京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/10/20
本日:count up28
昨日:503
総数:1549015
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

祝 競技かるた部 高校選手権団体戦京都府予選準優勝!京都第二代表として全国大会へ。

画像1
画像2
画像3
 6月16日(土)・17日(日)に行われました,第40回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会団体戦・京都府予選会において,本校競技かるた部が準優勝を果たしました。昨年度の同大会で京都府予選の参加校が10校以上となり,規定により今年は京都府から全国大会に2校出場することが認められるため,本校の2年ぶり2回目の全国大会への出場が決まりました。会場をお貸しくださいました東寺洛南会館様・大谷高校様,ならびに進行・審判でご支援くださった京都小倉かるた会の皆様には厚くお礼申し上げます。
 初日の予選リーグを2連勝で危なげなく突破し,決勝リーグ進出戦も無傷で勝ち上がることができた西京ですが,翌日の決勝リーグの相手はいずれも本校と実力が同等か格上の強豪校ばかりです。手に汗握る試合の連続となりました。
 第1試合の相手は昨年決勝で対戦した洛南高校です。事前の戦力分析では圧倒的に相手チーム有利という中で何とか健闘して一矢報いたものの,残念ながら敗戦となりました。
 第2試合は急激に力を伸ばしている龍谷大平安高校が相手です。ここで敗れると敗退が濃厚となるプレッシャーの中,主将・副将がきちんと勝ち星をあげた上で,2年生選手が相手チームの副将を破る活躍を見せ,決勝リーグ1勝目をあげることができました。
 第3試合の相手は伝統校の北稜高校です。他試合の結果もあり,本校はこの試合で勝たない限り全国には進めません。両者の実力はほぼ互角,お互いに勝ち星を2つずつあげた上で,最後は本校の主将がしっかりと勝ちきり,3試合合計2勝1敗の成績で堂々の準優勝となりました。これも応援して下さった方々,また互いに切磋琢磨してきた仲間たちの支えの賜物です。
 全国大会は滋賀県の近江神宮他周辺会場で7月28日(土)に団体戦が,29日(日)に個人戦が行われます。団体戦は悲願の初戦突破,個人戦は全員入賞・昇段をめざして正々堂々と挑戦してまいります!応援よろしくお願いいたします。

[試合結果]
 予選リーグ(Cリーグ)
  第1試合    対 南陽    5−0
  第2試合    対 京都光華  4−1
 決勝リーグ進出戦 対 大谷    5−0
 決勝リーグ
  第1試合    対 洛南    1−4
  第2試合    対 龍谷大平安 3−2
  第3試合    対 北稜    3−2
  ※決勝リーグ3戦合計2勝1敗で準優勝

球技大会,好ゲームに歓声が沸く!

 球技大会の様子です。まわりの応援がとにかく凄い!今日出来たてのクラスTシャツに,はじめて腕をとおして球技大会に臨んでいます。現在,自治会の皆さんのおかげで予定通り試合が進行しています。
 球技が不得意な人もたくさんいると思いますが,クラス愛に満ちあふれた球技大会を楽しんでいきましょう!

画像1
画像2

雨にも負けず!球技大会,予定通り実施されています。

 6月21日(木)全学年で球技大会が行われています。昨日までの大雨の影響でグラウンド種目のサッカーの開催が危ぶまれましたが,今朝7時過ぎから運動部や自治会の皆さん,またなんとかサッカーを実施したい有志の生徒諸君が,グラウンドの水取りを行ってくれました!
 コンディションが万全とはいきませんが,知らない所で多くの皆さんの努力によって,今日の球技大会が実施されていることに感謝いたします。
 3年生にとっては最後の球技大会です。全力で楽しんでいきましょう。ただし,熱中症対策は怠りなく。

画像1

トビタテ!留学JAPAN・高校生コース第4期生の壮行会及び事前研修に本校生4名が参加しました!

画像1
 6月16日(土)10時00分から17時30まで,大阪の公文教開館にて,「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム(高校生コース)」第4期生の壮行会と事前研修会が行われました。
 官民協働海外留学支援制度,通称「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」は,平成25年10月からスタートした大学生・高校生の海外留学をサポートするプログラムで,高校生コースは平成27年度から始まり,今回が第4期生となります。全国855校2,099名の応募者から,書類選考及び面接試験を経て,336校535名が選出され,本校からは4名が採用されました。(京都府からは,本校を含めて28名が採用されています。)
 東日本の壮行会(約300名が参加し,6月9日(土)に文部科学省3階講堂で行われました)に続いて,西日本では,大阪市公文教開館で行われた「壮行会」には,第4期トビタテ生約200名が参加しました。

