京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

16期生海外FWコース決定!付添団発表,そして第1回コース別集会を行いました。

 7月23日からは夏季休業となる西京高校ですが,7月31日までエンタープライズの授業,特別活動の時間,そして夏季学習講座が計画されています。1講座80分で1日4講座ありますが,頑張っていきましょう!
 7月19日(金)は夏季休業前の最後の授業日です。4時間目LHRの時間に1年生はメモリアルホールに集合し,アッセンブリ―が開かれました。
 冒頭中高一貫教育企画部長の岡本先生から,「本年度は,インドネシアコースに対して多数のコース出願があったためレポートを評価し面談を行い選考を実施しました。その結果をうけて全員の参加コースが決定したところです。いよいよ本格的な活動が始まります。あらためて目的を確認し,FWを皆さん自身で作り上げていきましょう。」と激励されました。
 続いて教頭の岩佐先生から過去の先輩が取り組まれた実践例を挙げながら,これまでの西京の海外FWの歴史を振り返られました。重要な点は以下の3点です。第一に「なぜ今海外に行くのか」を自分自身に問うこと。第二に,「連れて行ってもらう」という気持ちで行くと事故にあうので主体的に取り組むことの重要性,そして3つ目に「命をかけて行くようなことは絶対にしない」とのお話がありました。国外情勢が色々な形で語られる現在ですが,正しい判断をするためには,正確な情報を得ることが重要です。今後,さまざまなところでアンテナを立てていきましょう。
 以下,各コースの人数です。
シンガポール 32名
マレーシア 56名
タイ 43名
ベトナム・カンボジア 48名
インドネシア 61名
上海 32名
グアム 15名

 最後に1年学年主任三浦先生より2つのお話がありました。1つ目は,FWのコース別活動によって,他クラスの人と連携することになります。密に連絡を取り合うこと。2つ目に,海外FWは1年生で行われる一大イベントですが,もちろん西京祭等の学年行事もあります。そのようなクラスの取組も大事にするように。と強調されました。
 このあと,コースごとに分かれ,付き添われる先生方の紹介がありました。先生方もすぐには,自分のコースの教室に行かれずさまざまな教室をのぞかれるので,あちらこちらで大きな歓声が沸いていました。夏休み課題の説明,自己紹介などを行っているとあっという間に時間が過ぎ去っていきました。
 大事なことは,自分が何をしたいのか,何ができるのかを多くの出会いから考えることです。人任せでは何も生まれません。自分の中で新しい価値観をぜひ生み出してください。今年の16期生の海外FWが高みをめざしたものになることを期待しています。

写真 左 企画部長岡本先生よりより
   中 学年主任三浦先生よりより
   右 インドネシアコースの様子
画像1画像2画像3

一般社団法人京一商西京同窓会様からの「奨学生採用決定通知書交付式」が行われました!

 7月17日(火)午後14時30分から,本校3階校長会議室にて,一般社団法人「京一商西京同窓会」様の「奨学生採用決定通知書交付式」が開催されました。本来なら7日(土)に予定されていた交付式ですが西日本豪雨災害の影響で開催を延期しておりました。
 奨学生に採用された,京都市立高等学校8校の生徒14人が勢ぞろいし,同窓会理事長の市村延之様から一人ひとりに通知書が交付され,生徒一人一人から,感謝と決意を力強く表明いたしました。
 この奨学制度は,「一般社団法人京一商西京同窓会奨学金給与規程」に基づき,本校をはじめとする京都市立高等学校8校の生徒14人に年額120,000円が給付されるもので,「学業人物ともに優れ,学習に意欲ある者」がその対象となります。
 会場には保護者の方々も参列され,厳粛な中にも喜びに満ちた式となりました。
 開会挨拶で市村理事長は,「この奨学金は創立100周年の年に社団法人の公益事業の一つとして創設が提言され,同窓会として寄付を募り,昭和63年(1985年)から始まりました。また,平成22年からは西京だけでなく広く市立高校に在籍されている方にも対象を広げました。皆さんは,世界に羽ばたく若人です。世界に通用するための一助になるようこの奨学金を活用してください。」とお話になりました。 
 続いて市立高校校長会を代表して,日吉ケ丘高等学校 古池 強志校長より「感謝の気持ちを忘れずに,今日の気持ちを大切持ち続け,今後に生かしてほしい。」と激励のお言葉がありました。
 奨学生たちは,「希望大学を定めたので,この夏に勉学に励みます。」「ミュージカル女優をめざしてがんばります。」「医学部に進んで,必ず人のためになるような医者になります。」など,感謝と決意を新たにしていました。
 奨学生の皆さんがこの御厚意を夢の実現に生かし,ますます活躍されることを祈念しております!

写真上 市村理事長より激励の様子
写真中 西京の奨学生たち
写真下 全体写真


画像1
画像2
画像3

トップリーダー研修奨学金授与式及びオリエンテーションを行いました!

 7月17日(火)14時から,3階校長会議室において,本校主催の「エンタープライズトップリーダー研修」(以下,TL研修と略します)生徒派遣に当たっての一般社団法人「京一商西京同窓会」様からの奨学金授与式及びオリエンテーションを行いました。

 このTL研修は本校独自に行っているものであり,今年度が第5回目の実施となります。1年次の3月に全員で取り組んだ海外フィールドワークの成果を踏まえ,グローバルリーダーとして更に次のステージでの研鑽を積みたいという生徒を対象としております。今年はUCLAの学生寮に泊まり込み,学生チューターとのセッション(英語によるディスカッション,ディベート,プレゼンテーション等)や大学・企業の研究者訪問等を通して,生徒一人一人がめざす生き方や自らの将来像について広い視野から考える契機とし,併せて自らを表現するスキルの向上もめざしています。

 第1部は「奨学金授与式」です。
 いつもご支援いただいております一般社団法人「京一商西京同窓会」様から,市村延之理事長をはじめ理事の皆様にご臨席賜り,保護者の皆さまにもご出席いただきまして,奨学金授与式を行いました。理事長市村延之様から,「大きなチャンスをぜひ生かしてください。そして帰国後元気な姿を見せてください。」と激励の言葉をいただきました。竹田校長も,「皆様のご厚意に報いることができるよう,トップリーダーとなるよう精一杯頑張って下さい。」と参加生徒たちへの期待を込めて挨拶しました。
 参加生徒代表からは,奨学金に対するお礼を述べた後,「さまざまなことを吸収し,経験を積み,積極的にコミュニケーションをとり成長して帰ってきたい」と力強く決意を述べていました。

 第2部は,出発前最後の「オリエンテーション」です。
 ここからは生徒と保護者とがペアになってお掛けいただき,旅行会社の担当の方から,「しおり」をめくりながら日程の詳細や注意すべき点等,最終の確認事項の御説明がありました。また,担当教員から渡航前に注意すべき点として,1体調管理,2リスニング等の事前準備を怠らないようにと確認されました。

 この研修は,連日現地の大学生とのディスカッションを繰り返すハードな日程です。ロサンジェルスの気候は,京都よりはましですが暑い日が続きます。体調には十分気を付けて,事前学習の成果を十分に発揮し大きな成果を持ち帰って下さい。期待しています!

写真上 TL研修参加者と市村理事長,竹田校長
写真中 授与式の様子
写真下 TL研修参加者,保護者,担当の先生方との集合写真
画像1
画像2
画像3

一般社団法人 京一商西京同窓会様から陸上競技部,競技かるた部が激励金をいただきました!

 7月17日(火)13時30分から,3階校長会議室にて,一般社団法人「京一商西京同窓会」様からの「平成30年度京都市立高等学校優秀部活動激励金授与式」が行われ,本校を含む市立高校4校(京都工学院・日吉ケ丘・紫野・西京)から代表生徒及び顧問等が栄えある席に参列しました。
 市村延之理事長から激励金が授与されたのは,京都工学院高校ボート部,日吉ケ丘高校剣道部,紫野高校ソフトテニス部,本校陸上競技部及び競技かるた部の京都府代表5チームです。
 生徒たちは,「全国でも,皆様方の熱い期待と応援に応えられるよう,力を尽くし,優勝をめざして頑張ります!」と,元気に決意表明をしていました。
 皆さんの健闘を期待しています!
写真上 西京高校陸上競技部,競技かるた部
写真中 市村理事長から激励の様子
写真下 参加者集合写真
画像1
画像2
画像3

野球部 応援ありがとうございました!

