京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/12/10
本日:count up12
昨日:95
総数:219477
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
校内持久走大会ではたくさんの応援ありがとうございました。12月17日(月)〜20日(木)は個人懇談会です。よろしくお願いいたします。

4年生 社会見学〜琵琶湖疏水へ〜(2)

画像1
画像2
画像3
 琵琶湖疏水の周りは,紅葉真っ盛り。秋を満喫しながら,見学して回りました。
 そして,最後には,観光客がいっぱいの南禅寺を抜けて,「水路閣」へ。京都のすてきな名所を見ることができました。
 半日でしたが,天気に恵まれ,楽しい社会見学になりました。

4年生 社会見学〜琵琶湖疏水へ〜(1)

 11月29日(木),秋晴れの下,4年生は琵琶湖疏水について学習するため社会見学に出かけました。
 まずは,琵琶湖疏水記念館で,琵琶湖疏水がどうしてつくられ,京都の発展にどのように役立ったのかを学習しました。苦労して130年前につくられた琵琶湖疏水が,今も利用され,京都の水が流れてきていることに驚きながら,見学をしました。
 そして,その後「インクライン」へ。台車で舟を引っ張ったレールを,楽しそうにたどっていました。
画像1
画像2
画像3

選書会がありました

画像1画像2
 11月30日(金)に選書会がありました。選書会に参加したのは,2・4・6年生とあおぞら学級の子どもたちです。
 たくさんの本が並んだトレーニングルーム。子どもたちは,いろいろな本を手にし,読むことができてとても楽しいひと時を過ごすことができたようです。
 今回,子どもたちが選んだ本は,年明け以降に図書室に配架されます。どんな本が入るのか,今から楽しみです。図書室がまたにぎやかになりそうです。

親子ドッジボール大会

 12月2日(日),広沢小学校おやじの会とPTA共催による「親子ドッジボール大会」が行われました。
 低・中・高学年それぞれが2チームずつに分かれ,まずは子ども同士の対戦です。次に,親子一緒のチームになり,対戦しました。コートの中でも何故か自分のお父さん・お母さんのそばでプレーする子どもたちがいたのも,ほほえましい光景でした。最後は親対子の試合です。大人を当てようと頑張る子どもたち。子どもには負けられないと大人の力を見せるお父さん・お母さん。さすがは大人という頭脳プレーも見られ,会場には歓声や拍手が起こっていました。コートの中でも外でも参加された皆さんがにこにこ笑顔だったことは,言うまでもありません。
 事前の準備や当日も朝早くからお世話いただいたおやじの会・PTAの皆様,ありがとうございました。そして,ご参加いただいた皆様,お疲れさまでした。
 
画像1画像2画像3

同じです あなたと私の 大切さ

 平成30年もいよいよ最後の月となりました。さて, 12月は人権月間。1年生から6年生まで全学年の子どもたちに「人権を大切にする」とはどういうことか,立ち止まって考える月として,12月を過ごしていきたいと思います。

 5月に中国の思想家である孔子の『論語』を取り上げ,友だちとの付き合い方について考えました。今回もまた,同様に孔子の言葉をもとに人権について考えたいと思います。

  『義を見て為ざるは,勇なきなり』
  (意味)いじめを目にしたら,放っておいてはだめだ。
  
 「やるべき正しいことがあるのに,それをやらないのは,勇気のない臆病者である。」孔子が言ったこの言葉は,昔からたくさんの人に勇気を与えてきました。
もしも,同じクラスの子がいじめにあっているのをみたら,子どもたちはどうするでしょう?見て見ぬふり?こわいし,自分がいじめられるといやだから,何もせずだまっている?その場でいじめを止めたり一人で行動したりするのは難しいかもしれません。でも,放っておいてはいけません。信頼できる友だちに相談して,何人かで協力してやめさせる,先生にありのままに言ってみる,など,「正しいことは勇気を出してやらねばならないときがある。」と孔子は述べています。

  『君子は人の美を成す。人の悪を成さず。小人はこれに反す。』
  (意味)友だちのいいところはどんどんのばしてあげよう。 

 だれかと仲良くなると,「みんなにやさしい」とか「責任感がつよい」「歌がうまい」「片付けやおそうじをしっかりやる」など,その子のいいところ(美点,長所)がわかってきます。友だちなら,そのいいところをほめてどんどんのばしてあげましょう。そして,友だちの欠点については「気をつけて」とそっと教えてあげたり,それが目立たなくなるように直してあげたりするとよいです。人の欠点ばかりをあげつらって,長所を認めないような人は,友だちとしてつきあえないし,きっといつまでもつまらない小人でおわってしまいます。そんな小人ではなく,“人の美点をのばす君子”をめざしましょうと孔子は述べています。

 広沢小学校の子どもたちがみんな「やさしさ」の花を大きく咲かせ,素敵な人に成長でるよう,努めていきたいです。

3年生 社会科「農家のはたらき」

画像1画像2
 29日(木)に,社会科の学習で,万代スーパーの西隣りにある「嵯峨野ファーム」の畑の見学に出かけました。畑には,たくさんの野菜が育っていました。どんな野菜があるのか,一つ一つ教えてもらいました。「大根」「赤かぶ」「しょうが」「ブロッコリー」等,普段あまり目にしたことがない野菜もありました。いろいろな野菜を持たせてもらい,「どれくらい重いのだろう?」「どんなにおいがするのかな?」と興味津々の子どもたちでした。そして,「どんな工夫をして育てていますか?」「肥料や水やりはどれくらいしていますか?」「仕事に休みはありますか?」等,たくさんの質問をして,農家の仕事について教えてもらいました。教えてもらったことを,これからまとめていきたいと思います。

3年生 国語科「三年とうげ」

画像1
 おじいさんの気持ちの変化を読み取りました。
まず、ダウトのセンテンスカードから会話文や行動描写に着目して、はじめと終わりのおじいさんの気持ちを読み取り,次におじいさんの気持ちが変化した出来事(きっかけ)を探しました。

 最後に,おじいさんの気持ちの変化を「はじめ〜〜だったおじいさんが〇〇をきっかけに〜〜になったお話」という一文でまとめました。ふりかえりでは,2年生で習った「お手紙」や「スイミー」での学習を生かし,気持ちの変化を一文でまとめている子もいました。

2年生 選書会に行きました

 30日(金),トレーニングルームで選書会がありました。部屋に入ると,新しい本がずらりと並んでいました。「うわあ,この本,初めてみた。」「これ,おもしろそう。」とどんどん本を手に取っていく子どもたち。最後に,自分が1番気になった本に目印のしおりを挟みました。たくさんの本と出合い,その中で好きな本を見つけてほしいです。
画像1
画像2

2年生 考えたことが残るノートに

 算数科の学習では,ノートに自分の気がついたことや,思ったことなどをメモするように意識しています。30日(金)にあった「九九のきまり」の学習で,子どもたちが書いている様子を覗いてみると・・・気が付いたことをノートいっぱいに書き残していました。「先生,気が付いたことが書ききれません。」という子どももいました。1時間で,自分の考えたことをできるだけノートに残し,「自分だけのノート」を作ってほしいと思っています。
画像1
画像2
画像3

1年生 楽しかった図工!

画像1
画像2
画像3
 11月29日(木),今日は,みんな楽しみの図工の学習がありました。朝から教室では,持ってきた箱の見せあいっこ大会。健康観察でも,「図工が楽しみです!」そんなことを言っている子どもたちもチラホラいました。
 いよいよ図工の時間が始まると,子どもたちは箱を積んだり並べたり。いろいろなことをして楽しみました。時間が経つにつれ,「もっと高く積みたい!」「意外と並べるのは難しいな・・・」様々な感想が聞かれました。 
 出来上がった作品を見て,子どもたちは,それぞれの良さを交流しあいました。「もっとしたかったのに〜。」それほど楽しい学習になってよかったです。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

学校だより

学校評価

広沢小学校教育目標・経営方針

学校いじめ基本方針

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

小中一貫教育構想図等

京都市立広沢小学校
〒616-8306
京都市右京区嵯峨広沢西裏町25
TEL:075-881-4978
FAX:075-881-4947
E-mail: hirosawa-s@edu.city.kyoto.jp