京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

【ESS部】京都府スピーチコンテスト南ブロック予選を通過しました!

 10月30日(土)14時から,龍谷大学大宮学舎・至心館にて,「第9回京都府高等学校スピーチコンテスト・南ブロック予選」が行われました。このコンテストは,「国際化時代に生きる高校生が自分の考えを英語で伝える力を伸ばすとともに,英語を話すこと及び聞くことに対する関心を高めること」「府内高校等における英語教育の振興を図ること」を目的として行われているものです。

 本校からは,吉田詩子さんと竹添万夏さん(ともに2年生)が出場しました。
 吉田さんのスピーチタイトルは,“What club activity means to me”。主将としてテニス部を牽引するなかで得た気づき,つまり部員に対するアドバイスが実は自らを映し出す「合わせ鏡」であるということについて熱く語りました。
 竹添さんのスピーチタイトルは”Find the similar not the difference”。アメリカ留学で出会ったモルモン教のホストファミリーとの出会いから,互いの「差異」ではなく「類似点」に焦点を当てることの重要性を強調し,現代世界で頻発する宗教対立への処方箋としての提案を行いました。

 ネイティブスピーカーの先生方による審査は難航を極め(予定の時間を1時間も超過して行われました),最終的に応募者12名の中から京都府大会に出場する5名が選ばれました。吉田さんは周到な準備と健闘をするも,惜しくも敗退。「突破はできなかったが,大勢の前で英語を話すといういい体験ができた。次につなげたい。」と前向きにとらえることができていました。竹添さんは,見事京都府大会出場が決まりました。(昨年度に続き,2回目の選出です。)

 京都府大会は,今週末(11月5日[土])の午後1時から,龍谷大学付属平安高等学校を会場に行われます。北ブロック代表(10名)と南ブロック代表(竹添さんら5名)の合計15名から,近畿大会に出場する優秀者2名が選ばれます。
 近畿及び全国大会出場を目指して,頑張って下さい!

[写真]
 1枚目 スピーチ中の様子 (吉田詩子さん)  
 2枚目 スピーチ中の様子 (竹添万夏さん)
 3枚目 閉会式の様子
     (整列しているのは予選通過者で,中央が竹添さんです。)

画像1
画像2
画像3

1年進路フィールドワーク保護者説明会を行いました!

 10月29日(土)午後1時30分から3時30分まで,1年生の保護者の皆様を対象に,「1年進路・フィールドワーク(以下,FWと略します)保護者説明会」を行いました。

 はじめに田頭副校長の挨拶があり,「本日は1〜3年生全学年が模擬試験を受験中であり,いわば“決戦の日”。1年生については,高校入学後の学習内容が定着しているか,よい学習習慣がついているかどうかを測るためのもの。しっかりと出来ていないという場合は,ここできっちりと仕切り直しを。」「タブレット端末不具合の原因の大部分は,充電器差込口に関するもの。丁寧な取り扱いをお願いしたい。また,不調の場合は早めに連絡を。」「このあとFWについて生徒や教員から御説明させていただくが,京都市教育委員会からの費用補助申請(所得制限あり)については,12月に御案内の予定」「今後,FWの安否情報配信も例年通り行うので,PTAメール配信の登録がまだの方は,是非登録を。」等といった点を中心にお話ししました。

 次に,進路部の久保先生から,模擬試験の結果から見る14期生の現状・今後に向けて確認しておきたいこと(これまでの振り返りの大切さや先輩たちの様子からわかる成功の秘訣など)について説明させていただきました。「入学後の頑張りしだいで成績は上下している。」「今やるべきことは何なのかもう一度よく考え,しっかりと西京の指導の流れに乗って,こつこつ努力を積み重ねることが大切」「主体的・計画的に力をつけてほしい」といったことをお話ししました。

 そして,学年主任の地蔵先生から,文理選択や選択科目登録に当たって注意していただきたい点などをお話ししました。

 続いて,生徒による海外FWについてのプレゼンテーションを行いました。模擬試験終了直後でしたが,各コース長から,「目的」や「意気込み」等を保護者の皆様に発表しました。パワーポイントを用いながら,どの生徒も持ち味・個性を生かした堂々たる語り口でした。
 各コース長は,次の通りです。 
  シンガポール 塩 原 あづさ さん(2組)
  マレーシア  森 脇 玲 奈 さん(7組)
  タイ     垣 内 し い さん(6組)
  ベトナム   別 井 大 樹 さん(1組)
  インドネシア 野 稲 大 樹 さん(3組)
  上海     粟 津 結 衣 さん(6組)
  グアム    浦 谷 なつき さん(2組)

 その後,教育推進部長の岩佐先生からFWの目的や今後の進め方,パスポート管理のお願いやアレルギー対応等について御説明し,FW付添団を御紹介しました。
 最後に,取扱旅行会社(日本旅行)からの保険等についての御紹介で説明会は終了いたしました。

 選択制海外FWの実施に当たり,関係機関と連携しつつ,今後とも各地域の情勢を引き続き注視しながら,慎重に準備を行ってまいります。保護者の皆様,今後とも生徒たちの準備活動を温かく見守っていただきますとともに,御協力よろしくお願い申し上げます。
 なお,最後に岩佐からもお話しいたしましたが,現地の情勢によってはやむなく中止することもあり得ますし,出発してからでも,場合によりましては行程の変更や活動内容の制限等を判断することも考えられます。繰り返しになりますが,リスクを見極めながら常に情報収集も行っておりますので,この点,お含みおき下さい。

 保護者の皆様,お忙しい中多数御出席賜り,誠に有り難うございました。

[写真]
 1枚目
  上段左 副校長挨拶
  上段右 進路部からの説明
  下段左 学年主任からの説明
  下段右 「シンガポール」コースプレゼン

 2枚目
  上段左 「マレーシア」コースプレゼン
  上段右 「タイ」コースプレゼン
  下段左 「ベトナム・カンボジア」コースプレゼン
  下段右 「インドネシア」コースプレゼン

 3枚目
  上段左 「上海」コースプレゼン
  上段右 「グアム」コースプレゼン
  下段左 FWについての説明
  下段右 付添団紹介

画像1
画像2
画像3

【情報科】1年生「プレゼン大会」を開催中です!

 情報科第1学年の「情報学基礎」(本年度からエンタープライジング科専門科目として設置している,本校独自の学校設定科目です。)では,夏休みから新聞記事を用いた探究活動を行ってきました。これは,マスメディアの発信する情報をうのみにせず,背景や一次情報(元となるデータ)を自ら調査・検証し,それらをもとに多角的な視点から考察してレポートにまとめる取組です。
 生徒たちは9月に個人レポートを完成させ,今月末からはレポートの内容をさらに発展させてグループで発表する「プレゼンテーション大会」を各クラスで実施しています(会場は大きなスクリーンのある7階大講義室です)。この活動を通じ,社会に溢れる様々な情報に対して多角的視点で主体的な考察を行い,その結果を相手に的確に伝えるといった「真の情報活用能力」を身につけていきます。

 10月28日(金)の1・2限には,トップバッターとして1年6組(前半)の発表が行われました。生徒たちはタブレットPC(本校生徒は,入学時に個人持ちタブレットPCを購入し,教室に張り巡らされた無線LAN環境のもと,授業等で活用しています)を用いて,班で綿密に準備してきたプレゼンテーションを堂々と行っていました。発表後の質疑応答では,聞き手の生徒たちや他教科の先生方からも発表内容に対する鋭い質問が飛び,議論がさらに深まった班もありました。
 発表が終わるごとに,生徒たちは各自のPCから「moodle」上の相互評価シートに評価(分かりやすかったか,テーマやメッセージは明確でまとまりがあったか,等)や感想を入力していました。集計結果が即座にわかりますので,この時間の終了時には前方のスクリーンに結果を映写しながら,本日の振り返りを行いました。

 このプレゼン大会は,来週以降も11月中旬まで続きます。スライドの文字の大きさや色遣いの工夫,話すスピードやアイコンタクト等の発表技術が重要なのは言うまでもありませんが,最も重要なのは発表内容です。十分に準備をして臨んでください。
 14期生の活躍に期待しています!

[写真]
 上段  発表の様子
 下段左 質疑応答の様子
 下段右 評価シート入力の様子

画像1

【SGH】エンタープライズIで夏課題発表会等を行いました!

