京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

【競技かるた部】新チームも頑張っています!11月12月の成績・結果の報告。

 11月から12月にかけて行われました各種大会での結果をご報告します。
 11月23日(土)・24日(日)にホテルルビノ京都堀川を会場として,第39回近畿高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門の大会が開催され,本校競技かるた部の2年生4名が出場いたしました。この大会は近畿二府四県に加え,近隣の徳島・鳥取・福井・三重の四県を加えた十府県の選抜代表チームが団体戦を行うものです(今回は和歌山県が不参加のため,開催地枠で京都府から2チームが出場)。
 結果は本校の杉原静さんと窪田楓さんが所属する京都Aチームが全体の4位,樽谷樹葉さんと瀧脇小春さんが所属する京都Bチームが8位と,京都チームとしてはやや悔しい結果となりましたが,京都代表としての緊張感とハイレベルな試合の貴重な経験をチームに持ち帰り,さらなるレベルアップをしてくれることと思います。
 また,競技かるた部では高等学校文化連盟主催の高校生の大会だけでなく,一般競技者対象の大会にも個々に参加しております。11月・12月に各地で行われた大会に本校生徒も多数参加し,下記の通り合計4名が入賞いたしました。
 競技かるたでは競技者の実力に応じて段位が授与されますが,各大会で入賞することが昇段の条件となりますので,今回本校では一挙4名の昇段者が誕生したことになります。これで有段者は2年生が5名に1年生が4名と,1年生も着実に力をつけてチームとしての底上げが進んでいます。次の目標はもちろんチーム全員の昇段です!
 西京競技かるた部はまだまだこれからも進化し続けます!応援よろしくお願いします。

《第10回全国競技かるた岡山大会》
D5級優勝 上田彩加(1年) →初段に昇段
D8級優勝 山田実乃里(1年) →初段に昇段
《藤原定家卿小倉百人一首撰定記念第73回全国競技かるた京都大会》
D3級優勝 中村真依子(1年) →初段に昇段
B2級3位 杉原静(2年) →三段に昇段

写真1枚目 近総文・京都府Bチームの主将を務めた樽谷さん(奥)
写真2枚目 近総文・京都府ABチーム合同での記念撮影
写真3枚目 岡山大会で優勝した右から上田さん・山田さん
写真4枚目 京都大会で優勝した中村さん
画像1
画像2
画像3

陸上競技部 近畿高校駅伝に出場!

 11月24日(日)に淡路島の南あわじ市にて女子第35回近畿高等学校駅伝競走大会が行われました。本校の陸上競技部は2年連続の出場です。各府県予選会にて6位入賞チーム(開催県のみ10チーム)計40チームが今大会に出場できます。予選会と同様,区間は1区6Km,2区4.0975Km,3区3Km,4区3Km,5区5Kmの計21.0975Kmです。
 駅伝当日は若干気温が高かったものの天候には恵まれ,いいコンディションで大会に臨むことができました。1区はキャプテンの2年生内片玲さんが務めました。チームのエースが揃う1区でキャプテンらしい力走を見せ13位で2区へ襷をつなぎました。2区は1年生の山本澪さんが積極的な走りで10位まで順位を押し上げます。3区,4区も1年生コンビの谷間美月さんと向井久美子さんが予選会よりも速いタイムで走り,5区の奥田月菜さんに13位で襷をつなぎました。3年生の奥田さんにとって今回の大会が引退レースです。高校生活の集大成の走りを見せてくれました。記録は1時間15分00秒,13位でフィニッシュしました!コースは異なりますが,京都府の予選会の時より2分近くタイムを縮めることができ,選手たちは大健闘しました。
 来年の近畿高校駅伝大会も今年同様,淡路島のコースで行われます。来年もこの地でまた勝負が出来るように,頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました!

【メンバー】
1区 内片玲(2年)
2区 山本澪(1年)
3区 谷間美月(1年)
4区 向井久美子(1年)
5区 奥田月菜(3年)
サブ 田村理紗(2年)
 小島萌々夏(2年)
 徳永倫加子(2年)

画像1
画像2
画像3

野球部「甲子園キッズフェスタ」に参加しました!

