京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/08/08
本日:count up24
昨日:29
総数:168756
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標 京北地域の主体者として,伝統と文化を受け継ぎ,自らの進路と地域の未来を切り拓いていける子どもの育成

リーダー研修恒例の…

 リーダー研修会の午前のメニューを終え,昼食となりました。
 昼食は,リーダー研修会恒例の流し素麺です。
 地元から提供して頂いた竹を割り,中の節を取り除く作業から始まります。みんなで協力し合い,10m以上に渡る溝が出来ました。流れて落ちてくる素麺を四苦八苦しながら食べるのも技の内。中には落ちてきた受け皿のザルに溜まった素麺を食べる強者も。
 焼きそばも提供され,お腹いっぱいのひとときです。

画像1
画像2
画像3

リーダー研修会二日目

 昨日に引き続き,朝からリーダー研修会の二日目が行われました。
 2年生が中心となって,レクレーションの企画や運営方法を学んだ後,これからの学級や学校をよりよくするためにどんなことが出来るのかというテーマで各班ごとに話し合いをしました。
 話し合ったことを全体で発表し合いました。中にはすぐにでも出来そうなアイデアもあり,ぜひとも二学期の取り組みに活かしていってほしいと思いました。

画像1
画像2

今日の仕上げ

今日の仕上げは,「地域活性化のためにできること」というテーマでの話し合いです。
会議を進める中で,改めて自分たちの地域を見直すきっかけとなったようです。どの班も京北の自然の素晴らしさに触れているところが印象的でした。
明日も暑い日が続くと思いますが,最後のリーダー研修頑張りましょう。

画像1

会議力・司会進行力トレーニング

わいわいご飯を食べたあと,あついあつい午後の部が始まりました。
午後一番は,会議力・司会進行力トレーニングです。会議に必要なことを学んだあと,会議力を磨くために,連想ゲームを行っていきました。会議の流れが思うようにいかず,頭を抱えているグループもありました。みんなの意見を引き出しながら,一つのゴールに向かうのは難しい!

画像1
画像2

コミュニケーション力養成講座

画像1
画像2
画像3
「相手にわかりやすく伝えるためにはどうすればいいか。」
普段から何気なく行っているコミュニケーションに焦点を当て、活動を行っていきました。
活動する前は,「そんなん簡単に伝えられるやん」「余裕,余裕」などの反応が見られましたが,やっていくうちに,改めて相手にわかりやすく伝える事の難しさに気づいたようです。
工夫を見つけ,改善を重ねることで,うまく相手に伝えることができるようになったようです。夏休み明けの学校生活に活きそうですね!

リーダーとはなんぞや。

画像1
画像2
画像3
「リーダーとは,何か?」「どんな力が必要なのか。」
自分自身の経験をふりかえりながら,リーダーに必要なものを考えていきました。
小学生・中学生と学校や学年をこえることで,いろんな発見があったようです。
みなさんは,どんなリーダーになるのでしょうか。

リーダー研修会通信!

画像1
画像2
画像3
生徒会リーダー研修会が,8月7・8日の2日間にわたって行われています。
今回は,京北第一,第二,第三小学校,宕陰小中学校,周山中学校の計4校の参加です。
最初の頃は,緊張した面持ちでしたが,アイスブレーキングを通すことで,緊張も緩み,体育館には,さまざまな笑い声が響いていました。

音楽部 吹奏楽コンクール銀賞受賞

音楽部はさる8月4日(土)
京都コンサートホールで開催された
京都府吹奏楽コンクールに出場、
見事銀賞を獲得しました。
おめでとうございます!

画像1

選手権大会 女子バレーの部

女子バレー部も、
24日、西賀茂中との決戦に挑みました。
好サーブで相手を崩し、
よく拾って粘りましたが、
善戦むなしく、
セットカウント0−2で敗れました。



画像1
画像2
画像3

選手権大会 剣道個人の部

画像1
画像2
画像3
剣道個人の部が24日に開催されました。
1、2年の部、フリーの部に
それぞれ1年から3年までが参加、
全力で相手にぶつかりました。
上位入賞はなりませんでしたが、
「今までで一番いい試合だった」と
顧問がつぶやく、
激闘でした。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
京都市立周山中学校
〒601-0251
京都市右京区京北周山町中山39-4
TEL:075-852-0053
FAX:075-852-0090
E-mail: shuzan-c@edu.city.kyoto.jp