 多彩な活動を行っています学校設定科目「エンタープライズI」。
 10月27日(木)6・7限は,1年生全員が次のような活動を行いました。


<6限>

 内進生・外進生で別プログラムを行いました。

 外進生は「アイディア企画演習」(STEP18)として,グループごとに「中間報告」の振り返りを行いました。クラス内から集まった評価シートに記された友人たちからの意見を分類・整理しながら,11月25日(木)に予定されています「発表リハーサル」に向けて,アイディアのブラッシュアップをしました。
 本日はこのプログラムを運営されています株式会社教育と探求社のコーディネーターや,ミッション提供企業6社のうち,富士通株式会社及び株式会社クレディセゾンからも御担当の方にお越しいただくことができ,生徒の活動状況視察や指導助言を行って下さいました。企業の方からは,「短い時間でしたが,生徒の皆さんの真剣な取り組み状況が理解でき,刺激的かつ有意義な時間を過ごせました。また,外からみた弊社のブランドイメージを理解することも出来ました。このプログラム(新規ビジネス創造プロセス)は我々企業でも実践しているプロセスと同じであり,若い時にこのような授業を体験できることは,必ず将来に役立つと思います。」との感想をいただきました。またこの中で,西京生のポテンシャルの高さについても御指摘がありました。
 生徒の皆さんは,原点に立ち戻って「ミッションの文言」をよく読み込んでその意図や狙いを深く理解したり,学校図書館やタブレット端末から得られる情報なども利用したりしながら,「提案」としてより良いスライド発表ができるようにまとめて下さい。
 お忙しい中本校までお越し下さり,誠に有り難うございました。

 内進生は,今回から4回シリーズで,大学・大学院につながる「研究」の初歩について生徒たちに考え触れてもらう取組が始まりました。
 今日は,本校教員によるプレゼンテーションです。情報科藤岡先生(情報学=理系代表)と地歴公民科小嶋先生(哲学=文系代表/博士後期課程在籍中)のお二人が,スライド資料を使いながら,高校・大学・大学院から現在に至るまでの研究履歴をお話し下さいました。
 ともに強調されていたのは,
 ・高校までの学習(与えられた,正解がある問いに取り組む)と,大学
  入学以降の研究(解のない問いを自ら立て,それを解明していく)に
  は質的な相違がある。
 ・皆さんは所属コース選択(いわゆる文理選択)を控えているが,いわ
  ゆる「文系・理系」といった枠組にとらわれることなく,さまざまな
  知の世界を縦横無尽にネットワーク化しながら学問・研究の奥深さ・
  面白さに浸り,新しい価値や見通しを切り拓いていってほしい。
・・・といった点です。
 そして,藤岡先生は「フォロワーシップの重要性」についても,YouTubeで有名な動画(海外のフェスティバルで一人の若者が突然踊り出したところ,しばらくして追随者が現れて踊り手が2人となり,それ以降見る見るうちに大きなムーブメントと化していく様を収めた約3分間の映像)を映示しながら話して下さいました。


<7限>夏課題発表会

 7限は,内進生・外進生ミックスで所属コースごとに分かれ,「海外フィールドワーク夏課題発表会」を行いました。
 先週のグループ内での発表会での反省点やさらに調べ深めた点を加味しながら,フィールドワーク委員の司会進行により,コースの全員に対して,「コース選択の動機」「主な疑問やそれに対する答え」等をグループごとに発表していきます。
 質疑応答の後,生徒たちは「振り返りシート」に「分かりやすく伝えることができたか」「どのような“学び”と“気付き”があったか」等,今後に向けての成果・収穫と反省点を記入していました。


 海外フィールドワークがより良いものとなるよう,仲間とともに調査研究を続けて目的を一層明確にし,最善の調査方法や行程を追い求めて下さい。
 ガンバレ 14期生!

[写真]
 1枚目 6限目(外進生)「アイディア企画演習」の様子
  上段 企業の方による視察・助言
  下段 グループ内での振り返りとブラッシュアップ

 2枚目 6限目(内進生)「教員によるプレゼンテーション」の様子
  上段 藤岡先生
     (右のスライド,読めますか?
      「If you can read this,・・・」が略してあります。)
  下段 小嶋先生
     (右のスライドは,本棚紹介の一コマです。
      フランス語文献・数学・若冲・哲学等,幅広いです。)

 3枚目 7限目 夏課題発表会の様子(内進・外進ミックス)

画像1
画像2
画像3

【海外FW】1年生海外フィールドワーク委員会を行いました!

 10月26日(水)昼休み12時45分から13時15分まで,海外フィールドワーク(以下,FWと略します)委員会を行いました。
 当初は総勢39名で発足した14期生のFW委員会も,コース決定に伴う再募集後の現在では54名となり,全体・コース別・部署別と目的や課題に応じて,昼休みや放課後に会議を重ねてきています。

 本日は,翌27日(木)に行うコース内での「夏課題発表会」に向けて全体での確認をまず行いました。そして,今後(年内)の流れや注意点の伝達も行い,その後,委員の生徒たちはコース別に集まって,進行方法等の最終確認をしていました。

 全体会終了後は,ミーティングを引き続き継続するグループがあったり,「広報」係会議を行ったりと分散会形式で準備を進めました。
 なお,コース長たちは,29日(土)の1年保護者説明会で行うコースごとのプレゼンテーションに向けて,担当の教員から注意すべきポイントを聞いていました。

 来年3月5日の出発まで,忙しい中工夫しながらグループやコース内での検討を深め,実り多いFWを創り上げていって下さい。ガンバレ,14期生!

画像1
画像2
画像3

【2年芸術(美術)】絵付けした抹茶碗の一部を,校長室前で展示しています!

 2年生の選択必修科目「芸術」で「美術I」を選択している生徒たちが絵付けしました抹茶碗の一部を,3階校長室前のショーケース(左側)で,今週の水曜日(10月26日)から展示中です。
 焼き上げて下さった窯元様が「面白い」とおっしゃって下さったものも多く,斬新なデザインの作品もあります。
 来週からの保護者担任個別懇談会にお越しの節には,お時間がございましたら是非御覧下さい!

※本校では,芸術科目は,選択必修科目(音楽・美術・書道から1科目を選択)として2単位時間を第2学年において設置しております。

[写真]
 1枚目   全体を写したもの
 2〜4枚目 部分を拡大したもの


画像1
画像2

大隅良典先生(ノーベル医学生理学賞)の講演会に本校生が参加しました!

 10月26日(水)16時から約2時間,京都産業大学神山ホール(京都市北区)にて大隅良典先生(東京工業大学栄誉教授)の講演会が行われ,本校1・2年生の希望者33名が参加しました。(全体の参加者は,ホールがほぼ満員となる約1,200名です。)

 これは,京都産業大学が本年4月1日に開設しましたタンパク質動態研究所の開設記念シンポジウム「タンパク質のゆりかごから墓場まで」の第2部(第1部は研究者のみ対象)として実施されたもので,大隅先生は同研究所の招聘教授に就任していらっしゃいます。

 講演会は,まず,「7人の侍」(大隅先生と研究分野や年齢が近く,飲み仲間でもある研究者を,藤木先生[九州大学特任教授]が日本映画「七人の侍」にちなんで名付けたそうです。)のうち,6人の方々のお話(・・・大隅教授との関わりや,研究以外に大事なこと等)から始まりました。ノーベル賞受賞決定後に全員が揃われたのはこれが初めてとのことで,それぞれ大変な業績を上げられていらっしゃる方が一堂に会した,まさに研究者垂涎の催しとなりました。

 その後は,待ちに待った大隅教授の講演です。「酵母のオートファジー,その機構と今後の課題」と題されたお話の中で,「(受賞が決まってから)この数週間はどうやって生きてきたのかと思うぐらいの環境の変化だった」と振り返りながら,オートファジー(自食作用)の仕組みを見つけた経緯や研究の現状を説明して下さいました。そして,研究で流行を追わない大切さを説明した上で,「大事な現象を自分で見つけてサイエンスを楽しんでほしい」と呼び掛けられました。

 講演の最後に先生が高校生に語られたメッセージを載せたいと思います。
 「私が思うこと,若者へのメッセージ」
  1.自分の興味,抱いた疑問を大切にしよう
  2.長い人類の歴史の中で考えよう
  3.はやりを追うことはやめよう
  4.競争だけが科学の本質ではない
  5.“役に立つ”とは何かを考えよう
  6.人と違うことを恐れずに,自分の道を見極めよう
  7.短期的だけではない,長い研究課題を育てよう
  8.自分の小さな発見を大事にしよう。論文やあふれる情報からでは
    なく,自然・現象から出発しよう
  9.自分の研究の理解者(ファン)を,できるだけ周りに作ろう

 参加した生徒の皆さんには,この経験を糧に,好奇心を向ける対象・間口を広くとるように心掛け,主体的かつ楽しみながら学びの世界を探検・開拓していってほしいと思います。

[参考1]大隅教授以外の“7人の侍”メンバー(敬称略・順不同) 
  永田和宏(京都産業大学タンパク質動態研究所所長・
       総合生命科学部生命システム学科教授)
  伊藤維昭(京都産業大学シニアリサーチフェロー)
  吉田賢右(京都産業大学シニアリサーチフェロー)
  三原勝芳(九州大学名誉教授)
  藤木幸夫(九州大学特任教授)
  田中啓二(東京都医学総合研究所所長・
       京都産業大学タンパク質動態研究所招聘教授)

[参考2]大隅先生が平成24年に京都賞を受賞なさった際にも,当時の
     本校1・2年生希望者24名が,御縁あって記念講演を聴講
     しています。
  期日:平成24年11月14日(水)14時から16時15分まで
  場所:京都大学芝蘭会館
  演題:「科学する心−発見の喜び−」
  対象:本校生を含む京都府内の高校生約230名
  備考:第28回京都賞(基礎科学部門)受賞を記念する青少年育成
     プログラム「生物特別講義」として実施されたもの。先生は,
     研究の信条として「流行を追わないこと」を挙げ,「人の
     やっていないことの方が新しいことを見つけやすい」とチャ
     レンジ精神の大切さを説かれました。講演後は,大隅先生を
     囲んで高校生代表との質疑応答が行われました。

[写真]
 左 講演会の案内フライヤー(部分)
 右 神山ホール前にて(参加生徒の一部です)
画像1画像2

「市立高校グロ−バルフェスタ2016」開催のお知らせ

 12月17日(土)13時から16時30分まで,「市立高校グローバルフェスタ2016」が,本校を会場に開催されます。
 このイベントは,京都市立中学校2年生を対象に,京都市立高等学校8校(京都工学院,西京,銅駝美術工芸,塔南,日吉ケ丘,堀川,紫野,京都堀川音楽)が,各高校の特色ある授業の一端を体験してもらうことで,高校における「学びの魅力」や,「高校でなぜ学び,何を学ぶのか」「将来,どんな生き方をするのか」を考える契機にしていただこうということで行っているものです。ぜひご参加ください。(京都堀川音楽高等学校は,ビデオによる学校紹介を行います。)


 詳細は,次のページ「市立高校グロ−バルフェスタ2016のご案内」または右下のバナーをクリックの上,御覧ください。

http://www.edu.city.kyoto.jp/hp/saikyo/gfesta/gfes.html.

[申込受付期間]
 11月22日(火)16時から11月29日(火)17時まで
 ※上記「市立高校グロ−バルフェスタ2016のご案内」から「申込フォームへ」にお進みいただき,必要事項を御記入ください。


【本校の体験授業の内容】
 西京高校は,「グループワークを通じてビジネスアイディアを作成しよう!」と題して,4〜5名の参加者でグループを組み,西京生とともにビジネスアイディアを提案します。ディスカッションを通じてアイディアを発想する楽しさを体験してみましょう。多数のお申し込みをお待ちしています!

【競技かるた部】京都府高等学校総合文化祭「小倉百人一首かるた部門」で入賞しました!

 10月9日(日)・10日(祝・月)の2日間にわたって御所西京都平安ホテル・3階大広間にて行われました第33回京都府高等学校総合文化祭(京総文)小倉百人一首かるた部門に,本校競技かるた部が出場しました。
 大会では参加者を競技かるた経験の度合いによりI〜IVの4ブロック(参加者の多いブロックは,その中で更に分割)に分けてリーグ戦を行い,ブロックごとに順位を決定します。本校からはC級とD級において,それぞれ優勝と準優勝の成績を収めることができました。
 競技の進行・審判に御協力下さいました「京都小倉かるた会」「京都大学かるた会」の皆様をはじめ,応援にお越し下さった皆様に厚く御礼を申し上げます。
 今回惜しくも入賞がかなわなかった生徒も含めて,部員一同さらなる技量向上を目指して今後も練習に励みます!

[主な結果]
 C級
  優勝  雨 宮   睦さん(1年)
  準優勝 奥 田 智 子さん(1年)
 D級
  Aリーグ  優勝  古 賀 拓 未さん(2年)
  Bリーグ  準優勝 竹 内 彩 夏さん(1年)


[写真]本校入賞者の集合写真


画像1

【卒業生の活躍】西村みらいさん(9期生)カヌー競技女子カヤックでインカレ4冠!

 本校エンタープライジング科第9期生の西村みらいさん(関西学院大学法学部3年生/高校時代は陸上競技部に所属し,棒高跳の選手として活躍)が,大学入学後から始めたカヌー競技でめきめきと頭角を現し,大学1年夏の大会(大学から始めた「ジュニア」と呼ばれる新人ばかりの大会です)で全国制覇を達成,競技歴わずか3年目となる今年,インカレ女子500メートルのタイトルを総なめにしました。
 今後は,女子チームのリーダーとして後輩の育成も行いながら,「東京オリンピック」を目指して,代表選考会に挑戦する予定とのことです。
 一層の活躍を期待しています!

[写真]
 一番下は「インカレMVP」表彰の様子です。


画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

卒業生のみなさんへ

進路結果

学校評価

保健室より

お知らせ

教育課程表

使用教科書一覧表

学校いじめ防止基本方針

スーパーグローバルハイスクール

京都市立西京高等学校
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:(全日制)075-841-0010
   (定時制)075-841-1240
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp