京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/01/19
本日:count up65
昨日:121
総数:441192
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
1月の終わりが見えてきました。

春体開会式の様子2

画像1
画像2
画像3
 開会式の様子の続報です。3人の先生方が広いスタンドで迷っておられました。

春体開会式の様子1

画像1
画像2
画像3
 爽やかな空気の中で、第59回京都市中学校春季総合体育大会の開会式が西京極陸上競技場で盛大に執り行われました。わが樫原中学校の選手団は練習通りの立派な、堂々とした行進を見せてくれました。大会での活躍を祈っています。お疲れ様でした。

平成28年度後期学校評価について

平成28年度の後期学校評価の分析結果を掲載しました。配付文書か以下のリンクからお進みください。

平成28年度後期学校評価アンケート分析結果

進路・修学旅行説明会の様子

画像1画像2
 6限を使って進路・修学旅行説明会が行われています。多くの保護者の皆さまにお越しいただいています。お忙しい中のご参集に感謝申し上げます。

登校風景

画像1
 保護者・地域の方を中心にあいさつ運動が実施されています。この写真を撮ったのは8時22分ごろでした。校門をくぐる生徒がほとんどいません。もしかして、多数の遅刻者が・・・、ではなくほとんどの生徒が教室で朝読書を始めているのです!遅刻者ゼロはあたり前のように続いています。この状態がずっと続けばと、期待しています。

『平成29年度 憲法月間 人権啓発パレード      〜音楽溢れる街 樫原3〜』

4月15日(土),樫原中学校吹奏楽部は『平成29年度 憲法月間 人権啓発パレード』で演奏させていただきました。『すべての人がかけがえのない存在として認められる社会の実現と,子どもたちの健やかな育ちを目指し』,京都市PTA連絡協議会と人づくり21世紀委員会が家庭・地域・学校,さらに企業や各種団体,NPO,関係機関等と共同で『人権文化の息づくまち・京都』の実現のために実施されているものです。
 午前10時30分に京都市立京都御池中学校で始まった開会式には,京都市副市長をはじめ,多くの団体からたくさんの方々が集まっておられ,『人権啓発パレード』の意義と規模の大きさ,何より主催者の方々や参加者の皆さんの熱意が感じられるものでした。午前11時から始まったパレードは,御池通りを東に市役所前まで,そしてそのまま河原町通りを四条通りまで南に進む予定でしたが,あいにくの雨で,市役所前で中止となってしまいました。樫原中学校吹奏楽部は先頭の『憲法月間旗』に続く先頭集団を,演奏しながら歩かせていただきました。わずかの距離でしたが,沿道で手を振ってくださったり,同じ参加者のみなさんから「ありがとう!」「お疲れ様」「ごめんね,せっかく来てくれたのに」など,たくさんのあたたかい声をかけていただきました。少しの時間でもみんなで奏でた音楽が,沿道のみなさん,参加者のみなさんの心に届き,パレードのお役に立てたのであればよかったな,と思います。
 主催者と参加者のみなさん,いつも応援してくださっている地域のみなさん,そして保護者のみなさん,ありがとうございました。
画像1画像2画像3

1年生学年道徳

 本日6限、1年生が体育館で学年道徳を行いました。”礼儀”をテーマにグループ討議をしたり、活動をしたりして活気のある1時間でした。
画像1
画像2
画像3

学校だより

学校だよりの4月号ができました。下のリンクからお進みください。

学校だより4月号

新入生歓迎会

画像1
画像2
画像3
新入生歓迎会が本日、昨年度完成したばかりの体育館で、催されました。
各委員会の説明、部活動の紹介、プレゼントの贈呈などを行なった後、新入生代表・伊藤沙和さんから“早くこの学校になじんで、チーム樫原の力になりたい”というコメントがありました。

『京都市交響楽団スプリングコンサート                  〜音楽溢れる街 樫原2〜』

 4月9日(日),樫原中学校吹奏楽部は,左京区北山にある『京都コンサートホール』で,『京都市交響楽団スプリングコンサート』を鑑賞しました。会場は音楽を愛するたくさんの人で満席でした。
 樫原中学校吹奏楽部では,「出会いを大切にし,お客さんの心に響く演奏をする」,をモットーに,日ごろお世話になっている地域の皆さまへの訪問演奏を大切にするとともに,「花は心,種は態〜わざ〜なるべし」の言葉にあるように,子どもたちの感受性を育むためにさまざまな演奏会を鑑賞することも大切に行っています。今日も,吹奏楽部としてだけではなく,音楽を愛する立場として京都で一番の音楽ホールに出掛けて,ゆっくりシートに座って音楽に耳を傾ける時間があっても良いのかなと,日本で唯一の自治体直営のオーケストラとて創立され,市民に広く愛され続けている京都市交響楽団のコンサートを鑑賞しました。舞台には,指揮者の下野竜也先生をはじめ,日本を代表する奏者の方々が揃っていらっしゃり,これから成長していきたいと思っている樫原中学校吹奏楽部のメンバーにとって勉強になりました。
 中学生の感受性は大人とは比べものにならないくらいで,その可能性は無限です。「上質な音楽」に触れることによって数字では表せない様々な力が身に付いていくはずです。可能な限り多くの演奏会を聴きに行き,「音楽」に出会い,自分の心に沢山の種を蒔く。その種が,やがて知らないうちに綺麗な花を咲かせることになります。「心根」と書いて「こころね」と読みます。「気持ちの大もとのところにある心。気持ちの持ち方」という意味です。美しい花をつけるためには,どんな花も根っこを育てることが大切です。根っこが変われば,葉(言葉)も,果実(結果)もどんどん変わっていきます。多くの体験での「出会い」を通して,「心根」を育てる。そんな多くの出会いに気付け,大切に出来るよう心から願っています。今日も溢れる音楽と出会いに満ちた,素晴らしい午後となりました。 

画像1画像2
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
京都市立樫原中学校
〒615-8161
京都市西京区樫原蛸田町11
TEL:075-392-6630
FAX:075-392-6640
E-mail: katagihara-c@edu.city.kyoto.jp