京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/05/25
本日:count up2
昨日:23
総数:105183
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
みどりが深まり気持ちの良い季節。いきいき,にこにこ!楽しい学校生活を送りましょう。

第1回 学校運営協議会

 昨日,学校運営協議会を行いました。全体会の後,「心はぐくみ委員会」,「学習支援委員会」,「健康安全委員会」の3つの委員会に分かれて,今年度の取組について話し合いました。昨年度に引き続き,地域や保護者の方と協力して,子どもたちが成長できる取組を行っていこうと思います。今後とも,ご協力よろしくお願いいたします。
画像1画像2画像3

1年生 ダンスが上手になったよ

 運動会の玉入れで,ダンスを踊りながら入場します。先週からそのダンスの練習をしています。初めからあっという間に振付けを覚えてしまう子ども達。みんなやる気満々です。今は3番までの振りを覚えているところです。
 運動会に上手に踊れるようがんばっています!
画像1
画像2
画像3

運動会に向けて

画像1画像2
 校庭のサツキが花を終えて青々とした若葉を伸ばし始めました。その間のキンモクセイも,春の陽気を受けて,ずい分と枝が張ってきました。6月2日の運動会に向けて,地域の皆様がボランティアで枝を刈り込んでくださいました。微妙な調節をするために全て手作業で時間をかけて手入れをしていただきました。いつも気にかけていただいているだけでなく,貴重な時間を割いていただき汗までかいてくださいました。この桃山南小学校が地域の皆様に支えられていることがよく表れている一場面です。本当にありがたく,心より感謝申し上げます。

1年遠足 みどりの広場へGO!!

さわやかな5月の晴れの日

1年生52名でみどりの広場へ

遠足に行ってきました。

大きな遊具やひろい芝生の上で

元気いっぱい,力いっぱい

仲良くみんなで遊びました。

たっぷり遊んでから食べるお弁当は

とてもおいしく,みんなにこにこ笑顔で

食べていました。


朝早くからお弁当を作っていただき

ありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

算数 体積 1立方メートルの大きさ体験

画像1
1mの紙テープを使って1立方メートルの大きさを作りました。4人グループで協力して真剣な顔で作業していましたが、完成した時は笑顔になり、とても嬉しそうでした。完成した1立方メートルにグループ全員で入り1立方メートルの大きさを体験することができました。

1年生 たねをまいたよ

 生活科の学習で,朝顔の種まきをしました。植木鉢にこぼさないように土を入れ,指で開けた穴に種を一粒ずつまきました。
 まき終わったら,たっぷり水をやりました。「早く芽が出てほしいなあ。」という声が聞こえてきました。「ああ!楽しかったよ。」とにこにこ顔の子ども達でした。
画像1
画像2
画像3

3年生 春の遠足

画像1画像2画像3
少し天候が心配でしたが,無事遠足に行くことができました。

京都タワーからは,「平安神宮の大鳥居」や「伏見桃山城」を見つけたり,西の方角から,梅小路公園や水族館を見つけたりしていました。

見学後は,梅小路公園まで行き,お弁当を食べ,その後,広場や遊具でめいっぱい楽しみました。

「京都駅には,外国からの人が多いな。」「京都駅には電車やバスがいっぱいあるな。」などの気づきもありました。
また,京都タワーから見た景色は,今後の社会科の学習で生かしていきたいと思います。

3年生 校区探検

画像1画像2画像3
社会科の学習では,今校区の中で自分の紹介したいところを発表しています。

1回目は,校区の南側にあるスーパーやパン屋さん・児童館の紹介をしました。

その後,公園で遊びました。

遊びの中で,それぞれの公園の違い(大きさや遊具の種類)にも気付いてほしいと思います。

次回は,校区の北側に行く予定をしています。

部活動体験

画像1画像2画像3
 本日は,「和太鼓部」と「バスケットボール部」,新しい「タグラグビー部」の体験を行いました。
初めて経験する部活動に挑戦している姿や去年と同じ部活動を久しぶりに楽しんでいる姿が見られました。
今週は,他の部活動も体験を行っています。

5月の朝会

画像1画像2
 ちょうどゴールデンウィークのはざ間の5月1日。5月3日の憲法記念日にちなんで,朝会で日本国憲法のお話をしました。
 わたしたちが住む日本は,日本国憲法の三つの基本原理,つまり,基本的人権の尊重・国民主権(民主主義)・平和主義で成り立っています。子どもたちにそれを意識させるために,今回は17歳の若さでノーベル平和賞を受賞した,『マララ・ユスフザイさん』のことを取り上げました。
 パキスタンで生まれたマララさんは,武装勢力によって抑圧された女性の権利を取り戻そうとする運動を進めたがゆえに命を狙われ,15歳の若さで頭と首を銃撃され,一時は命も危ぶまれる状況に陥いりました。しかしその後,奇跡的に回復して命を取り留め,容赦のない暴力の脅威にひるむことなく人間の権利を守ろうとした勇敢な行動が認められ,史上最年少記録となる17歳でのノーベル平和賞の受賞となりました。
 子どもたちにとって,女性が教育を受けることが許されないこと,あるいは,小さな子どもでさえ銃で命を狙われるようなことは,なかなか事実として受け入れることは難しいでしょう。また,武装勢力による抑圧なども,今の生活からは全く無縁の世界であるはずです。これこそ,日本という国に,日本国憲法の理念が浸透しているからに他なりません。
 しかし,この平和で安全といわれる日本でさえも,個々の人権や自由が完全に保障されているかというとそうではないケースも見受けられることも事実です。わたしたちは,この日本国憲法の理念のもと,数々の恩恵を受けています。それゆえ,その日本国憲法の理念の完全な実現のために,努力していく義務があります。そのスタートはまずは学校から,ということで,学級での話し合いにつなげました。ご家庭でも機会があれば話題にしていただければ幸いです。

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
京都市立桃山南小学校
〒612-8006
京都市伏見区桃山町大島38-109
TEL:075-621-6841
FAX:075-621-6842
E-mail: momoyamaminami-s@edu.city.kyoto.jp