京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

東北・関東大震災被災者の方々に義援金を!

画像1
3月11日,我が国における観測史上最大となるマグニチュード9の「東北地方太平洋沖地震」が発生し,非常に多くの方が被災され,さらには大津波や火災で都市機能も壊滅的なダメージを受けるなど,未曽有の事態となっていることはご承知のとおりです。
本校といたしましても,附属中学校PTA,高等学校全日制PTA並びに高等学校定時制子どもと共に歩む親と先生の会のご賛同を得て,『西京』全体として義援金活動を実施することといたしました。
つきましては,本校の義援金活動の趣旨をご理解いただき,是非ともご協力をいただきますよう,何卒よろしくお願い申し上げます。義援金につきましては,銀行口座への振込方式を採用させていただきます。本校所定の銀行口座にお振り込みいただきますようお願いいたします。      

あわせて,募金箱を本校玄関(全日制・附属中学昇降口の事務室前)に設置いたします。
 
なお,被災地が必要とする具体的な「支援物資」が不明なため,現時点では支援物資への対応はいたしません。ご理解をお願いします。
また,義援金活動の実施期間は,当面,平成23年3月31日(木)までとし,ご協力いただいた義援金は,日本赤十字社を通じて,被災地への支援に役立てられます。
ご理解とご協力のほど,何卒よろしくお願い申し上げます。

※ 本校生徒の保護者の方々には,学校からの配付文書にて振込口座番号をお知らせします。
※ 卒業生等の方々には,次の電話又はファクシミリで振込口座番号をご案内します。
京都市立西京高等学校
Tel(075)841−0010
Fax(075)822−5702
※ 税務署への申請等で利用できる「領収書」については,区役所・支所で発行されます。この場合は,区役所等での義援金活動にご協力ください。本校は,金融機関発行の振込領収書以外に領収書を発行いたしません。

中国「ふれあいの場」高校生訪問事業−中間報告

画像1
3月23日(水),独立行政法人国際交流基金日中交流センター主催の中国訪問事業の参加者について,随行の辻浦先生から中間報告が入りました。
一行は,きわめて順調に交流事業を展開し,本日,参加生徒たちは四川省成都に滞在し,ホームステイを体験しています。バディはかなり裕福なご家庭の方ばかりだそうです。本校の生徒をはじめ参加者全員無事で元気にしているそうです。
明日は上海に移動。訪問事業も終盤へと入ります。

先日の本校「上海フィールドワーク」で生徒一人が上海のホテルに制服ブレザーを忘れてきました。明日,辻浦先生が回収に行ってくださるそうです。ヨカッタネ,○○○○クン!辻浦先生は大活躍です・・・・!

京都市立学校文化芸術賞を本校生に!

画像1
3月17日(木),夕刻の午後5時15分から,京都市教育委員会(教育長 高桑 三男)は,文化芸術活動において優秀な成績を収めた京都市立学校の児童生徒に対し,その栄誉をたたえ,今後の学業の励みとする目的で,本校の 夏 冰 君,難波 貴史 君,出間 晃 君らに「京都市立学校文化芸術賞」を授与しました。
夏 冰 君,難波 貴史 君,出間 晃 君の3名は,昨年の7月27日に日本棋院・全国高等学校囲碁連盟・全国高等学校芸術文化連盟囲碁専門部主催の第34回文部科学大臣杯全国高等学校囲碁選手権大会において男子団体戦優勝の快挙を成し遂げました。この功績により,今回の栄誉に輝いたものです。定時制課程に学ぶ難波君と出間君は,残念ながらこの授賞式に参加できませんでしたが,チームを代表して夏君が,高桑三男教育長からの賞状を受け取りました。
本当におめでとうございました。歴代の優勝校には全国の名だたる高校が名前を連ねています。この中,全日制課程と定時制課程に学ぶ生徒が合同チームを結成して,一致団結,見事優勝を飾ったのはいかにも「西京」らしく,全校生徒はおろか教職員すべての大きな誇りとするところです。

なお,同時に文化芸術賞を受賞したのは,次の学校です。
■京都市立音羽中学校(2年女子生徒)
 平成21年度野依科学奨励賞受賞
■京都市立西ノ京中学校(コンピュータ部)
 第7回中高生南極北極科学コンテスト特別賞受賞
■京都市立蜂ヶ岡中学校
 第70回全国教育美術展全国学校賞・文部科学大臣奨励賞受賞
■京都市立伏見工業高等学校(シビルクラブ A,B両チーム)
 G空間EXPO 測量コンテスト優勝
■京都市立塔南高等学校(吹奏楽部グリフォンズ)
 第38回マーチングバンド バトントワーリング全国大会
 一般の部5位入賞

※写真上:京都市立学校文化芸術賞表彰状
※写真下:高桑三男教育長とEP科7期生の夏冰君

画像2

京セラ講座を開催!

画像1画像2
3月14日(月),午前9時からエンタープライジング科恒例の『京セラ講座』を開催しました。講師は,京セラ株式会社京セラ経営研究所教育本部教育企画部フィロソフィ研修課の 吉田 博明 氏。演題は,『京都の先進企業「京セラ」の経営理念・海外展開について』です。

吉田氏は,京セラの社会貢献事業に続いて国際的な事業展開を紹介する中で,“国際人”“企業人”として必要な資質を「人格」と表現され,語学の重要性に勝る人間性の大切さを強調されました。生徒たちが“特に印象に残ったこと”としたのは『人生方程式』,人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力というものです。特に大切なのは「考え方」,人間の考え方次第では人生も仕事も,その結果がゼロになるだけではなくマイナスの結果すらももたらすということが,多くの生徒の心に響いたようです。
次は,生徒の「感想」です。
・創業者稲盛和夫氏の人生方程式について,「考え方」がすべてに大きな影響を与えるということに驚いた。自分は,人生・仕事の結果=能力×熱意と思っていて,能力が方程式の大半を占めると考えていた。人間,考え方次第でその人生が変わるのだと思うと,少し前向きな気持ちになれたような気がする。
・吉田先生の部活動が大切だというお話を聞いて非常に心強く感じた。今,自分は,部活は部活,勉強は勉強と考え,部活と勉強は対立するものと考えていた。しかし,部活をすることで勉強に,勉強することで部活に大きな好ましい影響が出ることを知り,あらためて高校生活に全力を尽くそうと考えた。
・京セラの事業紹介を聞いて,京都創業の企業がこれほどまでに全世界でグローバルな活動をしていることを知りどこか嬉しい気持ちになった。将来の日本を考えると,高い技術力が必要な最先端工業製品の開発力が大切さだということを痛感し,今,ガンバロウ!と思えて仕方がない。

『京セラ講座』は,平成15年の本校エンタープライジング科創設以来の恒例行事です。高校1年生が対象の講演講座ですが,西京生にはなくてはならないものに成長しています。
本年もありがとうございました!

上海フィールドワーク 最終報−2

3月20日(日),午後7時5分に上海フィールドワーク旅行団,生徒168名が全員無事に所期の目的を達成し,フィールドワークを終了いたしました。
ご協力とご支援,誠にありがとうございました。

中国「ふれあいの場」高校生訪問事業

画像1
EP(エンタープライジング)科8期生,高校1年生の上海フィールドワークと入れ替わりに,生徒6名が,独立行政法人国際交流基金日中交流センター主催の『中国「ふれあいの場」高校生訪問事業』参加のために中国を訪問します。
この事業は,国際交流基金日中交流センターが2006年から5年間実施している「中国高校生長期招へい事業(中国の高校生計173名を既に日本に招へい。本校にも2007年から4名を受け入れ)」に関わるもので,双方向的な日中の青少年交流・市民交流を果たすため,今回初めて全国の3高等学校(鹿児島県神村学園高等学校,大阪府立大手前高等学校,京都市立西京高等学校)の代表生徒が派遣されるものです。
日程及びスケジュールは,次のとおりです。
平成23年3月20日(日)〜25日(金)
 20日(日)【大阪】オリエンテーション
 21日(月)【北京】市内見学・北京日本文化センター訪問
 22日(火)【成都】「ふれあいの場」訪問・交流会
 23日(水)【成都】成都外国語学校訪問・ホームステイ体験
 24日(木)【成都】市内見学 →【上海】市内見学
 25日(金)【大阪】解散
本校代表の生徒は,次のとおりです。
 安藤 若菜 − EP科7期生(2年)
 大井 美里 − EP科8期生(1年)
 大畑 月香 − EP科7期生(2年)
 改森 実奈 − EP科7期生(2年)
 前田 里菜 − EP科7期生(2年)
 村山 綾香 − EP科8期生(1年)
なお,派遣団には本校の辻浦晃一郎教諭も随行いたします。辻浦先生は,上海フィールドワークにも引率教員として参加していますが,関西国際空港でそのままこの派遣団に合流いたします。
参加する生徒は本校の最精鋭です。他の2校の参加生徒とともに,将来の日本と中国を結ぶ懸け橋となってくれることを心の底より願っています!

上海フィールドワーク 最終報〔最終日〕

上海フィールドワークの最終報をお伝えします。
第1陣(1組・5組)が無事学校に到着しました。
第2陣(3組・7組)も無事関西国際空港に到着し、現在、入国審査を受けています。このグループは、搭乗予定の飛行機が深圳の天候により遅延し、約3時間の遅れが生じました。学校到着は、午後7時を予定しています。
ご心配をおかけしましたが、全員無事で元気です。
写真上:上海浦東国際空港での解団式の様子です。
写真下:第1陣の学校到着の様子です。
画像1
画像2

上海フィールドワーク 第12報〔最終日〕

画像1画像2
最終日の今日は、早朝にホテルを出て、すでに上海浦東空港に到着しています。帰国してどんな話を聞かせてくれるでしょうか。

上海フィールドワーク 第11報〔5日目〕

昨日〔5日目〕の午後の研修の様子が上海から届きました。

写真上:昼食後1時間程度クラス別で豫園を散策。

写真中:上海市の市花ハナモクレン(中国語:白玉蘭)。少し雨が降ってきました。

写真下:バスで南京東路に移動し、クラス別散策。残念ながら雨でした。夕食の後、白玉蘭(花モクレン)劇院で上海雑技を観賞しました。

画像1
画像2
画像3

上海フィールドワーク 第10報〔5日目〕

画像1
フィールドワーク第5日目,本日は,クラスごとに上海市内を研修・見学しています。
日本時間午後5時30分現在,生徒は研修・見学を終えバスにて夕食会場「粤珍軒」に到着,広東料理の夕食を楽しんでいます。夕食後,生徒たちは上海雑技を楽しむ予定です。
生徒は元気に活動しています。1名が発熱のため通院したようですが,症状は軽微で,診察の後は元気を回復して旅行団に合流し,上海雑技を楽しむ予定です。
明日はいよいよ最終日。早朝にホテルをチェックアウトして,帰国のため上海浦東国際空港に向かいます。
上海浦東国際空港出発(離陸)は,中国東方航空MU515便(1組・5組搭乗)は午前9時30分,中国国際航空CA921便(3組・7組搭乗)は午前9時35分の予定です。関西国際空港には両機とも12時40分ごろ(日本時間)に到着し,入国手続きなどを済まして,午後1時50分ごろ,バスにて京都に向かいます。
京都駅到着は午後3時30分ごろ,阪急西院駅到着は午後3時40分ごろ,学校到着は午後3時50分ごろを予定しています。


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
全日制
4/6 第3回入学予定者登校日
新1年クラス・担任発表(午後)
京都市立西京高等学校
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:(全日制)075-841-0010
   (定時制)075-841-1240
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp