京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
本校は,第1期スーパーグローバルハイスクールに指定されました。「『しなやかさ』と『したたかさ』を備えた青年の育成」を研究開発テーマとして,グローバル社会の中で自立するために必要な態度・能力を育成するための指導法を開発します。

虹の海外研修 ボストンコース 現地報告その3

20期生ボストンコース3日目です。
今日は、ボストンの街を班別で研修を行う1日でした。気温が−4度の中、事前に準備したスケジュールを片手にそれぞれの班が活動をはじめました!多くの班は、アンケートを行うなど、班別ならではの活動を行いました。そのうち、一つの班は午前中にボストン市役所への訪問を行いました。目的は、京都市長から預かった親書を届けるためです。今年は京都・ボストン姉妹都市提携60周年ということもあり、市議会中に堀川高校生が出席し、紹介されるという特別な体験ができました。各班それぞれ、班別後は、夕食をとりホテルに帰ってきました。
明日は、午前中、MIT大学生と交流があり、午後はワシントンD.C.への移動となります。


(写真上)ボストンの街を班ごとに研修している様子
(写真中)ボストンでの最後の夕食 の様子
(写真下)表敬訪問で京都市長からの親書を届けている様子

画像1
画像2
画像3

虹の海外研修 オーストラリアコース 現地報告その1

オーストラリアコースは、3月5日(火)に出発し、翌6日(水)の朝早く、シドニー国際空港に到着しました。その後、さっそくバスでシドニー中心部にあるUTS Inseach(シドニー工科大学の施設)に向かいました。今日から3日間、この施設でプログラムに参加します。
オーストラリアや大学についての説明を受けた後は、学生スタッフと一緒にキャンパスを見学してまわりました。シドニー工科大学は、市街地の一角に独特なデザインの建物や最先端の研究施設が並び建つ、シティ融合型のキャンパスです。生徒たちは、日本とはまた違った海外の大学の雰囲気に大いに刺激を受けたようでした。
夕方には、いよいよお世話になるホストファミリーと初対面。迎えがきた人から順番に、不安と期待を抱えつつ、それぞれのステイ先へ帰っていきました。ホームステイ初日の夜を乗り越え、明日どんな顔で来てくれるのか楽しみです。

(写真上)UTSの建物の前で集合写真
(写真中)プログラム中の様子
(写真下)ホストファミリーとマッチング

画像1
画像2
画像3

虹の海外研修 マレーシアコース 現地報告その3

 マレーシアコース3日目、無事行程を終了しました。

 午前は、コタキナバルにて班別の研修活動を行いました。各班が現地ガイドさん1名を連れて、計画した場所へ向かい、探究テーマについてのアンケート調査等を行いました。
 午後は、ウェストン村にて、水上集落で暮らす人々との交流と自然動物の観察をしました。
 夕方のリバークルーズでは、多数のテングザルを見ることができ、日没後のリバークルーズでは、無数のホタルを見ることができました。

(写真上)班別研修へ出発!
(写真中)ウェストン村マングローブのテングザル
(写真下)ウェストン村リバークルーズの様子

画像1
画像2
画像3

虹の海外研修 オーストラリアコース  定時連絡

オーストラリアコースは、本日(3月6日)の活動を終え、全員がホームステイ先と合流して、各家庭に帰っていきました。

虹の海外研修 オーランドコース 現地報告その2

3月5日(火)オーランドコースの2日目は、ワシントンD.C.で全体研修を行いました。ホワイトハウス、リンカーン記念堂、ホロコースト記念博物館、合衆国議会議事堂、アメリカ歴史博物館の5つの施設を訪れ、班ごとに見学をしました。
どの施設も概要についてはあらかじめ調べていましたが、実際に足を踏み入れることで、アメリカの政治や歴史を肌で体感することができました。一方で、予想以上に濃密な説明の前に、生徒たちは驚いている様子でした。
ホテルに帰着後に行った、海外研修委員と班長による振り返りの会では、「100人全員が同じ方向を向いて研修をすすめるために、自分たちがどのような責任・役割を果たすべきか」という本質的な課題について熱く議論が交わされました。今日の反省点を、まずは明日の班別研修につなげていきます。

(写真上)リンカーン記念堂
(写真中)ホロコーストの犠牲者に鎮魂の火を捧げる生徒たち
(写真下)ホテルでの振り返りの会

画像1
画像2
画像3

虹の海外研修 ボストンコース 現地報告その2

20期生ボストンコース2日目です。本日より活動がスタートし、ボストンコース全員が午前、午後の活動に参加する事ができました。

午前中はハーバード大学を訪問し、学生との交流を行いました。午後は、ボストン美術館に行き、美術館見学と現地のボストンラテンアカデミーの高校生と交流を行いました。
ハーバード大学では、事前に準備したプレゼンテーションを行い、また、ボストンラテンアカデミー交流ではこれまでおこなってきた生徒同士のメール交換を活かし、今しかできない貴重な時間を過ごすことができました。現地でしかできないコミュニケーション、対話を通じて、それぞれの生徒は、価値観・考え方・文化の違いなど様々な事を感じ取ることができました。
夕食後は今日の体験を振り返り、それぞれの気付きなどをコース全体で共有する事できました。

明日は、班別行動です。これもまた、準備の成果を発揮できるよう活動していきたいです。

(写真上)ハーバード大学での集合写真
(写真中)ボストンラテンアカデミーの生徒と記念撮影
(写真下)夕食時の振返りの様子

画像1
画像2
画像3

虹の海外研修 ボストンコース  定時連絡

ボストン・ワシントンD.C.コースは、ボストンでの初日の研修を予定通り終え、ホテルに戻りました。写真はハーバードでのプレゼンの様子です。
画像1

虹の海外研修 マレーシアコース 現地報告その2

マレーシアコース2日目は、コタキナバル周辺の見学・散策が主な活動でした。朝はサバ州立モスクを見学。昼はキナバル公園の自然林をトレッキング。夕方はマリマリ文化村にて伝統文化を体験しました。

(写真上)サバ州立モスク外観
(写真中)キナバル山を背に集合写真
(写真下)マリマリ文化村のカルチャーショー後の集合写真

画像1
画像2
画像3

虹の海外研修 オーストラリアコース  定時連絡

オーストラリアコースは、シドニー空港に到着しています。予定通り、日本時間の3月6日6時過ぎにバスでUTSに向けて出発しました。全員元気とのことです。写真はシドニー空港から出発したバス車内の様子です。
画像1

虹の海外研修 オーランドコース 現地報告その1

3月4日(月)オーランドコースの初日は、飛行機を乗り継いで最初の研修先であるワシントンD.C.へ丸一日かけて移動しました。初めての飛行機に慣れない生徒もいましたが、ワシントンの空港で現地のガイドさんと合流し、虹の20期生オーランドコースメンバー全員がホテルに無事たどり着きました。
直前になって飛行機の座席が変更になったり、予定していた場所で点呼ができなかったりと、いくつかの想定外も起こり、100人で動くことの難しさを改めて実感した初日になりました。班長や海外研修委員で反省を行いつつ、今日はしっかり休んで、明日からの現地研修に備えます。

(写真上)いってきます!
(写真中)現地ガイドさんとの挨拶
(写真下)ホテルに到着!

画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
行事予定
3/26 離任式(14:00〜)
3/30 PSTなし
京都市立堀川高等学校
〒604-8254
京都市中京区東堀川通錦小路上ル四坊堀川町622-2
TEL:075-211-5351
FAX:075-211-8975
E-mail: horikawa@edu.city.kyoto.jp