京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

1年生クラスで抹茶椀の絵付け体験特別講座を行いました。!

 7月24日(火)26日(木),夏季学習講座の1時間(80分間)を利用して,2階美術室において,1年生クラスで抹茶椀の絵付け体験特別講座を行いました。
 未来社会を創造するグローバルリーダーシップを育成する本校エンタープライジング科では,平成15年の開設以来,本校における海外の学校との交流等において「茶道体験」を取り入れる等,日本のおもてなしの心を大切にしています。また,今年度からは「生け花体験」も実施しています。

 京都市教育委員会の「茶道を中心としたおもてなし事業」を活用して,1年生全員が秋以降の「家庭基礎」の授業において,「茶道実習」行います。本校ではこの機会を積極的にとらえ,より効果的に茶道実習の取組が実施できるよう,これに先立って1年生生徒全員に「抹茶碗の絵付け体験特別講座」を企画しました。 この企画の実施に当たり,陶工房 天風の天野明美先生に物心両面での手厚いお力添えをいただいくことができました。

 お持ち下さった茶碗は,京焼の職人さんが一つ一つ手作りしてくださったものです。
 その茶碗に,生徒各自が事前にデザインした図案を80分間という限られた時間の中で絵付けを行うわけですが,「作り手の思い」「作品や人となり」「京都の焼き物の素晴らしさや伝統の尊さ」等を肌で感じながら,また直接先生から筆使いや文様のもつ意味について教えていただく等,大変貴重な機会となりました。

 窯元様で焼き上げていただいて世界に一つの“マイ茶碗”を制作し,これを用いて,秋以降の授業で「茶道実習」に臨みます。
 また授業後も手元に置いて家庭で使うことで,京都が誇る「陶芸」・「茶道」に日常的に親しむことより,生徒たちに日本文化・京都の文化の担い手・発信者となってもらえればと考えています。まずは今回の経験を,日本文化についての理解を一層深める糸口にしていただけますと幸いです。
 3月に行う海外フィールドワークや短期・長期の留学等の機会においても,ぜひ活用して下さい。

 お忙しい中御出講下さいました天野先生に厚く御礼を申し上げます。誠に有り難うございました!

(参考)秋以降に行う「茶道実習」について
  ・実施日:9月上旬及び1月下旬の予定。
       (クラスにより異なります。)
  ・内 容:DVD等を利用してお茶ができるまでとお茶やお菓子のい
       ただき方を学習した後,班ごとに簡単な和菓子をつくり,
       生徒がそれぞれ点てたお茶とともにいただく。
    ※この際,学校の抹茶椀を使うのではなく,自分で絵付けをした
     自分の茶碗で茶を点てます。


画像1
画像2

校長室訪問 新体操競技 2年生木本さん 京都府第3位入賞 近畿大会出場を報告!

 西京には,体操部を設置していませんが,幼少のころから新体操をはじめ,高校入学後もクラブチームで活動しているのが木本和沙さんです。2年生ながら京都府で3位に入賞し近畿大会へ出場しました。日々の学習は大変ですが,毎日新体操の練習を欠かさず行い,まさに「文武両道」です。
 校長先生との対談の中で,新体操競技の技の話や将来の目標をお話したりと多岐にわたるお話をしていただきました。競技と勉強の両立は本当に大変ですが,頑張ってください。ご活躍を期待しています。

写真 上 竹田校長と木本さん
   下 競技中の木本さん(本人より提供)

画像1
画像2

GL研修Day4 7/25 イギリス文化体験。研修満喫中です。

 7月25日は授業2日目でした。初日の昨日,授業中に発言出来なかった生徒も,今日は昨日の反省を踏まえて積極的に意見を言ったり,分からない時は分からないと周りに伝えたりしてコミュニケーションを図ったようです。間違いを恐れて発言しないのはもったいないと振り返る生徒もいました。
 午後はイギリス文化体験で,ケーキデコレーションを行いました。初めに紙に下書きし,そのデザインをカップケーキに再現しました。
 夜のアクティビティはMovie Nightで,5つの映画から好きなものを選び,それぞれ鑑賞しました。当然字幕無しの映画ですが,だいたい分かったと嬉しそうにしていました。

写真上 デコレーションしたケーキ
写真下 ケーキデコレーションの様子

画像1
画像2

GL研修Day3 7/24 いよいよ授業開始!

