京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/12/13
本日:count up24
昨日:72
総数:343069
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
12月16日(月)〜20日(金)は,個人懇談会を行います。短い時間ですが,よろしくお願いします。

おしくも,8位

 28日(木)には6年生児童の「水泳記録会」が西京極運動公園内のアクアリーナで行われました。
 本校からは6年生約20名が参加しました。
 この大会で,女子200mリレーは8位にはいりました。おしくも6位と1秒差で,「入賞,賞状授与」を逃しました。極めて残念でしたが,しかし,実力を十分に発揮できたと思います。
 特に「フレー,フレー,七条」を連呼しての応援は本校だけのものでした。競技者と応援者が一体にになっていました。
 立派な参加態度でした。
 

ありがとうございました。

画像1画像2
 いよいよ夏休みが始まりました。子どもの姿がない学校,子どもの声が響かない学校は,たいへん寂しいものです。
 さて4月から昨日までの学習期間を特に大過なく過ごせましたのは,保護者の皆様,地域の皆様のご協力の賜物と,心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
 児童は8月28日まで,約5週間の長い夏休みに入ります。この間,ご家庭や地域で子どもたちを見守っていただくことが多くなると存じます。
 早速,今日,明日と,少年補導委員会の皆様のお世話になり,子どもたちが楽しみにしている「七条子どもむら」が開催され,多くの児童が参加いたします。地域の皆様が,このような「夏休み」だからできるいろいろな体験活動を計画くださることに改めて心から感謝申し上げます。
 昨日の夏季休業前の朝会で,全校児童に「目あてをもって夏休みを過ごしましょう」,「生活のリズムを乱さないように,早寝,早起きをしましょう」と話しました。
特に「早寝,早起き」については,「つい,夜更かしをしてしまって」とか「ラジオ体操があるうちは早起きするけど,それがすんだら…」と言うことが多いかと思います。
 写真は,学校のプランターに植えられている「ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)」の写真です。朝早くに花を開き(写真左),夕方には花も葉も閉じてしまいます(写真右)。カンサイタンポポ同様に「早寝,早起き」をする花なのです。
 子どもたちが健康に夏休みを過ごせるように,この花に負けないよう「早寝,早起き」の生活習慣を維持できるようご家庭でもご協力ください。

改めて取り組みます

 台風6号の接近のために,子どもたちが,そして私たちが楽しみにしていた修学旅行を延期いたしました。この時期ならこのコースでは接近するはずのない台風が,それもとてもゆっくりと進んでいる状況です。修学旅行1日目の目的地,名古屋にはまだこれから台風が接近する状況なのには本当に驚きます。長距離を移動する子どもたちの安全を第一に考えました。
 幸い,宿とバスが確保できた,延期日程の9月12,13日は天候に恵まれるように祈るばかりです。
 今年度,計画をした3000m級の山に登山をする,という「挑戦」。そして3000mまで上らないと味わえない自然の素晴らしさを楽しむ「自然体験」。この二つを満喫するように計画されていた修学旅行です。高山での季節の変化は大きいです。たった二か月の間に晩春から夏は過ぎ,秋が訪れます。
 私たち「教師」の仕事の一端には,次のような面があると自分は考えています。「子どもたちのまだ知らない美しいもの」「子どもたちがまだ出会わない良きもの」に子どもたちを対面させることです。すべての学習はこれが目的,と言えるでしょう。
 高山植物の最も美しい時期を選んでいたのはこのためです。残念ながら,最も美しい時期からは外れてしまいましたが,「修学旅行ではよくわからなかった高山植物の美しさをいつか自分で見てみたい」と思う児童が一人でも多くなるように働きかけたいと思います。そして,当初予定していた二つの目標を味わえるように改めて活動を組み直します。
 ご心配をおかけいたしましたことにお詫びを申し上げますとともに,学校の決定をずっと見守っていただいた保護者の皆様にお礼を申し上げます。

歌声に送られて

 遅くなりましたが,7月の全校児童集会の様子です。
 6月の集会で,6年生が模範の合唱を示してくれました。みんなで練習して,7月には美しい声で全校合唱をしましょう,と呼びかけました。
 あれから,各学級で練習してきた合唱曲「翼をください」の全校合唱を行いました。
ピアノ伴奏は岡崎先生,指揮,指導は吉田先生です。まずは高音の発声練習。「オオカミの声で」「わお〜〜〜ん」(詳しくはお子様にお聞きください。)
 いよいよ合唱です。1回だけの合唱ではもったいない,全校児童が参加した正真正銘の素晴らしい「全校合唱」でした。
 全校の児童がきちんと声を出し,見事に歌声を聞かせることが本校児童の「落ち着き」を証明しています。
 そして,もっと驚いたのは退場です。前にもお知らせしましたように,先月は6年生の歌声に送られて1〜5年生が退場しました。当日は6年,5年の順に退場しましたが,このとき低学年児童が,「翼をください」の合唱で高学年を送ったのです。
 今回も歌声で退場する,本当にすばらしい集会になりました。
 よりよいこと,より美しいことに挑戦する七条小学校の児童です。

校庭で自然観察(3)

画像1
 四月に紹介しましたカエデ(モミジ)の花を覚えておられますか?夏を迎えたいま,あの花はこんなプロペラのような種になっています。これは観察池から撮った写真です。今は美しい緑色をしていますが,これから秋までゆっくり種が熟して行きます。私たちが気がつかないところで,ひそかに,半年もの時間をかけて子孫を残す仕事を続けているのです。

校庭で自然観察(2)

画像1
 四季のある日本では,季節がめぐるたびに花,鳥,虫などが移り変わっていきます。季節ごと,というより気をつけて見聞きしていれば,毎週,いや毎日移り変わっていくのでしょう。7月,梅雨の終りの頃には,クチナシが香り,写真にあげた「ヤブカンゾウ」が花開きます。この花も学校の中で見るのは珍しいことです。数年ぶりに学校の校庭で見かけました。ユリの仲間ですから形はよく似ているのですが,八重咲きの花ですので,おしべが花びらに変化しています。おしべがそのままの一重の花は「ノカンゾウ」と呼びます。学校の飼育小屋の横にある湿地にしばらく咲いています。さて,次はいよいよ夏を告げるセミの声でしょうか…

子育て語り合いサロン

 今日は11時から,ふれあいサロンで,「第1回子育て語り合いサロン」を行いました。
参加者は少なかったですが,「地域の人々の結びつきと子育て」「家族と子どもの育ち」「子どもの前では気をつけていること」など,子どもの成長を支えるために参考となるいろいろな話が聞けました。その中でも特に私が「なるほど,その通り」と思ったものに,「親がかつて送った小学校生活と,子どもが,今,送っている学校生活は違う」という話でした。昔は立たされている子どもがいたが,今は見かけない。給食が食べられないで,掃除の時間まで食べている子どもがいたのに,今は見かけない。などです。これは社会の変化が大きく関係しているのだと思われますが,教師もきちんと頭に入れておかなければならないことだと思いました。
 子育てに関するさまざまな話をざっくばらんに話すだけで,ふだん考えていることをきちんと整理できたり,考えていたことが大きく膨らんだりして,意外な発見が生まれます。子育てに悩んでおられる方や困っておられる方はもちろん,子育ての疑問,自慢
などお話しにおいでください。きっと楽しいひと時になることと思います。またご案内します。皆様のおいでをお待ちしております。

学校で自然観察

画像1
 先日,写真を上げた「ツマグロヒョウモン」が羽化(さなぎから成虫になること)しました。写真でお分かりかと思いますが,これは前に紹介したさなぎではありません。もう何頭も学校からはばたいていったようで,たまたま,出勤時に羽化したてのチョウを写真にとることができました。本校ではチョウだけでなく,トンボの「アキアカネ」を羽化させた学級もあります。注意していないと目に見えない事件ですが,きっと子どもたちの心に残る瞬間でしょう。生命の神秘を感じてくれたことと思います。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
3/5 委員会活動
3/6 支部育成学級合同卒業おめでとう会 食の指導6の2
3/8 食の指導しいのみ

学校だより

学校評価

お知らせ

学校運営協議会

京都市立七条小学校
〒600-8875
京都市下京区西七条石井町61
TEL:075-313-0077
FAX:075-313-0094
E-mail: shitijo-s@edu.city.kyoto.jp