京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

1年生有志がラジオ番組の収録に参加しました!

 3月19日(土)と26日(土)のいずれも午後に,本校1年生有志4名が,千本北大路に新しくできつつあるコミュニティ放送局のスタジオで行われたラジオ番組の収録に参加しました。

 この放送局は「FM87.0MHz RADIO MIX KYOTO」といい,本年5月下旬に,「地域と大学の連携」をメインテーマに開局の予定です。今回収録が行われたのは,楽只市営住宅の空き店舗に設けられたサテライトスタジオ「1000KITA STUDIO」で,ラジオ放送を通じた地域交流と地域活性化の事業(「1000KITA(センキタ) ラジオプロジェクト」)が進行中です。

 そのプロジェクト第一弾として企画されたのが,「KATARROW(かたろう)とどけ,未来へ」という高校生が語り合う番組です。西京生有志は,番組の司会やナレーション,ディスカッションのメンバーとして,他校の高校生とともに出演しました。

 まず,収録スタジオの様子に生徒たちはびっくり! 教室くらいの広さのコンクリートむき出しの空間の中に,木材を並べて収録ステージを設置し,マイクなどの録音機材を運び込んだ“手作り”のスタジオです。

 番組収録では,高校生たちはまず,語り合いのテーマとなる歌や物語の朗読を聞きました。そこで感じたことを自分の言葉で語って議論し,最後に大学の先生からコメントをいただきました。多数のリスナーに届けられることに緊張しながらも,普段から何かを発表する機会も多い西京生たちは,自分の感じたことを上手に発信していました。

 今回収録した番組は,6月以降にFM87.0 RADIO MIX KYOTOで放送されます。この番組名には「若者が,京都(“Kyoto”)の明日(“Asu”)を語る(“Talk”)。それは未来を志向する矢(“ARROW”)である」という思いが込められており,西京生から発信される「矢」も多くのリスナーの心に響くといいなと思います。
 参加した生徒の皆さん,お疲れ様でした!

[写真]
 1枚目 番組司会リハーサルの様子
 2枚目 番組収録の様子

画像1
画像2

【放送部】朗読部門で「優良賞」を受賞しました!

 3月21日(月・祝),立命館高等学校にて「第9回春の高校放送フェスティバルin Kyoto」(京都府高等学校文化連盟放送専門部主催)が行われました。
 朗読小部門(参加者約90名)に出場した1年6組の刈谷葉月さんが,「ホルモー六景」(万城目学さん作)の朗読で見事「優良賞」を受賞しました。おめでとうございます。
 今後とも,更なる高みを目指して下さい!

画像1

【理学部】校内で合宿を行いました!

 3月18日(金)19時から翌19日(土)午前まで,校内セミナーハウスで理学部天体観測合宿を行いました。

 今回はこの3月に卒業した11期生の先輩も参加しての“卒業合宿”でした。本来は天体観測技術の継承等を目的として企画したのですが,あいにく天気は雨。天体観測は中止となり,急遽“泊まり込みでの勉強・座談会”に変更しました。
 西京高校での勉強や部活のこと,楽しかったこと,辛かったこと等,参加者11名が学年を超えて交流しました。1・2年生は先輩の言葉に耳を傾け,来る新年度に胸をふくらませていました。卒業生たちは,西京高校の思い出に浸りながら後輩達との時間を過ごしていました。
 天体観測は行えず残念ではありましたが,各学年にとって有意義な合宿になったのではと思います。

画像1画像2

京都市交通局とタイアップした「マナーアップキャンペーン」の一環で,啓発グッズの配付を京都駅で行いました!

 3月23日(水)午前10時から,京都駅前バスターミナル及び地下鉄京都駅改札付近のコトチカ広場にて,京都市交通局の皆様とともに,本校及び附属中学校の生徒22名が「市バス・地下鉄利用マナーアップキャンペーン」の啓発グッズを配付しました。
 啓発グッズは,本校附属中学校の生徒が考案したキャッチコピー「歩きスマホをやめて分かったこと 今日も空がすきとおっていること」が印刷された紙を同封したマーカーペンです。生徒たちは,「マナーアップキャンペーン よろしくお願いします!」とマナー向上を呼び掛けながら,用意された約2000本のマーカーペンを,約30分間で配り終えました。

 このキャンペーンは,市バス・地下鉄のマナーアップに関する西京中高生と交通局との連携事業の一環として行っているものです。
 昨年末に生徒自治会内部でどのような形でのキャンペーンを行うか検討を重ねた結果,近年特に安全上の課題となっている「スマホのマナー」を中心にしていくことになりました。1月に中高全生徒を対象に「キャッチコピー」と「キャラクター」を募集して校内コンテストを行い,2月には交通局の御担当者とともに最優秀作品を選定しました。(いずれも,本校附属中学1年生の作品です。)

【啓発キャッチコピー】
 「歩きスマホをやめて分かったこと
  今日も空がすきとおっていること」

【キャラクター】
 「もれてる坊主」
  (イヤフォンやヘッドフォンからの音漏れが他の乗客に迷惑になる
   ことを,「てるてる坊主」の絵を用いて表現したキャラクター)

 3月18日(金)の附属中学校修了式・高校終業式では,京都市交通局から最優秀作品受賞者ならびに高校生徒自治会執行部に対して,感謝状が贈呈されました。

 このたび,決定した「キャラクター」と「キャッチコピー」を活用した啓発ポスターとキャンペーングッズが完成し,掲出・配付に至った次第です。

[啓発ポスターの掲出]
 3月23日(水)から,地下鉄各駅は一斉に,市バス・地下鉄の車内には順次掲出されます。(概ね1年間)

[キャンペーングッズ]
 キャッチコピーが印刷された紙を同封した,青色蛍光マーカーペン


 このような意義深い取組の機会を与えて下さいました京都市交通局様に,厚く御礼申し上げます。これを契機として,次年度もマナーアップに向けた更なる取組を推進してまいりたいと思いますので,今後ともよろしくお願いいたします。


 [写真]
  1枚目   グッズ配付時の集合の様子
  2枚目   グッズ配付の様子
  3枚目上段 配布したキャンペーングッズ(蛍光マーカーペン)
     下段 啓発ポスター

画像1
画像2
画像3

入学予定者登校日(第2回)オリエンテーション及び第1回学習合宿委員会を行いました!

 第2回入学予定者登校日である3月22日(火)午後,生徒・保護者対象入学前オリエンテーションを行いました。会場は,工事の関係で保護者の皆さまは7階大講義室,入学予定の生徒たちは4・5階の仮ホームルーム教室です。大講義室の模様を,同時中継で各教室に放送するという形で実施しました。

 村上校長の,「家庭と学校とが手を携えて生徒の自立を図っていきましょう。」という挨拶に始まり,学年主任や各担当者からは「新しいことを始めるのは不安でエネルギーが必要なことだけれども,そこを敢えて飛び込み挑戦して,自分の器を広げて下さい。と同時に,足元もしっかりと固めましょう。」「安易に答えを求めず,自分の頭で考え,友達と協働しながら最後まで自分の力で答えを出すように意識して下さい。」「今日のオリエンテーションのキーワードは自立。“自己責任”と“場と状況の理解”を」と,これから高校生となるに当たっての心構えを中心にお話がありました。また,保護者の皆様へも,中学生から高校生へと精神的にも肉体的にも大きく変化していく時期ですので,発達段階の違いによる“意識の切り替え”をお願いしました。

 また,この日の午後は,7階大講義室に学習合宿委員(校内では「リーダーズ」と呼んでいます。)約200人(学年の約7割が名乗りを上げました。)が勢ぞろいして初の委員会を行いました。「広報部」「事業部」「生活部」「学習部」それぞれの所属部署ごとに分かれ,まずは顔合わせということで自己紹介を行いました。

 いよいよ14期生としての活動が始まります。内外ミックスで学年全体として行う学習合宿の成功に向け,ガンバレ 14期生!

[写真]
 1枚目 オリエンテーションの様子
     (中段左は同時中継を視聴中の仮ホームルームの様子)
 
 2枚目 学習合宿委員会(部署ごとの顔合わせ)の様子

画像1
画像2

本校OBの粟津正蔵さんが逝去されました。

画像1
 京一商第52回(昭和16年3月)御卒業の本校OB,粟津正蔵さんが,3月17日,老衰のためパリの自宅で逝去されました。92歳でした。

 粟津さんは大正12年(1923年)4月のお生まれで,10歳の時にけがを治していただいた先生にお父様が「何をやらせたらいいか」と相談なさったのが,柔道を始められたきっかけだそうです。以降,小学校の授業が終わると,その先生が柔道の指導をされていた京都市立第一商業学校(現在の本校)に通うようになりました。京一商入学後も練習に励まれ,4・5年生(15・16歳)の時には明治神宮国民体育大会で2回連続優勝を果たされました。

 昭和11年(1936年)からフランスで教えてこられ,第二次世界大戦で国外退去となって日本に戻られていた川石酒造之助先生が戦後再渡仏されるに当たり,アシスタントが必要ということで栗原民雄先生に相談されたところ,栗原先生は川石先生に粟津さんを推挙され,昭和25年(1950年)に渡仏されました。当初は1年間の予定であったそうです。

 粟津さんは寝技の達人として知られ,フランス代表チームのコーチとして御活躍され,多くのフランス人柔道家・指導者を育てられる等,フランスでの柔道普及に尽力されました。また,昭和39年(1964年)の東京オリンピックではフランス代表チームのコーチを務められる等,「フランス柔道の育ての父」と呼ばれていらっしゃいます。

 平成元年(1989年)に九段(フランス)に昇段され,平成5年(1993年)には勲五等双光旭日章を,平成11年(1999年)には約半世紀にわたる長年の功績をたたえられ,フランス最高の勲章「レジオン・ドヌール」(シュバリエ)を受章されました。

 本校柔道部も,粟津さんには大変お世話に与りました。西京商業高校時代の平成11年12月には生徒8人をフランスにお招き下さり,粟津道場での練習に参加させていただいたり,御自宅にて夕食をいただいたりと大歓迎して下さいました。誠に有り難うございました。

 御冥福を心からお祈り申し上げます。  

「第1回近畿地区スーパーグローバルハイスクール校・SGHアソシエイト校課題研究発表会」に2年生6チームが参加しました! (その2)


 写真の続きです。


[写真]
 1枚目 口頭発表の様子
 2枚目 本校参加生徒の集合写真
画像1
画像2

「第1回近畿地区スーパーグローバルハイスクール校・SGHアソシエイト校課題研究発表会」に2年生6チームが参加しました! (その1)

 3月21日(月・祝)10時から16時まで,関西学院大学西宮上ヶ原キャンパスにて行われました「第1回近畿地区スーパーグローバルハイスクール校・SGHアソシエイト校課題研究発表会」(主催:関西学院大学/共催:大阪大学/後援:文部科学省,京都市教育委員会など近畿各府県市の10教育委員会)に,本校2年生19名・6チームが参加し,口頭発表(プレゼンテーション)やポスター発表(ポスターセッション)を行いました。

 これは,「スーパーグローバル大学」として様々な取組を行っている関西学院大学・大阪大学が,高大接続を意識した支援・連携事業の一環として,SGH校に学ぶ生徒たちには意欲を高め能力の向上を図るとともに,他校の生徒から刺激を受けることで共に切磋琢磨してグローバル社会におけるリーダーとなっていくことを期待して,また,各高校に対しては指導内容の検証・研究開発実施状況の年度末まとめの場として活用できるよう,今回初めて実施されたものです。
 近畿地区のSGH校及びSGHアソシエイト校計27校から,口頭発表22本,ポスター発表84本のエントリーがありました。
 本校からは,2年生のSGH課題研究で「アジアの環境問題」を大テーマとして7つのゼミにわかれて69チームで取り組みました論文の中から,優秀6チームの生徒たちが,朝7時に校門前に集合して,貸切バスにて兵庫県西宮市の会場に向かいました。

 10時から中央講堂で行われましたオープニングセレモニーでは,主催者・共催者挨拶の他に,出場高校代表生徒による「高校PRタイム」があり,本校代表も落ち着いてしっかりとアピールしていました。

 本校の口頭発表は,指定された14時から14時30分までの時間帯に1回,またポスター発表は,11時から16時までの間に,1回の発表指定時間(15分間)を含めて各グループが適宜それぞれの会場で発表を行いました。

 本校の発表テーマは次の通りです。

 [口頭発表]
       メディア・アート・デザイン
        ―人々の環境意識持続のために―

 [ポスター発表]
  チームA 人間はこれからAIとどのように関わっていくべきか
        ―望ましい人間・AI融合社会の構築―
  チームB アジアにおける防災・減災に応用できる技術とは
  チームC ウナギの生態系保全における完全養殖の可能性
  チームD 中国の都市部の水道水の汚染を改善するために
  チームE 大気汚染と経済発展の関係性とは

 各チームとも,説明・質疑応答ともに落ち着いてしっかりと行っていました。参加者には大学院生や高校・大学の先生も多くおられ,使用するデータの種類等について御専門の立場からアドバイスもたくさんいただくことができました。

 終了後,生徒たちは,「大きな場での発表を経験できて良かった。」「初めて聞かれる方には内容が盛りだくさんだったので,伝え方をもっと工夫した方がよかったかもしれない。」「他校の取組も参考になった。」等の感想を述べ合っていました。

 貴重な機会を設けて下さいました関係の皆様に,厚く御礼を申し上げます。
 参加した生徒の皆さんは,この経験を糧に,聴衆に応じたプレゼンテーション力や当意即妙のコミュニケーション力・対応力を一層磨いて下さい。期待しています!