画像1
画像2
画像3
 7月16日(月・祝)西京極わかさ球場にて第100回全国高等学校野球選手権京都大会3回戦が行われ,西京は東山高校と対戦いたしました。息詰まる投手戦でピンチを何度もしのぎ粘っていましたが3安打に抑えられ4対1で惜敗いたしました。
 全力疾走,全力発声を合言葉に野球部全員が力をふりしぼりました。残念な結果ではありますが,見ているものに大きな感動を与えてくれたのではないでしょうか。
 多くのOB,保護者の皆様,吹奏楽部をはじめとした在校生の皆さん,猛暑の中大きな声援をいただきありがとうございました。また祝日でしたので多くの3年生,教職員も応援することができ3塁側スタンドは西京の応援団で埋めつくされました。応援したこの日のことを,ひと夏の思い出として刻むことができたのではないでしょうか。
 今年は第100回の記念大会です。皆勤校の西京は,主将が代表して8月5日の開会式で甲子園球場の土を踏みます。素晴らしい伝統に感謝しつつ,堂々と胸を張って行進してください。今後も応援のほどよろしくお願いいたします!

本校のグローバルリーダー育成研修参加生徒とトビタテ!JAPAN【高校生コース】第4期生が教育長表敬訪問を行いました!

 京都市教育委員会主催「京都市立高校グローバルリーダー育成研修」(以下,「GL育成研修」と略します)事業の参加生徒25名(うち,本校からは1年生7名)及び官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】」第4期生として京都市立高校から参加する11名(うち,本校からは1年生2名,2年生2名)が,7月13日(金)「教育長表敬訪問」のため京都市総合教育センターを訪れ,在田正秀教育長から激励の言葉をいただくとともに,生徒代表(本校からは1年中村文香さん)が決意表明をしました。
 参加生徒の皆さんが,ダイバーシティに富んだまち京都の若者の代表として元気にプログラムをやり遂げ,大きな成果を各校に持ち帰ってほしいと思います。

写真上 GL育成研修参加者集合写真
写真中 GL育成研修決意表明をする中村文香さん
写真下 トビタテ!留学JAPANに参加する本校生徒。
    銅駝美術工芸高 甘池さん,京都堀川音楽校 カートンさんと共に

<参考>
[GL育成研修について]
 この事業は,グローバル化が進展する中,市立高校の代表生徒たちがともに切磋琢磨し,我が国の伝統文化等を深く理解するとともに,語学研修への積極的な参加を通じて,豊かなコミュニケーション能力や国際貢献の大切さを学び,世界の文化,経済,歴史などに対する幅広い教養を持ち合わせた「グローバル人材」としての素地を育むことを目的として平成25年度から始まったものです。
 第6期となる今年度は,7月22日(日)から8月5日(日)まで,Studio School Cambridge(語学学校)の寮での生活とホームステイをしながら,他国からの留学生とともに学ぶ語学研修,交流・アクティビティ,社会見学や大英博物館等の文化施設訪問,ケンブリッジ大学生とのディスカッション,日本文化及び課題研究内容に関するプレゼンテーション等に取り組みます。

[トビタテ!留学JAPAN 【高校生コース】について]
 官民協働海外留学支援制度,通称「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」は,平成25年10月からスタートした大学生・高校生の海外留学をサポートするプログラムで,高校生コースは3年前から始まり,今回が第4期生となります。全国2,099名の応募者から,書類選考及び面接試験を経て,535名が選出され,本校からも4名(内訳は,スポーツ・芸術コース2名,アカデミック[テイクオフ]各2名)が採用されました。

画像1
画像2
画像3

1年生保健学習会を行いました!

 性感染症予防に関する「保健学習会」を,7月12日(木)6限に1年生全員を対象に大講義室にて行いました。講師は京都教育大学教授 兼 教職キャリア高度化センター次長の関口久志先生で,「HIV/エイズ・性感染症の理解とよりよい関係性」というテーマで御講演いただきました。

 御講演では,心地よい人間関係を築くためには性に関する正しい知識と自己決定力が大切であることを,先生御自身が実際に関わられた事例を紹介して下さりながら,説明してくださいました。また,人と違って良い事や,誰にでもその人なりの幸せをつかむ権利があることを再確認しました。事例から深く考えさせられたり,クイズで(正解した生徒には景品が贈られました)盛り上がったりする場面もあり,時間があっという間に過ぎていきました。
 最後に,「よい人間関係は,『別れのとき』に決まる。感謝と微笑みで,また会おうと再会を誓って別れられるように」と締めくくられました。性感染症だけの問題ではない,人としてあなたはどういう選択をしながら生きていくのか,性を学ぶことで後悔や涙の別れのない幸せな人生を歩んでほしいという先生の温かいメッセージが込められていました。
 時間の都合上,質疑応答の時間がとれませんでしたが、人間関係が広がり深まっていくこの時期に,周りの人たちとの関係を見つめ直し、将来についても考えるよい機会をいただいたことと思います。人はみんな大切にされる権利があります。自分を大切に,そして周りの人たちも大切にしながら,それぞれの人生を歩んでほしいと思います。
 関口先生,お忙しい中御講演下さり,有り難うございました。

野球部 絶好調「全力疾走,全力発声」2回戦突破!

画像1
 12日(木)太陽が丘球場にて,第3試合東舞鶴高校と対戦いたしました。初戦に続き打線好調で10対2で勝利をおさめることができました。初戦に比べて少しリラックスできたのでしょうか,のびのびしたプレーで観客をわかせました。
 西京は,第1回大会から第100回大会まで連続で出場してきた伝統校です。伝統の重さをかみしめつつ,新たな歴史を作り上げて行きましょう。
 次戦は,16日(月・祝)わかさ球場で9時30分プレイボールです(予定)。東山高校と対戦します。応援のほどよろしくお願いいたします。西京が大切にしている「全力疾走,全力発声」を次戦も貫いてください!

水泳部 京都府高等学校選手権水泳競技大会の結果報告!

画像1
 第84回京都府高等学校選手権水泳競技大会(近畿大会への予選)が京都アクアリーナで行われました。(6月23日,24日開催)

 この大会から近畿大会,インターハイへと続く重要な大会となります。3年生にとっては近畿大会への出場権を獲得できなければ引退となるため,後輩たちの先輩へ対する応援の熱気はすごいものがありました。その思いが届いたのか,残念ながら近畿大会への出場は叶わなくても,ベストタイムの更新が続出しました。
 中でもリレー種目での近畿大会出場は大きな目標の一つであり,チームとして取り組んできました。結果的に5月の高校総体からベストタイムを更新しましたが,他校もそれ以上に成長しており,目標の8位に入賞することができませんでした.
 もちろん,競技をする以上は結果を求めては行きます。しかし大切にして欲しいのは,この部活動を通して何を学び,何を身に付けたのかであり,引退後にその真価が問われます。間違いなくチームとしても個人としても大きく成長したと思います。この二日間を通して流した悔しい涙や嬉しい涙,たくさん思いの詰まった最高の思い出作りができたのではないでしょうか。
 最後になりましたが,応援のために会場まで足を運んでくださった担任の先生方,クラスメイト,水泳部のOB・OG,保護者のみなさま本当にありがとうございました.

 競技の結果は以下の通りです。
■競技結果(敬称略)
[女子]
100m背泳ぎ 第5位  米 田 風 葉 ※近畿大会出場権獲得
200m背泳ぎ 第4位  米 田 風 葉 ※近畿大会出場権獲得

画像2

じぶん史上最高の夏を!第100回全高等学校野球選手権京都大会開幕。

 今回の集中豪雨にて,被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。全ての人々の一日も早い平穏をお祈りいたします。

 開会式が2日順延しましたが,100回目となる野球選手権が開幕いたしました。
 皆勤出場の本校の1回戦は10日(火)11時40分プレイボールです。平日の試合なので大応援団を送り込むことはできませんが,吹奏楽部を中心に多くのOBの方々,保護者の皆さんから熱い声援がおくられました。
 試合の方は,14安打の猛攻で菟道高校に7−3で競り勝ちました。2回戦は12日(木)の予定です。応援よろしくお願いいたします。

 7月11日朝日新聞朝刊に,初戦突破の記事が紹介されました。
 また,朝日新聞デジタルに掲載されています。URLをリンクいたしますので,ぜひご覧ください。


朝日新聞デジタル「皆勤校の西京,初戦突破 主将「仲間と甲子園歩きたい」(2018年7月10日)」

朝日新聞デジタル

画像1
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
全日制
7/22 3年駿台マーク模試(外・希)
7/23 夏季休業(〜8/24) 1・2年夏季学習講座 GTEC 3年夏季進学補習
7/24 1・2年夏季学習講座 3年夏季進学補習  チャレンジ合宿(〜27日)
7/25 1・2年夏季学習講座 3年夏季進学補習
7/26 1・2年夏季学習講座 3年夏季進学補習
7/27 1・2年夏季学習講座 3年夏季進学補習
7/28 3年東大オープン(〜29外・希)
京都市立西京高等学校(全日制)
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:075-841-0010
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp