京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/05/20
本日:count up383
昨日:691
総数:763329
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
本校は,第1期スーパーグローバルハイスクールに指定されました。「『しなやかさ』と『したたかさ』を備えた青年の育成」を研究開発テーマとして,グローバル社会の中で自立するために必要な態度・能力を育成するための指導法を開発します。

日本伝統文化の世界へ

 5月19日(金)放課後,邦楽部主催で,日本国立劇場や歌舞伎座などの歌舞伎の義太夫三味線方として活躍され,重要無形文化財指定保持者でもあられる野澤松也先生をお招きして,浄瑠璃についての演奏会ならびに講演会を開催いたしました。

 今回の演奏会は,野澤先生が,4月初旬に本校邦楽部員が映ったTV放送をご覧になられて,邦楽に親しんでいる生徒がいるのならと,邦楽部に対して講演会をご提案頂いたところからのスタートとなりました。邦楽部員が,部員だけでなく,せっかくの機会なので,興味のある生徒にも演奏会に参加してもらいたいと,全校生徒への周知のために,ポスター作製をしたり,どのように伝えるかを模索し,当日を迎えることとなりました。
 当日は,会場の小ホールが埋まるくらい生徒が集まった中,野澤先生が,オリジナルの創作浄瑠璃(さるかに合戦)やお琴とのセッションでの古典ものなど3曲演奏して頂き,浄瑠璃や三味線についてお話頂きました。三味線の音色と迫力に魅了され,なんとも贅沢なひと時を過ごすことができました。
 
 演奏会後は,実際に三味線を弾かせてもらう体験会も催して下さり,生徒たちも日本文化に対する関心が高まり,今後の日々の練習に込める思いが変わったと,とても喜んでいました。


画像1
画像2
画像3

第19回教育研究大会について(ご案内)

第19回教育研究大会の実施要項と申込方法をご案内いたします。

 ◇実施要項 こちらからダウンロードしてご覧ください。

 ◇申込方法 参加には申込が必要です。参加を希望される方は
       以下のURLの「申込ページ」からお申込みください。

  「申込ページ」URL:https://goo.gl/forms/tfHHPGIFnseRsMdA2

 ◇申込締切 6月16日(金)
 
=================================

 ※申込ページでお申し込みできない場合は,以下の方法でお申し込み
  ください。

  本校ホームページの配布文書一覧(下記のURL)から申込書
 ダウンロードし必要事項を入力のうえ,申込メールアドレス(下記)
 に添付して送信してください。
  なお,件名は「研究申込(学校名)(代表者氏名)」としてください。
 受付が完了しましたら受付完了メールを送らせて頂きます。

  配布文書一覧のURL:
  http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?i...

  申込メールアドレス:
  kenkyu2017app_at_horikawa.edu.city.kyoto.jp
  (_at_を@にかえてください)

=================================

 お問い合わせ先
 京都市立堀川高等学校 研究部 阿部,塚田
 MAIL kenkyu2017info_at_horikawa.edu.city.kyoto.jp
    (_at_を@にかえてください)
 TEL 075-211-5351  FAX 075-211-8975

「葉」の17期生,朋と愉しく,医療について語り合う!

 17期生では,「医学科」「薬学科」「看護学科」「理学療法」など「医療系分野」に関する進路希望や,興味関心を持つ生徒が集まって,知識や興味関心を高め合うことを目的に,「医療系学習会」を行っています。

 生徒達で学び合いたいテーマについて話し合い,「終末期医療」「再生医療」「医療の副作用,マイナス面」の3つにテーマを定め,各自で事前調査に取り組みました。

 事前調査した内容を交流し,グループ討論のテーマを「延命治療を望む家族,死を望む患,君が医者ならどっちを選ぶ!?」と設定し,ディベート形式で議論を行いました。

 自身の「遠い未来」を考え,真剣にそれぞれの立場に立って意見を述べ合う体験は,ひとり一人の夢の実現に,大変効果的な時間となったのではないかと思います。

 次回は6月に実施予定です。生徒諸君の切磋琢磨を期待します!

画像1
画像2
画像3

スタンフォード大学生来校

 5月12日(金)スタンフォード大学の日本留学プログラムとして来日している大学生18名が来校されました。留学プログラムの授業としての位置づけで、日本の高校における進路指導について調査に来られました。日本における卒業後の進路について、その指導方法などの概要を説明し、堀川高校の進路指導などをお話しました。大学生からたくさんの質問を受け、日本と海外との進路についての違いを、大学生たちは確認していました。
 後半は2年生の有志が企画した交流会を行いました。9つのグループに分かれて議論していました。





 写真上:交流会の様子
 写真中:校内の案内の様子
 写真下:集合写真

画像1
画像2
画像3

3年生・最後の遠足は,みんなで「妹背の里」にいきました!

 「妹背の里」は適度なコンパクトサイズで,17期生全員がクラスや各班の枠をこえ近い距離で交流を深めることができました!

 着いたら早速広場の中央に集まり,卒業アルバム用の写真を撮影!今から卒業アルバムが楽しみです。最後の遠足を愉しもうと,BBQだけでなく,ホットケーキを焼いたり,バームクーヘンをつくったり,手の込んだ料理がいろいろつくられ,みんな,美味しく食事を楽しみました。食後に鬼ごっこをしたり,円バレーを愉しんだり,草笛を吹く生徒もいたりと,晴天のもと,のびのび,過ごすことができました。


 この素敵な時間を通じてまとまった17期生全体,各クラスのまとまりを日々の学習はもちろん,球技大会や,文化祭などにも生かしてほしいと思います。

画像1
画像2
画像3

19期生委員会活動スタート!

 19期生の委員会活動がスタートしました。5月10日(水)に「探究基礎委員会」、11日(木)に「海外研修委員会」が始まりました。
 「探究基礎委員会」は、すでに始まっている探究基礎の授業を、委員会が中心となって運営し、生徒一人ひとりが授業に主体的に取り組むためのさまざまな発案や工夫をして、実行していきます。
 「海外研修委員会」は1年生の3月に行われる海外研修についての研修内容の具体化やその準備など運営を中心となって行います。学校が用意するものは「飛行機」と「宿泊場所」と「安全の半分」、残りの「安全の半分」と「研修内容」は生徒たちに委ねます。



 
写真上:第1回探究基礎委員会の様子
写真中:メモ
写真下:第1回海外研修委員会の様子


画像1
画像2
画像3

救急救命実習

 1年生の体育の授業において、5月9日〜19日の間で、事前学習を行った上で「心肺蘇生法」の実習を行っています。
 震災や水難事故、交通事故などに生徒が遭遇した場面において、人の命を救えることができるようしっかりと身につけてほしいと思います。
 そのような場面において積極的かつ確実に行動ができるように、本校に中京消防署の方をお招きし、訓練人形を使った実習を行いました。
 実習においては「一つの命を救う」という目標に対して、学んだ知識と行動を全身で表現しながら、真剣に取り組んでいました。
 このような経験が、今後、万が一の場面において、積極的で確実な行動しとしてとることができればと思います。本校の生徒にとって、本当に貴重で有意義な時間となっています。





画像1
画像2
画像3

インフルエンザによる学級閉鎖について

 校内でインフルエンザまたは高熱による欠席者が増えており、現在のところ、2年生の一クラスがインフルエンザによる学級閉鎖を行っています。本日9日(火)と10日(水)の2日間です。
 手洗い、うがいの励行、水分補給など予防策をとってください。また、高熱などインフルエンザと思われる場合は、必ず病院で受診してください。
 なお、学級閉鎖による授業の回復措置につきましては決まり次第、該当生徒を通じて連絡いたします。

頑張れって言われるのもきついけど,もういいよって言われるのはもっとつらい

 挑戦することは,本来楽しいことです。心配に対する最適の対策は忍耐と勇気です。体力の限界はありますが,頭の限界はないと思います。人間はみんなが美しくて強い存在とは限りません。生まれつき臆病な人もいるし,弱い性格の人もいます。しかし,弱い,臆病な人でも自分の弱さを背負いながら一生懸命美しく生きようとするのが大切ではないでしょうか。ネガティブな考えも見方によっては,危険から自分を回避してくれるための技術。だから,そういう考えがあるということを否定せず,受け入れてみましょう。勝負はかけ算です。どんなにチャンスがあっても君のやる気がゼロなら結果もゼロ。「失敗を恐れない」という姿勢だけでは弱い。失敗とは転ぶことではなく,そのまま起き上がらないことなのです。忍耐は希望の技術でもあります。悲しむことではありません。「何が何でも必ず成功させるのだ」という強い意志を持って元気になってください。「不可能」の反対語は「可能」ではありません。「挑戦」です。能力のある者より意志の強い者が多くをなし遂げてきました。失敗を他人のせいにして,自分をダメにしてはいけません。
 人間はあさはかなもので,身にふりかかってこなければ,なかなかその苦しみや悲しみはわからないものです。苦しみに満ちた若き狩人たちよ。若いうちに苦しいことがたくさんあったということは,苦しみに耐えている人々にどんなにか愛情がもてることでしょう。本当に強いやさしい心の人間になる条件は,その人が,高みを目指し,経験した苦しみの数が多いほど増えていきます。他人からプレッシャーをかけられたときよりも,自分で自分を駆り立てるときのほうが,人ははるかに大きなことをやってのけると思うのです。


 校長 恩田 徹


神戸へ、 山へ、 公園へとクラスで出かけました!

2年生の遠足は,各クラスの遠足係が中心となって,クラスごとに,目標や行き先などを考えて実施しました。2年生になって新たに同じクラスになったクラスメイトとも,親睦を図ることができました。

各クラスの行先を紹介します。
神戸(ポートタワー)、嵐山高尾パークウェイ、
矢橋帰帆島公園、るり渓。
画像1
画像2
画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
行事予定
5/24 台北第一女子高級中学校来校   自立する18歳の日
5/25 3年東京阪神アクセスガイダンス(理・地歴)   スクールカウンセラー来校日
5/26 3年東京阪神アクセスガイダンス(理・地歴)
5/27 PST(9:30〜16:00) 3年進研マーク模試
京都市立堀川高等学校
〒604-8254
京都市中京区東堀川通錦小路上ル四坊堀川町622-2
TEL:075-211-5351
FAX:075-211-8975
E-mail: horikawa@edu.city.kyoto.jp