京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2016/09/27
本日:count up1
昨日:69
総数:121453
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
周山中学校 学校教育目標 「人権の尊重を基盤として,心豊かで,たくましく生きる 生徒の育成を図る。」 めざす生徒像「英知 主体的に学ぶ生徒」「敬愛 思いやりのある生徒」「健康 運動に親しみ、自らの健康を管理できる生徒」  生徒会スローガン 「成功への道も一歩から」 〜責任感・団結力・本気を忘れずに〜

校長室より9月

画像1
 中秋を過ぎ,ようやく朝晩は過ごしやすくなってきたように感じます。周山中学校は三大行事の二つ目,「文化祭」を成功裡に終えることが出来ました。伝統となっている,全学年揃っての舞台演劇は全市的にも珍しく,毎年の積み上げの中で,学年が上がるにつれて見応えのある演技が披露され,作品の持つテーマ性が観客にも十分伝わる感動的な発表が見られました。
 全く話は変わりますが,地球の裏側では引き続きパラリンピックの熱き戦いが繰り広げられました。しかし,通常の五輪に比べパラの報道は量的にも質的にも雲泥の差があると感じるのは私だけでしょうか。折しもネット上では,民放の24時間テレビとNHKのバリバラを題材に障害者の「感動ポルノ」論争が繰り広げられています。これは一昨年亡くなられた,コメディアン兼ジャーナリストのステラ・ヤング氏が障害者を健常者が感動の見世物の様に扱う風潮に対する警鐘として発した少々過激な発言です。
 24時間テレビにしてもその高い視聴率や,チャリティの実績は目をみはるものがあるし,意義は確かにあるのだと思います。また障害や立場の弱い(低い)人を見て,「かわいそう」と同情すること自体は決して「悪」ではなく,人間としての優しさから生まれる自然な感情でもあると言えます。しかし,視点を変えてみれば,そこで留まっている内は,当事者から見れば,明らかに見下しであり,差別であると言えます。
 私たちの多くが優しさを持ち,愛を持ち,真理を愛し,正義を貫きたいと考えています。ただ一方で,私たちは時には無知であり,時には流され,時に偽善に陥ることがある,弱さも有していると自覚することが大切なのではないでしょうか。そのことに気づかせてくれる厳しい指摘に対しても真摯に対峙し,障害者にとって不自由は普通のこと,むしろ障害は社会の方だという声を,次の一歩を踏み出す明かりにしたいものだと思います。

文化祭 展示

画像1
画像2
画像3
 文化祭の会場には、様々な作品も展示されており、昼食をはさむ時間は「展示会場」となっていました。
 ここには、国語科は書写と作文、理科の細密画と夏休みの自由研究、美術科の1年風景画、2,3年の人権ポスターの作品が展示されています。
 また、家庭科は1年料理のレシピ、2年のリフォームして作った布小物、3年は保育実習のまとめを展示しました。
 英語科は英語のプロフィールカード、絵日記やピックアップシティー等の展示です。
 さらには3年生の保健体育委員会の「歯の染出し」、生活アンケートのまとめ等の展示、そして美術部の作品が展示されていました。
 各クラスの演劇の発表の幕間や昼休みには、生徒にまじって保護者や来賓の方も熱心に見学しておられました。

文化祭 音楽部の演奏

画像1
画像2
画像3
 文化祭の最後を飾ってくれたのは、音楽部の演奏です。
 10名という小所帯の編成ながら、顧問の先生と各種の発表会、コンテスト、地域の行事等に大活躍でした。
 今年は吹奏楽コンクールでの発表曲も含めて、TV番組に似せた「SJM歌謡祭」という寸劇仕立てで演奏してくれました。
 「炎と森のカーニバル」、「365日の紙飛行機」、「GUTS!」のみんな聞き馴染のある曲や「小さな祝典音楽」というコンクール発表曲も出てきて楽しめました。
 またスクリーンに映像を映して飽きない演出も工夫され、最後は大盛り上がりのフィナーレでした。
 これで3年生も引退ですが、今まで本当にご苦労様でした。

