京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/09/21
本日:count up6
昨日:142
総数:212348
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
平成31年度入学児童の「就学時健康診断」は11月27日(火)午後1時45分からです。

第40回近畿小学校道徳教育研究大会京都市大会第2次案内及び第23回京都市小学校道徳教育研究大会参加申込について

<近畿小学校道徳研究大会京都市大会2次案内>
 近畿小学校道徳研究大会京都市大会第2次案内へリンク

<参加申込登録フォーム>↓
※「分科会番号」,「弁当の有無」への入力などの入力にご注意ください。
  http://www.edu.city.kyoto.jp/hp/umedu-s/registr...


 授業公開を致します梅津小学校は,3年続けて「道徳教育の抜本的改善・充実に係る支援事業」(文部科学省)の指定を受け,「特別の教科 道徳」の研究を重ねてきました。
 この度標記大会に多くの方がご参加いただき,忌憚のないご意見ご指導を賜りたく存じます。
 つきましては,上記リンクサイトから登録フォームに従って「参加申し込み」をしていただきますように,ご協力を宜しくお願い致します。
 なお,お弁当は,1,000円(お茶付)です。よろしければ下記登録サイトより「有」を選択してください。

 11月30日のご来校を心よりお待ち申し上げております。

4年生の校内授業研究会を行いました。

5日,総合教育センター,副主任指導主事の居林晃一郎先生を招き,4年生の校内授業研究会を行いました。

新しい教科書を使っての提案授業,そして,テーマが大変難しいものでもあったことから,事前の検討会でも大変白熱したものになりました。
他学年でも自主的に事前授業を行うなど,研究に深まりが見られました。

その後研究協議会でも価値やねらい,手法などについて活発に議論を深めました。
学年を組んでいる他の先生も,積極的に前に出て,その取組に至った経緯を語っていました。
また,市内から3名の先生がおこしになりました。
今後も共に学びを深めていければと思います。

画像1
画像2
画像3

5年生の研究授業を行いました。

7日(木)5年生の校内研究授業を行いました。
5年生の研究テーマは,「明治150年,京都の奇跡プロジェクト」における,京都ゆかりの教材を使った授業。ということで,自作教材での研究です。

事前授業での課題を学年で何回も検討し,授業にのぞみます。
この発問でよかったのか,ねらいに到達できたのか,そして,教材の扱いかたはどうだったのかといったことについて,協議を重ねました。

指導助言は,総合教育センターの居林副主任指導主事より頂きました。
教材の作り方や解釈の仕方など,また新たな視点をいただきました。

校外の小学校からも参観,協議会へ参加していいただきました。
今後も全市に向けて案内を出しますので,どうぞお気軽にご参観にお越しください。
画像1
画像2
画像3

3年生の校内授業研究会を行いました。

5月31日(木)
3年生の校内授業研究会を行いました。
3年生の研究テーマは「物事を多面的・多角的に考える道徳学習の在り方」について。
学習は,今年度より導入された教科書と教科書ノートを用いて進めました。

子ども同士が,互いの意見に対して質問を行い,見方を広げたり深めたりする場面が見られるなど,大変活発な様子が見られました。
また,研究協議会では,子ども同士の活発な意見交換は見られたものの,それがはたしてねらいとする価値に迫っているのか,中心発問は適切だったのかなど,こちらも活発に議論を深めました。

提案授業の質の高さが議論の深まりを生んでいます。
今後も,一つ一つの授業を大切に,子どもの力を育てていきたいと思います。
画像1
画像2
画像3

校内研究授業にむけて

31日は3年生の校内授業研究会。
14日は授業に向けて,4年生が事前授業を行いました。

板書はどうするのか,発問はどの言葉を選ぶのか,問い返しはどのタイミングで?!
といったように,授業後は研究委員会のメンバーを中心に,
子どもたちの思考が深まるプロセスを議論しました。


画像1
画像2
画像3

「主体的・対話的で深い学びにつながる道徳学習」とは??

12日の研究会では,講義の後,教職員によるグループワークで考えを出しあい,共通理解を図りました。

テーマは「主体的・対話的で深い学びにつながる道徳学習」とは??

ブレーンストーミング,KJ法を使い,考えを出しあいました。

 ○発問
 ○板書
 ○学級経営
 ○教材の精選
 ○子どもたちの学び合いの場作り
 ○子どもの意見がつながる授業
 ○教師のコーディネート
 ○興味関心をひく授業
 ○自信をもって話せる日々の授業の積み重ね

などなど,全員で大事にしたいことを練り上げていきました。

子どもも教職員もそれぞれ力のつく研究活動を展開していきたいものです。
画像1
画像2
画像3

研究活動が始まりました。

今年度も昨年に引き続き,文部科学省より,3年連続となる「道徳教育の抜本的改善・充実に係る支援事業」の指定をいただき,「特別の教科 道徳」の研究を進めます。

12日は今年度最初の研究会でした。
研究主任より,今年度の研究の進め方の説明のあと,道徳主任より別葉の活用・年間指導計画の取り扱い方,教室における学習の積み上げを意識できる掲示物などの説明がありました。
その後,学校長より,本校の取組の積み重ねの成果の説明や,道徳のねらいや授業構成などの講義を受けました。

今年度は,11月30日に近畿小学校道徳教育研究大会京都市大会の会場校として取組を発表いたします。
ぜひ,たくさんの方のご来校をお待ちしています。
画像1
画像2
画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

学校経営方針

研究

学校評価

学校だより

学力向上

「学校いじめの防止基本方針」

その他

京都市立梅津小学校
〒615-0916
京都市右京区梅津中村町38
TEL:075-861-0009
FAX:075-881-0465
E-mail: umedu-s@edu.city.kyoto.jp