京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/02/22
本日:count up194
昨日:222
総数:341001
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
思いやりの気持ちを!     いまを大切に!     オール洛陽のメンバーとして結集を!

「科博連サイエンスフェスティバル」の記事が京都工繊大のサイトに掲載

 本校電気コース・コンピュータ部の生徒と京都工学院高校サイエンスクラブの生徒、および京都工繊大の学生が共同企画・運営した「科博連サイエンスフェスティバル」の開催報告が、京都工芸繊維大学のHPにおいて掲載されました。
 興味のある方はぜひご覧ください。これは2月5日に京都市青少年科学センターにて開催され、本校ホームページでもご紹介したものです。

※京都工芸繊維大学の記事はこちら

家庭科 「誰もが暮らしやすいまちづくり」を考える授業

1月26日(木)に唐橋学区を実際に地図を片手に「まち」や駅の様子をチェックしながら歩きました。身近な自分の周りの環境に関心を持ち、安心して住み続けることができる「まち」にするために何が必要かを考え、「京都市西大路地区バリアフリー移動円滑化基本構想」に対するパブリックコメントとしてまとめました。日頃、学校に通っていても、安全意識を持って歩くことはないので、よい経験になりました。
「京都市西大路地区バリアフリー移動円滑化基本構想」を知ることから始めたこの取り組みでしたが、西大路駅周辺のことだけにとどまらず、すべての場所で当てはめることのできる基本的な「誰もが住みやすい」という観点でまちを見ることができました。

※この授業の様子が京都新聞で紹介されました。
 (H29.1.27朝刊市民版および2.18朝刊)
画像1画像2

山岳部定例山行 貴船山

 2月19日(日)に、山岳部の今年度最後の定例山行を行いました。現在5名の部員ですが、3年生が卒業すると2名となり、活動するにはさびしい人数となってしまいます。
 叡山電鉄二ノ瀬駅で降車し、二の瀬ユリを登って行きます。前日に降った雪が、ユリ(緩やかな登りの意味)道を白く色づかせていました。雪景色だけでなく、ニホンジカやルリビタキの姿も見る事が出来ました。樋之水峠を過ぎたあたりから、残雪が増え始めました。710mピークで記念撮影後、さらに北上して滝谷峠へ進みます。峠で休憩後、魚谷山を目指すため谷筋を降りて行くことになるのですが、残雪量が思ったより多く、なかなか進むことができません。装備的にも時間的にもこのまま進むのは問題があるため、魚谷山はあきらめ別ルートで貴船山を目指す事にしました。
 樋之水峠まで来た道を戻り、そこから貴船山に進みます。貴船山には二等三角点があるのですが、眺望は全くありませんでした。帰りは二ノ瀬駅まで戻らず、貴船口駅へのショートカット道を利用しました。
 目標とした山が登れなかったのは残念でしたが、メンバー全員がそろった山行が最後にできました。

画像1
画像2
画像3

市立高校教育研究会工業部会 生徒発表会

 2月18日(土)、伏見工高において洛陽工・伏見工合同での課題研究発表会が開催されました。これは京都市立高校教育研究会工業部会が主催するもので、洛陽工高・伏見工高の両校から各コース10テーマについての発表が行われました。
 各チームとも1年間取り組んできたことを12分間の発表時間にまとめ上げ、熱のこもった発表を行いました。前後半それぞれ5つの発表を挟んでの質疑応答には、苦労した点や、製作物の性能についての質問も寄せられ、生徒たちは熱心に答えていました。
 1年間取り組んで来たことや、大勢の人を前にプレゼンテーションできたことに自信を持って、就職先や進学先でもこの経験を活かして頑張ってほしいと思います。本校の発表テーマは以下の通りです。

 ●機械コース
  「エコストーブの製作(環境と生活)」
 ●電気コース
  「洛陽メモリアルプロジェクト」
 ●電子コース
  「3Dプリンタ&3DCADで
   インテリアアートロボづくり」
 ●京都ものづくりコース
  「ホットケーキ裏返し機の製作」
 ●ハイパーステージ
  「種まき機の製作」

画像1
画像2
画像3

家庭科「ライフプランニング」授業

2月15日、家庭科で『ライフプランを考える』授業が行われました。高校を卒業してからの生活をシュミレーションしてみることで、将来をしっかりと見据え、今後の目標設定をすることの大切さに気づくことを目的としたものです。実際に、ライフプランナーの方々が各グループに一人づつついて頂き、アドバイスをしながら、モデル家庭のシュミレーションをしていきました。生徒たちは楽しみながらも、生涯設計することの必要性に気づいたようです。ソニー生命のライフプランナーの皆様、ご協力ありがとうございました。
画像1
画像2

洛陽高校 修学旅行の復活

 戦後になって中止されたままの修学旅行は、昭和25年(1950年)10月に復活しました。旅行業者などがない時代もあって、日程計画の立案や旅館の交渉、旅費負担の問題や生徒たちの家庭の経済状況などさまざまな困難な状況の中で第1回の修学旅行が実施されています。旅行先としては、関東方面と九州方面の2案が検討され、生徒の希望により関東方面(鎌倉・東京・日光)と決まりました。日程は10月21日から24日にかけて3泊4日で旅行の費用負担ができるだけ軽くなるようにとの配慮から短縮した日程で行われたと記録されています。
 旅費の積立期間も短かったため、不参加の生徒もかなりの数におよびましたが、当時の経済事情からはやむを得ない状況だったようです。不参加者は期間中、学校で製図などの授業を受けました。当時の生徒にしてみれば、東京、日光などは容易にいけない遠隔の地でしたが、きわめてハードなスケジュールだったこともあり、下見では予想もしなかったことが起きて引率した教員も戸惑ったと記録されています。(洛陽高校百年史より引用)

画像1

洛陽校舎へのメッセージ

 今回ご紹介するメッセージは、いずれも卒業生の方からです。「卒業して50数年、本館と正面玄関、グラウンドの位置だけが当時のままで体育館は反対側に移っていた。食堂、図書館もひょっとして同じ位置だったかなと思える程度で周囲はそれなりに様変わりしていた」、「校舎や教室の窓から眺めてみる景色、フォークソングが歌われていた講堂、いずれも卒業した45年前とほとんど同じだった」、「卒業してから一度も訪れる機会がなく、こういう催しがあることを知り48年ぶりに学校の門をくぐった。当時の記憶を辿りながら校舎の中を見学した」と建物にまつわる記憶から懐かしさが伝わってくるメッセージをいただきました。
 メッセージ上から、「昭和35年卒 機械科」、「昭和46年卒 電気(定)」、「昭和43年卒 電気科」の方々からです。ありがとうございました。

画像1
画像2
画像3

桂川清掃活動

 2月12日(日)、環境委員、生徒有志、卒業生および教職員の計14名で、桂川の久世橋左岸での清掃作業を行いました。当初、2月5日に予定していたのですが、雨天により順延となったものです。この日も数日前より雨や雪の日が続き開催が心配されましたが、穏やかな天候に恵まれ清掃活動を行うことができました。参加者は、それぞれ川岸に降りて流れ着いたペットボトルなどを回収しました。洛陽工業高校として参加するのは今年が最後になりますが、この活動の輪をこれからも広げて行きたいと思います。
画像1
画像2
画像3

洛陽高校 化学工学科の新設

 化学工学科は、昭和37年(1962年)4月に新設開講され定員40名をもって発足しています。洛陽高には京一工時代から工業化学科がありましたが、同科は分析化学を主体とするもので、化学機械に着眼した機器や装置の取扱いをめぐる教育は不十分でした。化学工学科は化学機械に関する工学的基礎知識を十分に習得した中堅技術者の育成を目的として誕生しました。化学工学科の実習棟は裏門周辺に建築されることになり、工事は昭和37年初めに着工、7月末に竣工しています。これをもとにさらに東西に増築されました。(洛陽工高百年史より引用)
画像1

洛陽校舎へのメッセージ

 今回ご紹介するメッセージは、いずれも卒業生の方からです。「自分の人生の土台づくりとなった唐橋校舎は、何物にも代えがたい愛着がある。実践的な理解と応用力を身に付けた実習室は当時のおもかげが薄らいでいた。ここでのよき風土が次世代を担う京都工学院の生徒に引き継がれることを祈念します」、「私は1年から3年間14組として機械科にいたが、3年14組を3.14と言って名称をπ(パイ)クラスと称して毎年秋にクラス会を開いている。10〜14名の参加があり全員80歳以上の年齢にも関わらず元気に出席して、学生時代の話に花を咲かせている」、「電気科実習室では、当時実習で使用した機材、機器がほぼそのままの状態であった。電流計を焼いたり、負荷電球を割ったことなどが思い出される。当時勉強したことが現在の仕事(受変電設備保安管理)に活かされている」とメッセージに残していただきました。
 メッセージ上から、「昭和43年卒 工業化学科」、「昭和27年卒 機械科」、「昭和56年卒 電気科」の卒業生の方々です。
ありがとうございました。

画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
行事予定
2/27 一斉清掃(45分授業)
2/28 3年卒業式予行(13:00〜)
3/1 卒業証書授与式 (10:00〜)
京都市立洛陽工業高等学校
〒601-8467
京都市南区唐橋大宮尻町22
TEL:075-691-3161
FAX:075-682-5668
E-mail: rakuyo@edu.city.kyoto.jp