京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/04/17
本日:count up3
昨日:56
総数:390526
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
洛陽工業高等学校は、平成29年度末をもって閉校し、 創立132年の歴史と伝統を京都工学院高等学校へ引き継ぎます。

卒業式・閉校式を挙行

 本日3月3日、平成29年度の卒業式を挙行しました。朝から穏やかな晴天となり絶好の卒業式日和になりました。式の冒頭、卒業証書の授与がクラス代表に行われ学校長から卒業証書が手渡されました。
 学校長からの式辞や来賓の祝辞に引続き、京都工学院高校の生徒会長からの在校生送辞が述べられた後、卒業式答辞がしめやかに行われ119名が洛陽締めくくりの卒業生として巣立っていきました。長い歴史と輝かしい伝統は京都工学院高校に今後引き継がれていくことになります。
 また、卒業式に引続き閉校式が挙行されました。教育委員長の式辞に引続き市長メッセージ、来賓挨拶、学校長挨拶のあと生徒の言葉が述べられました。
 この後、『洛陽のあゆみ』と題して洛陽の原点である染工講習所から市立染織学校、市立工業学校とその変遷をスライドで振り返りました。唐橋校舎の昔の写真からは移転当時の学校周辺の様子など歴史を感じさせられました。最後は参加者全員で校歌斉唱し閉校式を終えました。

画像1
画像2
画像3

3/3 卒業式・閉校式を挙行します。

 本日(3/3)は平成29年度卒業証書授与式です。本校として最後となる卒業式。卒業生を祝福するかのように晴れの日となりました。
 卒業証書授与式は9時30分開式です。3年生が9時25分から入場しますので、ご臨席の皆様は9時20分までに、式場へお願いいたします。
 卒業式終了後、引き続き11時から閉校式を行います。

画像1
画像2
画像3

3/3卒業証書授与式・閉校式を挙行

  <卒業証書授与式・閉校式のご案内>

 洛陽工業高等学校は今年度末をもって創立132年の歴史に幕を閉じ、その歴史を京都工学院高等学校へ引き継ぐことになりました。
 つきましては、次の通り、本校として最後となる卒業証書授与式ならびに閉校式を挙行いたします。保護者の皆さま、卒業生の皆さまをはじめ、本校にゆかりの皆さまのご臨席を賜りますようご案内申し上げます。

■卒業証書授与式
 平成30年3月3日(土)午前9時30分 開式
  3年生が9時25分から入場します。ご来場の皆様は
  9時20分までに、式場へお願いいたします。
 
■閉校式
 平成30年3月3日(土)午前11時 開式
  卒業証書授与式後、引き続き閉校式を行います。
         
■式場
 洛陽工業・伏見工業・京都工学院高等学校 ホール
  京都市伏見区深草西出山町23

・閉校式終了後、卒業生は教室に戻り、最後のホームルームを行います。
 保護者の皆さまは、ぜひ教室へお入り下さい。
  
・当日は自家用車での来校はご遠慮ください。

※下の画像は、1/31に配布した保護者向け文書です。
画像1

遠隔授業 読売新聞に紹介されました。

 本校で実施してきた遠隔授業の取組を読売新聞(平成30年2月26日(月)夕刊)で紹介していただきました。
 詳細については、読売新聞のWebページをご覧ください。
画像1

唐橋校舎 桜の移設

 唐橋校舎の正門で生徒の登下校を見守ってくれていた桜を移設いたしました。この桜は春に八重の大輪を咲かせてくれていた普賢象桜で、本校の創立百周年にあたり記念植樹したものです。
 この記念樹の八重桜は、一旦京都市の他の敷地へ待避させ、唐橋の地に新たに創設される次の高校敷地に再度戻ってくる予定です。この地で32年にわたり青少年の活動を見守ってくれた桜が、また高校生の成長を見守ってくれることでしょう。

 元気に戻ってくれることを祈念して...いってらっしゃい!

画像1
画像2
画像3

唐橋校舎 京都工学院高校生が測量

 先日、実習をかねて京都工学院高校の生徒有志が、洛陽工業の唐橋校舎を記録に残そうとマルチコプターと3D計測装置を使って測量をしてくれました。唐橋校舎を詳細に測量し、上空からの映像と地上からのデータをもとにコンピュータ上に校舎を再現する計画です。
 唐橋校舎本館は昭和10年の建築で、82年の長きにわたり高校生を見守ってきました。今年度末をもって唐橋校舎もその役割を終えますが、同窓生の記憶の中はもとより、伝統を引き継ぐ京都工学院高校生の手によってデータ上でも記録が残ります。
画像1
画像2
画像3

2/16,17高校入試を実施します。

 2/16(金),17(土)は、本校が高校入試会場(京都工学院高等学校入学者選抜 前期選抜検査会場)となっています。前日(2/15)午後および前期選抜実施中は、受検生のみなさん以外、特別に許可された方を除き、入校できませんのでご了解をお願いします。
 受検生のみなさん、全力で頑張ってください。

画像1
画像2

閉校式・閉校謝恩会のお知らせ

 洛陽工業高等学校は今年度末をもって創立132年の歴史に幕を閉じ、その伝統を京都工学院高等学校へ引き継ぐことになりました。
 つきましては、閉校式ならびに閉校謝恩会を下記のとおり開催いたします。多くの卒業生をはじめ本校ゆかりの皆さまにご臨席を賜れれば幸いです。

■閉校式:京都市教育委員会主催
 日時 平成30年3月3日(土)
     受付:午前10時30分〜 開式:午前11時
 場所 洛陽工業・伏見工業・京都工学院高校ホール
     京都市伏見区深草西出山町23

 ※閉校式前に最後の卒業式を(9:30〜)を挙行します。
  卒業式ご参列の方は、9:20までにご入場ください。

■謝恩会:洛陽京工会(同窓会)主催
 日時 平成30年3月3日(土)
     受付:午後4時〜 開宴:午後5時
 場所 ウェスティン都ホテル京都 瑞穂の間
     京都市東山区三条けあげ
 会費 10,000−

※参加ご希望の方は2/17(土)までにお申込み下さい。
 (案内が2/11の京都新聞朝刊に掲載されました。)
画像1

洛陽・伏見課題研究発表会

 2月6日(火)、ホールにて洛陽・伏見工高3年生による課題研究発表会が行われました。最後となる総決算である課題研究の発表の場となりました。
 洛陽工高は機械、電気、電子、京都ものづくり、ハイパーステージの5コースの代表チームがそれぞれ発表、1年間取り組んできた日頃の成果を京都工学院高校1、2年生に向けても発信できたと思います。先輩たちが取り組んできたものづくりの苦労や面白さが伝わり伝統となって引き継がれることを期待します。

洛陽の発表テーマは以下の通りです。
            テーマ
【機械コース】   「オルゴールの製作」
【電気コース】   「科学・ものづくり教室の企画・運営」
【電子コース】   「自動ピアノ演奏装置の製作」
【京都ものづくりコース】 「卵割り機」
【ハイパーステージ】 「自動飲料容器分別器」

画像1
画像2
画像3

【電気コース・電気専攻・エレクトロニクスクラブ】 第一種電気工事士合格!

 平成29年度第一種電気工事士筆記試験が10月1日(日)、技能試験が12月3日(日)に行われ、洛陽工業高校電気コース・京都工学院高校電気専攻から7名が合格しました。
 第一種電気工事士の資格を取得すると一般用電気工作物及び自家用電気工作物(最大電力500 キロワット未満の需要設備に限る。)の作業に従事することができます。
座学や実習、授業後の補習などを一生懸命に取り組んだことで、合格することができたのだと思います。
 今後も努力を惜しまず、より高い技術・技能を習得して社会に貢献してほしいと願っています。
 【合格者】
  洛陽工業高校 3年1組 小林 大悟
         3年1組 鈴木 憧馬
         3年1組 早田 光
         3年1組 堀川 陸斗
         3年1組 溝渕 優輝
 京都工学院高校 2年6組 石井 颯馬
         2年7組 東野 誠人

画像1
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
京都市立洛陽工業高等学校
〒612-0884
京都市伏見区深草西出山町23
TEL:075-646-1515
FAX:075-646-1516
E-mail: rakuyo@edu.city.kyoto.jp