京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/01/20
本日:count up31
昨日:55
総数:81363
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標 「自ら学び,心豊かに,たくましく生きる西大路の子」

正確に量る技術 5年

画像1
5年生は「もののとけ方」の学習をしています。
「食塩はいくらでもとけるのか」を調べました。
この実験では,正確に量る技術を習得しなければなりません。
食塩は5グラムを電子天秤で量りとりました。
水50ミリリットルをメスシリンダーで量りました。
また,薬品を扱うときは防護メガネを着けて作業することの確認もしました。

もののとけ方 5年

画像1
5年生は「もののとけ方」の学習をしています。
水に食塩を溶かしました。完全に溶けると粒は目に見えなくなります。
でも、食塩が消えたのではありませんでした。
できた食塩水の重さは,水の重さと食塩の重さの合計の重さになっていることを確かめました。見えなくても食塩はあるのですね。
食塩水を置いておくと,どうなるのかな?と質問しますと
「下の方に食塩が沈んでくる。」
と予想する子がたくさんいました。さてどうなるでしょう。

てこのはたらき 6年

画像1
6年生は「てこのはたらき」の学習をしています。
重いものを棒を使って軽く持ち上げる実験をしました。
支点,力点,作用点をいろいろと移動をさせて手ごたえを確かめました。

道徳「ペルーは泣いている」…外国の人々や文化を大切にすることについて考えて 5年生

 道徳「ペルーは泣いている」では,外国の人々や文化を大切にすることについて,資料を基に考えました。このお話では,加藤明さんという日本人が異国の地ペルーで女子バレーボールチームの監督をする中で国の壁をこえて,互いに理解し合い,心を通わせます。はじめは厳しい練習に耐えかねて辞めていく選手もいた中で,選手たちと一緒に食事をしたり,日本やペルーの歌を歌ったりしながら,練習を重ね,日本で行われた世界大会に出場します。結果は4位でメダルは逃しますが,その表彰式で選手たちが 日本の歌である「上を向いて歩こう」を歌いだします。また,加藤さんが亡くなった時には国をあげて悲しみ,後に加藤さんの名前がついた学校が建設されます。歌を聞いた時の加藤さんの気持ちや加藤さんが亡くなった時のペルーの人たちの気持ちを考えることを通して,文化や言葉などの違いがあっても,心のつながりがあることで分かり合えることに気がつけるようにしました。
 授業の発言の中には,以前学習したお隣の国である韓国・朝鮮について学習した時と比べているものや道徳「百一歳の富士」で学習した奥村土牛の生き方に比べているものなど,人や国というキーワードをもとに学習してきたことを関連付けようとする意欲的な姿も見られました。学習には毎時間の目標やめあて,ねらいがありますが,これまでに学習してきたことを積み重ねることで,さらに大きな意味が出てきます。自然と発言としてあがることは大変すばらしいことです。今後も,学習のつながりを大切にしながら,普段の生活に生かせるように学習を進めていきます。
画像1画像2

おすすめ本の紹介 1年生

 12月から1月にかけて学習した『ずうっと ずっと 大好きだよ』の締めくくりは,自分が読んで心に残った本の紹介です。図書館へ行ったり自分の家からお気に入りの本を持って来たりして,心に残る場面や理由をクラスの友だちに気持ちを込めて伝えます。


 子どもたちに選ばれた本は,家族や友だち,動物などとの触れ合いが書かれているお話で,どの本も心にじんと響きます。紹介が終わった後は,それぞれ紹介の中で気になった本を読みました。
画像1
画像2
画像3

雪遊び 1年生

 今日の大雪で,学校のグラウンドも銀世界。体育の「ころがしドッヂボール」を予定変更して,みんなで雪遊びをしました。

 雪をかき集めて,自分の顔よりも大きいくらいの雪玉を作ったり,みんなで雪合戦をしたりしました。外は寒いですが,手袋なしでも,ちょっと靴が濡れても子どもたちはへっちゃらな様子。雪の中を駆け回って,雪合戦を楽しみます。

 普段仲良しでも,雪合戦はは真剣勝負!大きなはしゃぎ声と,あっちこっちに飛び交う雪玉。冬の楽しい思い出ができました。
画像1
画像2
画像3

業間マラソン開始 1・2年生

 低学年は,先週の金曜日から業間マラソンが始まりました。運動場を軽快な音楽に合わせて,ぐるぐると回っていきます。

 はじめは,1周するたびに「先生〜!」と手を振っていた子も,後半には真剣な表情で自分のめあてを目指して走っていきました。

 2年生の最高記録は,なんと30周です!久しぶりの持久走でしたが,走り終えた後は全力を出し切った爽やかな顔が多く見られます。1年生は,今日走った記録をもとに,後3回のめあてを考えます。これから,マラソン大会に向けて体力をつけていきましょう!
画像1
画像2
画像3

雪の中の植物 園芸委員会

画像1
1月の委員会活動でした。
園芸委員会は雪の中の植物の観察をしました。
校門のところのプランター。北側はすっかり雪が溶けていました。
南側はしっかりと雪が被っていました。
ちょうど陰になって太陽が当たらないから溶けないのです。
雪の下でパンジーやノースポールはどうなっているかを予想しました。
「しおれている。」「折れている。」・・・・などの予想が出ました。
優しく雪を取り除いていきますと、元気いっぱいの葉が表れました。
かまくら効果といって雪の中は0度で保たれるのです。
雪国では,秋に収穫した大根や白菜などの野菜を雪の中で保存していたそうです。
野菜は甘くおいしくなるそうです。
というわけで、雪の中では植物は元気なことを確認できました。


うれしい雪

画像1画像2
この冬一番の寒気が流れ込み,西大路でも雪が積もりました。
運動場も真っ白。
雪遊びで子どもたちの歓声が上がっていました。

業間マラソン 低学年

画像1
2月9日のマラソン大会に向けて中間休みに10分間走を始めました。
工事のため運動場が狭くなっていますので低学年・中学年・高学年で実施する日を決めています。
1月13日は、低学年初めての業間マラソンでした。スタートから全力。転んだ人もいましたが,力いっぱい走りました。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
1/22 焼き芋大会
1/23 クラブ
1/26 自由参観日
京都市立西大路小学校
〒600-8865
京都市下京区七条御所ノ内西町71-1
TEL:075-313-0501
FAX:075-313-4912
E-mail: nishioji-s@edu.city.kyoto.jp