京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/06/05
本日:count up75
昨日:387
総数:711140
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

教育委員会からのお知らせ

・LINEを通じた相談窓口「京(みやこ)SNS 相談」について(〜6/30)(←クリックでこども相談センターパトナのページへ)
・市立学校・幼稚園の再開について(5/21更新) (←クリックで京都市情報館へ)
・⼦どものストレスへの理解とご家庭での心のケアについて(←クリックでこども相談センターパトナのページへ)

美術科、書道部 吉祥院図書館とのコラボレーション

画像1画像2
【写真左】
 3月3日〜3月下旬、吉祥院図書館にて本校1年生が美術の授業で制作したイラストがパネル3枚分で展示されています(今回が第3弾です)。10月の京都市幼児児童生徒作品に出品した作品も含まれています。4月以降は、現2年生作品、ライトスクラッチ作品が展示される予定です。お近くにお寄りの際はぜひご覧ください。

【写真右】
 3月26日(土)に書道部が吉祥院図書館の駐車スペースにてパフォーマンス書道(音楽に合わせて大きな筆で豪快に書きます)を実演します。本日放課後も校内にて部員たちが熱心に練習をしていました。写真は図書館前の掲示板に貼っていただいている宣伝ポスターです。こちらもぜひご覧ください。



3月7日(月)は中期選抜です。

 いよいよ来週の月曜日は中期選抜です。受検生の皆さんへの事前の案内にもありますように当日は朝8:30に開門です。(この時刻より前には校内に入れません。)公共交通機関を利用して登校し、8:50までに検査室に入室してください。市バスの本数が少ないので必ず事前に確認しておいてください。
 下の写真は校内で咲き始めた「沈丁花(じんちょうげ)」です。今年は暖かいせいか例年より早めの開花です。花言葉は「栄光」「永遠」です。
 受検生の皆さん、7日の本番では、ここまでの中学校生活で培ってきた学習の成果を粘り強く発揮し、「栄光」「栄冠」を目指してがんばってください。春はもう、すぐそこです。皆さんのご健闘を祈ります。


画像1

御卒業おめでとうございます

画像1
画像2
画像3
小雪が時折舞う3月1日(火)、朝10時より、本校講堂にて第53回卒業証書授与式が挙行されました。
卒業生のみなさん、保護者の皆さま、御卒業おめでとうございます。

式の最後にみんなで歌った『3月9日』の歌声が耳に残っています。
たくさんの思い出が詰まったこの学び舎を後にして、新しい世界に羽ばたいていくのですね。ますますの御活躍をお祈りします。

【写真上】卒業生答辞の様子
【写真中】皆勤賞授与の様子
【写真下】卒業記念品としてテント3張を頂きました。
     大切に使わせていただきます。ありがとうございます。


2月、3月行事予定

2〜3月の行事予定をアップ致しました。

https://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/data/30090...

卒業式予行

 2月29日(月)は4年に一度のうるう(閏)日です。地球が太陽を一周するのは365日と5時間48分46秒なので、4年に一度、一年が366日になるそうです。

 その本日、3,4限に明日の卒業証書授与式の予行が講堂にて行われました。
 当日の式次第に従って卒業証書授与の練習、校歌や唱歌「3月9日」の練習、諸注意などがありました。

 明日は3年生231名全員が卒業の日を迎えることになりました。塔南高校での3年間で本当にいろいろなことがあったかと思います。楽しかったこと、嬉しかったこと、つらかったこと、努力したこと・・・全ての経験があなた自身を大きく成長させてくれたのです。周りの友人たち、教職員、そして何よりあなたを支えてくださった保護者の方に感謝して、笑顔で明日の卒業式を迎えてほしいと思います。

<保護者の皆様へ>
お子様のご卒業、本当におめでとうございます。
すでにご案内いたしました通り、明日の開式は10時です。9:50から卒業生がクラス順に入場しますので、9:45までに式場へお入りください。
また、自家用車でのご来校はご遠慮ください。バイク、自転車でお越しの際は、東館の自転車置場をご利用ください。

画像1
画像2

吹奏楽部 第31回定期演奏会のご案内

「塔南高校吹奏楽部」第31回定期演奏会
日程:2016年5月3日、5月4日
場所:文化パルク城陽プラムホーム

お問い合わせ:
京都市立塔南高等学校吹奏楽部
gryphons1995@gmail.com
画像1

教育みらい科 特別授業〜秋山仁先生「なるほど、納得ゼミナール」開催〜

画像1
2月24日(水)、教育みらい科の1・2年生を対象にした特別授業が行われました。講師は、テレビ番組等でもおなじみの数学者の秋山仁先生です。
「正四面体を好きに切ってごらん」先生が、カッターで切っていきます。開いてみると展開図が、馬の形になっています。しかもその馬の形はジグソーパズルのようにぴったりと組み合わさって、平面を埋めるようになっています。まるで手品のような変化に、感嘆の声がしきりに上がりました。
秋山先生は、この結果から数学の新しい定理を見つけた話をされました。問題を解く力だけでなく、問題を見つけたり、つくったりする力をもっとつけた方がいいということを強調されていました。
みなさんも様々なことに疑問をもてば、新しい定理を発見できるかもしれませんね。

2年進路説明会

画像1
画像2
画像3
2月24日にLHRの時間を利用し、大学短大・専門学校・就職とコース別に分かれ自分の将来の進路について進路指導部の先生たちより詳しい説明を聞いていました。教室によっては昨年度の卒業生が来てくれ、後輩たちに本音で説明してくれていました。どの教室の生徒達も一年後の自分たちの姿を想像し、真剣に話を聞いていました。今回の説明会は自分たちの気持ちをより高めることができ、良い機会になったと思います。

ひなまつり @図書館

画像1画像2
 図書室前の「新着図書紹介」の掲示板に、図書委員がひなまつりの飾りつけをしてくれました。毎回楽しみな飾りつけですね。
 図書委員会は月1回の実施で、新着図書の案内をはじめ、このような掲示板の飾りつけの活動もしています。今年度最後の飾りは「ひなまつり」です。

<「ひなまつり」の由来>

「ひなまつり」は平安時代に中国から伝わってきたとされています。
もともと、中国では上巳節句(3月3日)に、川で身を清めて、災いや、邪気を払う習慣がありました。それが、日本に伝わった時に、人形に自分の病気や災いを託して、川に流すようになりました。またこの頃、貴族の女の子の間で、紙の人形で着せ替えやママゴトをする『ひいな遊び』が流行っていました。
人形を流して健康と災いを払う習慣と、女の子が人形であそぶ『ひいな祭り』が合わさって、「ひなまつり」になり、江戸時代には、3月3日を「桃の節句」とし、女の子の幸せを祈る行事として広まったと言われています。また、「ひなまつり」に飾る「桃の花」は、古代中国では魔除けの力があるとされていました。

前期選抜の合格発表がありました。

画像1
 2月22日(月)午後2時より前期選抜の合格発表が行われました。
 この日発表されたのは、教育みらい科40名と普通科72名の合格です。合格された皆さん、本当におめでとうございます。今日の喜びを胸に、本日お渡しした書類によく目を通して入学までの準備をすすめてください。また、中学校での残り少ない授業や学校生活も今まで以上に大切にして過ごしてください。そのことが高校でのより良いスタートにつながります。
 前期は残念だった人もここでくじけずにより定員の多い中期選抜をめざしてがんばってほしいと思います。本校普通科も中期選抜で168人の合格定員があります。最後まであきらめない粘りこそが合格への近道です。ご健闘をお祈りします。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

学校だより

生徒保護者の皆さまへ

生徒募集

行事予定

学校評価

卒業後の各種証明書

京都市立塔南高等学校
〒601-8348
京都市南区吉祥院観音堂町41
TEL:075-681-0701
FAX:075-682-7107
E-mail: tounan@edu.city.kyoto.jp