京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

【海外FW】上海コース その2(1日目続き)

 
 通信状況が悪く,上海コース1日目の写真の続きが先ほど送られてきました。

[写真]
 1枚目 リニアモーターカーの駅にて
 2枚目 夕食の様子(江南料理)

画像1
画像2

【海外FW】インドネシアコース その3(2日目続き)

 (承前)

 インドネシアコース2日目(3月6日[月])の写真の続きです。


[写真]

 3枚目 プナブル高校との交流(続き)
     回線接続試行の様子
  左  竹田校長とプナブル高校校長の挨拶
     (本校職員室にて)
  右  交流中の生徒と竹田校長

 4枚目 プナブル高校前で全員集合

 5枚目 夕食の様子(中華料理)

画像1
画像2
画像3

【海外FW】インドネシアコース その2(2日目)

 インドネシアコース2日目(3月6日[月])の様子です。

 2日目の朝は,雨の予報だったのですが,晴天のもとに迎えることができました。
 午前中はこれまで準備を続けてきた,モナス(独立記念塔)周辺の班別FWを行いました。交通量の多いところで車の種類・数等を観測する班や,キリスト教大聖堂で現地の方にインタビューする班など,それぞれの班が,物怖じせず,自分たちの立てたテーマについての調査にしっかりと取り組むことができました。集合場所が急遽変更になるということもありましたが,そこは西京生の培ってきた“場と状況の判断力”によって,難なく乗り越えることができました。全員怪我もなく,現地フィールドワークを終了しました。

 次にグランドインドネシアモールを訪れ,班ごとに好きな店に入り,昼食をとることとなりました。特に人気が高かったのは丸亀製麺です。日本と味がどのように違うのか興味がありましたが,ほぼ日本と同じ味だということが判明しました。

 午後からは,昨年度から交流しているプナブル高校へと向かい,学校交流が始まりました。
 講堂に迎え入れていただき,セレモニーが始まりました。プナブル高校の生徒による伝統舞踊の披露はとても迫力があり,感動しました。西京生によるプレゼンテーションでは,日本・京都そして西京高校について説明しました。お互いの学校紹介や記念品交換を通して,さらなる友情を確認しました。
 交流班が考えたゲームの最中にテレビ会議システムを通じて竹田校長が登場した瞬間,両校の生徒たちは一層盛り上がりました。
 グループごとに英語によるディスカッションも行いましたが,当初予定していた30分間ではがとても時間が足りず,生徒たちはもっと続けていたいようでした。
 交流会で打ち解けた後,生徒たちはプナブル生とともにセントラルパークモールに移動してB&Sを行い,さらに友情を深めることができました。
 プログラム終了後,生徒たちは再会を誓い,名残を惜しみながら学校を後にしました。

 本日の夕食は,中華料理です。とても食べやすく,すべてのグループでほぼ完食しました。
 昨日と違い,20時前にはホテルに入り,明日への鋭気を養います。
一日を通して,全員が元気に活動することができました。


[写真]
 1枚目
  左上 交通量の定点観測
  右上 モナス周辺でアンケート調査
  左下 グランドインドネシアモールにて
  右下 プナブル高校との交流(ウェルカムダンス)

 2枚目 プナブル高校との交流(続き)
  左上 生徒代表挨拶
  右上 記念品交換
  左下 本校生合唱(大地讃頌)
  右下 ディスカッションの様子

画像1
画像2

【海外FW】ベトナムコース その2(2日目)

 ベトナムコース2日目(3月6日[月])の様子です。

 ベトナムコースの2日目は,世界的に有名な「アンコール・ワット」での朝日観賞から始まりました。幸い天候にも恵まれ,朝霧のかかる神秘的な雰囲気の中,800年の歴史を感じながら皆で御来光を拝みました。
 午後からは,カンボジアの人身売買問題に立ち向かう「かものはしプロジェクト」の仕事現場を見学させていただきました。実際に同プロジェクトで働くカンボジア人女性のお宅にもお邪魔し,日本のような物質的豊かさは無いながらも,明るくたくましく生きる現地の方々のお話に,生徒たちはしみじみと聞き入っていました。また,夕食後にも日本人スタッフの方々のお話を伺うことができ,人との出会いを大切にしながら主体的に働き続けるお姿に皆感銘を受けていました。

 明日は再びアンコール遺跡を訪れた後にベトナムに移動します。東南アジアの暑さにも負けず,元気に行ってきます!

[写真]
 1・2枚目 アンコール・ワットでの朝日観賞の様子
 3枚目   カンボジア人の方の自宅訪問

画像1
画像2
画像3

【海外FW】タイコース その2(2日目)

 タイコース2日目(3月6日[月])の様子です。

 朝7時にホテルを出発し,バンコクから南西にあるダムナンサドゥアクの水上マーケットに向かいました。バスを降りた後,ロングテールボートに乗って20分ほど移動すると,水上マーケットに到着しました。水上マーケットでは班ことに手漕ぎボートに乗り,その様子や買い物などを楽しみました。

 昼食をとり,午後はバンコクから北にある世界遺産である古都アユタヤの遺跡に行きました。ここからはバス単位での行動となりました。ワットプラシーサンペットという遺跡では,それぞれのバスでの全員写真を撮りました。また,「象乗り体験」は希望制にしたのですが,全員が体験しました。

 本日も全員無事に活動を終え,ホテルに戻ってくることができました。
 ホテルでは,FWに向けた班別会議と,明後日のUDON高校との学校交流に向けての最終チェックを行いました。

[写真]
 1枚目 水上マーケットの様子
 2枚目 アユタヤでの集合写真(バス2班)
 3枚目 アユタヤでの集合写真(バス1班)

画像1
画像2
画像3

【海外FW】マレーシアコース その2(2日目)

 マレーシアコース2日目(3月6日[月])の様子です。

 暑いですが,全員元気です。一昨日の今日の予報は嵐!。昨日の予報は午前曇り,午後雨(一部雷雨)という心配される天気の中,予定より1時間遅く出発しました。(昨日深夜に到着したため,睡眠時間確保の観点から起床など朝の予定を1時間遅らせました。)

 今日は,まずキナバル国立公園で植物園の見学とトレッキングで,マレーシアの植物について学びました。予報に反し天候にも恵まれ,道中,東南アジア最高峰のキナバル山の展望が良い場所で,念願の集合写真を撮影することができました。
 その後,キナバル国立公園内にあるキャノピーウォーク(吊り橋)やポーリン温泉を訪問しました。急な山道を登り,リニューアルされた5本の吊り橋(地上30m)を渡ってきました。そして,疲れた足を足湯で癒しました。
 さらに,自生するラフレシアの見学にも行きました。見学料は1人30リンギット(1マレーシアリンギットは約26円)ですが,見事な花を見ることができました。
 この後,夕食と古典舞踊鑑賞の後,昨日と同じくグランドボルネオホテルに宿泊です。

 明日は飛行機でクアラルンプールへ移動し,バンフリス村でのカンポンステイに臨みます。(“カンポン”とはマレー語で「田舎」を意味しており,農園が広がる田舎の村に滞在しながら現地の人々との交流を行う,短期ホームステイプログラムのことです。)

[写真]
 上 キナバル山をバックに記念撮影
 中左 トレッキングの様子  右 キャノピーウォークの様子
 下左 ポーリン温泉の様子  右 ラフレシア見学の様子

画像1

【海外FW】シンガポールコース その2(2日目)

 シンガポールコース2日目(3月6日[月])の様子です。
 
 第2日目は,午前に学校交流,午後にはB&Sプログラムを行い,夜はレーザーショーを見学しました。

 午前中の学校交流では,ニー・アン・ポリテクニックの生徒たちとプレゼント交換をしたり,相互にプレゼンテーションやパフォーマンスを行ったりしました。また各グループに分かれてのグループディスカッションを楽しんだ後,連れ立って校内の散策にも出かけました。

 午後からは現地の大学生とB&Sプログラムで名所を巡りました。途中,突然のスコールに見舞われましたが,無事に全員ホテルまで帰って来ることができました。

 天候が心配でしたが,夜のマリーナ・ベイ・サンズでのレーザーショーは,雨も上がり,しっかりと見学できました。

 2日目を終えて,少しずつ海外の空気に慣れ始めてきたのか,積極的に活動する姿がよく見受けられます。

 3日目以降もイベントが目白押しですが,最良の活動にしたいと思います。

[注]B&Sプログラムとは:
 Brothers & Sisters programの略で,現地の学生と一緒に行う班別研修プラグラムのことです。英語を共通言語とし,基本的に本校生が事前準備で立案したポイントを巡りますが,使う交通機関やルート,関連する事柄もアドバイスしてをいただくなど,地元の方ならではの視点でフィールドワークをサポートして下さっています。


[写真]
 ニー・アン・ポリテクニックでの集合写真

画像1

【海外FW】上海コース その1(1日目)

画像1
 ※通信状態が思わしくなく,つい先ほど着信しました。
 
 上海コース(生徒27名・教員2名)は,3月5日(日),定刻通り上海浦東空港に到着しました。
 空港到着後,リニアモーターカーに乗車しました。節電のため速度を抑えていたため,時速430kmは残念ながら体験することができませんでした。(それでも,スピードメーターは時速301kmを表示していました。)
 宿舎の銘徳大酒店は上質な良いホテルで,長い一日の疲れを癒してくれました。

[写真]リニアモーターカー

【海外FW】グアムコース その1(1日目)

 今年は早朝の出発となったグアムコース(生徒16名,教員2名)も,予定通り元気に到着しました。ところがグアム空港での入国審査に1時間半もかかってしまい(到着便が一時に集中したようです),当初予定していたアウトレットでのインタビュー活動は後日に回して,明日からの語学研修に備えることとなりました。
 夕飯は,world caféでビーチを眺めながら各国料理のビュッフェを存分に楽しみました。
 しっかりミーティングをした後,旅の疲れを取るべく,今日は早めに就寝します。

[写真]
 1枚目 関空到着
 2枚目 world caféでの夕食
 3枚目(上下とも) world caféのビーチにて
     

画像1
画像2
画像3

【海外FW】インドネシアコース その1(1日目)

 インドネシアコース(生徒35名,教員3名)は,3月5日(日),無事ジャカルタ(スカルノハッタ)国際空港に到着しました。全員元気です。
 ジャカルタは,気温31度で,天候は曇り。日本と違って蒸し暑いです。今日の夕食はインドネシア料理です。とてもスパイシーで,初めての味に皆感動していました。
 現地時間21時30分,ボロブドゥールホテルに入りました。素敵なホテルに,皆驚いています。今夜はゆっくり休んでしっかりと英気を養い,明日からの行程に備えます。

 明日は,モナス周辺でのFWと,交流校であるプナブル高校へ行きます。

[写真]
 1枚目 ジャカルタの空港に到着
 2枚目 移動中のバスにて
 3枚目 夕食会場にて

画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

卒業生のみなさんへ

進路結果

学校評価

保健室より

お知らせ

教育課程表

使用教科書一覧表

学校いじめ防止基本方針

スーパーグローバルハイスクール

京都市立西京高等学校
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:(全日制)075-841-0010
   (定時制)075-841-1240
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp