京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/10/19
本日:count up41
昨日:142
総数:348232
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
室町小学校のホームページです。平成30年度入学生の入学届受付は,10月24日〜11月6日です。また,就学時健康診断は11月30日(木)です。ご予定ください。

平成21年度 修了式

画像1画像2
 平成21年度修了式を行いました。

 学校長の話

 皆さん,おはようございます。
 進級おめでとう。皆さんは教室で担任の先生から通知表を受け取ることになります。その通知表には皆さんがこの一年間学んできたことや成長してきたことが表されています。おうちの人としっかり読んで,よかったところはもっと伸ばし,だめだったところはしっかり復習して四月に備えましょう。
 これは何でしょう。そう,ミカンです。だれが食べるのでしょう。そうです,鳥です。
 校長室の窓側に鳥のえさ台を作りました。そして,ミカンを置いておきました。どんな鳥がやってきたと思いますか。カラス,ヒヨドリ・・・。先生の大好きなメジロもやってきました。鳥は,ミカンだけでなく,学校になっていたモモやイチジクの実も大好きなのです。こうした果物は食べられてばかりでかわいそうですね。そう思いませんか。
 実は,食べてほしいのです。鳥はおいしい実と一緒に種も食べてくれます。お腹がいっぱいになった鳥は,遠くへ飛んでいきます。飛んで行ったところで糞をします。その時,種も一緒に出てきます。この種は新しいところでまた,いっぱいの花を咲かせ,実をならせます。このように木の実は仲間をいっぱい増やすために鳥に食べてもらっているのです。つまり,鳥とミカンはけんか相手のように見えて,実は持ちつ持たれつのお友達だったのです。
 皆さんも,クラスの中や学校で喧嘩ばかりしている友達はいませんか。いやな友達はいませんか。実は,お互いを成長させる種をいっぱい持っている良い友達なんです。四月からは友達の良いところをいっぱい見つけてお互いに成長していきましょう。


3月の朝会

画像1画像2
 皆さんおはようございます。今日3月1日は災害に備える日です。
 昨日,ここ室町小学校で,室町学区自主防災会が開かれ,各町内会から多くの方が参加されました。皆さんの中にも一緒に参加した人がたくさんいましたね。
 消防署の方や消防団員の皆さんの指導で,三つのブースに分かれて訓練をしました。一つは火事に備えたバケツリレーです。二つ目は人命救助に備えた人口呼吸です。AEDの使い方も教わりました。三つ目は起震車の体験です。災害にあってもあわてず落ち着いて行動することと普段から災害に備えて家具などを固定することを学びました。
 その日の朝のニュースでした。「チリで地震が起きたので,日本の皆さんも注意してください。海岸に近い人は避難してください。」というニュースでした。「えっ?どうして?日本の反対側にあるチリの地震と日本が関係あるの?」と思いませんでしたか。どうして?地球儀で見るとこんなに遠く離れているのに。
 そうですね。大きな地震の揺れが海の水を伝わって日本にまでやってきたのです。そして,津波となって海岸に大きな波を打ち上げたのです。新聞によりますと,船が流されたり,海水が流れ込んだりして大変だった町もありました。幸い,海外からのニュースが早かったので被害を最小限に食い止めることができたのですが,もし,何も知らされていない人が貝を拾って遊んでいたり,つりをしていたりしたら海へ押し流されていたかもしれません。普段から世界中の人と仲良くしておくことと,災害に備えることが大事ですね。
「備えあれば憂いなし」ということわざがあります。来月にはそれぞれ学年が上がります。進級に備えてしっかり勉強と体力と心作りに励んでください。6年生の皆さんも中学生に向けてしっかり準備をして下さい。

2月の朝会

 2月3日は節分です。節分といえば鬼です。
 鬼はトラ模様のパンツをはいていますね。そのわけを知っていますか。鬼が入ってくる方向が北東だからだそうです。昔の人は方角を動物で表していました。北東の方角はトラやウシです。だから,鬼がトラに似ていると想像したのでしょう。鬼が頭に角を生やしているのもウシから来ていると言われるとなるほどと思ってしまいますね。
 では,どうして豆を投げたり食べたりするのでしょう。「魔物を滅亡させる。」という意味で,魔物のマと滅亡のメをとってマメと洒落たと言われています。面白いですね。
 このように昔の人々は,季節季節で生活を楽しくする工夫をしていたのでしょう。みなさんも,生活のけじめをつけたり,楽しくしたりすることを考えてみてはいかがでしょうか。たとえば,火曜日は火だから火を使うお料理のお手伝いをする日だとか,木曜日はもくだからもくもくと読書をする日だとか。いろいろ工夫をしてみてください。きっと楽しい日々が送れるでしょう。
 また,節分を祝うことで有名なのが吉田神社です。近くにはろ山寺があります。もっと近くにみんなのよく知っている上御霊神社でも節分の行事があります。機会があればおうちの人に連れていってもらうといいでしょう。

交通安全学校賞受賞

画像1
画像2
 室町小学校は,第50回交通安全国民運動中央大会で,「交通安全学校賞」を受賞しました。大会は日比谷公会堂で行われ,全国の様々な表彰団体や企業での実践が紹介され,事故ゼロに向けて全国民で取り組んでいくことが必要であると感じられました。

 本校の受賞は,地域の皆様が日ごろから「安心安全の町,室町」をめざして取り組まれていることが評価されたもので,代表として校長が行かせて頂いたものです。特に,登下校時に要所要所で子供たちを見守っていただいている自治連合会,交通安全会,老人会,民生主任児童委員の皆様やPTA保護者の皆様,そして児童への指導もしていただいている上京警察,上御霊交番の警察官の皆様,その他多くの皆様のおかげだと感謝しております。これら地域・保護者の皆さまのご協力とご支援で進めている安全を守る取組と子どもたちの自主的な自転車大会への参加とそこでの成績が評価されたものと思っております。

 本校は,過去6年間で大きな事故にあった児童はおりません。しかし,小さな事故はありました。まだまだ,登下校から家庭における時間帯まで,指導し見守っていく必要があります。

 今回の受賞を機に,さらに子どもたちの交通事故防止に安全指導に努めていきたいと思っておりますので,今後とも皆さまのご協力ご支援をよろしくお願いいたします。


1月の朝会

画像1
校長先生のお話

 新年明けましておめでとうございます。
新年とは,去年までのことは忘れ,心を新たにして歩みだすことです。皆さん,今年の目標を立てましたか。「夢と希望」を持てましたか。
 さて,今年は寅年ですので,虎にまつわる話を求めて,この室町学区を歩いてみました。見つかりました。12年に一度しか公開していないという幻の掛け軸がありました。どこかというと,射場町にある報恩寺というお寺です。そこに,寅年の正月三が日だけしか公開していない,つまり,12年に一度しか公開していない絵があったのです。松とカササギの前で虎が水を飲んでいるという絵でした。
 この絵がなぜ有名になったのかというと,その昔,豊臣秀吉という将軍がその絵をえらく気に入って城に持ち帰ったところ,毎晩毎晩,虎が鳴いて眠れなかった。そこで,「これは鳴き虎じゃ」といって翌朝に寺に返したということです。皆さんも一度機会があったら見せてもらってください。
 このように,意外と身近なところに立派なものがあるという話です。皆さんも今年の計画を立てるときに,もう一度自分の身の回りに素晴らしいものがないか探してみてください。また,自分自身の中にこれは素晴らしい,これを伸ばしてみよう,という部分がきっとあるはずです。それを見つけ出して今年の計画に加えてみてください。
「虎は,千里を走る」とか,「虎は死して皮を残す」とか言います。今年は寅年,元気な年です。自分の元気なところを伸ばしていく年です。自分の良い所を見つけて今年一年一生懸命頑張りましょう。



12月朝会

画像1画像2
 校長先生のお話

 皆さんおはようございます。12月といえば,人権月間です。また,クリスマスです。そしてこの格好は?そうです,サンタクロースです。おかしいですか?そうですね。どこかおかしいですね。どこがおかしいですか?きている服が緑?そうです。普通はサンタクロースの来ている服は赤ですね。
 今日は,サンタクロースの話をします。サンタクロースは本当にいるのでしょうか。本当にいたといわれています。今から約1700年前のギリシアという国にニコラウスという人がいました。ニコラウスさんは,困っている人にお金をそっと渡しました。ある時は投げ入れたり,またある時は干してある靴下の中にそっと忍ばせたりしました。 また,こんな伝説もあります。食べ物がなく,みんなが困っているところに,穀物をいっぱい積んだ船が通りかかりました。ニコラウスがその穀物を譲ってもらうことになりました。食べても食べても減らなかったそうです。
 さて,ニコラウスは司祭様だったので,セントニコラウスと呼ばれていました。それがオランダ風に呼ぶとシンタ・クラースといいます。それがなまって,サンタクロースと呼ばれるようになったということです。
 ところで,皆さんは,サンタクロースというと赤い服だと思っていましたね。実は,昔のセントニコラウスはいろんな服を着ていました。ところが,150年ほど前にある画家が描いた絵が赤い服を着ていたのでそれから赤くなったとか,また,ある会社が広告で赤い服を着たサンタクロースを使ったので,いつしかサンタクロースは赤い服だと思われるようになってしまったのです。
 このように,皆さんが赤だと思っていたのが,実は緑だったのかもしれないんです。誰かが言った言葉をそのまま信じるのではなく,よく調べて真実を見極めることが大事です。
 また,皆さんの心の中での描きようによってサンタクロースはどんな姿にもなるのです。みなさんのサンタクロースはどんなサンタクロースでしょう。素晴らしいサンタクロースを描いてみてください。これで,今日の話を終わります。


11月の朝会

画像1
校長先生のお話
 おはようございます。読書の秋,いっぱい本を読んでいますか。
今日は,先週,6年生が学習してきた「京都モノづくりの殿堂」から一つの話を紹介します。
 皆さんは京セラという会社を知っていますか。サッカーをしている人はパープルサンガの選手がきているユニホームに描かれているので知っていると思います。室町小学校の屋根の上にはソーラーシステムがありますが,それを作っている会社です。そのほかにも,携帯電話など世の中の役に立つ製品を作っている会社です。京都にあります。
 このような,大きな会社を作った人はどんな人でしょう。
 稲盛さんといって,こんなことが紹介されていました。
子供のころは泣き虫で甘えん坊だったそうです。中学の入学試験に2回も落ち,重い病気で治療の日々を送る,自分で「ぼくは落ちこぼれだ」と思っていた一人でした。しかし,それからあとで素晴らしい先輩や友達と出会い自分の夢を実現させたのです。
 皆さんも,泣き虫だったり,テストで悪い点しか取れなかったりしたときがありませんか。もう駄目だと思った時は,この本を読んで勇気をもらってください。そして,自分の夢を目指して頑張ってください。
 この話は,「京都モノづくり列伝」といって学校のコンピュータから読むことができます。漫画です。そのほかにも,図書館には「伝記」といっていろんな人の生き方が書かれた本があります。先生からのお勧めの本です。ぜひ一度読んでみてください。

後期始業式

画像1
校長先生のお話
 皆さんおはようございます。読書やスポーツに適した季節,秋です。
先週の終業式ではアメリカメジャーリーグのイチロー選手と松井選手の話をしました。その話には続きがあります。
 記録を達成したイチローは,こんなことも言いました。「いいチームを作るのは,いい人間だ。そういういい人間と一緒になれて僕の記録は達成された。すごくうれしかった。」
 一方,松井秀樹選手は,自己ワーストの打率でした。くやしさの中でこう言いました。「自分が調子悪い時に,他のみんなが頑張ってくれて地区優勝することができました。」
 二人とも,みんなの応援が,一人ひとりの頑張りや記録更新に役立ったと言いたいのでしょう。
 皆さん,「いい学校,いいクラスを作るのは,一人のすぐれた人間ではありません。みんなが力を合わせで仲良く作り上げるからいい学校いいクラスができるのです。」
 さあ,3月まで,みんなで助け合ってそれぞれのゴールを目指しましょう。


朝会

画像1画像2画像3
 前期の後半が始まりました。
夏休みが終わって,子どもたちは元気な笑顔で登校してきました。
1時間目に,全校が体育館に集まって,朝会をしました。
最初は。校長先生のお話です。
続いて,新しく来られた木村先生の紹介と,養護の稲葉先生から新型インフルエンザの予防と生活リズムについてのお話がありました。

夏休みを前に

画像1画像2
7月21日夏季休業前朝会
 皆さんおはようございます。これから長い夏休みを迎えます。健康で安全な生活を送ってほしいと思っています。「早寝早起き朝ごはん」の習慣を守るだけでも素晴らしい休みになります。それに,自分のしてみたい勉強に取り組んでみましょう。
そこで,今回のよしよしコンビは,夏休みでよっしゃ〜です。
 私は,小学校の頃に昆虫採集をしたことがあります。これがその時の昆虫です。いろんな種類のきれいなチョウを箱いっぱい集めた私は,得意満面な顔で先生に見せました。クラスのみんなはすごいと言ってくれましたが,先生は,「吉見君,これでは研究にならないよ。」とおっしゃられました。
 さて,どうして研究にならないのでしょう。
そうです。集めただけでは研究ではありません。始まりなのです。それらを並べ替えたり,仲間わけをしたりしながら課題を見つけ出すことから始めます。たとえば,チョウを大きさで分けるとしましょう。夏に採ったチョウは春に採ったものより大きく,南の島で採ったものも全体的に大きいのです。そこから,きっと,暖かいと食べ物がたくさんあり,たくさん食べることができるのではないだろうかと想像することができます。
次に,これを調べるのにはどうしたらよいのでしょう。チョウや虫の幼虫をとってきて冷蔵庫やクーラーのきいた部屋で育ててみましょう。ひと夏ではできない研究になってしまいますが,途中まででもいいのです。その実験や観察の様子をかくことや,結果やわかったことをかいてまとめることができれば研究の完成です。
皆さんの素晴らしい自由研究を期待しています。
私の小学校の時の研究がどうなったかって?う〜ん。できなかったので,今でもチョウや虫を追いかけています。

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校行事
4/5 入学式・新年度準備(新2年・新6年)
4/6 着任式・始業式・入学式

学校だより

学校評価

本校の研究

スクールカウンセラーだより

ほけんだより「ファイト」

お知らせ

学校いじめ防止基本方針

むろまち子どもクッキング新聞

京都市立室町小学校
〒602-0029
京都市上京区室町通上立売上ル室町頭町261
TEL:075-431-0358
FAX:075-431-0359
E-mail: muromachi-s@edu.city.kyoto.jp