京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/11/20
本日:count up1
昨日:48
総数:124064
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学芸会に多数の保護者・地域の皆様,来校いただきありがとうございました。

楽只夏祭り2018

 8月12日(日)17時から楽只夏祭り2018が本校校庭で開催されました。
 オープニングセレモニーの後,ステージでは,本校和太鼓部の演奏,児童館のダンス等,たくさんの演目が続きました。
 19時ごろから,千本盆踊り保存会の皆さんの音頭取で盆踊り江州音頭が始まりました。
会場に集まられた多くの方が和気藹々と盆踊りを楽しまれました。
画像1
画像2
画像3

学校統合に向けて:通学路実地調査ワークショップ

8月1日(水),来年4月の紫野小学校との統合を控え,楽只学区児童の通学安全対策の取組として,保護者・地域のみなさん,児童・教育委員会・教職員による通学路点検を行いました。

猛暑の中,午後3時半からおよそ1時間をかけて通学路を交通安全・防犯の観点から点検しました。
小学校にもどり,点検したことを模造紙に拡大した地図上で振り返りまとめました。
たくさんの危険個所や改善箇所があげられ,その数はおよそ20か所でした。
楽只学区の児童が安心・安全に通学できるよう,多くの目で見守っていきたいと思います。

今後,関係機関とも連携し,第2回目の実地調査を行います。(8月22日(水)午後4時半から)
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


画像1
画像2
画像3

レッツ!ボランティア! 5・6年生

 5・6年生が,8月2日(木)・3日(金)の二日間,楽只保育所・特別養護老人ホーム紫野・ライトハウス「らくらく」の3ヶ所で,ボランティア体験をしました。
 この日の為に,夏休み前から事前の学習をしたり,出し物の練習をしたりしてきました。
 当日は,最初は緊張して,なかなか上手に交流できなかった姿もありましたが,徐々になれていき,自然とお話したり,イキイキと出し物をしたりする姿を見ることができました。
 利用者さんや保育所の子ども達にも,笑顔があふれていました。参加した子ども達は,「おじいさん,おばあさんと楽しいひとときが過ごせました。」「障害のある人に自分たちの発表を喜んでもらえました。」「小さな子ども達が笑ってくれて良かったです。」などの感想を言っていました。充実した活動となって良かったです。
 今後も,このような体験学習を大切にしていきたいと思います。

画像1
画像2
画像3

夏季海浜学習の様子☆6

 高学年は,シーカヤックに乗りました。入り江で,棒の両側に水かきの付いたオールを上手に扱う練習をしてから,岬の方まで遠出していました。
 午前も午後も穏やかな美しい海で,子どもたちは思いっきり活動することができました。
画像1
画像2
画像3

夏季海浜学習の様子☆5

 午後は,低学年は大だらいに乗り,中学年は船の底にガラスの窓がついたグラスボートに乗りました。
画像1
画像2
画像3

夏季海浜学習の様子☆4

 筏からの飛び込みは度胸試し。「ここから飛び込めたらすごいね。」「いける?」「やっぱり無理。」「よし,思い切っていくよ。」下では大人の人が待っていてくれます。
 中には,回転したり,叫んだりと技付きの飛び込みを披露している人もいました。
画像1
画像2
画像3

夏季海浜学習の様子☆3

 今年は,4名の保護者の方と2名の学生の方がボランティアとして同行してくださいました。子ども達も安心して活動していました。
画像1
画像2
画像3

夏季海浜学習の様子☆2

 空は青く,海も青く,やわらかい波がキラキラと太陽の光を反射しています。
画像1
画像2
画像3

夏季海浜学習の様子☆1

 素晴らしい天候に恵まれた夏季海浜学習となりました。美しい海岸に一番乗りして,ライフセーバーさんに海で泳ぐときに気をつけることを教えていただきました。
 準備運動が済んだら海へ。水は透明に澄んでいて,子どもたちは胸を躍らせ入っていきました。海に飛び込むのを楽しみにしていた子は,まっすぐ筏に向かっていました。
画像1
画像2
画像3

夏季海浜学習だより5

現在19:40です。
バスは白川通に入りました。
学校へは,あと20分くらいです。

到着予定は,20:00頃になります。

お待たせして申し訳ございません。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
京都市立楽只小学校
〒603-8226
京都市北区紫野西舟岡町2
TEL:075-451-0044
FAX:075-441-5028
E-mail: rakushi-s@edu.city.kyoto.jp