京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/03/23
本日:count up25
昨日:653
総数:1631982
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

海外FW ベトナム・カンボジアコース2日目

【海外FW】ベトナム・カンボジアコース 2日目
 
 ベトナム・カンボジアコース2日目の午前中は,女性への支援を中心に貧困の問題に対して取り組む「サラスースー(旧・かものはしプロジェクト)」についてお話を聞き,工房の見学やカンボジアの民家の見学に行きました。発展途上地域の生活の現状など,日本との違いに多くの生徒が衝撃を受け,さまざまなことを学び,考えさせられたようです。
 
 午後からは,アンコールトムやタプロム,アンコールクッキー店へ行きました。日本では見られない雄大な宗教建築に圧倒されていました。
 
 炎天下での活動ではありましたが,有意義な時間を過ごすことができ,また夕食ではディナーショーで現地のダンスなどの文化も楽しむことができました。
 
 明日はアンコールワットでの朝日鑑賞の後,ベトナムへと移動します。

[写真]
1枚目 サラスースーでの民家見学
2枚目 アンコールトムにて
3枚目 ディナーショーで文化を体感

画像1
画像2
画像3

海外FW タイコース2日目

【海外FW】 タイコース 「2日目の様子」
 
 午前中は朝6:45バスで「ダムナンサドゥアク水上マーケット」へ出発。かつてバンコクは,水上交通が盛んな都市でした。小舟に商品を乗せて売り渡るという水上マーケットのスタイルは,30年以上前のバンコクでは日常の風景だったそうです。現在では昔のようなにぎやかな水上マーケットの姿を見ることはなくなりましたが,国がタイの文化的な財産として残すため,水上マーケットを観光用に保存し運営しているそうです。まずは手漕ぎボートで売り子さんと値段交渉などコミュニケーションをとり,買い物などを楽しみました。その後、7〜8名ずつボートに乗り込み,ボートから水路やそこからみた人々の様子を見学します。エンジン付きのボートは大きく揺れながら勢いよく水路を進み、生徒たちは歓声をあげ楽しんでいました。

 午後からはアユタヤです。アユタヤ王朝が開かれたのは1350年。1767年にビルマ軍に占領され王朝は終わりを告げたのですが,巨大な仏像や広大な王宮跡などから当時の栄華が感じられました。生徒たちはガイドさんの説明に熱心に耳を傾け,その繁栄から衰退への歴史を感じていました。遺跡見学後には全員,短時間象乗り体験をしました。
 
 ホテルに帰ってからは,明日の学校交流に向けて,綿密なリハーサルを行いました。みんな元気に,積極的に活動しています。

○写真1
 水上マーケットにて

○写真2
 アユタヤでの集合写真

○写真3
 ホテルでのリハーサルの様子
画像1
画像2
画像3

海外FW マレーシアコース2日目

南国特有の蒸し暑い天気ですが、全員元気です。

 今日は予定通りに出発し、まずナバル村へ向かい、東南アジア最高峰のキナバル山の展望が良い場所で、迫力のあるキナバル山を背景に集合写真を撮影することができました。自生するラフレシアの見学にも行き,見学料を一人当たり30リンギット支払い(1マレーシアリンギットは約30円)、直径80cmはあろうかという非常に大きなラフレシアの花を見ることができ、生徒たちも嬉しそうでした。

その後、キナバル国立公園内にあるキャノピーウォーク(吊り橋)やポーリン温泉を訪問しました。急な山道を登り、歩くたびにギシギシと音を立てて揺れる4本の吊り橋(地上30m)を渡り、疲れた足を足湯で癒しました。

昼食後はキナバル国立公園でトレッキングです。多様な植物を間近で観察しながら、ガイドさんの解説に皆真剣に耳を傾けていました。

今年度はこの後にリバークルーズとホタル鑑賞の活動があり、水上をボートで移動しながら、ボルネオ島の素晴らしい自然を全身で感じました。リバークルーズではテングザル、カニクイザル、オオトカゲなどボルネオ島特有の動物を運良く眺めることができました。ホタル鑑賞では星空の下、多くのホタルを間近で見ることができ、その圧倒的な美しさに生徒たちからも歓声が上がっていました。

