京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
令和4年度SSH認定校ならびに科学技術人材育成重点枠に内定しました

自立する18歳の日

 昨日は前期最後の、「自立する18歳の日」でした。

 この取組は、生徒の自主的な教養獲得活動の支援として、放課後の時間を確保するもので、1ヶ月に1度程度設定しています。また、教職員にとっても「ノー残業デー」であり、自己研鑽や心身をリフレッシュする時間として活用してきました。

 生徒は16時45分完全下校で、18時には校舎が施錠されます。

 この日の放課後は普段時間がなくて後回しになっていること、普段はできないことに、ひとりになって落ち着いて取り組む時間となることを期待します。
画像1

11月学校説明会リーダー会議

 11月学校説明会に向けて、第1回リーダー会議が本日放課後行われました。7月説明会では2年生がリーダーを務め、1年生はスタッフとして運営していましたが、11月説明会では1年生が全てのリーダー・スタッフを務めます。今日はその1回目の会議でした。

 代表・副代表に立候補した生徒からの決意表明を兼ねた挨拶の後、パートリーダーに立候補した生徒の自己紹介がありました。どの生徒も,自分が中学生だった時に参加した説明会できらきらと輝いていた堀川生の姿を今度は自分が中学生に見せたい、7月説明会の時に頼もしくスタッフを支えてくれた2年生リーダーのように自分もなりたい,とさまざまな思いを胸に今回リーダーに立候補してくれました。また、橋詰校長や企画主任からも,リーダーたちへ激励の言葉が送られ,生徒たちは責任感を噛みしめていました。

 11月説明会を中学生にとって有意義なものにできるように、これから2ヶ月間1年生スタッフが準備をしていきます。

画像1
画像2
画像3

女子バスケットボール部 ウインターカップ市部予選

 9月18日(日)に京都市体育館でウインターカップ市部予選が行われました。
 本校女子バスケットボール部は嵯峨野高校と対戦し、47対59で惜敗しました。終始落ち着いたプレーで相手にリードされていた試合でしたが、練習してきたDFで2点差まで詰め寄る場面もありました。しかし、そこから逆転することができませんでした。

 成果と課題の見える試合でした。

 今後も自分たちの課題と向き合い、U−18リーグに向けて成長していけるように頑張ります。
画像1
画像2
画像3

23期生 探究基礎研究発表会!

 本日,23期生探究基礎研究発表会が開催されました。

 これまでの探究活動の中で,個人でテーマを設定した内容に対して自分の「知りたい」をより深く探り出し,仲間や教員,ティーチングアシスタントの方々との対話の中で,答えのない問いに対して真摯に向き合ってきた探究成果を,ポスター形式で発表しました。

 開会式では探究基礎委員長から,「対面で直接相手の目を見て話すことができること,疑問や意見をぶつけ合うことができることの価値を大切にし,会場にいる全員にとって有意義なものとなるように「対話」の意識を持って臨む発表会にして欲しい」という挨拶がありました。

 一人一人が論理的にかつ表現方法を工夫して,少し背伸びをしながら最後まで「ひとりで」責任をもって発表を行いました。その発表に24期生1年生が真剣に耳を傾け,1年後の自分の姿を想像しながら,積極的に質問をしていました。

 昨年度はオンラインによる発表会でしたが、今年度は保護者の方々や多くの教育関係者の皆様にご来校いただけました。生徒へのあたたかなお声がけや、鋭いご指摘をくださったことに、心より感謝申し上げます。

 午前中いっぱいかけて、全員の発表を終え、昼食をはさんで片づけを行い、その後、約1年間、研究の苦楽をともにしてきたゼミの仲間たちとのゼミ会を行いまいした。ゼミ会では,「対面で相手のリアクションや表情を見ながら発表できる有難さと難しさを実感した」という声が多く聞かれました。担当教員からの労いと今後の課題を聴く姿勢は、これまで以上に、謙虚で前向きな姿に見えました。
 発表中の聴き手とのやり取りで受けた質問や指摘をみんなで共有し,自説を再検討した上で,最終論文作成に向けて多くの生徒が改善の意欲を語っていました。

画像1
画像2
画像3

22期生 アトリウムパフォーマンス講評会

 9/14(水),9/15(木)の二日間にわたって,22期生が文化祭で発表したアトリウムパフォーマンスの審査を担当した教員による講評会が昼休みに実施されました。

 文化祭が終了して約1週間経ちましたが,「自分たちの取り組みを総括して前に進みたい」というアトリウムパフォーマンス実行委員会からの希望で実現しました。

 審査を担当した教員から,各クラスのパフォーマンスで創意工夫が見られた点や,さらに工夫の余地があった点、これから「最後の学校行事」となる受験に向けての励ましなどが伝えられました。

 講評を聞いている生徒たちは,準備から本番まで,全員が全力を尽くしたからこそ,晴れやかな表情で非常に前向きに言葉を受け取っていました。

 文化祭を通して構築された各クラスの雰囲気、仲間とのつながりを活かして、また、個人として集団として得た誇らしさを胸に、学校で学ぶ一日一日を大切に過ごしてほしいと思います。

画像1

24期生 探究基礎委員長・副委員長決定

 9月13日放課後,24期生探究基礎委員会が開かれ,探究基礎委員長・副委員長の選出が行われました。

 探究基礎委員長・副委員長は,定例の探究基礎委員会を運営するとともに,探究基礎に関する学年行事や学校説明会などで,学年の探究活動をリードする存在です。

 探究基礎委員長に立候補した生徒は,「24期生から探究基礎の内容が一部変わり,私たちは先輩たちとは異なる新たな挑戦をしていくことになる。後輩たちがあとに続いてくれるよう,しっかりとした礎を築いていきたい。」と力強く意気込みを述べていました。

 候補者たちは拍手で承認され,24期生の探究基礎委員会の新組織が発足しました。探究基礎の第一段階「HOP」の最終発表会を運営することが彼らの初仕事になります。24期生全体としても,「HOP」から後期の「STEP」(ゼミ活動開始)へと移行する重要な時期を迎えています。

 「生徒主体の探究活動をどのように進めていくか」――これが探究基礎委員会の探究課題です。

 「探究の探究」が続きます。

画像1

切り替え

 9月9日金曜日、全学年LHRでアセンブリが行われました。

 1年生は学科・コース選択とそれに伴う科目選択,2年生は現在の選択科目をベースにした来年度の科目選択について、教科担当者が,その科目の学び目的や概要,大学受験という「近い未来」をふまえた選択をする際に考えるべきことや注意事項などを説明しました。

 3年生は、まず学年主任からこれまでの振り返りとここからの期待について、話がされました。次に,進路指導主事が大学入試共通テストの出願について、心構えを伝えました。
 その後、各クラスで受験案内が配布され、各担任の説明・指示を聞いたり、記入要領を確認したりしながら、用意された志願票のコピーに下書きを行いました。丁寧に侮らず、良い緊張感を持って下書きに取り組む生徒たちの姿がありました。
 この時間で一旦完成させた下書きを、担任団,企画推進部でしっかりチェックし、必要な修正を行い、2週間後のLHRで志願票の清書を行う予定です。
 22期生が進路実現への具体的な準備を、いよいよスタートさせた時間となりました。

 各学年、実りの秋に向かいます。

画像1
画像2
画像3

令和4年度「第2回探究道場」のご案内

令和4年度「第2回探究道場」のご案内

 今年度2回目の「探究道場」のご案内です。

本校の生徒がみなさんと一緒に探究テーマに取り組みます。

中学生のみなさん,ふるってご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。


開催日時:令和4年10月15日(土) 9:45〜12:15(予定)

場所:京都市立堀川高等学校 本能館

探究テーマ:「 水上之塔プロジェクト 」

今回のテーマは「水上に安定した塔を立てるには?」です。
たとえば、水上で小さなビート板の上に立つのは難しいですよね。
では、大きな塔を水上に立てるにはどのような工夫が必要なのでしょうか。
愉しい探究の世界に浮き浮きすること間違いなし!


申込み受付期間:令和4年9月13日(火)9:00〜9月20日(火)17:00まで

申込み方法:申込ページをご覧ください。

FAX送信用参加申込書はこちらをご覧ください。

画像1

文化祭2日目終わりました。ありがとうございました。

 文化祭2日目が終わりました。2日目の各種企画や、3年生のアトリウムパフォーマンス、1、2年生の全てのクラスの講堂劇のプログラムを終えたあと,全員で清掃を行ってから閉会式を迎えました。

 閉会式では,生徒会企画の各賞発表に続き,審査員の教員より,1,2年生の講堂劇と3年生アトリウムパフォーマンスの表彰が行われました。各賞や銅賞・銀賞・金賞のクラスの発表の度に,アトリウムも中継が配信されているHR教室も,大きな拍手に包まれました。最高のパフォーマンスにしようと力を合わせてきた1,2年生,来場者を巻き込んで一体感を作り出して1,2年生に大きな背中を見えてくれた3年生,本当におつかれさまでした。
 文化部長からは,考えの幅を広げる,自分の世界を広げる文化祭になるようにという思いをこめて今年の文化祭の目標は「飛躍」としたと挨拶がありました。

 お互いの頑張りをたたえ合い,支えてくれたたくさんの人たちに感謝を届ける閉会式となりました。

 学校生活の中でも大きなイベントである文化祭。この2日間,BIG BOXはエネルギーで満ち溢れていました。

 ご来場くださった卒業生のみなさん、中学3年生のみなさん、本当にありがとうございました。

 また、準備期間も含めた、文化祭への保護者の皆さまのご理解とご協力に改めて心より感謝申しあげます。

 生徒のみなさん、5日(月)・6日(火)2日間の代休で気持ちを切り替え、体調を整えて、7日(水)の朝、新たな気持ちでに登校してください。

画像1
画像2
画像3

文化祭1日目

 令和4年度堀川高等学校文化祭1日目が開催されました。今年度のテーマは「HORI TIME〜学びと祭りの二刀流〜」です。

 1日目の今日は、講堂で1・2年生の演劇や演劇部の公演が行われました。1年生にとっては初めてクラスで団結して台本作りから演出、舞台設定・音響・照明まで一つの「作品」を作る機会となりました。今日2年生の舞台を見て、自分たちのレベルとの違いに、驚きを感じている姿が印象的でした。

 また,校内各所では部活動や有志企画による展示も行われており、3年ぶりに保護者のみなさまや卒業生、中学3年生のみなさんにもお越し頂き、久々にBIG BOXに賑わいが取り戻されました。

 また、今年度は軽音楽部が野外ステージを使用してライブを行い,突然の雨にも負けずに観客と演者の心を一つにしながら、演奏を行っていました。今回の野外ライブに際し,快くご承諾いただいた本能自治会の近隣のみなさま、本当にありがとうございました。

 明日は2日目。いよいよ3年生6クラスのアトリウムパフォーマンスが行われます。残り1日,学びと祭りの二刀流を愉しむHORI TIMEは続きます。

画像1
画像2
画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
行事予定
9/29 スクールカウンセラー来校日
10/3 前期末考査

カリキュラム

進路状況

お知らせ

中学生のみなさんへ

部活動ガイドライン

PTA

学校経営要項・方針

京都市立堀川高等学校
〒604-8254
京都市中京区東堀川通錦小路上ル四坊堀川町622-2
TEL:075-211-5351
FAX:075-211-8975
E-mail: horikawa@edu.city.kyoto.jp