画像1
 11月3日(日)に日本高校野球連盟主催の甲子園キッズフェスタが開催されました。これは高校野球の「次の100年」をめざす事業として開催されているものです。今回,西京高校野球部がレジェンド校の1校(夏の選手権京都大会第1回から現在に至るまで,皆勤出場の学校で全国の中で15校しかありません)としてサポートの依頼を受け,参加してきました。高校球児夢の舞台と言われる阪神甲子園球場での活動ということで,生徒はもちろん,引率サポーターとして参加した教員2名も白球を追いかけていた頃に戻り,心を躍らせながら球場の門をくぐりました。
 プロ野球選手も使用するロッカールームで着替えた後,参加者の小学生とペアになり,ウォーミングアップ・キャッチボール・ストラックアウト・ティーバッティング・ミニゲームと盛りだくさんのメニューを終始笑顔でサポートすることができました。中でも最後に行ったミニゲームでは,子ども達が懸命にボールを追いかける姿を見て,野球の原点を思い出すことができましたし,生徒たちも同じように感じてくれていたように思います。このような機会をいただいた関係の方々には心より感謝したいと思います。
 また,このような場に呼んでいただけるということは,これまで築いてこられた全国でも15校しかない歴史があるということです。その歴史を築いてこられた先輩方はもちろん,様々な方に応援していただきながら,好きなことができていることにも感謝し,歴史の糸を紡いでいけるように,また,この舞台でプレイする姿を見ていただけるように,何より応援されるにふさわしいチームになるように,これからも頑張っていきたいと思います。
画像2

陸上競技部 秋の大会報告!U20U18日本選手権で入賞,女子駅伝は近畿大会へ!

第35回U20/第13回U18日本選手権出場!
 10月18日〜20日に広島市広島広域公園陸上競技場で第35回U20/第13回U18日本選手権が行われました。この大会は,誕生年月で区分されており,高3の遅生まれ〜大2の早生まれの競技者が参加する「U20」と,高1の遅生まれ〜高3の早生まれの競技者が参加する「U18」の各世代の日本一を決める全国大会です。本校からは標準記録を突破した6名(7種目)が出場しました。
 結果は,U20女子400mにおいて3年の吉岡里奈さんが第3位,U18女子棒高跳で2年の武久由佳さんが第6位と2種目で入賞することができました。吉岡さんにとっては,これが高校生活最後の全国大会となります。最後もしっかりメダルを京都に持って帰ることができました。また,武久さんは全国大会初入賞です!来年に向けてさらにレベルアップしてほしいと思います。その他に出場した4名の選手は惜しくも入賞とはなりませんでしたが,全国大会という舞台で競技できたことは来年につながる大きな経験になったと思います。

男子70回女子36回京都府高等学校駅伝競走大会。女子は見事近畿大会へ!
 11月4日(月)に男子70回女子36回京都府高等学校駅伝競走大会が丹波自然運動公園周辺コースで開催されました。この大会で6位入賞すると近畿高校駅伝大会への出場権が得られます。
 今年は風が強かったものの天候に恵まれた中でのレースでした。まずは男子が10時30分にスタート,その10分後に女子がスタートし,競技場や沿道では応援者の声が響き渡り大会は非常に盛り上がりを見せていました。 
 結果は,男子第9位,女子第5位で女子が近畿高校駅伝大会への出場権を得ることができました。男子は6位入賞には届かなかったものの,とてもよく頑張りました。選手諸君は悔しい気持ちでいっぱいですが次のステップに向けて努力してくれるでしょう。
 駅伝は襷に込められたチームの強い想いをつないでいく本当に素晴らしいものです。陸上競技は個人競技ではなくチーム全体で戦う集団競技だなと改めて実感しました。
女子は11月24日に淡路島で行われる近畿高校駅伝に出場します。応援よろしくお願いします。

京都市立高等学校体育表彰をしていただきました!
 10月31日に京都市立高等学校体育表彰が,京都市総合教育センターで行われました。本校からは8月に沖縄で開催された全国インターハイにおいて,女子400m第2位の吉岡里奈と女子4×400mリレー第7位のメンバー(補欠含む)の計8名が表彰されました。
表彰式では,教育長,工学院高等学校長からお祝いの言葉をいただき,選手たちは未来に向かってさらなる飛躍を心に誓ったと思います。
また,選手代表として吉岡里奈さんがお礼を申し上げました。「このような結果が残せたのは自分一人の力ではありません。支えてくれたすべての皆様に感謝の気持ちをつたえたいです。」と話してくれました。
これからもたくさんの方から応援していただけるような陸上競技部になるように,「心技体生活」全ての面でレベルアップできるよう頑張っていきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いいたします。

【表彰者】
吉岡里奈(3年)
織田朝美(3年)
勝冶奈央(3年)
徳永倫加子(2年)
小島萌々夏(2年)
田村理紗(2年)
中村優里(2年)
谷間美月(1年)

写真上 U20・U18日本選手権の様子
写真中 駅伝の様子
写真下 体育表彰の様子
画像1
画像2
画像3

競技かるた部 京都府高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門で入賞しました!