1日を通して様々な活動があり、天候にも恵まれ、非常に充実した1日を終えて、生徒たちは嬉しそうに思い出を語りながらホテルの部屋へ戻って行きました。

 明日は飛行機でクアラルンプールへ移動し,バンフリス村でのカンポンステイに臨みます。(“カンポン”とはマレー語で「田舎」を意味しており,カンポンステイとは農園が広がる田舎の村に滞在しながら、現地の人々との交流を行う短期ホームステイプログラムのことです。)

[写真]
1. キナバル山をバックに記念撮影
2. キャノピーウォーク(吊り橋)の様子
3. リバークルーズの様子



画像1
画像2
画像3

海外FW シンガポールコース2日目

シンガポールコース2日目(3月4日[月])の様子です。
 
 第2日目は,午前に学校交流,午後にはB&Sプログラムを行い,夜はナイトサファリに行きました。

 午前中の学校交流では,ニー・アン・ポリテクニックの生徒たちとプレゼント交換をしたり,相互にプレゼンテーションやパフォーマンスを行ったりしました。また各グループに分かれて日本の文化体験を楽しんだ後,連れ立って校内の散策にも出かけました。
昨年度同様、日本文化に精通したニー・アン・ポリテクニックの生徒のとても友好的な歓迎に、生徒達は緊張しながらも、積極的に交流を図っており、少したくましく思えました。

 午後からは現地の大学生とB&Sプログラムで名所を巡りました。最高気温は35度まで上がり、非常に暑い中ではありましたが、生徒達は各自で水分補給をしながら、シンガポールを自分の足で歩き回って、文化体験をしていました。

 夕方のスコールで少し心配しましたが、夜にはすっかり晴れてナイトサファリも楽しく終えることが出来ました。今年も動物達を近くで観賞でき、普段見れない生物達との遭遇に、生徒達は心を躍らせていました。また、トラムカーで流れてくる解説を聞きながら、保護動物の不法狩猟や乱獲に対しても、思考を巡らせることが出来ました。

 2日目を終えて,少しずつ海外の空気に慣れ始めてきたのか,積極的に活動する姿がよく見受けられます。

 3日目以降もイベントが目白押しですが,最良の活動にしたいと思います。

(写真)
1枚目 ニー・アン・ポリテクニックでの集合写真

2枚目 B&Sで案内してくださった大学生と一緒に

3枚目 ナイトサファリ・ウルウルレストランでの夕食





画像1
画像2
画像3

海外FW グアムコース2日目

3月4日(月)グアムコース2日目です。

 今朝は寝坊や体調不良者もおらず、元気にロビーに姿を見せてくれました。いかにも南国!というパステルブルーの晴天にも恵まれた中、無事グアム大学に到着しました。まずはお互いの自己紹介と、キャンパスツアーからスタートです。初めは緊張のためか静かな面々でしたが、先生が緊張をほぐすように和やかな雰囲気で進めてくださり、様々なactivityをはさみながら進んだこともあり、最後には明るく元気にsee you tomorrow!と挨拶して先生とお別れしました。
 語学研修の後はKマートに移動し明日以降に必要なものの買い物をしました。大きなお店に見慣れない商品と、勝手の違いに戸惑いながらも、みんなで相談し、助け合いながら思い通りのものが購入できたようです。
 夕食はTGI Friday‛sで取りました。食べたい物の注文も、支払いも生徒だけで行いました。店員さんにサイズや味を聞いたり、追加の食器を頼んだりと、初めての経験にもかかわらず物怖じせずに行った生徒たちの成長を頼もしく感じます。
 明日は語学研修2日目です。疲れが残らないようにやるべきことを行い、早めに就寝します。

