京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2016/12/08
本日:count up24
昨日:48
総数:79673
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
12月9日(金)の3,4校時に地域の方に昔遊びを教えていただきます。よろしくお願いします。

道徳「黄熱病とのたたかい」…人に感謝することの大切さについて考えて 5年生

 道徳「黄熱病とのたたかい」では,人に感謝することの大切さについて,資料を基に考えました。
 このお話では,野口英世の偉業を支えたものについて考えることを通して,自分たちの生活が,人々の支え合いや助け合いで成り立っていることを考え,人に感謝することの大切さに気づけるようにしました。
 野口英世と聞くと,「千円札の人」と思う子どもたちですが,その偉業が今の時代に残した意味,また野口英世という一人の人物を支えた周りの人々,そしてその期待に応えようと人生を全うした野口英世,感謝ということがねらいではありましたが,たくさんの意見が出て,考えを深めることができた1時間となりました。
画像1画像2画像3

新しい苗を植えました 1年生

 サツマイモを掘り起こした後,殺風景だった畑に,チューリップの球根やヒナギクの苗を植えました。

 スコップで畑を耕し,肥料をまきます。「栄養満点!肥料もやりましょう。」「大きくなあれ,大きくなあれ」など,なかよし発表会の時の台詞を言いながら,肥料をまいたり土を整えたりしていきます。

 来年の春に向けて……新1年生がやってくるころには,色鮮やかな花畑になっていることでしょう。花咲くころには,みんな2年生だね!と,嬉しそうに話し合っていました。
画像1
画像2
画像3

道徳「手のひらのかぎ」…人の命の大切さについて考えて 5年生

 道徳「手のひらのかぎ」では,人の命の大切さについて,資料を基に考えました。本校の12月のかがやき目標は「命の大切さについて考えよう」であり,関連付けて授業を進めました。
 このお話では,バスの運転手の山本さんがたくさんのお客さんのために仕事をすることか,一人の命を助けることか,決断を迫られた時に強い決意で一人の命を助ける決断をした時の気持ちを考えることを通して,命の尊さを考え,命を大切にしようとする気持ちをもてるようにしました。
 人の命は代わりのきかないかけがえのないものです。グループ交流でも,命の大切さについて積極的な話し合いができていました。
画像1

制服採寸 6年

画像1
放課後,6年生が中学校の制服の採寸を行いました。
卒業が近づいてきたことを感じます。
大きくなったなあと感じます。

ドッジボール大会 低学年 中学年

画像1画像2
今週は運動委員会主催のドッジボール大会を中間休みに行います。
初日は,低学年・中学年をしました。
低学年は運動場で転がしドッジボールをしました。
中学年は講堂でドッジボールをしました。
盛り上がりました。

12月の朝会

画像1画像2
12月は人権月間です。
「おなじです あなたとわたしの たいせつさ」
について考えました。
絵本「かっくん -どうして ボクだけ しかくいの-」の読み語りをしました。

「・・・・・かっくんは あいかわらず しかくい ままだし
まんまるのこどもたちも まんまるのまま。
・・・・・・みんな みんな ちがうけど みんな みんなで あそぼうよ。」
みんな大切なのです。

朝会の後 5年生の俳句の発表をしました。

絵本『ともだちごっこ』を題材に… 1年生

 絵本の読み聞かせでも人気の「おれたち,ともだち!」シリーズ。今回は,シリーズの中の『ともだちごっこ』を題材に,良くないことを勇気をもって相手に伝えること,そしてみんなで仲良くできることを考えていきました。

 お話は,大の仲良しのオオカミと,新しい友だちのテンの女の子との間で悩むキツネのお話です。どちらとも仲良くしたいけど,「あなたは私だけの友だち。オオカミとはあっちゃダメ!」と言われたキツネは,テンの女の子の笛が聞きたくて,つい言うことを聞いてしまいます。でも,テンがオオカミの悪口ばかり言うこと,そして一人ぼっちで待っているオオカミのことが気になって,ついに「こんなの本当の友だちじゃない!」と、はっきりテンに伝えます。

 子どもたちも,その場面のキツネの気持ちになりきって,自分だったらテンに何と言うかを考えます。「友だち」という身近なテーマだったこともあり,考える姿は真剣そのものです。子どもたちからは,「オオカミさんが,寂しがっているよ。」「そんな意地悪言うなら,テンとは友だちになれないよ。」「友だちの悪口を言うのはダメだよ」「自分がそんなこと言われたら,どう思うの?」など,考えさせられる意見がたくさん出ました。

 結局,最後はオオカミの所へ戻るキツネと,それを寂しそうに見つめるテン。このままでいいかな?と問いかけると,「あかん。三人で遊べばいいのに……」と子どもたち。授業の最後には,続編の『いつだって ともだち』を読み語りし,ほっこりとした結末に子どもたちの笑顔がこぼれました。
画像1

地層を造る 6年

画像1
「土地のつくりと変化」の学習をしています。
地層がどのようにしてできたのかをモデル実験で確かめました。
まず海を作ります。水槽に水を入れるのです。
「塩を入れない海にならない。」
というので食塩を少々混ぜました。
次に大地を作ります。泥と砂を用意しました。
そして雨を降らせました。すると砂の層の上に泥の層が出来上がりました。
しばらくしてもう一度大地を作り雨を降らせました。
一回目の雨で積もった泥の層の上に砂の層、その上に泥の層ができるはずでしたが、泥の層が舞い上がって太い砂の層と泥の層になりました。ところによっては砂泥砂泥の4本の縞模様になったところもありました。
一回目の雨から10分ぐらいでは、泥が落ち着かないのですね。大きな地層がすごく長い時間がかかっていることも感じ取れたと思います。


西大路 元気みこし

画像1
12月2日(金),今日は3年生の子どもたちが待ちに待った子どもみこし巡行の日です。
 今日まで地域の方のお世話になり,祭の心を探ってきました。今日は,そんなお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるために,みこしの巡行を行いました。
 まず,地域の病院の前で担ぎました。病院を利用しておられる方から温かい声援をいただきました。
 次に御所ノ内公園で担ぎました。地域の老人会の方や保護者の方など,たくさんの方に集まっていただきました。
「ほいっと,ほいっと。」
「よい,よい,よい,よい。」
とみんなでかえけ声を合わせて担ぎました。
 また,移動はみこしを引っ張りながら
「あらよいよいよい,あらうんとまかせ。」
と声をかけながら,巡行しました。
 たくさんの方々にお世話になり,無事に巡行することができました。子どもたちの心に深く残る素晴らしい体験ができました。ありがとうございました。
 学校に戻ると1・2年生も出迎えてくれました。感謝の気持ちを込めて閉会の言葉を言いました。ずっと教えていただいていた宗像社・四之社の会長さんからは、「大人になったらぜひ本物の神輿を担いでください。期待しています。」と言葉をいただきました。
最後に
「よいよいよい よいよいよい おおきにー」
元気いっぱいの掛け声で締めくくりました。

もののあたたまり方 4年

画像1
4年生はもののあたたまり方の学習をしています。
金属の棒はどのようにあたたまっていくのか実験で確かめました。
じわーっと熱が伝わっていく様子を視覚化できるようにロウをぬってとけていく様子を見ました。
サーモテープの温度が変わる様子も観察しました。
棒を斜めにすると上の方にも下の方にも同じように伝わっていくことも確かめました。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
12/9 支部研究発表会
12/11 餅つき大会
12/12 個人懇談会
12/13 個人懇談会
12/14 5年スチューデントシティ
12/15 個人懇談会
京都市立西大路小学校
〒600-8865
京都市下京区七条御所ノ内西町71-1
TEL:075-313-0501
FAX:075-313-4912
E-mail: nishioji-s@edu.city.kyoto.jp