京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/11/16
本日:count up6
昨日:128
総数:338854
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
来年度の入学者対象の就学時健康診断を11月21日(木)に実施いたします。対象の方は,ご予定ください。

春休み

画像1画像2
 新年度に向けて学校は大変忙しい時期を迎えています。しかし,子どもたちは春休み。子どものいない校庭は本当に閑散としています。 その木の下で遊ぶ二人の子どもたち。たった二人の遊びでしたが,嬉しくなる光景でした。
 いよいよクスノキも葉を落とし始めました。先日来の寒さと風のために至るところにクスノキの葉がたまっています。新芽が伸びるころとなりました。 春 です。



離任式

画像1画像2
 寒さがぶり返しました。「お水とり」も終わり「暑さ寒さも彼岸まで」の彼岸も過ぎ去り,墓参りも済ませたあとなのに,今朝は久しぶりに北山の峰々が白くなっていました。
 校庭の陽だまりには春の花が咲いていますが,今日も冷え込みました。まだ暖房器具のお世話にならなくてはいけないようです。


 本日,離任式のご案内を差し上げました。29日(木)9時30分からです。七条小学校の子どもたち,PTA,地域のためにご尽力いただいた教職員を送ります。
 ぜひご出席ください。

また,冬のようですが

画像1
 今日は寒い一日なりました。日が差しているうちはまだ,日向では温かさも感じましたが,日が陰ると,3月末とは思えない寒さでした。
 しかし,やはり3月です。写真の通り,今年私が植えた「アネモネ」も葉を出しました。4月には美しい花をつけることでしょう。
 本当にもうすぐ春です。この冷え込みもすぐに温かくなることでしょう。
 校門のサクラのつぼみも目に見えて大きく膨らんでいますし,ほんのりと赤みがさしているものもあるのですから…

修了式

画像1画像2画像3
 今年度の修了式を無事に迎えることができました。
 修了式では,「ごまもり」にそって1年間を振り返り,いままで学校を力強く引っ張ってくれた6年生が卒業しても,この1年間で大きく立派に育った君たちが,新たな七条小学校を創れます,と子どもたちに話しました。
 引き続き,見守り隊の皆様へのお礼の式を行いました。ここでは,みんなが無事にこれからも登下校したり遊んだりすることが一番のお礼になります,と話しました。本当に今年もお世話になりました。ありがとうございます。
 最後は頑張って読書をした人,学年の表彰です。一番たくさんの冊数を読んだ人,一番多くのページ数を読んだ人,そして一番たくさん本を借りた学年を表彰しました。学校全体でも100冊読書のできた人が約200人(約50%)になりました。表彰状の文章にもあったように,読書は心を豊かにしてくれます。七条小学校の子どもたちの心はどんどん豊かになっている,とこの結果からもわかって本当にうれしかったです。

卒業式

画像1画像2
 22日(木)は卒業式でした。やや肌寒いものの,例年よりは温かく感じた朝でした。
 証書を学校長からいただくとき。歌を歌っているとき。胸を張って歩いているとき。様々な場面で,卒業生の姿からは,6年間の歩みの中でよりたくましく成長してきたことへの「喜び」と,新たな中学校生活への「希望」がいっぱい感じられました。
 ご出席していただいた地域の皆様,保護者の皆様,関係者の皆様には,ご多忙の中,卒業生に大きなエールを送っていただき,有難うございました。厚く御礼申し上げます。
  
 

卒業式リハーサル

画像1画像2
 6年生の卒業証書授与式を明日に控え、今日はリハーサルをおこないました。6年生も5年生もしっかりと練習できました。
 明日も今日のようにいいお天気になってほしいですし、6年生も5年生も元気に登校してくれたらうれしいです。今日は早寝して、明日は早起きで……。

