京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/01/15
本日:count up231
昨日:445
総数:675407
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
本校は,第1期スーパーグローバルハイスクールに指定されました。「『しなやかさ』と『したたかさ』を備えた青年の育成」を研究開発テーマとして,グローバル社会の中で自立するために必要な態度・能力を育成するための指導法を開発します。

1月15日(日)センター試験第2日目!

 センター試験第2日目です。昨日から京都市に大雪警報が出ており、昨晩から本格的に雪が降り始めました。各会場では時折吹雪く天候の中、生徒たちは元気にやってきました。
 今日も各会場には、多くの教職員の応援団が生徒たちを温かく迎えました。
16期生松尾学年主任からのことばです。

 各会場で待っていて、他校の生徒も多く来る中、みんなの顔が見えるたびに、本当に心からうれしい気持ちになりました。
 支えていただいた周りの方への感謝、支えあってきた朋への感謝を忘れずに、さあ、気持ちを切り替えて、前を向いて、それぞれの未来に向けてさらなる一歩を踏み出しましょう!




 写真上:雪の降る中、「空」の旗に集まっている堀高生たち
 写真中:生徒たちは担任から二つのキットカットをもらいます
 写真下:「空」と「雪だるま」(生徒作)

画像1
画像2
画像3

1月14日(土)センター試験第1日目です。

 今年度のセンター受験会場は、3か所に分かれました。京都府立医科大学、大谷大学、同志社新町校舎です。
 前日の感動的な激励会を受けて、16期生たちは、いつもどおりの元気な顔で受験会場にやってきました。教職員も会場前に大勢かけつけ、出席の確認をした上で、生徒一人ひとりに声をかけていました。
 平常心是道也!!




 写真上:「空」の旗の前に集まっている堀高生たち
 写真中:生徒たちは「空」の旗に触れて集中します
 写真下:出席確認中


画像1
画像2
画像3

16期生激励会!!

 1月13日(金)10時35分から講堂にて「16期生激励会」を行いました。「自立する18歳」として巣立とうとする3年生が、各自の目標達成に向けて、さらに邁進できるよう、在校生および教職員で激励するということを目的として行いました。
 最初に1・2年生からの激励が行われました。代表生徒3名が、1・2年生全員でつくった折鶴を3年生の代表生徒に手渡し、激励の言葉を贈りました。折鶴は16期生の言葉「空」を織りなした素晴らしいものでした。
 続いて統括室より中村陸子進路指導主事からの激励メッセージが贈られました。「明日は大きな通過点である。」「最後まで堀高生をしてほしい。朋とともに!」という熱い言葉でした。
 次に16期生担任団からの激励でした。一人ひとりの先生から心のこもった言葉やアドバイスが贈られ、最後に恩田校長からの激励でした。まず、激励の旗の披露があり、校長からの熱いメッセージが贈られました。
 明日のセンター試験から、いよいよスタートです!!




 写真上:1・2年生から贈られた折鶴
 写真中:担任団からの激励
 写真下:恩田校長からの「旗」の披露と激励


画像1
画像2
画像3

文化祭模擬店収益金についてご報告!

 例年、文化祭での有志企画による模擬店販売の収益は公益法人に寄付されています。今年度は昨年の12月22日に京都新聞社会福祉事業団「歳末ふれあい募金」へ供出金80,259円を寄付しました。
 この取り組みによる募金は、障がいのある人の自立支援や高齢者へのプレゼント、子どものための事業や子育て支援など、さまざまな活動に役立てられます。
 ご協力ありがとうございました。

画像1

林檎の木の下で

 昨年末,JAXAが打ち上げ,「あらせ」と命名された衛星が地球を俯瞰していることに心より敬意を表します。新しい年にあたり,ご挨拶申し上げます。
 ずいぶんと前になりましたが「創立記念日」について意外な反響がありました。多くの皆さんが関心を持って,「自立beyod理不尽」について考えていただいたことを非常にうれしく思っています。そんななかで,校内放送の最初に流れた曲は何なのかという質問を複数お聞きしましたので,少しだけお話したいと思います。
 原曲は,1905年にIn the Shade of the Old Apple Treeとしてアメリカで発表され,盧溝橋事件,日中戦争が勃発した1937年に日本語訳でハワイアン風にアレンジしてわが国で紹介されたようです。今回流したのは,1992年におおたか清流が発表したシングル盤のB面からのもので,同年の周防正行監督の映画『シコふんじゃった。』のエンディングテーマでもあります。ちなみにA面の「悲しくてやりきれない」(フォーククルセイダーズのカバー)がこの映画のオープニングテーマ曲で,映画のストーリーでは,「理不尽」=「一流企業への就職が内定した学生の卒業の条件として,指導教官が顧問を務める体育会相撲部で試合に出ること」。「beyond理不尽」=「内定していた一流企業を蹴り,大学に残り相撲部再建を主体的に選択」。ブレイクポイントは相撲部OBから謗られる場で「次は勝ってやる」と反発したこと。
 今のご時世で,卒論の指導教官が,卒業したけりゃ相撲部で褌をしめて試合に出ろ,はパワハラであって,あり得ないことでしょう。明日から別の学校へ行け,も占領政策だからできたことかもしれません。おそらく,皆さんはこの平和で民主的な手続きが保障される社会で,理不尽を避けていくことは出来ます。しかし,自ら問いをつくるために,困難にチャレンジして自らブレイクポイントを創っていくスリリングな選択も豊かに生きるためには大切だと感じます。大学とは,誰かに評価されるためにあるのでしょうか?高校とは,大学入試や就職を目指す上で失敗や責任を回避するためにあるのでしょうか?違います。学問とは社会の問題を解決するためのテーマや問いの設定,教育とは安全に失敗を経験させるための場でもあります。
 いつの間にか,よき大人を育むための教育が,記憶力とパターン認識だけになってしまい,結果的に優秀だけれども指示されないと何もできないマシーンのような人間をつくってしまっては勿体ないと思います。ただし,決して映画のマネをせよいう意味ではありませんので,ご了解を。そして,世の中には「絶対に」などと言い切れる教育はないと思いますのであしからず。



学校長 恩田徹

自分探しをコントロールする

 年末にあたりましてごあいさつ申し上げます。
 自分との折り合いに苦しむ仲間に伝えたいことを書きたいと思います。
 自分との折り合いとは欲望とのたたかいといった面もあります。人間の欲望の典型は「嫉妬」です。欲望は主体的に生産することはできません。大概は外からの影響です。極端に言うと,他人から盗みます。その結果としてライバルを設定したりします。「負けず嫌いな人」とは実はたくさん嫉妬できる「努力家」のことです。戦国武将をはじめ,偉大な政治家,究極のアスリートのモティベーションの一つも嫉妬ではないかと思います。しかし,自分の正しさをいかなる場合にも主張するタイプの人,設定したライバルに勝つことに喜びを見出し,議論を吹っ掛け,目立つことを好み,権力や勝負を好む人となると少し異なります。ライバルを持てる,ライバルとなりえるのは能力があるということです。他人を気にするよりもまずは自分自身を充実させ,目標を明確に具体化して挑戦することがはるかに重要といえます。逆に妬みも攻撃性もない人は欲望を持ちにくいとも聞きます。嫉妬自体を否定せず,欲望を目標に変えることでみんな苦しい思いをします。
 自由な社会では自由に自分を選べという課題(自分探し)も科せられます。自分探しも決して見つからないのが普通です。就活メディアは夢は無限大で際限のない自由であるというイメージを拡散すれば儲かって得をするのであまりあてにしない方がいいのかもしれません。私が私であることに苦しみ,自分を見失っている状態になると,過去の記憶に苦しめられます。過去は変えることが出来ないが,未来は変えることが出来る。この金言は自分を見失っている状態にはかえってきついと思います。過去は変えることが出来ないので,後悔の思いを引きずります。しかし,未来から過去を見たときに,過去の事実は変えられなくとも解釈は変えられると思います。今ここで苦しむのは,未来に苦しまないためだと考えるべきです。未来に押しつぶされないために,なりたい自分を見つけるために未来に進もうとしている自分のイメージを完璧でなくても作り上げようと,とりあえず未来に進んでみる。そんな「手探り」を行っては戻りつつもまた行ってみる。その苦しさに耐えることを私どもは見守っていきます。

 良いお年を



 学校長 恩田徹
 

17期生人権学習「ために」から「ともに」へ視点をかえる

 12月22日(木)2年人権学習を行いました。京都大学総合博物館准教授 塩瀬隆之先生をお迎えして「インクルーシブデザイン 〜「ために」から「ともに」へ視点をかえる〜」という演題でご講演とワークショップをしていただきました。インクルーシブとは巻き込むという意味で,インクルーシブデザインは高齢者や障がいのある人が,デザインのプロセスに参加することで社会の革新(イノベーション)をめざすデザインの手法です。

 ワークショップでは紙とはさみとセロテープで目の見えない人に伝わるように公園の遊具を作りました。班員の一人はアイマスクをつけ,その人が触ってわかるように,できるだけその特徴が伝わるような試作品を作りました。

 レクチャーの中では演題にある「ために」から「ともに」へ視点をかえることの意味や大切さ,先入観を持たないことの重要性など,様々なことを学びました。異なる立場からの視点の例として,視覚障がい者の方からの「オリオン座を横から見たらどんな形」という思いがけない質問の紹介がありました。また,点字ブロックや点字版が本当に目の見えない人のためになっていない例を示されました。

 生徒からの質問の中に「探究活動でのポスター発表をするときに聞き手から質問をしてもらえないときはどうすればよいか」というものがありました。先生の回答として,聞き手の立場から理解できない情報になっていないか,自分の発表に対する質問の余地を残しているかということが挙げられ、発表したいことを7割に抑えることで解決できるのではないかというアドバイスをいただき,相手の立場に立つ重要性が強調されました。


 今回の人権学習の中で実感した「伝わらない」ということを,様々な場面でどうすれば「伝わる」に変えていくことが出来るのか,「ともに」をキーワードに生徒たちは考え続けてくれることでしょう。

画像1
画像2
画像3

第3回探究道場「つめこみの限界へ挑戦!!」を開催しました

 12月17日(土)に堀川高校本能館で第3回探究道場を行いました。今回のテーマは,「つめこみの限界へ挑戦!!」です。88名の中学生が容器にどのように物をつめれば効率よくつめられるか,について探究しました。

 探究をおこなうにあたって,仮説を立てることは重要です。しかし,容器に物を詰め込むのに夢中になって,仮説を立てるのを忘れてしまう中学生や,仮説を立てるのに苦労している中学生がいました。そこで堀川高校生スタッフは,中学生たちに仮説を立てるように促し,サポートをしていきます。また中学生は,自分が考えたことを他人と共有することで,効率のいいつめこみ方を探究していきました。

 中学生たちは「他人の意見を聞くことで,より考えが深まる」,「身近なテーマについて深く掘り下げて考えることができて楽しかった」などの感想を書いてくれました。


 今回の探究道場が今年度最終回です。今年度の探究道場の良かった点,課題を検討して,来年度の探究道場に活かします。来年度の探究道場もお楽しみに!

写真上:正方形に直角三角形を敷き詰めている中学生
写真中:つめこみ方を議論する中学生たち
写真下:容器に物を詰め込んでいる中学生たち
画像1
画像2
画像3

タイ・日本高校生サイエンスフェスティバルに参加!vol.4

 今日は朝からフィールドトリップでした。
 3つのグループに分かれて、工場(トヨタ、三菱電機、日野自動車)に行き、生産過程を見学しました。昼頃に学校に戻ってからは、それぞれのグループでポスターを作成し発表しあいました。

 今日でサイエンスフェアは終了です。この研修が終わりに近づいている中、それぞれの生徒に今思っていることを聞きました。

「工場見学に行ってみると、ただ知識で知っていたことと実際の目で見るのとは全然違うと実感した。異なる文化の人たちと一緒に働き、業務をまとめている人の話を聞くとすごいなと感じた。」

「英語でタイの生徒とコミュニケーションをとれて嬉しかった。正確な文法で話すことを意識するより、積極的に自分から話しかけることが大切なんだと思った。英語で話すことに自信がついた。発表に関しては、自分の言いたいことを十分に言えず準備不足を感じたので、これからの1つ1つの機会を大切に貪欲に頑張っていきたい。」

「タイの文化にこんなに深く関われたことが嬉しい。異文化の人たちと交流することの抵抗感が減った。これからもいろんな国の人と関わっていきたい。」

明日はいよいよ帰国です。


☆24日の夜に生徒たちは元気に京都に戻ってまいりました。ありがとうございました。


画像1
画像2

タイ・日本高校生サイエンスフェスティバルに参加!vol.3

 今日は、口頭発表がありました。100人近い生徒および教員の前でパワーポイントで発表しました。
 発表の直前は入念に英語の原稿を見直したり、発表スライドを修正したり、少し緊張している様子でした。

いよいよ発表になると、生徒それぞれが実に生き生きと英語で堂々と発表している様子は見事なものでした。
 発表原稿を読むために下を向くことはなく、聞き手に向かって、身振り手振りを交えながら楽しそうに英語で発表していたのが印象的でした。


 発表した3人の生徒のうち1人の生徒(*)は、
「発表準備でどんなことを心がけていたの?」と聞くと、
「原稿を覚えるだけのではなく、自分の好きなことを語れるように発表して、聞いている人がワクワクできるように心がけて今まで練習してきました」と話してくれました。
 今後に向けては、「発表は伝わってこそ意味がある。難しいことをわかりやすく言わないと質問ももらえない。もっとわかりやすい言葉に置き換えて発表することが大切。」と語ってくれました。


 明日はタイの工場を見学するフィールドトリップです。
 タイの高校生と一緒にグループで見学します。


(*)この生徒の研究テーマ
「バイオミメティックス(生物模倣)を用いたシングルスカルの速度比較」
 生物の持っている特徴を生かしてボートにかかる抵抗を減らし
 速度を上げる研究

画像1
画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
行事予定
1/19 適応マラソン・海外研修事前健康相談
1/21 PST   1・2年進研模試   3年保護者懇談
1/22 3年保護者懇談
1/24 スクールカウンセラー来校日
京都市立堀川高等学校
〒604-8254
京都市中京区東堀川通錦小路上ル四坊堀川町622-2
TEL:075-211-5351
FAX:075-211-8975
E-mail: horikawa@edu.city.kyoto.jp