3年1組 劇 「桃太郎〜アナザーストーリ〜」

画像1
画像2
画像3
 最後は3年1組の劇「桃太郎〜アナザーストーリ〜」という事で、桃太郎に出てくる登場人物に加え、テレビでもおなじみの「三太郎」などオリジナルキャラクターたちが繰り広げる友情の物語です。
 オリジナルの台本を書き起こした一時間の大作でした。
 桃太郎の犬が誰かに襲われてけがを負う。
 その犯人を捜して鬼が島に鬼を訪ねるが、鬼が犯人ではなかった。
 犯人の疑いをかけられる桃太郎、しかし真犯人は意外な○○だった。
 テーマは「友情」、ジャンルは「サスペンス」。クラス発表のトリにふさわしい、引き込まれるストーリー展開でした。

大雨洪水警報発令

画像1
 9月20日(火)午前6時20分に京都市地域に「大雨洪水警報」が発令されました。
 これに伴い、周山中学校では本日臨時休業となります。
 皆さんくれぐれも安全に気をつけてください。

 なお、水曜日の時間割は

 1年1組は 保体・理科・数英・社会・英数・国語
 2年1組は 数学・保体・国語・理英・社会・英理
 希望学級は 数学・保体・国語・理科・社会・英語
 3年1組は 英語・数学・社会・国語・理科・数学
 3年2組は 英語・社会・理科・国語・数学・理科

 です 

3年2組 劇 「白井新喜劇」

画像1
画像2
画像3
 午後最初の発表の劇は3年2組の「白井新喜劇」です。
 テレビでおなじみの吉本新喜劇のギャグやキャラクターを生かしながら、オリジナルの脚本を作り担任の先生の名前で仕上げました。
 民宿の磯乃屋の手伝いの「茂造」を中心に、オーナー夫妻とその妻の戻ってきた元恋人「史也」をめぐる関係、また周囲の人を巻き込んでのドタバタ劇。
 みんな大いに笑わせてもらいました。

1年生 劇 「時が止まった『人形館』で」

画像1
画像2
画像3
 午前の2つ目の劇は1年生の 「土岐が止まった『人形館』で」の発表でした。
 これは「人形館」という劇の続編です。家出して「人形館」に逃げ込んだ主人公の春野香織。これを助けるために現実世界から同じ中学校の演劇部員たちが人形の世界に飛び込んでくる。
 個性的な人形たち、春野香織が抱える悩み、見どころがたくさんです。
 複雑なストーリーを1年生が一生懸命演じてくれました。

周中音楽部が北高祭に参加

画像1
画像2
画像3
 9月10日(土)に北桑田高校の文化祭「北高祭」に参加してきました。
 当日の午後に体育館で「地域コラボ音楽会」と銘打って、地域の音楽グループと共に参加しました。
 北桑田高校の吹奏楽部と合同で「Love So Sweet」「PEACH」「虹」「キセキ」「ソーランファンク」「学園天国」の計6曲を披露しました。
 これで3年生の部員は引退となります。皆さんご苦労様でした。

2年生劇 「Good Bye My ・・・」

画像1
画像2
画像3
 最初の発表は2年1組の劇「Good Bye My ・・・」です。
 人が一人死んだら、一人生まれていく世界。その誕生を待っていた「緑」「青太」「桃子」「黄郎」の4人。
 ある時、自分が生まれた後の運命をおじいさんから聞いて衝撃を受ける。
 先に生まれた「緑」の、その厳しい結果を聞いて動揺する3人。
 そしてそのまま生まれるか、自分の厳しい将来に絶望し、誕生せずこの世から消えていく選択を選ぶか悩む3人。さて、結果は・・・・。 
 緊張の1番目の発表をしっかり演じてくれました。

文化祭 開会式・生徒会発表

画像1
画像2
画像3
 いよいよ午前9時から文化祭が始まりました。
 校歌斉唱の後、文化祭実行委員長の開会のあいさつと続き、生徒会執行部によるダンスパフォーマンス「周ージックステーション!」の発表が始まりました。
 照明プランが工夫されたスタートで始まりました。
 「パーフェクトヒユーマン」の曲に合わせての軽快なダンスを披露してくれました。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
学校行事
9/28 評価テスト2 二日目 6限球技大会
9/29 普通授業 
9/30 普通授業 音楽祭練習開始

学校だより「碎啄」

学校評価

お知らせ

ほけんだより

周中タイムズ

SCだより

京都市立周山中学校
〒601-0251
京都市右京区京北周山町中山39-4
TEL:075-852-0053
FAX:075-852-0090
E-mail: shuzan-c@edu.city.kyoto.jp