京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/02/15
本日:count up1
昨日:87
総数:186468
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
参観懇談会:平成30年2月20日(火)高学年・むくのき,21日(水)低学年,作品展:20日〜22日(午前)        

4年 こころのまど

画像1
 これまで学習をしてきた「モノづくりの殿堂」。学習を進めると,京都には多くの企業がありモノづくりがさかんな理由として,昔から伝統工業が栄えていたことがあると気づきました。伝統工業と,先端産業…一見違うようですが,昔からの技術や人々の思いが現在のわたしたちの生活に多く生きているのですね。

校長先生からのメッセージ

さて,何を感じますか????
画像1

職員室,大掃除!!!

子ども達が来なくなった冬休み初日。
教職員で職員室の大掃除。
普段しにくいところまでみんなできれいにしました。
子ども達にも,身の回りの整理整頓について,日ごろから伝えていることもあり,
クーラーの上,扉の隙間,冷蔵庫の中など,教職員も負けじときれいにしました。



これで気持ち良く新年を迎えられそうです。

画像1
画像2
画像3

12月の詩

画像1
 12月の詩は工藤直子さんの「パピプペポ」です。

 寒さが厳しくなり,木枯らしの冷たさが身に染みる季節になりました。
 そんな木枯らしの気持ちを,軽快なリズムに乗せて表現した詩です。繰り返し読んでいると,寒さに負けないぞ!という思いになります。

3年 こころのまど

画像1
 11月30日の学習発表会で,3年生は「なかまとともに音楽をかなでよう」を発表しました。友達と息を合わせてリコーダーを演奏したり,ボディーパーカッションを楽しんだり,響きを感じながら合唱したりすることを通して,「なかまとともに」活動する喜びを実感していました。その様子や子どもたちの思ったことをまとめ,「こころのまど」に掲示しています。「なかまとともに」ひとつの目標に向かって頑張ったことを大切に,これからも過ごしてほしいと思います。
画像2

あおたけ 3年 道徳 約束やきまりを守る

主題名 約束やきまりを守る
教材名 にじ色のふんすい

 登場人物の二人が不思議な噴水に出会います。その噴水はその時の様子にあわせいろいろな色に見えます。噴水の近くには大きな花が咲いていますが,その一部が引き抜かれ,ちょうど子ども達が入れる大きさの穴があいていました。
 そこで遊ぼう,遊ぶのはよくない,誘惑に負けそうな自分や心の葛藤から約束やきまりについて考えました。

 子ども達の振り返り

 約束やきまりを破るのは信用を失うことになる。だから約束やきまりは守ってい行きたい。
 自分だけが楽しいものではないし,みんなが楽しめるために約束やきまりがあると思った。これからもこのことを忘れずにしたい。

 などたくさんの考えがでてきました。
画像1

本校の取組を近畿大会で発表してきました。

11月17日,神戸市立舞子小にて,第39回近畿小学校道徳教育研究大会兵庫大会が開催されました。
本校からは齊藤教諭が新学習指導要領の中のキーワードの一つである「物事を多面的・多角的に考える道徳教育のあり方」について,学校での取組と授業実践について発表しました。
その後,次回開催地である京都の若松研究会長からあいさつを行いました。

来年度,平成30年の道徳近畿大会は11月30日(金)梅津小学校で開催する予定です。全国から多数の参加者が見込まれる中,今後も本校の取組を磨いていきたいと思います。

画像1
画像2

11月のこころのまど

梅津小学校では,毎月各学年の道徳の学習やその様子について掲示板を用いてお知らせしています。
今月は5年生。長期宿泊で大事にしていた”価値”についてふりかえりました。
「こころのまど」の前には立ち止まってじっくり眺めている子もちらほら。ほかの友達が考えたり感じたりしたことを自分と比べながら見ることで,いろいろな気付きが生まれますね。

画像1
画像2
画像3

あおたけ 6年道徳 正直・誠実

画像1
主題名 正直・誠実
資料名 手品師

今週の道徳では,大劇場を夢見る売れない手品師が、父が亡くなり、母もいなくなって悲しむ男の子と出会い、自分の手品で勇気づける。明日もきっと来ると約束したが、その直後「明日大劇場に出演できる」チャンスが来た。悩んだあげく、大劇場には行かずに、男の子のところで手品をする。という話を元に手品師の行動から誠実さについて考えました。子ども達からは,

手品師さんの自分に正直なところが私にとって、すごくうらやましいと思いました。もし私が手品師さんの立場なら、自分のことを優先したり、周りの空気に流されたりして大劇場に行っていたと思います。だから、私も自分の心に正直になりたいと思いました。

ぼくは、手品師さんがとてもいい人だと思いました。ぼくなら絶対に大劇場の方へ行きます。なぜなら、有名になってお金も入ってくるからです。でも、手品師さんは男の子の方に行きました。なぜなら、相手のことを思っているからだと思います。だから、ぼくも相手のことを気にしていきたいです。

友達と遊ぶ約束をしていたのに、お母さんたちと買い物に行ってしまいました。その次の日、その友達と話しにくくなりました。だからこれからは、先にした約束は守り、手品師さんのように誠実さをもちたいと思います。

という意見が出されました。


11月の詩

画像1
 11月の詩は『リズム』です。3年生が一部作りました。
 「いち,に,さん」「いち,に,さん」とたくさんのリズムがあります。心のリズムや友達をつくるリズム。考えるリズム,その他にもたくさんのリズムができてきました。
 子ども達には,自分のリズムで大きく成長していってほしいです。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
学校行事
2/20 参観・懇談(高学年)
2/21 参観懇談(低学年・むく)

学校経営方針

新入学1年生保護様へ

研究

学校評価

学校だより

「学校いじめの防止基本方針」

その他

京都市立梅津小学校
〒615-0916
京都市右京区梅津中村町38
TEL:075-861-0009
FAX:075-881-0465
E-mail: umedu-s@edu.city.kyoto.jp