 各クラスに分かれて本格的に授業が始まりました。昨日のプレイスメントテストの結果をもとに分けたクラスです。朝から生徒はソワソワ落ち着かず,発表を今か今かと待っていました。
 English Lessonsでは9つのクラスに分かれました。1クラスあたり12人前後で,イタリア人やフランス人,中国人などの多国籍のクラスメートと一緒に英語を学びます。初日からヨーロッパ出身の生徒の英語に圧倒され,自分の意見が言えなかったり,ディスカッションについていけなかったりと,悔しい思いをしたようです。そんな悔しさや焦りは,きっと日本にいれば味わうことがなかったでしょう。その状況を変えるために次はどうすべきか,生徒は互いに話し合い,明日に向けて準備をしていました。
 午後にはGlobal Leaders Lessonsがあり,そちらは5つのクラスに分かれました。プレゼンテーションの仕方を学ぶクラス,企業経営について学ぶクラス,国際問題について学ぶクラスと,それぞれ難しいテーマに取り組んでいました。
 夜は,寮主催のアクティビティがあり,ケンブリッジ名物のパンティングを行いました。イギリスの夜は8時を過ぎてもまだまだ明るく,川の上は気持ち良かったです。

写真上 クラス発表の様子
写真下 パンティングの舟乗り場の前にて

画像1
画像2

GL研修Day2 7/23 ケンブリッジ市外散策!

 朝から現地サポートスタッフと共に学校へ向かいました。寮からは5分程度の所です。朝ご飯を一緒に食べ,クラス分けテストに挑みました。発音・文法・読解に加え,スピーキングテストも行われました。
 午後からは,Global Lessonの第1回目がありました。複数のグループに分かれて現地サポートスタッフの先導についてケンブリッジの市街地まで歩いて行きました。美しい街並みに感動していたようです。「写真に撮りきれへん!」とか「電池がなくなってきた…」など言いながら歴史ある建造物を写真に残そうと苦労していました。と言いながら後半に取った自由時間では,関心事は主に買い物に…。色々な経験ができたようです。
 夕食後は,Evening Activityに参加しました。“Disco Night”ということで,他国からの学生と共に市街地のダンスホールでダンスを楽しみました。たくさん踊れた生徒も,恥ずかしくて控えめにしか参加できなかった生徒も,それぞれがこの経験から何かを感じ,学んだようです。明日から本格的に授業が始まります。楽しみながらいろいろなことにチャレンジしてくれたらと思います。

写真 ケンブリッジ市街地散策にて

画像1
画像2

GL研修Day1 7/22(日)ケンブリッジ無事に到着!

現地から報告がありました!お届けします。

 飛行機内では,映画を見たり,休息をとったりして過ごしました。長時間のフライトですが,各自,何とか快適に過ごせるように工夫をしていたようです。
 スキポール空港(アムステルダム)では,乗り継ぎの手続きがありました。日本出国時とは違い,英語で対応しなければなりません。空港スタッフの指示を注意深く聞き,また周りの様子を見ながらスムーズにできたように思います。乗り継ぎ手続きの後,空港内で少し自由時間を取りました。やっと自由に動けるようになったので,少しはゆっくりできたのではないでしょうか。
 1時間半ほどのフライトの後,やっとヒースロー空港に到着したころには,みな疲れ果てていました。ケンブリッジまで移動するバスの車内ではほとんどが寝ていました。本当に長い移動時間だったのですが,みなよく頑張ったと思います。
 現地到着後は,すぐに学校スタッフに寮へ案内され,こちらでの生活に関する説明を受けた後,部屋の鍵をもらい,自室へとそれぞれ移動しました。スーツケースを開ける元気もなく,久しぶりのベッドですぐに寝たという生徒もいました。みんな本当にお疲れさまです。明日は,午前中にクラス分けテストを受けた後,いよいよ講義,研修が始まります。体調には留意して精いっぱい頑張ってほしいと思います。