写真1 グアム大学にてキャンパスツアー
写真2 グアム大学授業風景
写真3 TGI Friday‛sにて2日目集合写真
画像1
画像2
画像3

海外FW 上海コース2日目

【海外FW】上海コース その2(2日目)
 上海コース2日目(3月4日[月])の様子です。
 気温も高く,良い天気の中,日中両国の国旗が多数飾られた上海市実験学校を訪れ,高校1年の生徒さん達と交流を行いました。この学校は上海市直轄で,中国でも最高レベルの小中高一貫校です。新学期は9月に始まり,卒業月は6月です。しかも12年の履修内容を10年で実施します(中3,高3の2年を「飛び級」で修了)。中国国内のみならず,広く世界を見据えた教育を行っています。
 全体会の座席は日中生徒が隣り合って座る,まさに「マンツーマン交流」です。実験学校の生徒さんによる素晴らしい発表に続き,本校もFW委員3名による(これも素晴らしい)発表を行いました。
 続いて実験学校の校長先生の挨拶では,教育に国家や市がたくさんの投資(お金だけの意味ではありません)をすることの重要さを,丁寧な言葉で,しかし「熱く」語って下さいました。本校の団長も中国語を交えた英語で「今日は一緒に時間一杯まで楽しみましょう!」と挨拶しました。
 ギフト交換の後,書道の著名な先生による特別授業(50分)を日中ペアで受講しました【写真1】。その後の班別交流では,実験学校の生徒さんのガイドによる(日本のカレッジ並み,いや,それ以上?)の施設見学です。実験学校の特徴ある教育内容や日本の高校では考えられない設備(例えば同時通訳可能な国際会議室),実践,成果などの説明に,生徒達は大きな驚きと,刺激を受けたと話していました。最後の記念撮影も日中混席です【写真2】。
 なお,全体会で司会をして下さった2名の生徒さんのうち,湯さん(高校2年)は,5月のAES会議で京都・西京高を訪れて下さるそうで,本校のAES担当生徒と話をする機会も持てました。
 昼食後は蘇州を訪問しました。思わぬ交通渋滞のため多くの時間は割けませんでしたが,世界遺産の拙政園や虎丘【写真3】を見学し,中国の歴史の深さに思いを馳せました。
 この日も食事は素晴らしく,ホテルの朝のバイキングが,中華・洋食からいろいろ選べるもので大満足でした(5連泊のうち4日間,このバイキングを利用します)。
 昼食は江南料理のフルコース,夕食は上海料理のフルコースでした。中華料理が続きますが,各店,メニューや味付け,料理法などが様々で,違いがわかります。
 生徒は疲れも見せず,全員とても元気に活動(食事?)しています。明日は午前,午後とも企業を訪問し,夜は外灘(バンド)に立ち寄ります。
■明日の予定変更■
 明日の午後視察予定だった「上海ヤクルト」が,操業ライン(=見学ライン)の急なトラブルで視察不可になりました。「海外FWでは予定通り進むことは希で,何かが起きる」と言われますが,急いで代わりを探して頂き,急遽,上海で最も有名な乳製品メーカーである「光明乳業」にお邪魔することになりました。急な変更のため事前学習はできませんが,同じ乳製品つながりで楽しみです。

(写真1)交流校での書道特別授業
(写真2)日中友好の全体記念写真
(写真3)虎丘での全体写真

画像1
画像2
画像3

海外FW インドネシアコース2日目 その3

インドネシアコース [2日目] その3

 コース3は08:00にホテルを出てモンキーフォレストに向かいました。生徒たちは猿の写真を撮ったりしながら楽しんでいました。次にゴアガジャチームとウブドチームに分かれてそれぞれのエリアを散策しました。ウブド市場では初めての値引きに皆興奮していました。昼食後,レストランのすぐ近くにあるマス村へ移動し,文化体験をしました。
 民族舞踊体験,木彫りという2つの文化体験を通して,バリの文化に少し触れることができました。地元の小学生が先生となって舞踊や木彫りを教えてくれました。地元の方がとのふれあいを通して日本とは違う文化を十分に堪能しました。
 本日最後の予定は3コースが合流し、ケチャダンス見学。迫力あるダンスは見るものを魅了しました。今日の食事は、昼食はウェスタンスタイル、夕食はインドネシア料理のナシゴレンです。美味しく頂き、お腹いっぱいです。
 明日は、ジャカルタに移動します。だんだんと団としてのまとまりが出てきました。今後の活動が楽しみです。

写真1 ウブド王宮での集合写真

写真2 ケチャダンスの写真

写真3 夕食会場にて

画像1
画像2
画像3

海外FW インドネシアコース2日目 その2

インドネシアコース [2日目] その2

 コース2はホテルを8:00に出発して,まず,デンパサールのクレネン市場へ向かいました。狭い空間の中に数多くの商品を陳列している屋台が多く,地元の人々の活気溢れる場所でした。雰囲気に圧倒されつつもアジアンマーケットを興味深く探索しました。
次にマス村へ移動し,文化体験をしました。民族舞踊体験,木彫りという2つの文化体験を通して,バリの文化に少し触れることができました。地元の小学生や先生に木彫りや舞踊を教えていただき,地元の方々とのふれあいを通して日本とは違う文化を十分に堪能しました。
 昼食後,ウブドにて今回一つ目の班別FWを実施しました。スコールに見舞われながらも,それぞれの班で設定したコースでウブド市場やモンキーフォレストなどを巡り,大変充実したウブドFWとなりました。

写真1 クレネン市場にて

写真2 バトゥアン寺院にて

写真3 マス村にて

画像1
画像2
画像3

海外FW インドネシアコース2日目 その1

インドネシアコース [2日目] その1
 
 本日は,バイキング形式の朝食を食べて、8:00にホテルを出ました。一部体調を崩しそうな生徒もいますが皆元気です。
 コース1は,8:00にホテルを出発してクタビーチへ向かいました。インドネシアでも有数のサーフィングスポットです。次に,クタエリア散策。突如気温が上がり,猛烈な暑さがやってきます。少しだけ街を歩き,モールに立ち寄った後に,近くの地元スーパーに立ち寄りました。味覚の日尼比較調査をしている班が実験用の調味料を数個購入。ジャカルタの学校訪問の際に試してもらいます。
昼食後は,初訪問となるゴアガジャという寺院での調査にも果敢に挑戦しました。その後も別の寺院に立ち寄る予定でしたが,交通渋滞の関係で急遽ウブドFWに変更。急な変更となりましたが,生徒たちは柔軟に対応し,充実したFWになりました。さすがです。

写真1 クタビーチにて

写真2 地元のスーパーマーケットにて

写真3 モンキーフォレストにて

画像1
画像2
画像3

海外FW グアムコース1日目

グアムコース1日目です。

 誰も遅刻することなく幸先の良いスタートを切ることができました。空港では緊張している姿も見られ、点呼もたどたどしい状態でしたが無事グアムに到着することができました。
 現地についてからは徐々に慣れてきたのか、次第に明るい表情も見られるようになってきました。JPスーパーストアとABCSTOREでは各自ショッピングを楽しんでいました。
 夕食はハードロックカフェでとりました。料理のアメリカンなボリュームに圧倒された女子もいたようです。また、夕食中に始まったダンスショーでは全員がステージに上がり、店員さんや他の客と一緒にダンスを楽しみました。
 明日は朝からグアム大学での初授業です。各自のモチベーションも上がってきたようで、みんなしっかり力が付くように頑張ってくれることを期待しています。

写真1枚目 関西国際空港で集合写真
  2枚目 夕暮れのグアムを散策
  3枚目 夕食時の集合写真
画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
全日制
3/6 定時制中期選抜
3/7 2年学年末考査
3/8 2年学年末考査
3/11 2年学年末考査

卒業生のみなさんへ

学校評価

保健室より

お知らせ

教員公募制募集要項

教育課程表

使用教科書一覧表

学校いじめ防止基本方針

スーパーグローバルハイスクール

京都市立西京高等学校(全日制)
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:075-841-0010
FAX:075-822-5702
E-mail: saikyo@edu.city.kyoto.jp