京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2016/06/24
本日:count up6
昨日:44
総数:69934
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標「自ら学び,心豊かに,たくましく生きる西大路の子の育成」

自由参観 友禅染体験 6年 ふたば

画像1画像2
自由参観5・6時間目に6年生は「NPO京・ものづくり塾」の方に来ていただいて,型友禅染めと西陣織の体験をしました。
はじめに友禅染めと西陣織,両方の歴史を教えていただきました。
その後,型友禅と西陣織の体験をしました。伝統工芸士の方々にグループに一人ずつ付いていただいて,丁寧に教えていただきました。
子どもたちは,大変集中して取り組んでいました。
「じょうずやで。」「綺麗に仕上がったね。」とほめてもらった子どもたちは,いい笑顔になっていました。
練習の作品(綿の布)と,本番(絹の布)の作品を仕上げました。絹の布で仕上げた作品は額に入れて飾る予定です。

自由参観 「Cheer Up!!」 1・2年ふたば

画像1
1・2年生は合同でダンスをしました。
おどる場所を確認した後は準備運動。もちろんダンスです。
「Cheer Up!!」3曲いろいろな場所に動きながら踊りました。
決めポーズも決まりました。
元気いっぱい楽しく踊りました。見ていた保護者のみなさんもみんな笑顔になりました。

自由参観 救命講習入門 5・6年

画像1画像2
 5・6年生は保健の学習で消防署の方をゲストティーチャーに来ていただいて,子どもたち向けの救急救命について教えていただきました。
 倒れている人に遭遇した時にどうするかを教えてもらいました。
 実際に人形を使って,意識や呼吸の確認をして,応援を呼んで,胸骨圧迫をする・・・・一連の動きを実習しました。

ひこうぼうし教室 3年

画像1
京都府下京警察署から元警察官のゲストティーチャーを招いて,ひこうぼうし教室をしました。
「いつも正しい行動ができる人になる。」
やってよいことわるいことを判断する方法を学びました。
「自分がされたら傷ついたり困ったりしないか。」など4つの判断基準で悪い行動の誘惑から「心にブレーキ」をかけることについて考えていきました。

自由参観 道徳

画像1
本校は、しなやかな心を育もうと道徳教育の充実を図っています。
自由参観では,全学級で道徳の授業を公開しています。
1時間目は、4年生が道徳をしました。
道徳「すこしだけなら」という教材で節度ある行動をすることの大切さについて考えました。

自由参観 あじさい読書 読み聞かせ

画像1
 あじさい読書最終日。ぐんぐんタイムのときに,高学年が低学年に読み聞かせをしました。
 低学年にとってはお兄さんやお姉さんに読んでもらって,いつもとは違う感じ方があったことでしょう。また,高学年は低学年の姿を思い浮かべながら,本を選び,そして相手に分かるように一生懸命本を読んでいました。
 このような異学年のつながりも大切にすることで,高学年は低学年にあこがれてもらえる存在に育っています。
 ピアサポートの取組です。

家庭「ひと針に心をこめて」…裁縫用具を使い始めて 5年生

 家庭「ひと針に心をこめて」では, 身の回りのもので針と糸で縫い合わされているものがないかを考えたり,裁縫用具の使い方を確認したりしました。その後,糸通しと玉結びの練習をしました。
 5年生の子どもたちは,約半分の子どもたちが裁縫用具を使った経験があるようです。あまり経験のない子どもたちも,何度も練習することで少しずつ針や糸の扱いに慣れてきたようです。
 次回は,今回の学習を生かして玉どめやなみ縫いに挑戦していきたいと思います。

画像1
画像2
画像3

低水位プール 1・2年

画像1
1.2年生は,低水位プールで水遊びです。
まだまだ冷たい水,水のかけあいっこしてから、カエルになったり,ワニになったり,宝さがしも盛り上がりました。元気いっぱい楽しんでいると,冷たさも感じなくなりました。
顔に水がかかるのが,ちょっと苦手な子も,楽しんでいるうちに,水に慣れてきます。


避難訓練

画像1画像2
不審者が,学校にあらわれたことを想定した避難訓練を行いました。
教職員が対応しその間に,児童は,2学年いっしょに教室に集まって待機しました。不審者を確保(想定)したあと,教室に戻り訓練の総括をしました。
不審者が学校に侵入することはあってはならないことです。どんな場面に遭遇しても自分の身を守るために,自分で考えて行動することが大切であることを確認しました。
教室待機の時間も,小さな声も聞こえませんでした。
真剣に取り組むことができました。

道徳「ブランコ乗りとピエロ」…広い心で人の立場や考えを理解すること 5年生

 道徳「ブランコ乗りとピエロ」の学習では,謙虚な心をもち,広い心で自分と異なる意見や立場を大切にするということについて考えました。
 このお話には「自分はスターなんだ」とどんなときにも目立とうとするブランコ乗りのサムが登場します。そのサムに対してピエロは憎む気持ちをもっています。しかし,ある出来事をきっかけにピエロの気持ちは,憎むことから相手の立場を理解することに変わっていきます。そして,握手を交わして互いに心を通わせます。
 どのようにして心を通わせたのか,そして相手の立場を理解するために大切にすべきことはどんなことなのかなど,お話を通して考えました。グループ交流でも積極的なやり取りが見られ,学習の振り返りでもそれぞれの思いや考えがよく表れていました。

画像1画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
学校行事
6/27 クラブ プール開き
6/28 4年水環境見学
6/29 6年社会見学
京都市立西大路小学校
〒600-8865
京都市下京区七条御所ノ内西町71-1
TEL:075-313-0501
FAX:075-313-4912
E-mail: nishioji-s@edu.city.kyoto.jp