京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/06/17
本日:count up75
昨日:94
総数:377958
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標 みんなで育てる「自ら学び ともに考え 一人一人がかがやく太秦っ子」

離退任式 3

みんなで花道を作ってお見送りです。

金管バンドは音楽の演奏でお見送りです。

卒業生や保護者の方,地域の方もたくさん来てくださいました。

いつまでも名残はつきませんが,先生方の新しい生活を応援する気持ちで,みんなで拍手で送りました。
画像1
画像2
画像3

離退任式 2

今年度で松本校長先生ともお別れです。

校長先生には,たくさんお話をしていただいり,勉強を見ていただいたりしました。

優しく,時には厳しく,太秦の子ども達一人ひとりに本当に温かく接してくださいました。

最後のお話は,あいさつと一生懸命についてでした。

子どもたちはしっかりと心に刻みました。
画像1
画像2

離退任式 1

桜がちらほら咲き始めた今日。

13人の教職員方々とのお別れの式がありました。

一人一人からお話をいただき,学校生活の中での色々な思い出が心に浮かびました。




画像1
画像2

卒業生にむけて

画像1
画像2
6年生の卒業に向けて,保健室からカードを贈りました。

カードのリボンの長さは,1年生から6年生までの身長の伸びの長さです。

6年間で子どもたちは25センチメートルから40センチメートルほど大きくなりました。
明日は元気に卒業式を迎えて,これからの未来に向かって進んでほしいと思います。

今年度最後のランチルーム

 栄養教諭の小林です。今日は,今年度最後のランチルーム使用で,1−3さんと一緒に給食をいただきました。
 2回ランチルームを延期したこともあってか,とても楽しみにしてくれている様子が伝わってきました。
 今日の献立は,「ごはん・さわらのたつたあげ・三度豆のごま煮・豆乳のみそしる」でした。さわらは,小さな骨もじょうずに見つけ,おはしで上手にとってよけたり,「食べられるで。」と,しっかりかんで食べたり,1年生の間にも魚の食べ方も上達した姿を見せてくれていました。豆乳のみそしるは,初めての献立で,あまり食べなれなかったり,苦手な食材の,せりやしめじ,さといもは,始めに減らしたり調整をしてから食べました。最後まで「まだ残ってるわ。食べよう。」や,「さわらのおかわりはもうないの?」と,残りを気にしながら食べる様子に,2年生に向けて頼もしいなと思えた時間でした。
画像1
画像2
画像3

言葉を楽しもう

画像1
画像2
画像3
反対から読んでも同じ言葉になる
回文を作りました。
みんなたのしい回文を作って,
楽しんでいました。

お誕生日会

画像1
画像2
画像3
2・3月生まれの子どもたちを祝う
お誕生日会をしました。
みんなでハッピーバースデーの
歌を歌ったり,
そとで元気よく遊びました。

最後の身体計測

画像1画像2
6年生にとって、小学校生活最後の身体計測が終了しました。
いつもはお話をしてから計測をしますが、今回は計測をしてからお話をしました。
計測を先におこなう場合は、クラス全員の計測が終了するまで、静かに待っている必要があります。
6年生だからこそできることです。

今回は「いのちのおはなし」をしました。
いのちってなに? いのちってどこにあるの?
みんな一生懸命考え、自分なりの答えを見つけようとしていました。
これから先も今回考えたことを忘れずにがんばってほしいと思います。

光のプレゼント

画像1
画像2
画像3
図工で光のプレゼントを作成しました。
段ボールカッターを上手に使いながら,
型を切り抜き,
カラーのフィルムを張り付けて
光に作品を当てながら,
楽しみました。

6年生を送る会

画像1
画像2
画像3
6年生を送る会で,
2年生は言葉の贈りものと
キーホルダーをプレゼントしました。
6年生は喜んでくれたかな?
6年生からは,雑巾をいただきました。
この雑巾を使って学校をピカピカにしようね!!!
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
4/1 春季休業
4/2 春季休業
4/3 春季休業
4/4 春季休業
4/6 知事選挙

学校だより

学校評価

台風等に対する措置

学校教育目標

京都市立太秦小学校
〒616-8127
京都市右京区太秦奥殿町1-1
TEL:075-861-1594
FAX:075-861-1595
E-mail: uzumasa-s@edu.city.kyoto.jp