 10月26日(土)27日(日)の2日間にわたって,ホテルルビノ京都堀川にて行われました第36回京都府高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門に,本校競技かるた部17名が出場しました。
 初日の団体戦(学校対抗)では惜しくも準優勝という結果となりましたが,2日目の個人戦では1年生の健闘が光りました。個人戦では参加者を競技かるた経験の度合いにより1〜4の4ブロック(参加者の多いブロックは,その中で更に分割)に分け,ブロックごとに順位を決定します。そのうち3Aブロックにおいて大橋未希さん(1年)が優勝,3Bブロックにおいては木村壮平くん(1年)が優勝,谷萌花さん(1年)が準優勝という結果を残すことができました。入部からまだ半年ではありますが,1年生も着実に力をつけてきています!
 競技の進行・審判に御協力下さいました京都小倉かるた会および京都大学かるた会の皆様をはじめ,応援にお越し下さった皆様には厚く御礼を申し上げます。
 今回惜しくも入賞がかなわなかった生徒も含めて,部員一同さらなる技量向上をめざして今後も練習に励みたいと思います。
 また,11月23日(土)24日(日)には第39回近畿高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門の大会が京都で開催されます。こちらには本校の2年生4名が京都府選抜チームの一員として出場いたします。京都の代表として精一杯力を発揮して参りますので,こちらもどうぞ応援よろしくお願いいたします!
画像1
画像2
画像3

陸上競技部 近畿ユース女子総合第2位!

画像1
 第52回近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会が和歌山県紀三井寺公園陸上競技場にいて9月13日(金)〜15日(日)の3日間で開催されました。この大会は,8月下旬に行われた京都ユース大会で3位までに入賞した選手が出場できる大会です。来年の近畿インターハイしいては全国インターハイ出場を占う非常に大切な大会となります。西京高校からは,1,2年生の男子14人,女子18人が出場しました。
 学校対校の結果ですが,一人一人の入賞が積み重なり,女子1年生第4位,2年生第4位,女子総合第2位となりました!来年の近畿インターハイでは女子総合優勝をめざします!
 個人種目では,男女合わせて14種目で8位以内の入賞を果たしました。その中でも,大会初日に行われた1年男子3000m障害では清水隼人君が自己ベスト&西京記録で優勝し,チームに勢いをつけてくれました。また,2年女子100mでは徳永倫加子さんが11秒96(+2.2)で第2位になり,追い風参考記録ですが初めての11秒台を記録しました!
 来年の近畿インターハイも今回と同じ和歌山県紀三井寺公園陸上競技場で開催されます。今回,とてもハイレベルだった近畿ユース大会。全国インターハイ出場をかけた来年の近畿インターハイもレベルが非常に高くなることが予想されます。『感謝の気持ち・素直な心・一生懸命頑張る・負けん気』の気持ちを忘れずに来年に向けてがんばっていきます。今後とも応援よろしくお願いします。

〈入賞結果〉
1年女子
100mH  桑田凪沙 14秒96(−1.1) 第2位
5000mW 谷出朱莉 29分22秒84 第4位
     向井久美子 31分08秒79 第8位
棒高跳  岩根愛花 2m60 第7位
走高跳  三好こころ 1m65 第2位
やり投げ 松浦なな 35m87 第5位
1年女子総合 26点 第4位
2年女子
100m  徳永倫加子 11秒96(+2.2) 第2位
200m  徳永倫加子 24秒75(−0.2) 第3位 
400mH 田村理紗  1分02秒52   第5位
棒高跳  武久由佳  3m50  第3位
     伊藤萌々葉 3m10  第6位
砲丸投  武久由佳  10m76 第7位
2年女子総合 28点 第4位                  
女子総合 54点 第2位

1年男子
3000m障害 清水隼人 9分20秒24 優勝
2年男子
走高跳  志水宙斗 1m89 第5位

画像2

祝 陸上競技部 全国選抜でついに優勝!

画像1
 全国IHが無事終了し,新しいチームで臨んだ京都ユースが行われ,その大会の上位者が現在近畿ユースに出場しています。そんな中,8月31日,9月1日の2日間,大阪のヤンマーフィールド長居にて第7回全国高等学校陸上競技選抜大会が開催されました。この大会は,3年生も出場しインターハイやオリンピックでは実施されない特別な種目を中心に行われ,「もう一つのインターハイ」とも呼ばれています。西京高校からは6名が出場しました。
 結果は,女子スプリントトライアスロン(60m・150m・300mのタイムを点数化し,その合計得点を競う種目)で3年の吉岡里奈さんが最終種目の300mで逆転し,見事優勝いたしました!全国IH400mで準優勝の吉岡さんにとっては全国大会初優勝です。日本一おめでとうございます!
 また,3年の奥田月菜さんが女子3000m競歩(通常は5000m)で第3位に入賞しました。冷静かつ大胆な歩きで,全国大会初入賞です。
 今シーズン残す全国規模の大会は,国体とU18・U20日本選手権です。これから気温はどんどんと下がってきますが,西京高校陸上競技部の熱はますます上昇していくはずです!引き続き応援よろしくお願いします。

写真は3年の奥田月菜さん女子3000m競歩
画像2

陸上部 京都ユースで大活躍!近畿ユースへ。

 8月21日〜23日の3日間,西京極運動公園陸上競技場にて第52回京都府高等学校ユース陸上競技対校選手権(京都ユース)開催されました。この大会は1,2年生の学年別対校戦です。今大会で個人種目では3位入賞,リレーでは6位入賞をすると近畿ユース大会に出場できます。
 大会初日には女子キャプテンの2年生の田村理紗さんが400mHで自己ベスト更新し2位に入賞,ならびにU18日本選手権の参加標準記録突破でチームに勢いをつけました。
 大会2日目には,女子2年棒高跳で武久由佳さんと伊藤萌々葉さんが3m40をクリアし,大会新記録で1位,2位に入賞しました。また,2年男子400mでは男子キャプテンの井上陽登君が自己ベストを1秒以上更新し2位に入賞,ならびにU18日本選手権の参加標準記録を突破しました。
 大会3日目には1年女子走高跳で三好こころさんが自己ベストの168cmをクリアし,大会タイ記録で優勝。三好さんもU18日本選手権の参加標準記録を突破しました。その他にも3位入賞は逃したものの,自己ベスト更新や,8位入賞し総合にかかわる得点を取ることができた選手がたくさんいたことは本当に選手一丸となって頑張ったと思います。
 次の近畿ユース大会は,9月13日〜15日に和歌山県の紀三井寺運動公園陸上競技場にて行われます。応援よろしくお願いします。

総合結果:
男子1年総合 43点   第3位
  2年総合 57点   第3位
1,2年総合 111点  第3位
女子1年総合 84.5点  第1位
  2年総合 82点    第1位
1,2年総合 176.5点 第1位

近畿ユース出場人数:男子14人 9種目,女子18人 16種目
近畿ユース出場者
男子
1年
3000mSC 清水隼人
5000mW 友政成亮
三段跳 谷口晴
2年
400m 井上陽登
400mH 山本悠貴
5000mW 宮崎翔
走高跳 志水宙斗
4×100mリレー 木田慧司 井上陽登 山本悠貴 志水宙斗 五十嵐想 逢坂豪
4×400mリレー 西川洸平 井上陽登 山本悠貴 マンゴールドローガン 中村涼之介 岡本侑大

女子
1年
400m 谷間美月
100mH 桑田凪沙
5000mW 谷出朱莉 向井久美子
やり投げ 松浦なな
棒高跳 岩根愛花
走高跳 三好こころ
2年
100m 徳永倫加子
200m 徳永倫加子
400m 田村理紗
400mH 田村理紗
5000mW 内片玲
走幅跳 福田菜都
棒高跳 武久由佳 伊藤萌々葉
砲丸投 武久由佳
4×100mリレー 徳永倫加子 武久由佳 田村理紗 桑田凪沙 井上奈々 磯部日香里
4×400mリレー 徳永倫加子 小島萌々夏 田村理紗 谷間美月 三浦遥花 中村優里
画像1
画像2
画像3

祝!ダンス部 日本高校ダンス部選手権【DANCE STADIUM】スモールクラス。全国大会初出場!

画像1
 今年の夏ダンス部は,第12回日本高校ダンス部選手権(主催産経新聞社 / 一般社団法人ストリートダンス協会)に出場しました。この大会は,全国の高校生ダンス部員にとって一番想いが注がれる大会の1つで,ここ数年でも大きく各メディアで注目される大会です。大会には,12名まで出場できるスモールクラスと,40名まで出場できるビッグクラスがあり,計45名で活動している本校ダンス部員(1年20名,2年14名,3年11名)は,2年生の12名がスモールクラスの部に出場しました。本校ダンス部がこの大会の近畿・中国地区予選に初めて出場したのは3年前の第9回大会で,今回3回目の挑戦となります。この大会に挑戦する全国のほとんどの3年生部員にとっては,高校生活最後の大会となります。しかし,西京の出場メンバーは全員2年生。ほぼダンス未経験者で入学してきた生徒たちが2年生で激戦の近畿・中国地区予選を突破することは至難の業です。しかし今回の作品にあたっては,3年前に初めて挑戦した当時の出場メンバーである卒業生の協力も仰ぎ,オール西京でこの大会に臨みました。
 7月31日(水)に神戸文化ホールで行われた『近畿・中国地区大会Aブロック』。当日,本校は全学年,夏季学習講座最終日でした。1限の講座が終了したのち応援部員は公欠をとり,保護者含めて計40名以上が神戸文化ホールに駆けつました。結果は入賞。そして,全国大会初出場。部員達の表彰式での感極まりようは,これまでの努力を物語っていました。今まで応援していただいた本校関係者の全ての方々に,朗報を届けることができた瞬間でもありました。
 近畿・中国地区大会が終わって間もなく,突然ですがこの上ない大役の報を受けました。まずは,全国大会出場NO.1番。そして,令和の初めの年における全国の高校生を代表しての選手宣誓です。
 会場のパシフィコ横浜国立大ホールは客席が5,000席以上もある大きなホールで,地方大会に比べてより演技をダイナミックに伝えることが要求されます。全国大会に向けて,作品を一つ一つの動きから見つめなおす作業が必要でした。お盆の学校閉鎖日とも重なり練習場所の確保も考えなくてはいけない中,学校には特別に活動許可をもらい,施設面でも全面的にサポートしていただきました。
 全国大会スモールクラスの日程は8月15日(木)。台風10号が西日本に上陸し大会自体の開催が危ぶまれる中でしたが,全国の部員を代表しての選手宣誓を立派に務め,スモールクラスのトップバッターとして,これまでで最高の演技を全国の舞台で披露することができました。
 全国大会の公式パンフレットに掲載された本校ダンス部のスローガンは『文舞一貫』。そして部活動紹介は『全国のダンス部の中で,学業にも最も時間を割いているダンス部の1つです。そういった環境に決して満足することなく,本校ダンス部にしかできない責務を考え,地域に活力を与えられる部をめざしています。』と紹介させていただきました。
今後の活動としては,3年生部員の卒業舞台となる西京祭ステージ。そして秋には,地域の秋まつりなどにも参加させていただく予定です。
 本当にたくさんの応援をいただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。今後とも応援よろしくお願いいたします。
 以上,ダンス部の夏の活動報告でした。
画像2

【女子バスケットボール部】京都市立高等学校バスケットボール大会第3位!

画像1
 8月21日から行われました市立高校バスケットボール夏季大会において,本校女子バスケットボール部が第3位に入賞いたしました。夏季大会では2年ぶりの入賞となり,内容としても生徒たちの頑張りが良く見られた大会でした。これを機会に,来月に行われますウィンターカップ予選に向けて,より一層の向上をめざして日々練習していきます。女子バスケットボール部,頑張ってます!是非,応援のほどよろしくお願いいたします。

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
全日制
2/25 1年学年末考査
2/26 1年学年末考査
2/27 卒業式予行 1年学年末考査
2/28 卒業式

卒業生のみなさんへ

進路結果

学校評価

保健室より

お知らせ

その他

使用教科書一覧表

学校いじめ防止基本方針

スーパーグローバルハイスクール

京都市立西京高等学校(全日制)
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:075-841-0010
FAX:075-822-5702
E-mail: saikyo@edu.city.kyoto.jp