京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/01/23
本日:count up100
昨日:97
総数:223126
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
1月18日(金)は,自由参観日です。

図画工作展を実施しました

画像1画像2画像3
 3月3日(火)〜3月5日(木)の3日間,本校の体育館にて図画工作展を実施しました。子どもたち一人ひとり,おもいを込めて作品を仕上げました。
 各学年ごとに,絵画と立体・造形作品をそれぞれ1点づつ出展しました。

1年    「お気に入りの絵」  「わくわく水ぞくかん」

2年    「お気に入りの絵」  「おめん」

3年    「紙版画」       「ステンドプッシュボックス」

4年    「お気に入りの絵」 「伝言板」

5年    「お気に入りの絵」  「ランプシェード」

6年    「お気に入りの絵」 「卒業記念オルゴール」

若草学級 「はり絵」      「2年おめん 4年伝言板           
                  5年ランプシェード 6年卒業記念オルゴール」
      共同制作「海の生き物」(美豆小・納所小・横大路小・明親小)

リビングクラブ 「クラブ制作」

呉竹総合支援学校 交流による友達の作品 

 

京都市立明親小学校 校歌

画像1
 明親小学校の校歌です。行事や音楽の学習などでは,子どもたちが元気な歌声を響かせています。

校名の由来

画像1画像2
 京都市立明親小学校の前身は,淀藩の設立した(明親館)であり,万延元年1860年5月11日,当時の藩主稲葉政邦公が家老の松尾直在に創設させたものである。
 明治5年学制発布により同年12月,これを廃して明親小学校を設立し,従来の建物を使用,教師生徒はそのまま引継ぎ,校名も踏襲した。
 明親の名は大学に「明徳ヲ明ニスルニアリ民ヲ親ニスルニアリ」からとったものといわれているが,一説には孟子に「人倫上ニ明カナレバ小民下ニ親シム」からとったとも伝えられ,明親館の館名の額(家老松尾直在の書)は今も本校に残されている。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
3/10 6年生を送る会  よんでよん読み聞かせ(13日まで)
3/11 テレマン室内管弦楽団鑑賞                6年生中学校通学服渡し
京都市立明親小学校
〒613-0904
京都市伏見区淀池上町106
TEL:075-631-2077
FAX:075-631-2096
E-mail: meishin-s@edu.city.kyoto.jp