[写真]
 1枚目 全体でのオープニングセレモニーの様子
 2枚目 ポスター発表の様子 
画像1
画像2

今年度最後のフィールドワーク委員会を行いました!(その2)

(最後のフィールドワーク[以下,FWと略します]委員会)
 17日(金)午後に行いました最後のFW委員会では,まず「FW委員アンケート」の結果分析と振り返りが行われました。FW委員の生徒たちの80%以上が「委員として活動したことで,自分自身が成長した」と回答し,また,この活動を通して得た力として,「FW委員同士で意思疎通を図りながら協働する実践的なコミュニケーション力」「徹底的なシミュレーションを基に柔軟に対応する力」「責任感や当事者意識」を挙げた回答が多数ありました。この活動を通して伸ばしてほしい力がしっかりと身についている様子がうかがえます。
 また,アンケートの自由記述欄にあった,「臨機応変に動くためには,みんながついてこられるように説明し,納得してもらうことが必要だということを学んだ。」という回答に触れ,担当の土肥先生から,「一方的な説明では人を動かせない。説明を通して十分に『納得』してもらうよう心掛けることが大切であり,FW委員として活躍してくれた皆さんはそのことを十分に理解しているはず。活動を通して本当に多くの学びや気づきがあったはず。是非今後に生かしてほしい。」と労いと激励のメッセージがありました。

 次に,各コース長から,最後のメッセージを他のFW委員たちに伝えました。「自分にとって大きな成長となった。」「無事に元気に帰れてよかった。」「支えてくれたみんな,ありがとう。」等,話しながら感極まる場面もあり,どの生徒も充実感・達成感に溢れるきらきらとした表情をしていました。

 最後に,海外FW委員会担当の先生方からです。
 学年主任富永先生からは,「これまでのFW委員として取り組んできた経験が2年生でのEPIIの活動に繋がっていく。ひいては今後,大学や社会に進んでから更に活躍できる素地を作ることにつながる。これまでの経験を生かして今後も頑張って欲しい。」と激励の言葉がありました。
 海外FW実行委員長の岩佐先生からは,「グローバルリーダーになるための必須条件」という内容で熱いメッセージをいただきました。「必須条件は2つある。一つは『逃げない』こと。やりたくない,面倒くさいことから逃げずに真正面からぶつかる。しかし折れそうなときは,周りに助けを求めることを忘れてはならない。もう一つは『評論家にならない』こと。ただ文句を言って,非難することからは何も生まれない。自身が能動的に物事に取り組み,根拠を持って批判することは有益で意味があるが,第三者的な立場から文句しか言わない人は,リーダーになる資格がない。」と熱くエールを送られました。

 最後に全員で記念撮影を行い,13期生FW委員会は解散しました。

 海外FWは終わりましたが,それに関連する取り組みは2年生でも続いていきますし,委員の皆さんは,そこでも中心となっていってくれることでしょう。これでFW委員としては一区切りですが,引き続き彼らの活躍に期待したいと思います!

[写真]
 最後のFW委員会の様子と記念の集合写真

画像1
画像2

今年度最後のフィールドワーク委員会を行いました!(その1)

 3月6日から11日までの5泊6日の日程で行いました13期生の海外フィールドワーク(以下,FWと略します。)。3月17日(金)午後には,6階エンタープライズ演習室にて13期生海外FW委員78名全員による最後の全体会議を行い,解散しました。

(4月以降の流れの振り返り)
 昨年4月入学直後の「学習合宿」でのコース決定方法についてのグループ討論・ポスター発表からその準備が始まっていました。学習合宿の「リーダーズ(学習合宿委員会)」解散から間髪を入れず,4月27日(月)昼休みには第1回のFW委員会全体会を行いました。
 アイディア企画演習等のグループワークと並行してクラスごとにコース研究を進め,5月の保護者向け説明会での生徒プレゼンテーション,6月のクラス別発表会や7月の教員による各コースのプレゼン等をはさみながら参加コースを選択し,7月21日の学年アセンブリで決定したコースが発表され,内外進ミックスの各コース初顔合わせを行いました。

 その後,折に触れて定例・臨時のFW委員会を持ち,それぞれの委員が毎時間の企画・準備・運営に当たってきました。

(帰着後)
[学年全体]
 3月15日(火)午後1時30分から,7階大講義室にて,1年学年アセンブリを行いました。
 まずは学年主任の富永先生から,海外FWの振り返りと学研ハイレベル模試の短評,そして“4月中ごろまでの1箇月間をどう過ごすか”,その学習姿勢の重要性についてお話がありました。次に,各教科の担当者から,春休みの宿題や今後の学習の仕方について説明を行いました。
 その後,コース別の会議を行い,「事後アンケート」の記入やコース内の振り返りを行いました。委員たちは今年のFWを作り上げた達成感と,全員が無事に帰ってくることができた安心感を改めてかみしめていたようです。

[FW委員会]
 それを受けて,15日(火)・16日(水)にはFW委員会の全体会やコース別会議を連日持ち,アンケート結果の入力・集計・分析等に遅くまで取り組みました。


[写真]
 3月15日の学年アセンブリやコース別会議の様子

画像1
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
全日制
4/6 1年クラス発表 第3回入学予定者登校日 1年スタディーサポート
京都市立西京高等学校
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:(全日制)075-841-0010
   (定時制)075-841-1240
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp