京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/12/17
本日:count up1
昨日:108
総数:355472
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
室町小学校のホームページです。今年度のマラソン大会は2月6日(火)に行います。ご予定ください。

記念撮影

画像1
画像2
画像3
 指導者の教員からも話しました。
 
 そして,最後に記念撮影。来年のがんばりを誓い合いました。
 

お楽しみ反省会

画像1
画像2
画像3
 学校に帰って,和室で反省会を行いました。
 グループに分かれて座りました。

 最初に,記録証と2月の賞状を渡しました。5月から毎月賞状を貰った子どもが6人もいました。立派です。

 次にこの1年間を振り返り,自分自身のがんばりと次の目標を発表しました。
「楽しかったです。」
「初めはしんどかったけれど,速く走れるようになってうれしいです。」・・

 6年生は,全員の前で話しました。
 聞いていると,話してくれることが映像となって思い出されます。一人一人のがんばりにみんなが拍手で称えました。


低学年の部

画像1
画像2
画像3
 高学年が走る前に,1〜3年生の低学年も走りました。
 いつも練習のお手伝いをしてもらっている学生ボランティアのお兄さんを先頭に,同じ1500メートルを走ります。大丈夫かな?最後まで走れるかな?と心配していたのですが,無事に帰ってきました。先頭で帰ってきたのは,2年生です!!がんばれ!!応援の声が高くなりました。「ぼくも,大文字に出たいです。」力強い言葉でした。

 全員が完走しました。
 最後に,学校長もゴールイン。

陸上部最終練習会

画像1
画像2
画像3
 陸上部の最終練習会を行いました。
 1年生から6年生まで,約60名が参加しました。
 
 運動場でアップをした後,全員で賀茂川に行きました。
 低学年と高学年がペアになって,2列に並んで歩きました。1年生が4年生に甘えています。あこがれのお兄さんとペアになって,嬉しそうにしている子どもたちもいました。

 駅伝の予選コース1500メートルを走りました。
 写真は,4〜6年のゴール付近での様子です。今は朝の練習をしていないのでタイムが落ちていると思いましたが,6年生は好記録を出していました。体が大きくなって,伸び盛りです。
 4〜5年生の中には初めて走る子どももいました。来年,再来年の大会に思いをはせていたことでしょう。


平成24年度 修了式

画像1
画像2
画像3
 3月22日,平成24年度修了式を行いました。
 5年生の代表が,修了証を受け取りました。みんな進級です。一人一人が目標をもってしっかり成長することができました。

 学校長の話の後,教職員で紙人形劇を披露しました。
 題名は「ねずみくんと おんがくかい(なかえよしを作,上野紀子絵)」です。
 壇上に張った布の上で,紙人形を動かす係と台詞を言う係に分かれて,みんなで協力しました。
 トランペットが吹けない小さなねずみくんは,たいこもアコーディオンもバイオリンもできません。でも,友達のねずみちゃんに励まされて,ついに演奏できる楽器を見つけました。かわいい小さな足で鍵盤をたたけるピアノです。そして,みんなで楽しい音楽会を開きました。

