京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/09/21
本日:count up45
昨日:119
総数:172375
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
11月18日(月)令和2年度入学 新1年生就学時健康診断を実施します

3年生 色・形・いいかんじ!

図画工作科の学習で絵を描きました。色や形を工夫して自分の表したいことを絵に表します。ひとりひとりの思いが絵に表れていて,どの作品もすてきです。ぼかしの技法を使ったりいろいろな色をつくったり,「芸術は爆発だ!」「画伯になるぞ!!」などと声をかけ合い楽しく描いていました。
画像1

4年 角って?

画像1
 算数では,『角とその大きさ』の学習に取り組んでいます。先日作った扇を使って,様々な角の大きさについて調べています。今日は,いろいろな大きさの角を作って,話し合いました。そのなかで,子どもたちからある疑問が生まれました。
「2つの辺がまっすぐ並んで開く角までが角であって,それ以上開くと角と言えないのではないか。」
「いや,角だと思う。」
 おもしろい疑問です。
 次回は,そんな自分の考えをたくさんの人に伝え合って,ディベートをしながら考えを深めていけたらと思います。

3年生  虫眼鏡を使って

画像1
理科の学習で春の生き物の観察をしています。新しく,虫眼鏡の使い方を学習しました。目の近くに持って見るものを遠ざけたり近づけたり,少しずつ上手に使えるようになっています。

6年 美しい歌声を響かせて

画像1
 今日は6年生になって初めての音楽の学習でした。新しく来られた先生の自己紹介から始まり,子どもたちも一言を添えながら自己紹介をしました。
 まずは,発声練習。声を出す前に体のストレッチをしながら,気持ちよく歌声が出せるように準備体操をしました。発声練習では,高学年らしく,美しい歌声を意識した練習に取り組みました。
 今日は『翼をください』という曲を歌いました。中には知っている子どもたちもいて,なじみのある曲だったようです。初めて歌ったにもかかわらず,聞いていると何だかぞくぞくとするほど美しい歌声を響かせ,周りの先生たちを驚かせるほどでした。この歌声を,学級だけでなく,学校全体に響かせながら,下級生からあこがれられるような歌声をみんなでつくっていってほしいと思います。

音読・暗唱のすすめ

画像1
◆新年度がスタートしました。国語科では読み物の単元で,それぞれの学年で音読に取り組んでいます。毎日,毎日,少しずつ繰り返していると,児童は驚くほど長い文章を唱えるようになります。

◆最近,音読や暗唱の重要性が見直されています。「百人一首」「蜘蛛の糸」「学問のすすめ」「平家物語」などの名文に取り組んでいる学校もあります。「言葉の力」は全ての学習活動の基盤となります。「言葉の力」とは,他人の言葉が理解でき,自分の言葉で表現できること。言葉の力は,まず乳児期からの親の豊かな「語りかけ」や親子の「コミュニケーション」から始まります。幼児期の「絵本の読み聞かせ」,学齢期の「音読・暗唱」練習や「読書習慣」などで基礎が培われます。音読に親しむことで言語に対する感受性が高まるのです。

◆音読の重要性が理解されてきたのは,脳科学の発達で,「音読と単純計算が,大脳を最も活性化させる」という効果が明らかになってきたことや,ベストセラーになった齋藤孝さんの「声に出して読みたい日本語」などの影響によるものです。日本では,明治維新の頃,創意あふれる偉人たちが出ましたが,これは,江戸時代後期の寺子屋で,論語などの漢文の素読・暗唱の教育が盛んに行われていたからだと考えられています。歴史上の偉人達も,音読・暗唱による聴覚刺激で,海馬(かいば)への記憶回路を開いていたのです。

◆音読・暗唱の教育は素読では意味の理解は問わず,ひたすら音読を繰り返します。これは,意味の理解を早急に求めるのではなく,言葉そのものを繰り返し心の底に刻み付ける方法です。これは脳の力を伸ばす上で極めて効果的な方法で「右脳によるパターン認識学習」と呼ばれて再評価されてきました。音読・暗唱を繰り返す中でパターンを認識し,脳の深層部(海馬)への記憶回路を開こうとするものです。この伝統的な教育方法をとれば,意味も分からずに暗唱した名文等が,後に子ども達の教養や知性の確かな骨格になっていくのです。多くの国で,古典の名文が学校教育の中で音読・暗唱され,国民共通の文化になっています。日本でも名文,古典などの素読や暗唱・朗読などの重要性が理解されてきました。

◆音読・暗唱の教育的効果をまとめると・・・・
・記憶力がよくなる   ・語彙が豊かになる   
・言語リズムの育成になる・集中力がつく
・話す力・発表力がつく ・文章を書く力がつく
・創造力・創作力がつく ・情操豊かになる
・声が大きくなる・・等。
さあ,子ども達と一緒に大人も音読・暗唱にチャレンジしてみませんか?

3年生  算数科の学習

算数科では,2年生で習ったことを使って九九の表とかけ算の学習に取り組んでいます。10や0をかける計算についても習ったことをもとに考えることができています。
画像1画像2

3年生  安全について

安全について話し合いました。4月は学校の行き帰りのことや遊具の使い方などについてです。どのようにすると危なくて,どのように行動するとよいのかよく考えていました。毎日,元気に安全に過ごすことが一番です。毎日,3年生の元気な子どもたちと会えることが嬉しいです。
画像1

春を見つけよう 4年

画像1
 4年では,図工の時間に「春を見つけよう」というテーマで,学校のお気に入りの場所を写生しています。たくさんの児童が中庭(いきいきランド)を選び,菜の花や三色すみれの草花を題材に一生懸命に画用紙に表現しました。
 今日はお天気も良く,暖かい陽射しの中でみんな集中して描いていました。

学校のお手本 6年

画像1
 始業式に,校長先生から,「6年生は学校の柱です。どんな学校を創りますか?6年生の行動をお手本にして,低学年が真似をします。5年生と協力して素晴らしい学校にしましょう。」というお話がありました。
 今日の休み時間です。本校ではチャイムの前に予鈴として音楽がなります。昨年度は,チャイムが鳴っても運動場に子ども達の姿が見られましたが,今日は音楽と共にまず6年生が動き出し,全校がその行動に習って動き出しました。チャイムが鳴るころには,運動場には子どもの姿はなくなっていました。
 6年生の意気込みが感じられた光景でした。これからも,学校づくりの柱として,低学年のお手本として素晴らしい姿を卒業まで見せてくれることを期待しています。

地域ボランティアよろしくの会

画像1画像2
 本日,地域ボランティアよろしくの会を実施しました。
 子ども見守り隊・読み聞かせの会・公園や学校周辺の環境整備をしていただいているボランティアの方々に来校していただき,全校のみんなで「よろしくお願いします」と挨拶をして日頃の感謝の心を伝えました。また,ボランティアの方々から,自己紹介と児童のみんなへのメッセージをお話していただきました。
 次代の大将軍のまちづくりの主人公として,本当に地域の方々は子ども達を大切に支えていただいています。同時に,子ども達自身も地域に対してできることがあると考えます。今年も地域の事を考えて行動できる子を,地域のために汗して働ける子の育成を目指して取り組んでいきたいと思います。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月間行事予定
4/18 6年 全国学力学習状況調査
4/19 1年 交通安全教室
京都市立大将軍小学校
〒603-8337
京都市北区大将軍南一条町48-2
TEL:075-461-4310
FAX:075-461-4342
E-mail: daishogun-s@edu.city.kyoto.jp