科学の最先端を学習

画像1画像2
 昨日の午後,4年生と5年生は,「燃料電池」の学習をしました。
 横浜国立大学から,矢野 久先生にお越しいただいて,授業をしていただきました。
 矢野先生は,神奈川県のほとんどの小学校でこの授業をなさったそうです。また最先端の科学,「燃料電池」研究の権威でいらっしゃいます。
 水素と酸素を反応させて「発電」をさせるのが「燃料電池」だそうです。水素は,爆発しやすい大変危険な気体です。しかし,実際に水素を「燃料電池」に送り込むと,すぐにLEDが発光して,発電されたことがわかりました。反応が素早いので自動車のエネルギーとして期待されているそうです。ガソリンや軽油を使った自動車の代わりに,「燃料電池」を使うと二酸化炭素が全く出ないで水が出るだけ,ということになります。そうすれば地球温暖化が食い止められて,増え続ける人間ための食料生産にとても役立つのだそうです。
 京都大学での講演の後に本校に立ち寄って子どもたちに授業をしてくださったのですが,子どもたちの質問が大変よかった,と褒めていただきました。子どもたちが一生懸命にお話を聞いたことがよくわかりました。
 まだ費用の面などで解決しなければならない課題が多いということですが,きっと実用化されることでしょう。そうなれば本校の児童は,「歴史の証言者」になりますね。

3年生 昔のくらし体験

画像1画像2
 3年生では,社会科で昔のくらしについて学習しています。その中で
「昔はどんな遊びをしていたのかな?」
「どんなくらしをしていたのかな?」
という疑問が生まれました。その疑問を今日,地域の方々に教えていただきました。
 今から60年ほど前は「とんぼとり」やとても高い「竹馬」「お手玉」「なわとび」などで遊んでいたということでした。その頃は,まだ馬や牛が道を歩いていて,七条通りには路面電車が走っていたそうです。

 その後,女性会の5名の方と保護者の方に手伝っていただき,七輪でおもちを焼く
体験をしました。家庭ではガスコンロや電子レンジ,オーブンなどで調理したおもちを食べていますが,今回は,火をおこすところからのおもち焼きです。

 マッチをするのに苦労した班,火が思うように大きくならず苦労した班,火が大きすぎておもちをこがしてしまった班など様々でしたが,手伝ってくださったみなさんの温かいサポートのもと,おいしいおもちを焼いて食べることができました。

 子ども達は,昔のくらしは今とちがって少し苦労がいったことに気づいたり,火をおこしてから苦労して焼いたおもちはいつもよりおいしかったと感じたりしていました。おうちに帰ってからも,おじいさんやおばあさん,地域の方に昔のくらしについて聞きたくもなっていました。



温かいご協力のもと,学習のまとめができたことに,心よりお礼申し上げます。

ハクサイの花

画像1画像2
 数日寒い日が続きましたが、この土曜、日曜の雨でまた春が近づいているなと感じます。しいのみ学級では、ハクサイ、ダイコン、カブ、エンドウマメ、ネギを育てていますが、そのハクサイにつぼみが出てきたなと思っている間に、花が咲き始めました。
 ダイコンももうすぐ咲きそうです。どちらもアブラナ(菜の花)とよく似た花の形をしています。とくにハクサイは花の色が同じです。となりにたくさんの花をつけたアブラナが咲いていますので、比べるのには最適です。
 今週は、卒業式、修了式と学年での学習が最終となります。最後まで、子ども達には元気に登校してもらいたいです。

校庭で自然観察 (15)

画像1画像2
 昨夜から春の雨となりました。「ひと雨ごとに春めく」との言葉通り,今日は温かい朝を迎えています。
 サクラやアセビなどの校庭の木々の芽も膨らみ,巣立っていく卒業生をひそかに祝っているようです。
 雨が降るたびに西門の溝には面白い模様ができます。この春から登校指導に立つたびに観察をしてきました。写真では分かりにくいのですが,黒い土(溝の土)と白い砂(運動場の砂)が水の流れの働きで縞模様を作るのです。
 5年生の「流れる水の働き」,6年生の「大地のつくり」をこの模様で復習できそうです。通りかかった高学年の子どもにも少しだけ説明をしましたが,私自身の整理がまだまだできていないので説明もわかりにくかったようです。
 何とか授業に使えないかな,と首をひねっています。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
3/29 管理職離着任式 一般教職員離任式

学校だより

学校評価

お知らせ

学校運営協議会

京都市立七条小学校
〒600-8875
京都市下京区西七条石井町61
TEL:075-313-0077
FAX:075-313-0094
E-mail: shitijo-s@edu.city.kyoto.jp