 冒頭の挨拶で,文部科学省政務官宮川典子氏からは「是非ビッグマウスになってください」とのお話がありました。壮行会の締めくくりは,プロジェクトディレクターの船橋力氏(NPO法人TABLE FOR TWO International理事/株式会社ウィル・シード取締役会長)からの記念品の授与です。「皆さんは,2,099人から選ばれた535人です。1,500人は不合格であったこと,彼らの思いを背負い,関わってくれる周りの人への感謝を忘れないでほしい」とのお言葉とともに,「トビタテシール」を授与されました。
 そのあとは,全員で集合写真を撮り,昼食タイム。生徒たちは5〜6人のグループで輪になって座り,昼食をとりながら全国から集まった高校生たちと楽しそうに語り合っていました。
 昼食後,生徒たちは12時10分から17時半まで,オリエンテーションやグループワーク等の事前研修に取り組みました。「ミッションシート」の作成・共有・ブラッシュアップや,トビタテ!3期生を中心とする様々な方々のプレゼンテーションを聴く等充実した内容で,全国の意欲のある高校生たちの熱い思いに触れることができ,大いに刺激を受けたようです。

 「トビタテ!」「トップリーダー研修(本校主催のUCLA研修)」「グローバルリーダー育成研修(京都市教委主催のロンドン研修)」をはじめ,個人で申し込む留学プログラムにも多くの西京生が出かけます。折角のチャンスですので貪欲に体験をし,たくさんの人々とつながって下さい。
 また,大学・大学院卒業までにはかなりの時間があります。行った先を何年後かにまた訪れて経年変化を追うだけでなく,文化的背景を異にする多様な国・地域に行ってみる等,何度でもいろいろなところに飛び込んでみてはいかがでしょうか。トビタテ!4期生の皆さん,気をつけてトビタって下さい!

◎官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム〜について
[概要]
 わが国の将来を担うグローバル人材の育成を目指した海外留学支援制度。平成32年(2020年)までの7箇年で総額200億円(単年度で約30億円)の寄附を募り,のべ1万人(毎年約1,000〜1,500人)の大学生・高校生を海外に派遣することを目標としている。
 企業から寄附を募るばかりでなく,人材育成のノウハウなどの「知」,講師などの「人」,さらには国内外インターンシップをはじめとする「場」の提供など,多面的な官民の協働によって,まさに日本をあげてグローバル人材の育成に取り組んでいる。

[本校からの派遣留学生・分野・留学先]
1年2組 井上 彩音さん:[アカデミック・テイクオフ] オーストラリア
1年7組 奥田 凜香さん:[アカデミック・テイクオフ] アメリカ
2年6組 木代朱音さん:[スポーツ・芸術コース] カナダ・バンクーバー
2年7組 林佳奈さん:[スポーツ・芸術コース] オーストリア・ウィーン

OB・OGを招いて「1年文理選択座談会」「2年学部学科選択座談会」を行いました!

 6月16日(土)午前中に9時00分から12時00分まで,本校卒業生を講師として招き「1年文理選択座談会」「2年学部学科選択座談会」を1,2年生合同で行いました。
 これは,1・2年生全員を対象に,社会科学(文系)・自然科学(理系)のコース選択や学部学科選択の参考となるよう,本校卒業生が大学における研究内容や卒業後の進路,また自分自身が高校生のころにそういった選択を行った時のポイント等についてレクチャーを行うものです。
 今年は心理学を加えた,医・薬学や,外国語・国際学など15のブースに分かれ,学部や大学院に在学中の本校卒業生22名が,40分間のプレゼンテーションを3セット行いました。
 卒業生は,さまざまな高校時代の失敗や成功の体験談をはじめ,大学での研究室での様子,大学での学びについて後輩である生徒たちに語ってくれました。その後の質問では,生徒たちの疑問や興味に対して親身に答えてくれました。先輩たちは「自分のやりたいことができるように,可能性を広げるために文理選択をしてほしい」「学部や学科の名前だけで選ぶのではなく,中身を知ってから選んでほしい」とアドバイスしてくれています。
 やはり本校の卒業生だけあってプレゼンはお手のもの,後輩たちのために資料の見せ方や発表内容についても工夫が凝らされており,生徒たちは各々の希望のブースでメモを取りながら熱心に先輩の話に聞き入っていました。今回の座談会を通して,生徒たちはこれからの西京での過ごし方や進路について考える大きなきっかけとなったことでしょう。
 
 来校していただいた卒業生の皆さん,お忙しい中来校していただき本当にありがとうございました。


画像1
画像2
画像3

緊急 6月19日(火)本日,平常授業です!

本日は,平常通り授業を行います。

なお,強い余震や雨による二次災害に注意するようお願いいたします。
もしもの場合は,自身の身を守る行動を第一に考えてください。この後,強い余震が発生した場合は臨時休業になる場合もあります。

緊急 本日の地震に対する非常措置について

本日の地震に対する非常措置についてのおしらせ

本日6月18日(月)午前7時58分,京都市において地震による震度5強のゆれをを観測いたしました。本校においては,下記のような措置をとります。今後テレビ,ラジオ,インターネット等の情報に注意してください。

                    記
本日,6月18日(月)の対応

1.震度5弱以上の地震が発生したので,本日臨時休業とします。

2.明日の授業は,余震等がなければ通常授業とします。ただし,今後震度5弱以上の地震が発生した場合は,翌日も臨時休業といたします。

3.現在,登校している生徒に対して下校の安全が確認できるまで,学校に留め置くこととし,生徒の安全確保のための必要な措置をとります。不測の事態においては,保護者と連絡がとれるまで学校にて留め置くことといたします。

現在,10時をめどに帰宅可能な生徒は下校を始めています。公共交通機関の運行状況を確認しています。

4.登校途中の生徒に対しては,安全に留意し可能であれば登校しています。下校の安全が確認でき次第,下校いたします。

今後も,テレビ,ラジオ,インターネット,学校のHP等の情報に注意してください。

放送部 夏の高校野球京都大会開会式の司会練習中!

画像1
 6月12日(火),梅雨の晴れ間の開放感溢れるわかさスタジアムのグラウンド上で,放送部の石河咲希さん(2年)が,夏の「第100回全国高等学校野球選手権京都大会」開会式の司会練習をしています。
 高校球児達の晴れ舞台を支える大役に,オーディションで選ばれた石河さんは,その責任を感じつつ,野球連盟の先生方にもアドバイスを頂きながら頑張っています。夏の高校野球の開幕まで3週間余り,元気な司会進行で高校野球を盛り上げます。

 6月14日朝日新聞朝刊に,取材を受けた石河さんの記事が紹介されました。
また,朝日新聞デジタルに掲載されています。下記にリンクいたしますので,ぜひご覧ください。

朝日新聞デジタル「高校野球開会式で声ひびけ 放送部3人が球場練習(2018年6月14日)」

朝日新聞デジタル

普通救命講習会を開催しました!

画像1
画像2
 6月12日(火)前期中間考査最終日の午後,中京消防署の方6名,地域の消防団の方5名をお招きし,普通救命講習会を開催しました。対象は1・2年生各クラスの美化保健委員と運動部の代表者,顧問等で,約70名が参加しました。
 中京消防署の竹熊様による司会進行のもと,5グループに分かれ,胸骨圧迫や人工呼吸,AEDの使用方法について,訓練用の人形を用い実践を交えながら学びました。慣れないことに苦戦しながらも,ひとりひとりに丁寧に教えていただいたおかげで,実技の時間が終わる頃には参加者全員が一通り出来るようになりました。
 最後には本日の学びを踏まえて,心肺蘇生法のロールプレイです。救急車を呼ぶ人,AEDを持って来る人,心肺蘇生をする人等の役割に分かれ,救急隊が到着するまでの間,各グループが一生懸命心肺蘇生に励みました。

 日常生活の中でこのような応急手当を必要とする場面に出くわすことは少ないかもしれません。しかし,いざというときに自分の周りの大切な人たちを守ることが出来るのは,少しの知識,そして一歩踏み出す勇気です。その時に落ち着いて行動ができるように,今回の講習会で学んだ内容を役立ててほしいと思います。
 西京高校には,正面玄関,保健室前,アリーナ体育教官室の3か所にAEDが設置されています。普段から設置場所を確認し,いざという時に備えていきましょう!

トップリーダー研修「第3回事前研修」が行われました!

 6月12日(火),4日間にわたって行われた前期中間考査最終日の午後を利用し「エンタープライズトップリーダー研修」(以下TL研修と略します。)第3回事前研修を実施しました。参加者は夏のTL研修に参加する2年生15名です。
 4月のキックオフガイダンス,5月のコミュニケーション研修に引き続き,本日は「自己アピールオリエンテーション研修」で,講師として株式会社アイエスアイの守屋さんにお越しいただきました。

 最初に前回の復習をしたあと,さっそく今回のテーマである「自己」について様々な方法で分析していきます。まず初めに,「私は...です。」という形式で自分について30個の紹介をしていきました。自分について自由に書くことは意外と難しいようで,苦戦している様子が見受けられました。次に,それらの自己紹介を参考に,マインドマップを作っていきました。マインドマップとは,思考を図式化し,整理する手法の一つです。そして,マインドマップで整理した自分の情報をもとに,ペアで自己紹介を行いました。お互いの共通点を見つけ,それについて深く掘り下げると,話が弾むことを体感できたようです。
 最後に,「ジョハリの窓」を使って主観的・客観的に自分を分析していきました。「自分の知っている自己」と「自分は気が付いてないが他人は知っている自己」のギャップに驚いた人が多かったようです。自分についての新たな発見をするとともに,どのように自己をアピールしていくかを考えるよい機会になったと思います。本日の活動をもとに,現地で積極的な自己アピールを行えることを期待します。


画像1
画像2
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全日制
6/23 「主体的な学びを体現する日」 公立高校合同説明会
6/24 公立高校合同説明会
6/25 2年3科テスト(3)
6/26 1年3科テスト(3)
6/28 附属中3年進学オリテ
京都市立西京高等学校(全日制)
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:075-841-0010
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp