京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/02/20
本日:count up59
昨日:279
総数:442405
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

1年教育みらい科タイ研修旅行(第3日目)

画像1
画像2
1月26日(金)
薄曇りの涼しい朝を迎えました。
今日からいよいよカラヤニ校との交流プログラムが始まります。
朝8:50にホテルを出発し、9時過ぎにカラヤニ校に着くと、校門から会場まで太鼓などの打楽器隊に先導されて行進し、カラヤニ校の先生方と記念撮影。たくさんのカメラを向けられ、まるで映画スターを出迎えるイベント会場のような雰囲気です。
ホールに入ると、カラヤニ校のオーケストラが塔南の校歌を演奏して歓迎してくれました。カラヤニ校校長先生の御挨拶、本校教頭の挨拶に続き、交流プログラムの目的の説明のあと、タイ北部の伝統的な歓迎の踊りなど次々に華やかなステージが披露され、ムードが高まっていきます。
カラヤニの生徒からスライドを使ったランパンの紹介、カラヤニ校の生徒会長の御挨拶、塔南の代表生徒挨拶で歓迎セレモニーは終了しました。
午前中は、カラヤニ校の生徒からタイ文化の紹介です。タイのマナー、タイ語、タイの太鼓、タイの伝統衣装、ランパンのセラミック(ペーパーウェイト作り)の5つの体験をさせてもらいました。

昼食は、両校の生徒たちが連れ立って、配られたランチを持って移動し、同校の食堂でいただきました。

午後は、塔南生の番です。
日本の文化について5班に分かれて紹介しました。
第1班は日本の神社について、第2班は日本のアニメ・漫画、アイドルについて、第3班は日本の伝統的な遊び、第4班は日本の高校生の生活、
そして、第5班は日本の食文化について、発表しました。特に、第3班の発表のなかで実演した「二人羽織」や第4班の女子校生の間で流行っている言葉の紹介等が、特に人気を集めていました。
その後、今年初めてプログラムに組み込まれた「スポーツ交流」では、みんな体育服に着替え、スイカ割り(スイカの代わりに箱)、椅子取りゲーム、二人三脚、風船割りを学校対抗で行いました。対戦成績は2対2の引き分け。かなり盛り上がりました。

1年教育みらい科タイ研修旅行(第2日目その3)

画像1
画像2
画像3
午後は、チェンマイ市内にあるコイッティタムロン学校を訪問しました。この学校は幼稚園から高校まで1800名が通う大きな学校です。本校とは、今回初めての交流となります。
校門でバスを降りると、子どもたちが伝統的な打楽器を、舞いながら打ち鳴らして歓迎してくれ、通路の両側にずらりと整列した同校の児童・生徒たちの間を行進して、講堂へと入って行きました。
歓迎セレモニーでは、同校の経営者の方のご挨拶、本校の沓谷教頭のご挨拶と記念品の贈呈(西陣織のテーブルセンター)に続いて、同校生徒による歓迎の古典舞踊(写真1枚目)がありました。続いては、タイ文化体験です。3班に分かれて、タイ舞踊(写真2枚目)、いい香りのする葉っぱを使った、バスルームに置く花の形の芳香剤作り(写真3枚目)、餅菓子作り(写真4枚目)を教えてもらいました。塔南生はお返しに、小学生のクラスにお邪魔し、授業見学のあと折り紙を教えてあげました。
各パートが終わるたびに、一緒に写真をと頼まれる人気者が次々に誕生!タイの小中高生にモテモテの塔南生たちでした。
閉会式(写真5枚目)では、阪谷さんから御礼のご挨拶がありました。別れを惜しみつつ、ランパンへと移動です。
約2時間バスを走らせて着いたのは、ランパンのウィエンラコールホテル。タイ料理の夕食のあと、明日の日本文化紹介に向けての各班の最終打合せと、「京炎そでふれ」の最終リハーサルをして、21:45点呼、22:30就寝となりました。
明日はいよいよ、カラヤニ校訪問です。学校のみなさんやホームステイ先のご家族の方々がみんなを待っています。

インフルエンザに御注意ください!

 全国的にインフルエンザが流行しています。(本校では,毎日10名程度の生徒がインフルエンザによる出席停止となっております。)

 厚生労働省が1月26日に発表した,全国約5千カ所の定点医療機関から報告された最新の1週間(15〜21日)の患者数は,1医療機関あたり51.93人です。これは,前の週から2倍近くに急増しており,警報発令基準の30人を大きく上回っています。(全国の推計患者数は約283万人で,前の週から112万人の増加です。)

 京都においても,府下全域で「インフルエンザ警報」が発令されています。府内全域の発令は今季初めてで,過去10年間で最も早いとのことです。
 最新の1週間(15〜21日)に定点医療機関から報告のあった患者数は,1医療機関あたり府内(京都市を除く)平均で43.67人,京都市は38.96人にのぼります。
 前の週に比べて患者数が急激に増加しており,今後も感染の拡大が予想されるため,できる限りの防御策を講じていただきますよう,お願いします。

[インフルエンザの主な予防対策]
 ○外出後等にせっけんでの手洗いを励行する。 
 ○人混みや繁華街への外出を控え,やむを得ず外出する際にはマスク
  [使い捨ての不織布(サージカル)マスク]を着用する。
 ○せきエチケットを徹底する。(咳がある場合は,マスク等をして周囲
  の方にうつさないようにして下さい。) 
 ○十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を心がける。
 ○適度な湿度を保持する。(加湿器やぬれタオルを部屋に干す等の対処
  を。)
 ○<特に学校の教室では>各授業の合間の休憩時間に窓を開け,十分に
  換気する。
 ○予防接種を受ける。

 ※熱っぽいなと思ったら無理に登校せず,医師の診断を受けるように
  してください。

 インフルエンザの診断が出ましたら,すぐに学校に御連絡くださいますようお願いします。
 なお,治癒後の登校初日にお持ちいただきますインフルエンザ用の「学校への報告書」様式は,本ホームページ右側にございますので,御利用ください。

[画像]「インフルエンザ」発生状況
    (上段:府内全域 下段:京都市内)
      ※「京都府感染症情報センター」ホームページから転載

画像1
画像2

1年教育みらい科タイ研修旅行(第2日目その2)

画像1
画像2
画像3
ワット・チェディルアンは、チェンマイ最大の仏塔がそびえる、市中心部にある仏教寺院です。仏塔は、昔の地震で上部3分の1ほどが崩れ、その下の四辺に並んでいた28の象の像も1つを残して失われています(復元されたものは4頭あります)が、迫力があって歴史を感じさせる建造物です(写真上)。生徒たちも寺院の中に入り、黄金に輝く仏像を見上げて現地の人の真似をして祈りをささげました。
日本語を学んでいるという現地の大学生との出会いがあったり(写真中)、土産物屋で値切り交渉にチャレンジしたり、新しい体験や学びに一生懸命です。
ワット・ブラシンでは、圧倒的な金色がまぶしい仏塔の周りを、胸の前で手を合わせながら無心になって3周するお祈りを、現地の人に倣ってやってみる生徒たちの姿が。タイの人々の日常に祈りが溶け込み、暮らしの一部になっていることを追体験していました。
お昼御飯は、エンプレスホテル・チェンマイでインターナショナルビュッフェを楽しみました。世界中から観光客が来ていて、生徒たちはその方々との交流にも励んでいました(写真下)。
積極的で頼もしい限りです。
午後からは、いよいよ、小学校訪問です。

感嘆符 1年教育みらい科タイ研修旅行(第2日目)

画像1
画像2
画像3
1月25日(木)
快晴です。涼しい微風が心地よく静かで、鳥のさえずりが遠くから聞こえます。
みんなぐっすり眠れたようで、元気です。朝食ビュッフェに目を輝かせてよく食べ、8:56にバスで出発し、(写真上)チェンマイ市内研修へ。ワット・チェディルアン(写真中)とワット・ブラシン(写真下)を訪れました。

感嘆符 1年教育みらい科タイ研修旅行(第1日目)

画像1
画像2
画像3
1月24日(水)
早朝にも関わらず、多くの教職員に見送られて、教育みらい科1 1期生40名と引率団3名は、元気に学校を出発し、タイ研修旅行をスタートさせました。
貸しきりバスのなかは元気いっぱい。関空に近づき大阪湾が見えてくる辺りでちょうど朝日が昇るのが見え、歓声が上がりました。
手荷物検査、入国審査などスムーズにクリアして、予定通り、11時(離陸11:30)のTG623機で関空を飛び立ちました。(写真上:関空で搭乗を待つ生徒たち。生徒たちの後ろには搭乗するTG623)
フライトも順調で、現地時間14:58(日本時間16:58)にスムーズに着陸。どんよりと曇ったバンコク、スワンナプール空港に降り立ちました。28度と機内で案内があり、みんな驚きの声を上げていましたが、例年のような蒸し暑さは意外になく、「洗礼」は先に持ち越されました。でも、ムーブウォークを急ぎ足で歩いているうちに、汗が。やはり暑いです。(写真中:搭乗口へ急ぐ生徒たち)
チェンマイへ向かうTG611の搭乗口で、チームのキャンブに赴く名古屋グランパスの選手の一団に遭遇。同じ飛行機でした!
現地17:27離陸、18:26チェンマイ空港に無事着陸。
荷物をピックアップして、外へ出ると、タイ文化講座でお世話になっている木村滋世先生のお出迎えを受けました!今回も塔南生の小・高訪問での活動をサポート下さいます。
そして、3年前から毎年ご指名のガイド、ニコンさんの待つバスへ。ド派手な2階建てバスに乗り込み、夕食会場に向かいました。
夕食は、チェンマイオーキッドホテルでタイ料理のビュッフェをいただきました。初めての見る料理に恐る恐るお箸をのばす生徒たち。 でも、元気いっぱいです!(写真下:夕食風景)
ご馳走さまをしたのは、もう現地20:30でした。
宿舎のチェンマイプラザホテルに21時前に入りました。
21:45点呼。22:30消灯。明日からの活動に思いを馳せながら、初日を終えました。

1年生普通科「総合的な学習の時間」第22回

画像1
画像2
1月23日(火)
1年「総合的な学習の時間」では、先週に引き続き、「中高生が食べたくなる、使いたくなる新しい商品を提案せよ!」というテーマのもと商品企画を進めました。

まずは実際に売られている商品を競合商品として分析し、「ペルソナ」が買いたくなる要素を挙げていきました。
次に自分たちの商品が、中高生の買いたくなる要素を持ちながら、さらに競合商品にはない新しい特徴を兼ね備えたものとなるように、商品コンセプトを考えました。
例えば「レインコート」を提案する班は、「顔が濡れない」「普段着感覚で着ることができる」「ペットとお揃いで着ることができる」などのニーズをもとにコンセプトを検討したところ、ペットとペアルックで着ることのできる商品が競合商品になかったので、それを自分たちのコンセプトに設定しました。

次回はいよいよ企画した商品の発表に向けた準備を行います。どのように仕上がるかが楽しみです!!

教育みらい科1年生がタイ研修旅行に出発しました!

画像1
画像2
画像3
 1月24日(水)午前6時50分,教育みらい科1年生(11期生)が,タイ研修旅行に向けて,元気に学校を出発しました。生徒全員が遅れることなく集合したため,予定時刻より少し早く出発することができました。今日から29日までの6日間の日程で研修を行います。
 現地で生徒たちは,予想以上に自分たちの感覚や常識を揺さぶられることと思います。せっかくの機会ですから,文化の多様性や違いを学び,しっかりと実体験できるよう,伸び伸びと,主体的に活動してほしいと思います。体調・安全にはくれぐれも気を付けながら,現地での交流を楽しんでください!

教育みらい科タイ研修旅行・結団式を行いました!

画像1画像2
 1月23日(火)7限,教育みらい科1年生(11期生)のタイ研修旅行結団式を行いました。
 生徒による司会進行のもと,まず,校長先生や団長の教頭先生からの激励の挨拶がありました。「『国境線』をこえて日本の法体系の外に行き,異なる価値観・文化・モラルの中に入っていくのだという意識をしっかりと持つこと」「文化の多様性,違いを学び,実体験できるよう,現地では五感をフルに働かせて,伸び伸びと主体的に活動しよう」「何よりも,安全確保・生命を最優先し,『自分の身は自分で守る』ことをくれぐれも肝に銘じておいてほしい」「受け入れに向けて尽力してくださっている現地の方々,多額の費用を負担して下さっている保護者,その他関係するすべての方々への感謝の気持ちを忘れずに」「元気に笑顔で帰国しよう」との言葉をいただきました。
 次に,学級担任や付添の先生からの諸注意や,添乗員の方からの,ホームステイ先での注意事項や意識のもち方等について,スライド資料を使いながらのお話をいただきました。
 最後に生徒代表による堂々とした決意表明があり,結団式を終了しました。
 生徒たちは真剣に話を聞き,タイでの文化交流やホームステイに向けて緊張感の中にも期待が高まっている様子でした。
 異文化の中で様々なことを感じ,学んできてほしいと思います。充実した研修になることを期待しています!

「教育美術展覧会」21日まで開催中です!

画像1
画像2
 1月20日(土)・21日(日)の2日間,日図デザイン博物館(左京区岡崎公園・京都市勧業館[みやこメッセ]地下1階)で行われています「平成29年度京都府学校文化・芸術祭 第49回教育美術展覧会」に,本校生が美術や書道の授業で取り組んだ作品も展示されています。(例年は京都市美術館で行われておりますが,改修中のため,場所が変わっております。) 
 この展覧会は,京都府内の公立・私立・国立大学法人立の幼稚園・小学校・中学校・高等学校及び特別支援学校の幼児・児童・生徒の作品を一堂に展示するもので,学校における図画工作・美術・工芸・書道教育等の成果の発表の機会を通じ,児童・生徒の創造的で心豊かな人間性の育成を図るため,毎年この時期に行われています。
 あわせて「京都府国際交流外国児童・生徒作品展」も行われており,京都府と友好提携を結んでいる州省(中華人民共和国陝西省・インドネシア共和国ジョクジャカルタ特別区,アメリカ合衆国オクラホマ州,ロシア連邦レニングラード州,フランス共和国オクシタニ州)から送られた児童・生徒の美術作品も展示されています。カラフルかつ大胆な作品も多く,併せて御覧いただければと思います。

 20日(本日)は午前10時から午後5時まで,21日(明日)は午前10時から午後2時まで観覧可能です。ぜひお越しください!


[写真]
 左上 本校生の作品(美術)
 右上 本校生の作品(書道)
 右中 国際交流作品(一部)
 左下 本校生の作品1(工芸)
 右下 本校生の作品2(工芸)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
京都市立塔南高等学校
〒601-8348
京都市南区吉祥院観音堂町41
TEL:075-681-0701
FAX:075-682-7107
E-mail: tounan@edu.city.kyoto.jp