京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/10/15
本日:count up38
昨日:59
総数:174081
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標 京北地域の主体者として,伝統と文化を受け継ぎ,自らの進路と地域の未来を切り拓いていける子どもの育成

そったく1月号より

 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
 昨年,ノーベル賞の日本人受賞はありませんでしたが,その中で,物理学賞は「重力波」の観測でした。この現象は100年も前に相対性理論で有名なアインシュタインが予言した現象で,世界で初めて観測に成功した栄誉に贈られました。私たちは縦・横・上下の三次元に生きていますが,これに時間を加えた四次元の時空こそが私たちの世界で,時間は重力や速さによって進み方が変化するという考え方です。まるでSFのような理論が現実に正しいことが証明されたというこの観測は,例えば竜宮城に行って帰ってきた浦島太郎が,現実世界では何十年も経過していたとか,宇宙船がワープして何万光年も先の宇宙に行くと言った事が,現実に起こりえるということに繋がっています。もしかしたらこの先何十年か経てば,時間を自由に操る時代が来るのかも知れませんね。周山中学校では年4回の天体観望会を開催しています。京北の夜空は大変美しく,星々が初々しく輝いています。しかしあの光もまた,何万年,何億年も前に発信された過去の光である事の感慨に浸りながら,京北の地からまた新しい研究に目覚める子どもが育つことを心から期待したいと思います。
 平成32年度の小中一貫教育校の開校を目指し,昨年は保小中のPTA・保護者代表者会で,新校の通学服が選定され,校舎の基本設計も明らかになるなど,ハード面の準備が着々と進められています。すでに旧周山小学校の校舎取り壊しも進み,まもなく本校の特別棟の解体工事も始まります。これからはハード面に加えて,どのような子どもを育てていくのか,教育課程や教育内容などのソフト面の検討が重要になり,私たち教職員のいよいよ出番だと自負しながら,計画に参画していきたいと考えています。中学生の質の高い取り組みや作品に小学生があこがれ,目標とすること,小学生の元気いっぱいの姿や,自分たちを慕うその思いに励まされ,自尊感情を高めていく中学生。そんな関係が一貫校でさらに育つといいなと思います。そして9年間で培った力で,ふるさと京北を全国に発信し,活性化していく原動力になってくれること,そんな思いや夢を,この一貫校の創設に向けて語り合い,実現に向けて一歩ずつ駒を進めていきたいと思います。今後とも皆様の力強い,ご支援・ご協力を賜りますよう,お願い申し上げます。

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校行事
10/18 音楽祭リハーサル
10/19 音楽祭(小中合同発表会) 通学シミュレーション
10/22 冬時間開始 山国隊時代祭参加
10/24 生徒会専門委員会
京都市立周山中学校
〒601-0251
京都市右京区京北周山町中山39-4
TEL:075-852-0053
FAX:075-852-0090
E-mail: shuzan-c@edu.city.kyoto.jp