすることに挑戦しました。

問題を解く→ペアで説明をし合う→全体で確認する。

練習問題を解く→後ろに移動して終わった人同士で
どんどん説明し合う→答え合わせをする

毎時間取り組んだので
もう説明することには慣れてきた様子!
さすがです!!!



画像2

3年 水泳学習

先週から始まった水泳学習!
今回で4回目!

3年生はクロールで25m以上を目標に
がんばっています。

まずはすべての基本となる蹴伸びから。
手は頭の後ろで伸ばして,おへそを見る。
この2つのポイントを徹底しています。

少しずつ泳げる距離も伸びてきました!
さああと2回!仕上げていこう!


画像1
画像2

“うずら野文庫”書籍寄贈式

画像1
 6月26日(水)に京都うずら野ライオンズクラブ様より書籍の寄贈です。
 寄贈式では,ライオンズクラブの方から6年生の図書委員に本を手渡されました。
 大切にします。
 ありがとうございました。


画像2

6年生薬物乱用防止教室

画像1画像2画像3
6年生も伏見警察署のスクールサポーターに来ていただき薬物乱用防止教室を実施いたしました。
薬物乱用すると,脳が破壊され,二度と元に戻らないことや1回だけでも死に至る場合があることも知りました。
「なぜ,やめないの?」
治療してもストレスなどを感じたときにフラッシュバックして,また繰り返してしまうようです。
もちろん治療しても,薬物に手を出す前の脳には決して戻らないのです。
傷ついた脳は元に戻らないということです。
誘われた時,キッパリはっきりと断ってその場から離れること,「逃げるが勝ち」です。
大人へと成長していく過程で,お酒,たばこ,オンラインゲーム等,依存性の高いものと出会う機会は増えていきますが,想像力を働けせて自分で選ぶこと,自分を大切にすること,悲しむ家族や友達がいることなど,心のブレーキが大切であることが伝わってきました。

一番大切なことは…
絶対に薬物に手を出さないという強い意志を持ち続けることです。


5年生薬物乱用防止教室

画像1画像2画像3
伏見警察署のスクールサポーターによる薬物乱用防止教室がありました。
薬物に手を出してしまうと自分の将来の夢や幸せが失われることや自分の脳が破壊され,元に戻らないことなどの事実を知りました。
風邪薬などの医薬品を本来の目的以外の方法で使用することも薬物乱用にあたるようです。
年齢の若いうちからのお酒やたばこは,薬物に通じる入口であることも知りました。


バウンドテニス スタート!

画像1画像2画像3
 6月22日(土)13:30〜15:00令和元年度バウンドテニスが始まりました。
 参加児童は,稲荷小学校8名と深草小学校3名の合計11名です。
 指導は,稲荷体育振興会の方々に担っていただいています。
 入部理由は,「面白そうだから」「楽しくて続けたいから」「去年入って楽しかったから」などで,目標は,「バウンドテニスが上手になりたい」でした。
 月に一度程度の活動ですが,バウンドテニスの魅力を楽しみながら,続けて上達していってほしいと願っています。

 バウンドテニス教室を実施できるのも,皆様方のご理解とご支援の賜物と深く感謝申し上げます。



囲碁教室開講

画像1画像2画像3
令和元年度囲碁教室が開講しました。
今年の参加者は15人です。
指導者は,地域の囲碁の達人3名です。
15人の参加児童に「どうして囲碁教室に入ったのか。これからどうしていきたいのか」について尋ねました。
「5年間続けてきたので,今年も入ろうと決めていたから。」「もっともっと囲碁がうまくなりたい。」「囲碁が面白く楽しいから入りました。もっと強くなって,もっと囲碁を楽しみたい。」「初めて入りました。とても楽しみです。」「去年負けて悔しかったから,今年はリベンジしたい。」「6年間続けたい。」

囲碁教育は,積極性や先を読む力,忍耐力を培えると聞いています。
生きる力に通じる大切な力を育むことができます。
子どもたちは,囲碁の楽しさを知り,続けたいということ,そして,さらにうまくなりたいという向上心をもって取り組んでいることを確認でき,大変うれしく思いました。
指導者でおられます地域の囲碁の達人の方々とのかかわりそのものにも,次第送りと受け継ぐということ,そして尊敬と感謝の心を育むことなど,大変意義深いことです。

皆様のおかげをもちまして,囲碁教室を開講できますことに深く感謝申し上げます。
さらに,参加児童が増え,発展することを祈念申し上げます。

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
学校行事等
6/26 フッ化物洗口,ALT,選書会準備
6/27 選書会,小中連絡会5校時5・6年授業参観,放課後まなび教室,PTAバレーボール
6/28 選書会,運動部,放課後まなび教室,PTAコーラス
6/29 地生連パレード,自主防災研修会
7/1 委員会
7/2 SC,放課後まなび教室
京都市立稲荷小学校
〒612-0806
京都市伏見区深草開土町12-1
TEL:075-641-0057
FAX:075-641-7660
E-mail: inari-s@edu.city.kyoto.jp