 「できないことが多くても,できることは必ずあります。
  ねずみくんのように,あきらめないで努力しを続けることが大事なのです。」

 学校長と教職員がみんなで演じたこの劇で,子どもたちへのメッセージを届けました。

学校長祝辞

画像1
卒業に寄せて
    
 室町小学校創立143年目の卒業生として室町校を巣立っていく47名の皆さん,卒業おめでとう。心よりお祝いいたします。
 室町小学校の歴史をひも解くとこの地は室町幕府が置かれた所であり,さらに遡ること千年,奈良時代には毎年優秀な官吏が登用されていた地でもありました。1300年来,学業中心の地として学問を大切にしてきたことがわかります。この教育精神は脈々と受け継がれ,室町校の伝統となって君たちへとつながっています。
 君たちは室町時代の伝統文化を調べて相国寺を訪ねました。そこでは,座禅を組み心を無にすることが求められました。日本庭園に面した畳の上で座禅を組んだ君たちは,最初くすくすと笑っていましたが,やがてその神秘さに真剣に向かい合いました。1分1秒たりとも体を動かさず,心静かにしていると高僧の話が心にしみこむように聞こえてきます。伝統や文化を守るのは大変な努力が必要です。この寺は幾度となく戦火に遭いましたが,皆の祈りや願いで再建を重ねてきました。さらにその願いは,七重という日本一の高さの塔を作り上げる力となりました。人の話を聞くことから人を思いやるという気持ちが生まれることも座禅という体験で感じることができました。室町時代から受け継がれている「世のため人のため」という日本の心を,君たちが伝えていってほしいと思います。
 また,君たちは世界の最先端技術に触れることがありました。ノーベル賞を受賞された山中教授のiPS細胞です。保護者である櫻井先生にその細胞のことや誕生秘話や山中教授の研究姿勢等も詳しく教えていただきました。山中教授はアメリカへ留学した際に2つの大きなことを学んだと言われています。1つは,世界中のいろんな人の話を聞くことの大切さです。そのために研究所の真ん中は吹き抜けでみんなが語り合えるスペースを設けられました。もう1つは,相手に自分の思いや意図を理解してもらうための熱意と工夫の大切さです。例えば発表の時にわかりやすくするためのイラストを入れられたそうです。そして,櫻井先生自身も病理解明のためにiPS細胞の研究をされています。「何かをやりたいと思ったら、臆することなく挑戦してほしい。」と言われました。
 iPS細胞とは「いくらでも増え,どんなものにでもなれる」細胞です。君たち47人は「いくらでも成長し,どんなものにでもなれる」元気な卒業生です。10年後,20年後,世界中どこにいても室町校の卒業生として,一人一人が自信を持って輝いていることを願っています。
                校長  吉見 薫 

平成24年度 卒業証書授与式

画像1
画像2
画像3
 本日,卒業証書授与式を行いました。
 学校長より,一人一人に卒業証書がで手渡されました。

 門出の言葉の中で 
 「限りない未来へ向かって
  しっかりと歩み始めます。
  室町小学校の卒業生として
  力強く飛び立ちます。」と決意を新たにしました。

 47名の児童が,室町小学校を巣立ちました。
 

 

旅立ちの日に

画像1
画像2
画像3
 教室で卒業証書を受け取った卒業生が,花道に姿を見せました。

 在校生や保護者の皆さん,教職員が拍手で見送る中,晴れやかな表情で歩んでいきました。

 おめでとう,おめでとう。
 がんばれ,卒業生。
 

 

 

明日 卒業式です

画像1
画像2
画像3
 明日3月21日(木)10時から卒業式が挙行されます。昨日,教職員と5年生で式場の準備をしました。5年生は,シートをひいたり椅子を並べたり清掃をしたりして一生懸命取り組んでくれました。
 廊下や階段には,各学年が担当した掲示物が飾られました。また,校門に続く石畳には地域の協力で植えられた菜の花のプランターが設置されました。黄色の花は満開。明日,卒業生はこの花道を通って巣立っていきます。
 明日は少し寒くなりそうです。参列の皆様方,暖かくしておいでください。
 

上御霊交番

画像1
画像2
 4月の同志社大学のキャンパス開校にあたっては,地域・PTAを通じて,大学側と話し合いを進めてきました。同志社大学の北側に隣接した場所に,4月から交番が開設されるのも,地域の要求によって進められました。交番が移動してきたのです。外観も美しく街並みに合っています。
 ほかにも学区に防犯カメラが設置されることになり,先日工事が行われました。子どもたちの安全を守るために,学校を一番に考えて頂いています。

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
3/28 教職員離任式(式終了後新2年生は入学式練習)

学校だより

学校評価

本校の研究

スクールカウンセラーだより

ほけんだより「ファイト」

お知らせ

むろまち子どもクッキング新聞

京都市立室町小学校
〒602-0029
京都市上京区室町通上立売上ル室町頭町261
TEL:075-431-0358
FAX:075-431-0359
E-mail: muromachi-s@edu.city.kyoto.jp