京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/01/20
本日:count up38
昨日:153
総数:346595
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
来年度の入学者対象の半日入学・入学説明会を2月13日(木)に行います。

子どもの姿

 2月16日は持久走大会でした。業間体育,体育の学習で練習を積み上げ,記録カードに自分の目標を記入して一人一人が気合いを入れて大会に臨みました。
 私も業間体育で練習をしましたが,残念ながら「伴走」ができるところまで脚力も戻らず,ポイントで子どもたちの安全確保と健康観察に従事しておりました。
 しかしポイントに立っていたから,今回も子どもの輝く姿を垣間見ることができたのです。
 首から吊るしている記録カードの糊が外れてコースに落ちているのを見つけた児童が2人もいました。普通なら,ポイントに立っている教師に「落ちていました」と届けて,自分はそのまま走り続けます。少なくとも今まで見てきた学校ではそうでした。
 あの日見かけた本校の子どもは今までに見たこともない反応を示しました。そのカードを拾って,落とした子どもの名前を確かめると,スピードをいっぱいあげて前を走っている持ち主に届けたのです。5年生で一人,低学年で一人。二人共が同じ行動をしたのです。
 持久走ですから大変疲れていたはずなのに,また途中でスピードを変えるといっそう疲れが増すのに,友達が困ってるだろうと考えたのでしょう。あっという間に私の前から姿を消し,記録カードを届けてくれたのです。
 一人は5年生の女の子。あくる日に,すごかったねとお礼を言いました。残念なことにもう一人,低学年の子供は顔が見えなかったのでまだ声をかけられていないのです。
 自分ができることをして,困っている友達を助ける,先日の「心ひとつの日」で学習した「ボランティア(奉仕)」の精神を見事に体で表現していました。

画像1

学んだ! 日本料理

画像1画像2
 今日は6年生2学級が「日本料理に学ぶ食育カリキュラム」授業を受けました。講師は元PTA会長,「井政」の井上さんです。このほかにも「鶴清」の田中さん,「せんしょう」の辰馬さんのお二人にもお世話になりました。
 冬野菜を使った料理を作りながら,「だし」を活かしたいろいろな味付けに挑みました。重さを量らないで,自分の味覚で塩や醤油を加え,味覚を使った調理を体験しました。そのほかにも,おいしく見せるための食材の色,おいしく見せるための盛り付け,さらには,盛りつけの中に季節を感じさせる手法も学びました。(今日は蕪のすりおろしを菜種の上に盛り,雪の下で春を待つ花を表していただきました)
 料理に込められた心,季節感をたっぷり味わい,おなかもこころもいっぱいになった6年生でした。

校庭で自然観察(12)

画像1画像2
 昨日は思わぬ積雪に見舞われました。七条小学校付近でも3センチメートル程度の雪,私の家では,屋根の上には15センチメートルほどが積もっていました。
 そして今朝の冷え込み。今日は少年補導委員会のスケート教室が行われていますが,スケートをするにふさわしい寒さになりました。
 校庭では春を思わせる草花が次々と咲いています。アブラナ,オオイヌノフグリが花壇に咲いています。秋に種を撒いたパンジーも,花壇で花開いています。
 平野部で積雪を見るのも春が近いからだ,という話を聞いたように思いますが…
 足もとの草花は「春」の到来を教えてくれています。

表札?作成

画像1
 土曜日ですのでカモとウサギおえさやり当番をしました。気づいていながら先週はバタバタしていましたのでお知らせが遅れました。
 写真のように飼育小屋の3羽のカモ,3羽のウサギにそれぞれ1枚ずつ,6枚の「表札」を飼育委員会の子どもたちが作ってくれたのです。
 今までは「首の青いカモ」とか「1羽だけ別のカモ」などと言われて,「名前」で呼ばれていませんでしたが,6羽のウサギ,カモにかわいい名前をつけてくれました。さらに今まで飼育当番が世話をしながら感じてきた「性格」「好きな食べ物」も表記されています。
 これまでも池の鯉をはじめカモもウサギも子どもたちに大変人気がありましたが,この「表札」でいっそう親しみがわくことでしょう。
 先週の集会ではコンピュータクラブの子どもたちが,コンピュータを使って作成したポスター,「全校のみんなに訴えたいこと」を発表してくれました。環境,人権,安全などの問題を取り上げて,分かりやすく親しみやすい作品に仕上がっていました。
 このように「委員会」や「クラブ活動」での活動は,自分たちだけのお楽しみで終わらずに,全校児童といろいろな部分で接点ができています。低学年の児童はクラブや委員会の具体的な活動を目にしているので大きくなったら「あの委員会」,「このクラブ」と今から期待をもって高学年の活動を見つめていることでしょう。

報告 花背山の家

画像1画像2
 子どもたちが楽しみにしていた「花背山の家」の活動が終わりました。楽しい活動だったので全員で行けなかったのが,本当に心残りです。
 七条とは全く自然環境の違う花背で二泊三日の間,厳冬の中で生活し,雪を使った活動を思いきり楽しんできました。
 写真は一日目の歩くスキー。この日はまだ気温が高く,つららから雪や氷が解けたしずくも垂れていました。三日間,毎日汗をかくほどの運動をして,よく食べ,よく眠ったので,現地で体調を崩す子どもが全くいませんでした。これも素晴らしかったです。
 一日目の夜からは次第に冷え込み,二日目の朝でマイナス3度。それでも坂道を何度も登ってそりで滑ったり,スキーで転んだり滑ったりを繰り返しました。野外では「寒い」と感じている暇はありませんでした。
 そして三日目の9日(木)の朝には何とマイナス7度まで気温は下がりました。写真の通り,家も山も畑も何もかも白い世界の中で凍りついていました。バスでたった1時間余りの花背が,学校のある七条とこれほど違うことに驚いたことでしょう。
 三日間の生活の中,身の回りの整頓,衣服の着替えや整理,時間を守った行動など,4年生としてきちんとできていました。自分のことと集団のこと,個の両方がこれだけできればこれからの宿泊活動も心配ないと思いました。
 5年生の長期宿泊自然体験活動は,ぜひ全員で楽しみたいです。

校庭で自然観察(11)

画像1
 厳しい寒さもひと段落のようです。昨日,今日は日の光もさして昼間はかなり暖かくなりました。日本海側では厳しい冷え込みが続いているのでしょうが,太平洋側は晴れると温かくなります。この季節ですと日本海側の地方では,一日晴れているなどということはまずありません。しかし,太陽の力とは本当に大きいものだと感心してしまします。
 今日は選挙の投票日で学校が使われていましたので,昼ごろに学校に到着して教頭先生と留守番を交代しました。久しぶりの日差しがまぶしくて校庭でクスノキを眺めているとこんなものを発見しました。しゃれではありませんが,カラスが使っていた巣がカラになっているのです。よく見ると針金でできたハンガーを使って巣を作っています。
人間の生活に入り込んで自分たちの暮らしに役立つものを見つけてはつかっているのだなぁ,と感心してしまいました。春になるとまたこの巣を使うのでしょうか?

本日の懇談会にお越しください

画像1
 学年や学級からの便りで,また学校便りや行事予定でお知らせいたしておりますが,私からもお知らせをいたします。今日は「人権」に関わる授業参観と懇談会を行います。「人権」と難しく聞こえるかもしれませんが,まず,お子様が学校でお友達と楽しく,学習し一日を過ごしているかが,「正しい人権意識」を育む最大の環境だと学校では考えています。そして,学級,学校の話から,だんだんと認識の範囲を広げて,最後には子どもたちが世界の問題にまで考えられるようにしていきます。
 学級の様子,授業のねらい,子どもたちが自分の人権,他人の人権を守れるようにわれわれがしなくてはならないことについて話し合います。
 お忙しいとは思いますがぜひご参加ください。
 スイセンは「人権の花」です。厳寒の中,花開くその姿は,困難を乗り越えてすべての人に「人権の保障」ができるように,と訴えているようです。まず,身近な問題から見つめなおしましょう。
 

 
 

氷が張ってる! さて?

画像1
「水たまり くぼみて白く 凍(こお)れるを 
      踏(ふ)みも砕(くだ)かず 幼(おさな)ならねば」                     片山 貞美
 今朝はことのほか冷え込みました。校庭のブルーシートの水が凍っているのを子どもたちが見つけました。「シートを持ち上げたら氷がとれるよ」と教えると,冷たいのに氷をたくさん集めて大はしゃぎです。
 氷が張っているのを見つけると,私はいつもこの歌を思い出します。
 今は,氷を見つけ遊びに興じる子どもたちですが,いつの日か上の歌のように,「もう幼子ではないのだ」と凍っている水たまりにも知らんふりをしようとする時がやってきます。自分に「もう大人だ」と言い聞かせながら。おそらく,5年生,6年生にはこのような気持ちになっている児童もいることでしょう。
 体が大きくなるのは目に見えます。目に見えない子どもの心の成長も見逃さずにいたいものです。
 この歌を色紙に書いて校長室前に掲げました。これから毎月,今月の歌として季節に応じた歌を子どもたちに紹介していきたいと思います。

清掃道具の清掃

 久しぶりの雨降りです。金曜日から降り始めた雨がぐずぐずと今日まで続いています。金曜日の清掃時間には外掃除ができないほどの雨脚でした。
 そこで外掃除用の掃除道具,掃除ロッカーを,子どもたちと整理し,清掃しました。
 痛んでいる道具を修理したり,捨てたり,ロッカーの中を掃除したりと,普段できない「清掃」ができました。
 来週からお天気になれば,外掃除が今までより能率的に進みそうです。
 

画像1

校庭で自然観察

画像1画像2
 1月,2月の厳冬期を迎えました。今朝は比較的暖かですが,またすぐに「冬型の気圧配置」「西高東低」「季節風の吹き出し」など,耳にするだけでふるえそうな言葉が天気予報から飛び出すことでしょう。
 しかし,この寒い中でも校庭を歩いていますと春を感じさせる光景に出会います。
 先日まで黒い実をいっぱいつけていた校庭のクスノキも,実をすっかり落として今は春に伸ばす新芽をつけています。(写真左)
 花壇では,もっと春らしい光景が見られます。9月に村瀬先生が種を撒いてくださったパンジーに花芽がつき始めたのです。花咲くのももう間近です。
 冬のこのころは,藪のウグイスも「チャッ チャッ」と舌打ちをするような声(地鳴き)で鳴いていますが,もうひと月もするとおなじみの歌声で,「ホー ホケキョ」(さえずり)と鳴き始めます。
 寒い冬ですが,目だけでなく耳や肌でも近づいてくる春を感じていきたいものです。
 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
学校行事
2/24 6年科学センター学習
2/27 クラブ活動
2/29 造形展(〜3/2) 参観・懇談会(高学年)
3/1 参観・懇談会(低学年・しいのみ学級) 食の指導6の1

学校だより

学校評価

お知らせ

学校運営協議会

京都市立七条小学校
〒600-8875
京都市下京区西七条石井町61
TEL:075-313-0077
FAX:075-313-0094
E-mail: shitijo-s@edu.city.kyoto.jp