写真上 スキポール空港にて
写真下 ケンブリッジ市街地散策

画像1
画像2

「医学部医学科ガイダンス」が行われました。

画像1
 7月25日(水)夏季学習講座終了後15:30より「医学部医学科ガイダンス」が行われました。
 講師として,8期生の高山昌和さん,11期生の福岡七海さん,12期生の北本佳誉さんたち卒業生3名を迎えてお話をしていただきました。このガイダンスには高校1年生,高校2年生の計20名が参加し,卒業生たちの語る,医学部医学科を志望するにあたっての心構えや勉強や部活などの高校生活について熱心に聞いていました。
 具体的なテーマとしては「医学科の志望理由」「大学(総合大学・単科大学の別含む)の志望理由」「高校と大学の違い」「高校生のうちにやっておいた方がよいこと」「高校時代の具体的な学習量や学習時間,部活動や行事とのバランス」についてお話しいただきました。
 卒業生たちは,大学で求められる高い専門性,それを達成するための自立した学習姿勢,それを養うための今の高校での勉強や取り組むべき一つ一つの行事を大切に計画的にこなす重要性,など具体的な体験談を交えてわかりやすく伝えてくださいました。
 その後,生徒どうしの振り返りの時間を設けました。そこで生徒たちは,卒業生たちの言葉の重みや,自分たちの現状などを話し合い,これからの高校生活を考えるきっかけとしていたようでした。
 最後に,1,2年生の学年主任が総括として生徒たちに向けて,医学部医学科をめざす大変さ,それを分かったうえで今何をすべきか考えるきっかけとしてほしいと話されていました。
 このガイダンスが一つのきっかけとなり,進路決定の一助になればと思います。

陸上競技部 2018彩る感動 東海総体へ!壮行会が行われました。

 先月14日(木)〜17日(日)の4日間,滋賀県大津山市 皇子山総合運動公園陸上競技場にて行われました近畿IHで,本校から4種目,のべ9名の選手が全国IHへの切符を手にしました。
 今年度の全国IHは,8月2日から三重県伊勢市三重交通G スポーツの杜 伊勢にて8月2日〜6日の5日間にわたって開催されます。
 これにあたり,7月24日(火)にセミナーハウスにて壮行会を行いました。全国IHに出場する選手たちは,惜しくも全国大会への切符を手に入れることのできなかった仲間の想いも背負い,今まで指導にあたってくださった先生方,様々な面でサポートしてくださった方々に,結果でご恩返しが出来るよう,全力を尽くすと決意表明しました。
 また,先輩やお世話になった方からのメッセージビデオが届き,より一層心を一つにすることができました。
 全国IHでは,選手,応援・サポートのメンバーともに団結し,チーム一丸となって頑張ってくれることを期待しています。
 ご声援のほど,どうぞよろしくお願いいたします。
画像1

校長室訪問 高校生徒自治会長,中学生徒会長と大いに語る!

画像1
 夏季休業中の夏季学習講座・夏季進学補習は予定通り行われております。一方,生徒自治会は,勉強の合間を上手に利用し西京祭の準備で忙しく活動しています。そんな折,中学生徒会会長,高校生徒自治会長が校長室を訪れ,竹田校長と西京祭に向けて対談を行いました。
 文化祭の思い出について竹田校長は「小学生のころ,一言だけセリフのある役をいただき劇に出演したが,そのセリフがうまく言えず,いまだにその時の様子が夢に出てきます。」とお話しいただきました。
 今年のスローガンは「西京祭楽しみ方改革」です。自分たちが能動的で主体的に参加し,中高が一体となって西京祭を作り上げていくことを期待しています。
 また,この対談の様子は生徒自治会からお知らせされます。

3年生チャレンジ合宿スタート!

 男子10名,女子22名の合計32名による合宿が本校セミナーハウスでスタートしました!このチャレンジ合宿は,毎年3年生夏季進学補習の時期に3泊4日で行っており,特に通学時間の長い生徒がこの合宿に多く参加しており,夏の学習を効果的に進めていきます。
 開校式では竹田校長,大塩進路指導部長,地蔵学年主任から「ここに参加した諸君は『受験の夏に向け,もっと頑張りたい』という意思を持って参加してくれたと思う。3泊4日,みっちりと,精一杯勉強し,合宿が終わった後の主体的な学習にさらに精力的に取り組むための原動力を養って欲しい。我々もしっかりと,皆さんの側についています。」と激励の言葉がありました。
 続いて生徒リーダーの由良健人くんが「ここで養った経験を夏,秋,そして本番に向けての学習に繋げていけるよう,精一杯頑張りましょう」と挨拶し,思い思いのスタイルで学習を開始しました。
 夜12時前までの長時間の学習でしたが,居眠りやスマホいじりをする生徒は誰もおらず,ピンと張りつめた緊張感を持ってお互いに高め合っていました。受験生ならではの夏の思い出として,残りの期間も思う存分,実力を養って欲しいと思います。がんばれ114生!


画像1
画像2
画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
全日制
7/28 3年東大オープン(〜29外・希)
7/30 1・2年夏季学習講座 3年夏季進学補習
7/31 1・2年夏季学習講座 大掃除 3年夏季進学補習
8/1 トップリーダー研修(〜9日)
京都市立西京高等学校(全日制)
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:075-841-0010
FAX:075-822-5702
E-mail: saikyo@edu.city.kyoto.jp