京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/07/20
本日:count up46
昨日:49
総数:135504
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
7月18日(火)〜20日(木)個人懇談会

ぞうさん

              「ぞうさん」

                   校 長 飛田 義和
 
 一年で最も暑さの厳しくなる時季がやってきました。二十四節気では「大暑」。夏の土用は,立秋までの18日間。乗り越えるのが厳しく,疲れも出やすい時季です。一昔前は(現在でも続いているところもありますが),丑の日には鰻など「う」のつくものを食べたり,「丑湯」という薬湯に入ったり,「土用餅」や「土用蜆」を食べたりするなど,夏を乗り切る様々な習慣が残されています。いよいよ夏休みです。子どももそして大人も,しっかりと健康管理をしていただきたいと思います。

ところで,「ぞうさん」の歌は皆様ご存知だと思います。作詞は,まど・みちおさんで,昭和23年につくられました。曲は昭和28年に団伊玖磨さんが作曲し,NHKラジオで放送されました。
1番の「ぞうさん ぞうさん お鼻が長いのね」誰が誰に言っているのでしょう。おそらく森の中で,猿だかキリンだかが子象に向かって言っている言葉です。「お鼻が長いのね」は「お鼻が長くて変だぞ」という意味です。つまり小象をいじめようとした  言葉です。ところが小象は,「そうよ母さんも長いのよ」と言い返します。けっして,「お前だってお尻が赤くて変だぞ」とか「お前だって首が長いじゃないか」とは言い返しません。鼻が長いことに誇りを持っているのでしょうか。
そう言い返された猿だかキリンだかは,はっとしたのでしょうか。言葉ががらりと変わります。「ぞうさん ぞうさん 誰が好きなの」すると小象は,「あのね母さんが好きなのよ」と返します。たったこれだけのやり取りの中に,母親への愛情に裏打ちされた小象の強さが表現されています。
まどさんは戦前,戦中,戦後と中国で暮らし,日本人と中国人の立場が180度変わる状況を経験しました。その経験をもとに,帰国後この詩を書かれたようです。

最近,「いじめ」が大きく話題になっています。
いじめの根源には,自分と違うものを排除しようとする気持ちがあるのでしょうか?「同調圧力」という言葉もあります。人に自分と同じものを求める圧力であり,少数意見を持つものに,暗黙のうちに多数意見に合わせることを強制することもあります。
大人の世界にも子どもの世界にもみられるものかもしれません。小象の強さについて考えてみたいと思います。
                           

なかよし水あそび

画像1
画像2
画像3
14日(金)はなかよし水遊びでした。岩倉南小学校の広々としたプールで思い切り楽しみました。準備運動では,この日までに練習してきた「おばけのばけちゃま」をみんなのお手本として踊りました。「ビート板リレー」では中学生にビート板を押してもらい,「魔法のじゅうたん!」と言いながら楽しそうでした。「たからさがし」では頑張って水に顔をつけて,底にある碁石を拾いました。水あそびをしながらたくさんの友達と触れ合うことができました。

葉の表面に水の出てくるところがあるか 6年

画像1
 ホウセンカの葉のうら側のうすい川をはがして,けんび鏡で観察をしました。葉のうらには人間のくちびるみたいな穴がたくさんあり,そこから蒸散していることが分かりました。
画像2

葉から水がでるかしらべよう 6年

画像1
 葉をつけたままのホウセンカと,歯を全部とったホウセンカにふくろをかぶせ実験をしました。結果「葉をつけたままのホウセンカ」のふくろの内側がくもって,たくさんの水てきがつきました。「葉を全部とったホウセンカ」ほとんだ変化がなかった。水てきが少しだけついた。葉は呼吸をして水蒸気を出していることがわかりました。

ドーシーと最後の授業 6年

画像1
 ALTのドーシーと最後の授業を楽しみました。ドーシーは祖国に帰ってしまいます。「I can〜」と 友だちのできること・できないことを予想してインタビューを楽しみました。最後にお別れの歌をうたってフィニッシュをむかえました。
画像2

東北部クリーンセンター社会見学

画像1画像2画像3
東北部クリーンセンターを見学してきました。東北部クリーンセンターでは,ごみを高い温度で燃やしてにおいを消したり,衛生的に処理したりしている為,ゴミのにおいがほとんどしないことに驚きました。排気ガスをきれいにするための工夫がされていたり,施設やまわりに木を植え,遊歩道をつくったりと,環境にやさしいクリーンな施設だということもわかりました。ゴミを燃やした灰がどうなるのか,ということや資源ごみのリサイクルについても学びました。今後,東北部クリーンセンターで学んだことをもとに子供たちは自分に何ができるかを考えていきます。

生活科 みんなであそぼう

画像1
画像2
月曜日生活科の学習で、うちわやストロー、針金ハンガーでしゃぼんだまを作りました。
暑い中でしたが、子どもたちは運動場いっぱい走り回って、しゃぼんだまを楽しみました。「またしたいなあ・・。」と口々に言っていました。

交流給食

画像1画像2画像3
学年内の交流給食をおこないました。
10日(月)は4年・5年・6年, 11日(火)は1年・2年・3年で実施しました。
周りの人たちと楽しく食べることは,食事がよりおいしく感じ,心の栄養になります。
担任以外の教職員や,給食調理師とも交流し,楽しく会話もしながらも,よくかんでしっかりと食べられていました。

放チョウ会

東北部クリーンセンターより所員の方々が来てくださいました。
オオムラサキの大きな幼虫やサナギを見せていただきました。
オオムラサキの成虫の
羽の色や体の特徴についてもお話をいただきました。

合図とともに,オオムラサキを空に放ちました。
上手に飛び立てないオオムラサキもいましたが,
子どもたちの声援のおかげで,無事に飛び立ちました。
画像1
画像2
画像3

歌声が重なり合うひびきを感じながら合唱しよう

 音楽科では「星の世界」を歌いました。和音のひびきの移り変わりが美しい曲です。今日はそれぞれのパートをグループに分かれて工夫しました。
画像1
画像2
画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
7/21 前期前半終了 給食終了
7/24 サマースクール
京都市立市原野小学校
〒601-1122
京都市左京区静市野中町105
TEL:075-741-2450
FAX:075-741-2195
E-mail: ichiharano-s@edu.city.kyoto.jp