京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/07/21
本日:count up3
昨日:87
総数:206333
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
第40回近畿小学校道徳教育研究大会京都市大会及第23回京都市小学校道徳教育研究大会の   参加申込は,当サイト右下にある「リンク」内の登録フォームよりお願いします。

校長先生による道徳の授業!!

11日,学校長が自作教材による道徳の授業を
6年生で行いました。

内容項目は,「真理の探究」。
中谷宇吉郎さんと安藤百福さんの生き方から,”探究心”とはなんぞやについて
考えを深めました。

また,教職員も自主研修として授業研究。
自分だったら,どんな発問をするか。どう問い返すかなど,
授業終了後は職員室でも話題となっていました。


夏休み,自由研究もあろうかと思います。
この学習を生かして,”探究心”を育んでほしいものです。
画像1
画像2
画像3

2年生の授業研究会を行いました。

5日(木)
2年生が道徳の公開授業を行いました。

授業の内容もさることながら,友達の意見にきちんと反応する姿,
返事をしっかりする姿,手の上げ方など,授業規律といった面でも
大変学びの深い授業でした。

よりよい子どもの姿を学校全体で共有して,
学校教育力の向上に努めていきたいと思います。
画像1
画像2
画像3

7月 こころのまど

画像1
 7月に入り,いよいよ1学期末を迎えました。道徳の時間や総合的な学習など…いろいろな場面で子どもたちの心は成長しました。そんな姿を「こころのまど」に,全校の1学期のまとめとして掲示しています。

むくのき もりのぷれぜんと

画像1
「もりのぷれぜんと」という教材からだれに対しても同じように伝える学習をしました。

順番を抜かそうとしたオオカミやキツネに対してどう声掛けをすればいいのかを考えて,動物になりきって気持ちを伝える役割演技をしました。子どもたちはどう話しかけようかなといろいろ考えて,気持ちを伝えていました。

つながりをつくるきっかけに・・・

職員室前には,古くなったパソコンを再利用して,
学校の様子をスライドショーにして流しています。

今日から「みさきの家」の活動を流したところ,
5,6年生が群がってきました。

「去年行ったなぁ!」
「あっ,やったやった!!」
「○○さんがいるで!!」

と,思い出をふり返ると共に,4年生に声をかけている姿も見られました。

思いがけず,子どもたちの横のつながりを作る機会になっているのかなぁと思った次第です。

ちなみに職員室横のパソコンは,ホームページでは伝えきれない,子どもたちの表情を中心に紹介しています。
ぜひ,ご来校の際に,鑑賞していってください。
画像1
画像2
画像3

2年「三びきは ともだち」

画像1
 「自分の好き嫌いにとらわれないで,だれに対しても公正,公平に接しよう」というねらいで,学習しました。
 自分の気に入った友達に対する態度と,あまり親しくない友達に対する態度の違いをみんな話し合いました。みんなと仲良くするためには何が大切なのか考え,だれとでも同じように接することが大切だということを確かめ合いました。
 学習したことを,自分の生活の中で生かすことができたらいいですね。

蓮通信

ついにきれいな花をつけました。
きれいな花に,つい足をとめる子も多かったですよ。
これからも自然の美しさ,そしてその神秘に興味を深めてほしいものですね。

画像1
画像2
画像3

1年生 みんなおなじ

画像1
画像2
公正・公平・社会正義という内容項目で「みんなおなじ」という授業を行いました。「およげないりすさん」というお話を通して「みんなでなかよくするには,どうすればよいか」を考えました。授業の中でお面をつけて,役割演技を行い,登場人物の気持ちに近づけるようにしました。子どもたちの意見からは,あたたかい意見が多くでました。今日感じた気持ちを大切に,みんなで仲良くしてほしいと思います。

6年 「おかげさまで」

画像1
「感謝する心について考えよう」というめあてをたて,日々の生活が多くの人々の支えによって成り立っていることや,それに感謝し応えようとすることの大切さについてみんなで議論し考えました。
 みんなで支え合って生きていることや,自分にできることは何なのかを考え,自分の考えを深めていきました。

4年 「めざまし時計」

画像1
 「自分でできることは自分で行うこと」や「規則正しい生活を送るために大切なこと」について考えました。
 子どもたちの意見には,つい,きまりを破ってしまう主人公の気持ちに共感する発言がたくさんありました。「その気持ちわかる〜。」や「初めはやるんだけど,すぐにできなくなってしまう。」など,普段の生活と関連付けて自分の生活を見直すことができました。
〈感想より〉
・やくそくを紙に書くこともいいけど,書いてしまうとその決まりにしばられてしんどくなってしまいできなくなってしまう。だから,書かなくてもできるように,自分のできることを見極めていきたいです。
・人を頼ってばかりいると,自分でしなければならないことができなくなってしまうと思いました。
・他の人が作った「きまり」はなかなか続かないが,自分で作った「きまり」ならつづけていけるのではないかなと思いました。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
7/23 1学期終業式

学校経営方針

研究

学校評価

学校だより

学力向上

「学校いじめの防止基本方針」

その他

京都市立梅津小学校
〒615-0916
京都市右京区梅津中村町38
TEL:075-861-0009
FAX:075-881-0465
E-mail: umedu-s@edu.city.kyoto.jp